4637850 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

からだと宇宙とヒーリングと

PR

X

プロフィール


norico1

バックナンバー

カテゴリ

カレンダー

コメント新着

norico1@ megsさん New! 私の中に、数少ない乙女さを見出してくれ…
Meg@ Re:クレタ島 レシムノン 乙女な旅編(09/20) お家の階段でのお写真素敵〜。 まだエジプ…
pu-sun14@ Re[2]:モノクロのエジプト(09/16) norico1さんへ まさかのiPhone11だったん…
norico1@ pu-sun14さん え〜ありがとうございます! これiphone …
pu-sun14@ Re:モノクロのエジプト(09/16) のりこさん、とってもオシャレな写真でた…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2009年07月14日
XML
カテゴリ:ペルー
 
まず

先日の続き、アワヤワスカのセレモニーの詳しい模様について
ここでアップするつもりだったのですが
先日、ミキシィの方にアップして、みなさんからのコメントを
読んでいるうちに、いろんな気づきがあり
アップするのをやめることにしましたほえー


ごめんなさい!ダッシュ


実名で書いているブログで、一般公開しているということや
内容が誤解を招きやすいものであること、
また、今回の経験だけでは、アヤワスカ体験の本当のところを
報告できないこと、などなどの理由です。


ここまで書いておいて、ずるい?


すみません雫


簡単に説明すると、今回のアヤワスカのセレモニーは
私たちにとって、けして素晴らしい体験だったとは言えませんでした。
サンペドロの時のような幸せな気持ちにはなれなかったし
ビジョンもメッセージも得ることはできず、
また、身体的には、かなり辛いこととなりました。

エハンさんが
「君たちはアヤワスカには呼ばれていないけど、
サンペドロには呼ばれていると感じる」
と、事前に私たちにメールしてくれていたのが、
まさにその通りになってしまいました。

でも、今回、ミキシィで頂いたコメントの中に
アヤワスカを体験されていた方が数人いらっしゃって
いろいろとアドバイスして頂きました。

アヤワスカのセレモニーは、セッティングがすべてであること。
完全に電磁波のない自然の中で、
森の精霊たちとともにやるようなものであり、
けして都会の部屋の中でやるようなものではないこと
(私たちがやったのは、クスコの街の中の一室でした)
アヤワスカに熟練し、優れたシャーマンが不可欠であること
結界を張り、場を完全に浄化する必要があること、

などなど、とても参考になりました。

浄化に関しては、断食や食事制限や瞑想を含め
かなり私たちはやっていたので、これで不十分だったとは思わないのですが
やはりシャーマンや場所を選ぶ段階で、違っていたという可能性はあります。


また他にもアヤワスカのホメオパシーを経験された方から
アヤワスカのエネルギーは、
そもそも私たちのエネルギーには合わないと感じたとも
コメント頂きました。

アヤワスカのエネルギーは、かなり強力なものなので
繊細なエネルギーを持つ人には合わない人も多いだろうとのこと。
(日本人はそういう人が多いのだそう)


でも、いろんな原因を考えているうちに、
今回の結果はすべて必然だったということに気づきました。

もしも、私たちがサンペドロの時のようにアヤワスカでも素敵な体験をしていたら、
きっとその体験を、何の疑問も持たずにミキシィにもプログにも書いたでしょうし
そうすれば、もしかすると
「サンペドロもアヤワスカも素敵な体験ができるものなのね~」
という誤解を、どなたかに与えてしまった可能性もあるかもしれません。

それはそれでいいのかもしれませんが、
やはりこういうシャーマンワークは、危険をともなうものであることは確かですし
心から魂の探求をのぞみ、何が起こっても自分でコントロールできる人のみが
行うべきもの。
どんな体験になるかは人それぞれだし、また状況によっても変わるので
予測はつきません。
運良く、今回素敵な体験になりましたが、サンペドロだって、
状況が違えば、全く違った経験になったことでしょう。


ヒーリングや癒しを伝えていくものとして
今回の私たちのアヤワスカの経験は、
そういう安易な結論を導き出さないためにも必要だったのでしょうね。
おかげで、いろんなことを学ぶことができました。
これはまさにアヤワスカから、または天から与えられた経験でした。

でも、やっぱり人生は冒険赤ハート

これからも、結果を怖れず、いろんなことに挑戦していきたい!と思いますグッド


さて、セレモニーの次の日の朝。

私は、目覚めた時には、かなり回復して、起きました。
シャワーを浴びると、すっきり。
この日、もう一度、アヤワスカをやらなければならないというなら
できそうな勢いまで元気になっていましたうっしっし
この回復力は、われながらすごいのかも。

一方、おさむは、朝、かなり具合が悪かったので
私がレイキをしたり、リンパ点を刺激したりして
彼にヒーリングしました。
やっぱりこういう時はレイキですね~ハート(手書き)(って、こんな状況は滅多にないけど雫

おさむが
「のりこがヒーラーでほんとよかった」
としみじみと言ってくれます。
おさむも、それからしばらく眠って、すっかり回復しました。

それから、昼間はのんびりサクサイワマンの近くに行ったり
街で買い物したりして過ごします。
これはサクサイワマンのそばの丘の上のキリストの像。
DSC_0838 のコピー.JPG

DSC_0190 のコピー.JPG


リボンをつけたリャマ君。
DSC_0844 のコピー.JPG

この日の夜は、クスコ最後の夜だし、アヤワスカも終わったことだし
ちょっといいレストランに行こうと、
GREEN ORGANICというオーガニックペルビアン料理のレストランで食事をしました。

ここは、ペルーでのレストランの中で一番おいしかった。
こちらは、ベジタブルセビーチェとペルーの伝統的なポテトの料理。

DSC_0855 のコピー.JPG DSC_0856 のコピー.JPG


正直、今は再びアヤワスカをやろう、という気持ちにはなりませんが
もし、私達にとって必要なものならば
これからやる機会もあるのかもしれません。

後でポールにこの日のことをメールで知らせたら
「次回は僕がセットアップして、
一緒にちゃんとしたアヤワスカセレモニーを受けれるようにするよ」
と言ってくれました。

本当にそんな日が来るのかどうかはわかりませんが
それまで、大地にしっかり足をつけて、
日々、今、自分ができることを、精一杯やっていこうと思います~ハート(手書き)


さて、次はペルーの最終日、リマへ向かいます~飛行機










最終更新日  2009年07月15日 12時36分45秒
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.