4635631 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

からだと宇宙とヒーリングと

PR

X

プロフィール


norico1

バックナンバー

カテゴリ

カレンダー

コメント新着

Meg@ Re:クレタ島 レシムノン 乙女な旅編(09/20) New! お家の階段でのお写真素敵〜。 まだエジプ…
pu-sun14@ Re[2]:モノクロのエジプト(09/16) norico1さんへ まさかのiPhone11だったん…
norico1@ pu-sun14さん え〜ありがとうございます! これiphone …
pu-sun14@ Re:モノクロのエジプト(09/16) のりこさん、とってもオシャレな写真でた…
イシスもハトホルも好き@ Re[2]:デンデラ神殿でのハトホルワーク(09/12) norico1さんへ 確かに女性として強すぎる…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2015年10月01日
XML
カテゴリ:フランス
フランス 前回の続き

この日の夜は、マレ地区に出かけて、GLOUという最近流行っているというレストランへ。
ここはいわしのつみれ、アンチョビのマリネなど、他にはあまりないメニューがあって
おいしかったです♪(チーズケーキも♪もちろんワインもグッド

IMG_0800.jpg CSC_0141.jpg

CSC_0145.jpg DSC_0146.JPG



フランス9日目。最終日。

この最終日は、国立近代美術館に行こうと前日に言っていたのですが
なぜか朝起きると、今日はマドレーヌ教会へ行く、という直感がやってきたので
美術館を取りやめて、マドレーヌ教会へと向かいました。
マドレーヌ教会については、マグダラのマリアに捧げられた教会
ということだけは知っていたものの、他はよく知らなかったこともあり
特に訪れるつもりはなかったのですが
こういう直感は、いつも突然はっきりとやってくるので
絶対ここだ、とわかるのです。
行くと決めた後、おさむがネットでマドレーヌ教会のことを調べたら
ここはフォーレがレクイエムの初演を行ったところだそうで
それを聴いて、さらに確信しました。

着いてみてびっくり。
教会とは思えない、まるでギリシャ神殿のような巨大な建物。
後から調べてわかったのは、もともとここは教会として建てられたわけではないとのこと。

DSC_0148.JPG

そして、教会内に入ってみて
このエネルギーの素晴らしさに圧倒されてしまいました。

DSC_0155.jpg


前日に訪れたメダイ教会とは全くエネルギーが違いました。
メダイ教会は、清々しく、クリスタルクリアな感じなのですが
このマドレーヌ教会は、なんというか、悪も善も怒りや悲しみや憎しみでさえも
すべてを包み込んでしまうような慈愛のエネルギー。
しばらく座って内観していると、涙が止まらなくなりました。
前日のメダイ教会では、珍しくおさむは最前列に座って
一生懸命に祈っていて
それを見て私は「お、懺悔してる、してる♪」とほくそ笑んでいたのですがウィンク
ここでは、私もぽろぽろ泣きまくり。
あ~ここに来てほんとうによかった。
天使に囲まれているマリアさま。

DSC_0158.jpg

天井に描かれている絵も輝いています。
こんなところで、フォーレのレクエイムを聴いたなら
そのまま天に召されてもいい、という気持ちになりそう。

DSC_0157.JPG

ここの売店で思わず購入してしまった、聖ミカエルの置物。
今でさえ、私の侍根性?が、こんなミカエルが家に来てしまえば
さらに増幅してしまいそうなのに、気がつけば購入していました泣き笑い

DSC_0219.jpg

宗教的には、これは善が悪を退治している姿、なのでしょうが
私が捉えている感覚としては
私たちの中に存在している自我を見極め
ハートへと導いてゆく強い力、という感じかなあ。

マドレーヌ教会の前の風景。
遠くに見える棒が、エジプトのオペリスク。

DSC_0153.JPG

それから、サンジェルマンデプレ地区を散策。
このあたりは、古きよき時代の文化の発信地だったカフェが
たくさんあるところだそう。
これは、実存主義を唱えたサルトルやボーヴォワール
ピカソやダリが常連だったというカフェドフロール。

DSC_0179.JPG

そして、ピカソやヘミングウェイ、カミュなどが常連だったという
カフェ、レドゥマゴでお茶とケーキと頂きました。
昔ながらの店内。
年配のギャルソンたちも、忙しそうに働いていました。

DSC_0180.jpg

サンジェルマンデプレ教会の中。

DSC_0186.jpg

DSC_0188.jpg

それから、街をお散歩。
新鮮なお魚をゲットできそうな屋台。

DSC_0166.jpg

地下鉄サンミッシェルの前に大天使ミカエルの噴水がありました。

DSC_0194.jpg

DSC_0195.jpg

気がつくと街の至るところに天使たち(右はマドレーヌ寺院内のもの)

