4640086 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

からだと宇宙とヒーリングと

PR

X

プロフィール


norico1

バックナンバー

カテゴリ

カレンダー

コメント新着

norico1@ megsさん 私の中に、数少ない乙女さを見出してくれ…
Meg@ Re:クレタ島 レシムノン 乙女な旅編(09/20) お家の階段でのお写真素敵〜。 まだエジプ…
pu-sun14@ Re[2]:モノクロのエジプト(09/16) norico1さんへ まさかのiPhone11だったん…
norico1@ pu-sun14さん え〜ありがとうございます! これiphone …
pu-sun14@ Re:モノクロのエジプト(09/16) のりこさん、とってもオシャレな写真でた…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2009年09月11日
XML
カテゴリ:世界のできごと
 
今日は、September 11。
あの悲劇から、もう8年ですね。

あの日のことは、NYに住んでいる人たちだけでなく
世界中の人たちにとって
けして忘れられないでしょう。

そして、それをきっかけに戦争が始まり
さらに多くの犠牲者を出しました。

こちらは2001年9月11日以来、
イラク戦争とアフガン戦争にかかったお金です。
そして、今も増え続けています。
これがいつの日か0になる日が来ることを祈らずにはいられません。

今、世界中で平和への祈りが捧げられていることでしょう。

今日のNYは、1日中、雨が降り続いています。
浄化の雨なのでしょうか?


家でお香を焚き、911の犠牲者の方たち
そして戦争で犠牲になっている方たちへ祈り
すべてのものが光に包まれるイメージを行って瞑想しました。


すべての人の悲しみが癒されること
すべての戦争が1日も早く終わること
そして、世界中に平和がおとずれることを心から祈りますきらきら

星月星月


さて、この9/11の真相については、
たくさんの本や映像で紹介されていますね。

2年前には、イタリアの元大統領が「911は米国による自作自演」と
明言して話題になったり、
日本でも、昨年初めに、藤田議員が国会で初めて911の真相を
求める意見書を出しました。
その映像は、次の日には世界中にネット上で公開され
彼の勇気ある行動に、多くの人がとても感動しました。
(日本の新聞やテレビは、これについて一切報道しませんでしたが)


また今年の12月には「911の子どもたちへ」
という学生の制作した映画が公開されます。
出演がきくちゆみさんや、田中優さんなど期待できます。
こちらは、田中優さんのこの映画に対するコメント映像。

<追記>
こちらは、最新映画(2010年、11年)

ZERO 911の虚構

日本でも科学者たちが911の真実を求める会を結成しました。
911の真実を求める日本の科学者の会



まだ、真相を知らない方のためにネットで見れる映像を
いくつか張っておきますね。

こちらは、環境運動家、きくちゆみさんが
去年の9月11日に行った講演映像。
その1と2を合わせても、それほど長くないですが、
わかりやすくまとめてあります。

「9.11真相究明講演会 きくちゆみさんダイジェスト


こちらは、有名なルースチェンジ日本語版、
『911の嘘をくずせ-ルースチェンジ2』
世界中に翻訳されています。
でもかなり長いです~

こちらは、映画監督アーロン・ルッソのインタビュー映像。
この映像の3分ぐらいから、彼のインタヴューが始まりますので、
見られていない方はぜひ。
これを見ると、テロをでっちあげた事実がよくわかります。
もう、ルッソ監督は亡くなってしまって、残念です。

「ロックフェラーの友は、911を事前に予告した その1」



確か2003年だったか、400家族がブッシュを訴える訴訟も起こしています。
こちらは真相を求める家族たちの映像。


その他のサイトでは
「911ボーイングを捜せ」

こちらはマサチューセッツ工科大学教授、チェムスキーの
映画、power and terrorについてのサイト。

その映像はDVDになっていますが
音楽担当が忌野清志郎というのが、
今見ると、さらに胸が熱くなります。

私はただ不安を煽るようなテレビや新聞のネガティブな情報は、
なるべく見ないようにしていますが、
メディアでは報道されないこういった情報の中で、
知ることが必要だと感じるものに関しては、時々見ています。

もちろん、一つの事実に対して、それをどう捉えるかで
真実は変わってきますし、そういう意味では真実なんてないのですが
事実というのは存在しますから。
特に、この9/11の真相を知ることは、世界で何が起こっているかを知り、
そして私たちがよりよい世界を築いていくための選択をしていくために
必要な第一歩だと感じます。

私も、最初にこの9/11の真相を知った時から、
イルミナティのことや、銀行というもののなりたちや
(参考映像「負債としてのお金」わかりやすいです♪)
また、企業と政治、メディアの結びつき、などについて知るようになりました。
そして、今まで見えていなかった社会のいろんなことが見えてきました。

