4567604 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

からだと宇宙とヒーリングと

PR

X

プロフィール


norico1

バックナンバー

カテゴリ

カレンダー

コメント新着

Natsumi3@ Re:トラブルとミラクルとドメイン(08/02) New! すごい、見事なプロセスですね。 そして…
norico1@ えつこさん ほんと、翔平くんのこと、コメントしてく…
えつこ@ 翔平くんのラブリー映像発見! のりこさん こんにちは 翔平くんのこと…
norico1@ めぐみちゃん ありがとう〜 よかった〜 今回が自分を内…
めぐみ@ Re:2021年7月27日の日記(07/27) 典子さんの日常、興味があったので、読ん…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2009年12月30日
XML
カテゴリ:
 
レイキのクラスは2日前が今年最後でしたが
今日は、キネシオロジーのセラピーが終了して
今年の仕事も終了。

あ~楽しかった~ハート(手書き)

その後すぐに、先ほどセラピーを受けにきてくださった方から
メールを頂きました♪

「キネシオロジーを初めて受けて、すごい!!と思いました。
体って本当に正直ですよね。
自分では思ってもいないような反応や結果がでたりして」

うれしいな~♪
自分がこれまで気づかなかった自分のことに気づいてゆく喜びを
感じてもらえるのは、ほんとうれしいです。


キネシオロジーはまだまだ一般的に認識されていないセラピーで
私のところもまだレイキの方が主ですが
それでも口コミでキネシオロジーの予約もぼちぼち増えてきて
今年の後半はけっこうやりました。
やればやるほど、学ぶことが多いです。
キネシオロジーを学んだおかげで、レイキのクラスにも
とても役に立っています。

何かをプロフェッショナルとしてやっていく上で
その一つを極めてゆくというのも大事ですが
全く別のことを学ぶことで、そのもともとやっていたことを
さらに深く学んでゆくことができるということもありますね。


さて、昨日は友人から借りた2冊の本を読みました。

脳科学者である茂木健一郎の

「脳を活かす勉強法」
「脳を活かす生活術」

2冊とも、子どもでもわかるように
とてもやさしい、わかりやすい言葉で書かれてあるので
あっという間に読めてしまいます。

これらを読んで最初に感じたのは
私が魂の喜びということでやってきたことを
この茂木さんは脳の喜びとして捉えているのだということ。
考えてみれば、脳=身体=潜在意識ですから、
結局、キネシオロジーで潜在意識を調整するというのは
脳が喜ぶようにすると言えるのかもしれませんね。

「脳を活かす勉強法」の方は
特に学生の方や今、何かを勉強している方にはお勧めですし
「脳を活かす生活術」の方はより一般向けに書かれてあります。

「勉強法」の方には記憶しなければならないのに覚えられない
また勉強がはかどらない、そう感じている方は何が問題なのか
どうすればいいのか?が書かれてあります。
記憶するためのポイントもかかれてあります。
(これは、昔、右脳教育の七田式でやった記憶法と同じでした)

勉強=喜びなんだということが感じられると
楽しくて仕方なくなるので
もっともっとやりたくなって自然と成績もよくなってくるのですね。

茂木さん曰く

「他人から強制されてやることは脳は喜びません」

「偏差値を意識すること、つまり他人と自分を比較することでは
脳は喜びません」



ナイス~グッド


一方「生活術」の中から抜粋してみると

「自分の感受性に寄り添って生きていいと気づくことは、
脳科学的に見れば本質的な姿勢です。
なぜならば、正しいか正しくないか、ではなく
好きか嫌いかを物差しにするには、
一瞬一瞬を深く感じて生きる必要があるからです。」


「どんなささいなことでも構いません。
毎日の生活の中で自発的に喜びを感じることが大切です」

「自分を知ることで、脳の道具を増やしてゆくことができます」

「人生を常に成長の舞台にするためには、
『○○○らしさ』をいつでも捨てる情熱を持つことです」
(主婦らしさ、日本人らしさ、先生らしさ、など)


「他人との関わりは脳の栄養源です」

「笑顔で過ごす人は、脳の道具箱を満たしています」

「日々の愛が脳を活性化させます」

精神面だと捉えられがちなことを
脳科学という分野の立場で語られるのはおもしろいです。

もちろん科学者としての立場から書かれていますが、
言われていることは、昔から精神世界で言われてきたことと同じだなあと感じます。
だから、彼は木村秋則さんのような不思議な体験をした方を
そのまま受け入れることが出来る方なのですね。

この中で、茂木さんは「笑顔」は、例えつくり笑いというか
口角を左右に持ち上げるだけであっても、
脳内回路が楽しい気分を生み出すとしていますが、
実際、私たちがロサンゼルスのゼミで行ったキネシオロジーの実験でも
口に何かをはさんで、口角を上げるだけでも
腕の筋力反射は、普通の顔の時より強くなることがわかったので、
とても納得です。

また、彼は本の中で「脳のバブル力」という言い方をしていますが
これは言い換えれば感動の起爆剤のようなものということなのでしょう。

それが有益かどうか、とか、それがお金になるかどうか
ということではなく、日々の生活の中で
より多くの感動を体験してゆく
それらのすべてが自分の財産となってゆきます。

茂木健一郎さんから見れば脳の栄養なのでしょうけれど
やっぱり私は魂の栄養だと言いたいなウィンク


さて、明日はアメリカは大晦日。

ちょうど明日は満月なので、この大晦日の朝にも
通常通り、遠隔レイキの会をやることにしました。
最後にレイキで締めくくって、新年を迎えるのは素敵だなあと。
日本は元旦の日、明けてすぐの夜中になりますが
日本から参加してくださる方も何人かいらっしゃるので、楽しみ。
脳も喜んでいることでしょううっしっし

明日、ブログをアップできる時間があるかどうかわかりませんが
みなさま、どうぞよい年越しを♪

DSCN1207.jpg
これは前回の満月の写真。







最終更新日  2009年12月31日 09時18分06秒
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.