4676027 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

からだと宇宙とヒーリングと

PR

X

プロフィール


norico1

バックナンバー

カテゴリ

カレンダー

コメント新着

norico1@ マルMakiko〜 お〜ありがとう!! マルまきこ(笑)に褒…
マルMakiko@ 美しいです かずみさんが撮られるのりこさんとエジプ…
ベーシッククラスに関して@ Re:ベーシッククラスに関して、さん(10/17) norico1さんへ 回答、ありがとうございま…
norico1@ ベーシッククラスに関して、さん クラスを今後、どうするかは、今のところ…
オンライン授業(ベーシック)に関して@ Re:クラスのお知らせ(10/17) ベーシッククラスのお知らせありがとうご…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2014年12月13日
XML
先日、奈央さんのメルマガで、今度、奈央さんが開発した潤滑剤が発売されることが
報告してあり「わ♪これはいいかも〜」と思っていました。
潤滑剤と言わずに(膣の)美容液と言われているのも素敵♪

以前は、私もセックスの時にはいつも充分、潤っていたので
潤滑剤などはピンと来なかったのですが
気がつけば、ここ2年ぐらい、毎回ではないものの
日によっては潤いが、少なくなっていることに気づきました。
潤いが少ない時にオーガズムを得たとしても
何だか浅い感じで、深い充実感みたいなものがないんですね。
以前、タントラの先生カーラが、潤いが足りない時は
潤滑剤を使うといいよ〜と教えてくれたので
いくつかネットでオーガニックの潤滑剤を購入して試してはみたものの
使用感は今一つで、使わなくなってしまっていました。

それで、先日、とりあえず、キネシオロジーで調整してみようと
おさむに、愛液、ラブジュース(正式名称、膣分泌液)の調整を
してもらうことにしました。
私はクライアントさんに対してのラブジュースの調整は
やったことがありますが、自分に対しては
なぜかこれまで調整することを思いつかず、今回初めてです。

と、もちろん、ラブジュースであれ、何であれ
身体の機能の調整であっても
身体そのものの要因だけではなく
精神的、感情的な要因が大きいわけですが
おさむが筋反射で私の身体に聞いて
ラブジュースに関する、精神的な要因を見ていたら
私がおさむを男性として見ていない、ということが上がってきました。
今、私たちは二人とも家で仕事をしていて
セッション以外の時間は、一日中一緒にいるわけで
仲はとてもいいのですが、あまりにも一緒にいすぎるせいなのか
おさむを男性として見る、という感覚は確かに薄れてゆくような。
1日中一緒にいるまったりした状態で、セックスに入るわけなので
安心感はあるのだけど、興奮わくわく感は少ない。
まあ、結婚して長い多くのカップルが、こんな状態になりやすいのでしょうし
それが、セックスレス、などにもつながってくるわけですが。

ということで、そのあたりの精神的な要因も調整しつつ
私のラブジュースの調整を行っていったわけですが
おさむが、私のあそこにチューニングフォークを当てて
調整している最中、まるでバイブレーターを当てられているかのような
いや、それ以上の衝撃というか感覚があり
もういてもたってもいられないむらむら状態となり
セッションが終了しないうちに
セックスになだれ込むという事態になりました。
セッション中にこんな風になったことは初めてです。
いきなり、潤い具合も感度もいい感じとなって
美容液はもう必要ないかも〜というぐらい
私本来の状態に戻ることができて、やっぱりキネシはすごいなあと。
(でも、いつか美容液も試してみたいけどね)

セックスに入ったのは、セッションが終了していない状態だったので
つまり、IHヒーリングのホログラフィックセットアップが
開いている状態(ヒーリングモードに入っている状態)
それで、セックスを行ったのが、さらによかったのかも知れません。
IHのマチルダが、セックスの時も
ホログラフィックセットアップしてからがやるといいわよ
と言われていたそうだけど
実際にやってみたのは今回、初めてでした。
今度から、いつもヒーリング状態にセットアップしておいてから
セックスしようということになりました。

それにしても、女性が潤っていると、男性もさらに気持ちいいんですよね。
やっぱり潤いって大事〜ハート(手書き)
と改めて、実感したわけです。
ということで、女性の方で、潤い調整が必要な方は
セッションでお知らせくださいませ。
(ただし、むらむらきても責任持てませんがあっかんべー

さて、先日、クライアントさんから
ジェムリンガを購入して、使っていていい感じですという
ご報告を聞いて、私も使ってみたくなりました。
ジェムリンガというのは、女性の膣に入れるために作られたクリスタルで
そんなものを膣に入れるわけですから
私たちの本来の自然な状態ではないとも言えるわけですが
女性の本来の力を高めることにつながるものなら
一度、試してみたいと前々から好奇心があり
日本に行った時に購入しようと思っていたのですが
いつのまにか、すっかり忘れてしまっていました。