CSC_0209.jpg DSC_0162.jpg

DSC_0919.JPG

セーヌ川を越えて、ぶらぶら歩きます。
この日は、よく晴れてとても気持ちがいい日でした。
ルピョイアンバレーでは、朝は1度Cまで気温は下がって
日中でもダウンコートを着ていましたが、パリは夜は冷えるものの
昼間はまだ暖かく半袖の人もいました。

DSC_0201.JPG

初日に訪れたノートルダム大聖堂。

DSC_0199.JPG


ニューヨークにもたまにありますが、パリの建物の多くは
こんな風な形をしているんですよね。

DSC_0192.jpg  DSC_0100.jpg

ホテルに戻り、荷物をピックアップして空港へ向かいます。
リヨン駅近くのパリの風景。
真っ青な空に白い建物が映えます。

DSC_0213.JPG

空港行きのバスを待っている間
品のいい老婦人と目が合って、微笑みかけてくれました。
その瞳がとても美しくて、思わずまた泣きそうに。
年は軽く80歳を越えていそうだけど
姿勢よくおしゃれで気品があって、旅慣れている感じで
動きもしゃきっととしています。
一台のバスが止まった時
「これは私たちのバスではないわよ」と丁寧に教えてくれました。
こんなおばあちゃんになりたいな〜。


こうして、この日の夜、パリ発、ニューヨーク行きの便に乗り
昨日の夜中にニューヨークの家に戻ってきました。
パリの空港で、搭乗間際ぎりぎりまで、カフェでワインを飲んでいましたが
空港のカフェのワインでさえ、おいしい♪
やっぱりフランスだなあ。

今回、パリで最も感動したのは、最後のドレーヌ教会とメダイ教会でした。
他もよかったですが
この二つはもしまたパリに行くことがあったら、訪れたいなあと。
そして、やはりモンサンミッシェルとルピュイの聖ミカエル。
結局、今回はやはり瞑想と祈りの旅という感じでした。

ですから、この旅では自分の内面を見せられて
以前、おさむとギリシャやスペインを旅した時の
ただ楽しくてジョイの感覚とは違っていました。
もちろん、おいしいものを食べて、素敵な景色を見て
旅自体はとても楽しかったのですが
それだけではなく、旅の間中、意識は内へ内へと向かっていて
あらためて、自分が普段、無意識に抑えていたものや
感じないようにしてきたことを観ることになり
その分、若干の苦しさもありました。

旅の前半は、おさむのデトックスが大きかったので
これは、旅の前日にフィボナッチをやってしまったのが、まずかったかもと思っていたのですが
どうやら、それだけではなかったよう。
デトックスを抜けた後もいろいろあって
後からわかったことは、おさむは「海外旅行恐怖症」とまではいかないけれど
海外に出ると、緊張してリラックスできなくなる、というのが
このところ出てきたようです。
まあ、誰でも見知らぬ土地に行けば、若干、緊張状態になるものかもしれませんが
彼の場合は以前はそうではなかったのに
2年ぐらい前のエジプトあたりから、サバイバルプログラムになったようです。
(たぶんこれは一度キネシで調整すれば、大丈夫でしょうが)

一人で行くと修行の旅になりそうだからと
おさむと行くことに決めたのに、彼と一緒に行ったために
さらなる修行の旅になった気がしないでもないけど
それでもやはり、モンサンミッシェルやマドレーヌ教会を
二人で訪れることができたのは、天の祝福だったなあと。
ギリシャ、イタリア、スペインの時のように
二人でラブラブでジョイな旅にしたい、というのも
一つの渇望や思い込みであって、その時々でいろんな旅があっていいですね。

今回、私が自分のために買ったものは
ボンマルシェで購入したブルックリンロゴのキャンバスバックと
(フランスでブルックリンロゴのものを買う、というのがおもしろかったので)
マドレーヌ教会のミカエルの像の二つのみでした。
旅に出る前は、パリで素敵なスカーフや洋服や雑貨を買いたいな〜
と思っていたのに
実際にパリに行ってみると、そういう店にはほとんど行く気にならなかったのも
今回はそれでよかったのでしょう。

ということでフランスへの旅も終わり
明日から、今月中旬から始まるキネシオロジーの上級講座に向けて
準備に取りかかります〜マラソン






最終更新日  2015年10月04日 18時43分52秒
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.