エハン デラヴィさん曰く
「9・11のことが分からないと(もっと酷いのは無関心!)
アセンションのことも、本当のテロの意味も、
今の社会構造の民衆主義も分からないことを意味するのです」


このエハンさんの日記にも書かれてありますが
これまで日本の911に関するテレビ番組をいくつかyoutubeで見て見ましたが
本当にひどい内容のものが多いです。
今年放映されたものでさえ、事実ではないことを伝えていたり、
お笑いにしてしまったり。
これでは、全く911の真相は伝わらないでしょう。

「テロは悪いけど、戦争するのも悪い」と
いう感じで報道されていることがよくありますが、
そもそも911にテロなんて起こっていないのですから。
ツインタワーで亡くなった方は、ビンラディンやテロによってではなく
同じ国に住む心ない人たちによって亡くなったのです!!

科学者や専門家じゃなくても、誰でも少しでもこの事実をしっかり見てみてば
これが、明らかにテロの仕業なんかではないことはわかると思います。
もう、陰謀説とか、そういうレベルではないのです。
でも政治と密接に関連しているメディアは
けしてそのことを正しく報道しません。

私たち一人一人が、こういった事実を知った上で、
これからの世界をよりよく変えていくために
ポジティブな選択をしていくことが
とても大切だと思います。


以下は、去年の911の講演に行かれた友人の感想です。
とても素晴らしかったので、掲載しますね。

「今日は911ということで、
きくちゆみさん、藤田幸久議員さんの講演会へ行っていました。

やはり大切なことは、この911の真相を光で照らすことですね。
でも、3人を見ていて感じたのは、この事件の黒幕をきびしく追求して、
報復したり、悪の枢軸をあばきたてるという感じではなかったです。
とてもおだやかなお話でした

これをきっかけに世の中のさまざまな真実を浮き上がらせたいということ。
その突破口となるのが911なんですね。
これに「100匹目の猿」という言葉を使ってました。
スピリチュアルなことは、まったく話さない人なんですが、
911の真実を知ることが人類に、
真実を見ようという「100匹目の猿」現象を起こすことになる。
これが狙いなんですね。。。

私達は、歴史でさえ真実を知らない。
人類が生まれて本当は何年になるのか?
隠されていることが多過ぎる。

もう世の中を人任せにすることはやめて、
目を開こうということなんですね。。。

陰謀論というと、どうしても怒りや攻撃的な気持ちが
湧いて来ることがあるけど、そんな目には目を・・の気持ちではなく、
では、地球のためにどうしたらいいか、人類のためにどうしたらいいか、
落ち着いて考えることが大切です」


ここ何年かで、いろんな現実が表に出てくるようになりました。
日々、急速に時代が変化しているのを感じています。
これからの世界は、もっともっとこういった理不尽な社会の仕組みや真実が
明らかになっていき、それによって多くの人々が目覚め、
変化していくことでしょうね。

毎年、911の日にはいろんなことを感じます。
満月から始めた8日間のジュース断食のクレンジングが、丁度今日で終了。
私の心身の浄化もできて、また今から新たな気持ちで向かいます~

CSC_1813 のコピー.JPG


追加情報
先ほどミキシィのマイミクさんからの情報で
『チャーリー・シーンがオバマ大統領へ911の再調査を』
というメッセージを送ったそうです。
素晴らしい、チャーリーシーンダブルハート

こちらがチャーリーシーンからオバマ大統領へのメッセージ映像。
(英語)

これには、それほどの火事もないのに、7秒というスピードで
崩壊した第7ビルのことや
第7ビルが崩壊する前にすでにテレビで「崩壊した』と放送されていたことや
ツインタワーが崩壊する前に、たくさんの消防士だちが
ビル内での爆発音を聞いている証言
あれほどの上空からは、携帯がつながらないのに、あの日、乗客から家族に電話があったことや
(これは別のところで見ましたが、実験されて、実証されていました)
ペンタゴンに激突した飛行機の機体が、ほとんど残っていなかったこと、
元FBIの翻訳者である方の証言、などなど
数々の証拠を映像としてみせながら、たたみかけるようにオバマに問うというメッセージです。
そして、チャーリーシーンが出てきて、アメリカと世界が真相を求めている
オバマ大統領にはそれを解明するパワーと責任があると訴えます。

だんだん、アメリカでも真相が広がっていきますね~♪






最終更新日  2011年09月30日 16時04分57秒
コメント(0) | コメントを書く
[世界のできごと] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.