2651360 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

からだと宇宙とヒーリングと

PR

プロフィール


norico1

バックナンバー

カテゴリ

カレンダー

コメント新着

Keiko@ Re:多次元クラスの感想から(06/23) New! わーやっぱりすごいですね!典子さんのク…
norico1@ なおちゃん New! ありがとう〜♪ ふふ、ビビリでも、エネル…
なおちゃん@ Re:多次元キネシオロジーベーシッククラス終了(06/22) のりこさん めちゃめちゃ長野のクラスが待…
norico1@ 金眼ちゃん アルクトゥールスは、落ち着きがなく、記…
norico1@ 金眼ちゃん お返事が遅くなってしまいました。 コメン…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2012年05月02日
XML
カテゴリ:ヒーリング
 
最近、いくつかご質問があったので、
今回は、ヒーリングの後の浄化作用、好転反応と言われるものについて
ちょっと掘り下げて書いてみようと思います。
もちろん、これは、あくまでも私の感覚なので
いろんな意見や捉え方があることは言うまでもありません。

様々なヒーリングを受けた後に起こる浄化作用として
身体がだるくなったり、頭痛がしたり、風邪のような症状になったり
気持ちが落ち込んだり、感情が吹き出してきて不安定になったり
ということがあるということは、以前にお話しました。

レイキの場合は、比較的マイルドなヒーリングなので
しばらくぼーっとしたり、眠くなったりする程度のことがほとんどですが
あまりにもいろんなものを溜め込んでしまっていたりすると、
数日寝込んだりすることもあります。

IHキネシオロジーの場合
マチルダはクラスの中で好転反応はありませんと言われていて
その時は、そんなものなのね~、と思っていたのですが
実際やってみると、ばんばん出てきます。
まあ、考えてみれば、マイルドなヒーリングであるレイキや
フラワーエッセンスでさえ起こるのですから
ディープなヒーリングになることが多いIHキネシオロジーだと
起こるのは当たり前と言えば当たり前だなあと。
もっとも、最初の時に受けたクラスの中で、ある人がヒーリングの後
具合が悪くなったことがあったのですが、マチルダは
「大丈夫よ。ヒーリングの後はよくそんな風になるから」
とさっと流していたのですが
マチルダはこれを好転反応とは呼ばないようです。
好転反応が起こるかもしれない、
なんて余計な恐れを持たない方がいいので、マチルダは
好転反応はない、というように言われているのかもしれません。

インナーチャイルドの癒しの後、2週間ぐらい泣きっぱなしだった
なんて話はよくありますが
そんな風に感情として出てきたり、次の日1日だるかったり
頭痛がしたりぐらいだと、特に問題はないものの
たまに、全身に湿疹ができたり、歩けないほど腰が痛くなったり、呼吸器に出たりと
かなり大きな身体の症状として、好転反応が出てくる人もいます。
浄化作用は、溜め込んでいた有害なものが排出されるプロセスですが
有害なものというのは、感情、思い込み、信念体系などのエネルギーで
そのエネルギーが、身体の症状として出てくることもあるのです。
その人がもともと弱かったところに出てくることもありますが
全くこれまで問題がなかったところに出てくることもけっこうあります。

ヒーリングをやっている人にとっては、浄化作用、好転反応は
特に怖いものでも何でもないし、必ず治ることはわかっていますから
逆に溜め込んでいたものが出せる~という感じなのですが
これまでヒーリングを受けたことがない人にとっては、びっくりすることもありますし
何か病気ではないかしら?などと心配になったりする方もいらっしゃいます。
普通は、ヒーリングを何回か受けて、ブロックがなくなってくれば
大きな好転反応は起こらなくなります。

好転反応が起こりやすい人というのはいて
おさむは今でも、セッションの後や
パワースポットに行くとよく感情が吹き出しています。
(先日も彼にMEを行ったら、超ネガティブな感情が出てきていました)
私はこれまで好転反応が起こったことはほとんどなく
例え、スウェットロッジやサンペドロのような強力な浄化作用があるセッションでさえ
次の日にはすっきり~みたいな人なのですが’
今回、初めて、マヤメキシコで感情が出てきて
パレンケで自分のセッションを行うまで続いたので、これも
パワースポットのエネルギーによる浄化作用だと言えるかもしれません。

好転反応は、例えば何かを恐れていて、それに対してのヒーリングを行ったから
恐れが出てくるなどというものではありません。
好転反応は、自分が意識していなかったものから起こっていることが多いのです。

わかりやすいケースをお話すると
以前、アメリカ人の女性で、ある症状に悩まされていて病院に行っても原因がわからず
私のところに来られた方がいらっしゃいました。
調べてゆくと、その症状は、甲状腺の機能に関連していることがわかりました。
(病院での治療とは違うので、病院での診断とは違うものが出てきます)
でも、最初にテーマを選んでいる時に、何となくおかしいなあという感じがしました。
手に触れていると、わかるのですが
何か身体の機能の問題だけでない感覚があったので
他の要因を調べてゆくと「変容」に関して何か問題がある、というのが出てきました。
それで尋ねてみると、ちょうど彼女は、1ヶ月後に別の国に旅だって
そこで一人で暮らすことになっていて、それに対しての不安があるとのことでした。
なるほど~と思ったのですが、その日のテーマとして甲状腺の機能についてが
優先として出てきたので、その変容に関しては特に扱わず、甲状腺の調整を行いました。

