3921401 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

からだと宇宙とヒーリングと

PR

プロフィール


norico1

バックナンバー

カテゴリ

カレンダー

コメント新着

クミコ@ Re:豊かさとお金のワークショップ 終了しました(&感想1)(05/31) のりこさん、届きましたー。 ありがとうご…
クミコ@ Re[4]:豊かさとお金のワークショップ 終了しました(&感想1)(05/31) norico1さんへ 第1部の方にはリンク&amp…
norico1@ クミコさん え〜そうなんですか? 資料の下に、感想の…
クミコ@ Re:豊かさとお金のワークショップ 終了しました(&感想1)(05/31) のりこさーん。 WS終わってすぐのメールは…
norico1@ 狂う目♪さん え〜? WSが終わってすぐに、パスワードと…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2013年09月01日
XML

この日の朝、スイスのツェルマットから、列車でミラノに戻り
そのままイタリア鉄道でフィレンチェに向かいました。

今回の旅では、前日の夜に次の日の列車の手配をネットでやったり
ホテルの場所を確認したり、次の日に行きたいところを
ネットで検索して決めました。
イタリア鉄道の列車の予約は、プリントアウトしなくても
列車の中で車掌さんにコンピューターの画面で予約番号を見せれば
オッケーでした。

ミラノからフィレンチェまでは2時間弱で到着。
フィレンチェの中央駅から、タクシーでホテルに向かいます。
ホテルといっても、このフィレンチェの宿泊もアパートメント。
今回の旅は、なぜかホテルよりレジデンスタイプのアパートメントを予約することが多かったです。
すべてBooking comで予約したのですが
場所や便利さより、部屋の広さやきれいさ、雰囲気を優先したので
フィレンチェのアパートメントは
中心街からはちょっと距離がありました。
前回のスイスでのアパートメントは、けして悪くはなかったものの
写真とはかなり違っていて、期待外れだったので
今回のフィレンチェでのアパートも期待していなかったものの
着いてみると、とてもきれいで広くてセンスもよくて居心地のよいアパートでした。
キッチンもすべて整っているので、ここなら1週間ぐらい滞在してみたいなあと。
(結局、ここでは全く料理しなかったけど)

DSC_0516.jpg

DSC_0520.JPG

DSC_0519.JPG

チェックインした後、このアパートメントの管理をしている方に
(いかにもイタリアン~なイケメンの男性♪)
このあたりのおすすめのレストランを尋ねたら
「とてもおいしくて、地元の人しかいかない
観光客向けではないレストランだよ」
と言って教えてもらっレたストランに、早速行ってみました。
(私たちは、思いっきり観光客だけどね)

カジュアルな雰囲気のレストラン。

DSC_0508.JPG


まずはホワイトワインで乾杯。
と、おいしい~~♪
ぐいぐい飲んでしまいそうです。
オーダーしたのは、リゾットやほうれん草のニョッキのようなパスタ。
見た目は、特においしそうに見えなかったのですが
一口食べてびっくりのうまさ。
シンプルでいて、しっかりと味があって、飽きない味。
しかも、安い~~。
ワイン一杯が3ユーロ!!
この日はワインを2杯ずつとサラダとメイン2品で40ユーロ。
結局、次の日の夜もここに来たのですが
ワイン4杯とえびのスパゲッティやシーフード料理で
50ユーロと、とても安くておいしい店でした。
(この写真は夜の方)

DSC_0667.JPG


ちなみに、やはり観光客向けのところはどこも高くて
後で、フィレンチェの中心街でアイスクリームを食べたら
ごく普通のコーンのアイスが一つ10ユーロ。
(ドル換算すると、15ドル?高!)
ワイン3杯飲める値段で、アイスクリーム1個なんて
同じフィレンチェ内でもいろいろですね~。

さて、昼間っから、ほろ酔い気分になった二人は
中心街に向かって、ぼちぼちと歩いてゆきます。

雰囲気のある建物やストリート。

DSC_0535.JPG

DSC_0664.JPG

イタリアは通りが狭いせいか、小さなかわいい車が多かったです。

DSC_0875.JPG

そして、川を渡って、ミケランジェロ広場へ。
ミケランジェロ広場のふもと、セントニッコロのエリアは
とてもいい感じの小さなワインバーやエノティカやレストランが
軒を並べています。
これは後から知ったのですが、このあたりは
フィレンチェで若者が集まるホットなエリアなのだそう。
(私たちも若者ということでウィンク

DSC_0543.JPG


ミケランジェロ広場に行くには、神社の境内のような階段を上ってゆくのですが
前日までの山歩き+ほろ酔いなので、かなりきつかった~。

広場にはたくさんの人が集まっていました。
ここはフィレンチェを一望できます。

DSC_0556.JPG

DSC_0883.JPG

夕暮れのフィレンチェ。


CSC_0888.JPG


DSC_0564.JPG
DSC_0576.JPG


それからセントニッコロにあるエノティカに入ります。
エノティカは、ワイン専門店だそうで、それに合わせた食事を出すところですが
ここはピエモンテやトスカーナ地方のワインが
豊富に置いてありました。
昼間は白だったので、夜は赤を飲んだのですが、かなりいけます〜ハート(手書き)
それほどお腹が空いていなかったので
野菜のフランやブルスケットなど軽めのものをオーダーしましたが、おいしい。
う~ん、やっぱりイタリア、こんな普通のトラットリヤやエノティカでも
おいしいものが食べれるのですね〜、


そして次の日。
この日は、珍しく寝坊した二人は、朝11時頃出発。

この日は月曜日。
この日の朝、アパートを出てから気づいたのですが
美術館のほとんどは閉まっている日でした。
計画不足で、曜日も全く考えていなかったので、フィレンチェで見たかった
ウフィツィ美術館を見れなかったのが、ちょっと残念。

ということで、教会や宝石街のある橋などを見て歩きます。
(名前は覚えていないので、適当に写真を掲載)

DSC_0617.jpg

DSC_0895.jpg CSC_0897.jpg

DSC_0612.JPG

DSC_0646.JPG

DSC_0648.JPG

DSC_0639.JPG

そして、この日の夜、レストランで食事をした後
おさむにキネシオロジーのセッションをしました。
これがこの旅の最初のセッション。
一応、おさむがいくつかのチューニングフォークを持ってきていたので
夜のフィレンチェのアパートメントで、チンコンカンコンと鳴らしていました。
おもしろいことに旅に出ると、また新たなイシューが出てくるものです。
(その話はまたいつか〜)

ということで、駆け足のフィレチェ日記でしたが
この後、チンクエテッレに向かいます~。

(この3日間、ネットがほとんど使えないところにいたのですが
今日はトリノに滞在でネットが使えるので、やっと日記をアップ)
 






最終更新日  2013年09月09日 05時17分27秒
コメント(0) | コメントを書く
[イタリア & スイス] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.