その方から、海外発送もしてくれるという話を聞いたので
おさむに話したら、それじゃあクリスマスプレゼントに買ってあげるよ
ということになり、オーダーしてもらって、数日で届きました。
人によって、ジェムリンガを膣に入れても、すぐに出てくる人もいれば
しばらく出て来ない人もいるそうで
どちらかといえば、長くとどめておく方が難しいのだそう。

早速、ジェムリンガを入れてみると
すんなり膣内に落ち着いてくれたものの
もちろん若干の違和感というか、存在感はあるので
何かセッションなどで集中してやっている時以外は
いやがおうでも、自然にあそこに意識が向きます。
これがジェムリンガを使うことで
膣(女性の身体と心の中心)に意識が向いてくる
ということなのだなあと。

やはりPC筋を鍛えるのにはよさそうです。
トイレで用を足す時も、ジェムリンガをしたままやるので
ジェムリンガを出さずに排出するためには
PC筋のコントロールが必要なのです。
一回、他の作業を集中してやっていて、その最中に
すっかりジェムリンガが入っているのを忘れて
普通にトイレでおしっこしたら、ポンと勢いよく
ジェムリンガが飛び出してきて、あっちゃ〜忘れてた〜と。
でも、ちゃんと意識してジェムリンガが出ないようにして
用を足せば出てこないんですね。

ちなみにPC筋を鍛えるのは、タントラのクラスでは必ず学びますが
何もなくてもできます。
いわゆる、PC筋を引き締めるケーゲル体操ですね。
ケーゲル体操は、けして尿を止めることを続けてやってはいけなくて
尿を全部出し終わった後に、行う必要があるのですが
(出てこようとしている尿が逆流して、膀胱炎などになりやすくなるそう)
実は、私も数年前に、このことを知らずに、尿を止める訓練をやっていて
膀胱炎になったことがありました。
このケーゲル体操もしばらくやっていなかったのですが
このジェムリンガなら、つけておくだけでPC筋を鍛えられそうです。
ジェムリンガは膣から出そうと思ったら、手を入れて
引き出せば出てくるようで
自然と降りてくる時もありました。

もっとも、私は、ジェムリンガもある程度、効果を実感したら
たぶん使わなくなるんじゃないかなあと。
どんな素晴らしいものでも、物は物ですから
それがないとだめ、となれば、自分の力は逆に失われtてゆきます。
私はジェムリンガに限らず、クリスタルやパワーストーンは
昔から好きですが、例えこういったものがなくても
常に自分のエネルギーが、波動が高い状態でいたいなあと
今は、たまに気が向いた時だけ使うという感じです。
大切なのは、自分自身が本来持っている力を
最大限に高めること。
そのためのヘルプとなるものなら
ある時期、集中して使ってみたり、たまに使ったりしたいなあと思います。

ちなみにジェムリンガのリンガは、シバのおちんちん
の意味なのだそう。
昨日、たまたまアーユルヴェーダのみささんのところに
行って、ジェムリンガの話をしたら
リンガの意味を教えてくれました。
なるほど〜ひらめき
「クリスタルでできたシバの神聖なオちんちん」
なのですね。

また話は変わりますが、今日、FBで友人がシェアしてくれた内容が
まさにその通りだなあ、と共感したのでシェアします。

『いま、世の中に『オンナ』がいない。
それがあらゆる問題を作り出しています」
http://www.lifedesignmethod.jp/blog/2014/02/post-230.php

日々、女性たちにキネシオロジーのセッションをやっいて感じるのは
女性の男性化。
『メンタル、完全に男だね〜」というような女性多いです。
もっとも私も人のことは言えませんけどねあっかんべー
いつも論理的に物事を捉えようとし、自立心が強く、必要以上の責任を果たし
甘えたり頼ったりしない。
性のこともあまり積極的に関わろうとしない方が多いです。
そういう男性性が強い方は、話さなくても
エネルギーが固い感じがするので
私は「四角いエネルギー」と呼んでいますが
その方から出てくる雰囲気が角張っている感じがするのです。
そのエネルギーが、夫婦間やカップル間の関係だけでなく
無意識に様々な問題を生み出しているのですよね。

この記事にあるように、女性が性に目覚めると
世の中の問題がすべて解決される、というのは
誇張でも何でもないと私は実感しています。

ということで、女性のみなさま、
2015年も光輝く世界のために
内側から女を上げてゆきましょうねきらきら







最終更新日  2014年12月14日 21時54分42秒
コメント(4) | コメントを書く
[タントラ&セクシャリティ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.