でも、やはりちょっと気になったので、
「もしできたら、もう一度セッションを受けられて
変容に関しての調整をした方がいいと思います」
とお伝えしました。
次のセッションを受けるかどうかは、その人の自由ですし
私が判断できることではないのですが
人によっては、自分が問題を抱えていることすら気づいていないこともあるので
そういう方には、一応、筋反射で確かめてから、お伝えすることにしています。
その彼女は、ヨガや瞑想をかなりされていらっしゃる方だったので
自分でその精神的な問題は何とかします、
という感じでしたし、私もそれならそれでいいかもしれません
ということでその場は終わりました。

ところが、そのセッションの次の日から、彼女は
喘息のようにぜいぜいと呼吸が苦しくなる症状が出てきて
それが1週間以上続いたので、私にメールをしてきました。
彼女はあまりにも酷い症状だったので、何か病気ではないか?と思ったそうですが
私は、これまで好転反応に関しては、何十、何百件と見てきていたので
すぐに好転反応だなあと感じました。

アメリカ人の場合は、なぜそれが起こっているのか、どういうメカニズムなのか?
をクリアに説明することを求められますから
それからしばらく彼女とメールでやり取りしました。
私は「筋反射で身体に聞いてみないと
何が起こっているかわからないのですが、あくまでも私の感覚では」
ということをお伝えした上で、説明しました。

私の感覚では、変容に対してブロックしていることが
大きな好転反応につながっている可能性があるということ、
セッションによって、潜在意識が変化しはじめ
「甲状腺の機能の回復」のために身体は変化し始めた(調整がスタートした)のに
一方では「変容したくない」という意識は、それを妨げるものとなり
その相反する意識が、好転反応を大きくしている可能性があるということ。
なので、できれば、変容に関してのセッションを
受けられた方がいいと思うとお伝えしました。

それらの説明で彼女は「それなら深く納得できます」と理解してくれて、
もう一度セッションを受けられることになりました。

それで出てきたのは、親や友人たちと別れて、
全く別の国に一人で行って暮らすことへの恐れ
自分がその国で成功できるかどうかの不安、そういった感情や思いでした。
彼女の中では、その国に住むことは長年の夢だったにも関わらず
潜在的には「もしこのまま身体の不調が治らなかったら、その国には行けなくなる。
そうなるとチャレンジして失敗することもない」
という意識があり、それが身体が機能を回復しようとしている意識と
相反していたのでした。
それで、自分の可能性に対する信頼とチャレンジしていくことに関する調整をしたら
ほどなく好転反応はなくなりました。

ここで最初に思ったのは、なぜ身体は最初に「甲状腺の機能」ではなく
「変容」を優先テーマとしてあげてこなかったのだろうということでした。
そうすれば、たぶん、こんな大きな好転反応は起こらなかっただろうなあと。
でも、彼女は、最初に来られた時は
とにかく身体のある症状を解決したいためだけに来られたので
別の国に行くことへの恐れなどは、自分の意思で解決するもの
と思い込んでいました。
なので、もし変容が最初の優先テーマだったら
そのセッションだけでは症状はなくならないですし、
彼女はきっとキネシオロジーはその症状を解決できないと考えて、
2回目のセッションを受けることはなかったかもしれません。
だから、身体は、最初に甲状腺の機能回復のための調整を
優先テーマとして選んだのかもなあと。
荒療治ですが、魂的には、その順番で行うことが必要だったのでしょう。

もちろんこれは、ほんの一例であって、変容に対してブロックがある人に
必ず好転反応が起こるということではありません。
ただ、好転反応が身体の症状として出てきて、それが1週間以上続くような人は
まだ大きなブロックを抱えていることがほとんどです。
大抵は、次のセッションを受けられるとそのブロックが出てくることが多いです。

私の場合、身体の抵抗を外しながらセッションを行うことと
最近は、以前だったらIHキネシオロジーで3回ぐらいかかったところを
1回で調整してしまうので、好転反応も起こりやすくなってしまうのかもなあと。
でも、人生30年も40年も抱えてきたものを
1回のセッションで手放してしまうことも多いわけですから
例え1、2週間、浄化作用が起こっても
その問題を何年も抱えているよりはいいかなあと思うのですが。
(と、そう思わない人もいるでしょうが)
もちろん、1回のセッションでは無理なポイントというのがあって
そこは越えれないので、何回かのセッションに分けて
調整することもあります。

最近は、できるだけ好転反応が起こらないように
そのセッションの中で、セッションの効果に反するものはないかどうか
できる限りチェックして、そのセッション内でできる場合は
ヒーリングするようにしています。
(それがセッションが長引いてしまう理由の一つでもあるのですが)
それでもやはり、好転反応は起こる時には起こるのですけれどね。

好転反応は、ヒーリングに慣れている人にとっては、なんてことなくても
初めてそういう症状が起こると、不安になるのは当たり前です。
なので、クライアントさんには、セッション後にもし何か不安になることがあったら、
一人で抱え込まず、メールしてくださいとお伝えしています。
好転反応にしても何にしても、ヒーラーやセラピストが
どこまでクライアントさんを請け負うことができるかどうか
にかかっているなあと感じます。

もちろん、だからといって、これからヒーリングを学ぼうとしている方が
「そんなことがクライントさんに起こったらどうしよう」と恐れる必要はありません。
不思議とそのヒーラーの手に負えないものはやってこないようにできていますから。
私もヒーリングセッションをはじめた頃は、クライアントさんに
そんな大きな好転反応なんて起こらなかったですし
深いところにいくに従って、そういうことが起こるようになって
様々なケースを見ていくうちに、少しずつ
対応できるようになってきたという感じなのです。

こういうことは
ヒーラーによって捉え方が全く違ってくるところですが。

好転反応は怖くない、です。







最終更新日  2012年08月31日 10時59分54秒
コメント(13) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.