2145442 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

からだと宇宙とヒーリングと

PR

楽天プロフィール

バックナンバー

カテゴリ

カレンダー

コメント新着

Yoichiro@ Re:キネシオロジーの感想から  シリウスと女性性(08/12) New! シリウスが強く出てしまっているいまの私…
norico1@ Akikoさん そうなんです、そうなんです! 宇宙人云々…
norico1@ あやこさん はい、それが1番のテーマですね! どこか…
Akiko@ Re:最近のセッションのあれこれ(08/07) norico1さんへ セロトニンの他には有害物…
あやこ@ Re[7]:最近のセッションのあれこれ(08/07) ノリコさん 〉「どんなエネルギーがやって…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2017年08月07日
XML
カテゴリ:キネシオロジー

さて、宇宙系遺伝を行うようになってからの私のキネシオロジーのセッションは

大きく変化したわけですが、それと同時に、宇宙系遺伝の調整は

私自身がかなりのエネルギーを消耗するため、1日2人のセッションを行うのが

精一杯になりました。

以前、1日4人のセッションをやっていた時でさえも

ここまでのエネルギーは使っていなかったわけで

クライアントさんのセッションで時々、宇宙系遺伝の調整が出てこないセッションがあると

ものすご~く楽に感じるのです。

例えば、身体の不調の調整とか、霊的なエネルギーを外すとか

お金の調整とか、様々な脳の調整とか、これまでやってきたような

調整だけ行うのは、ほとんど私自身のエネルギーは使わない感じがします。


これは、普通のキネシオロジーのセッションでは

エネルギーを言葉に変化して情報をあげてゆくのに対して

宇宙系遺伝の調整は、それだけでは不十分なので

エネルギー的に情報をあげていく必要があるからであって

その情報のダウンロードに時間がかかることと

私自身の遺伝情報の中に、相手のものと少しでもリンクするものがあると

その情報をダウンロードしている間に

相手の持っているエネルギーを受けてしまうからで

「あ、受けた」と感じたら、その都度、何のエネルギーを受けたかを確認し

その場でエッセンスや惑星チャイムやマトリックス・エナジェティクスなどを使って

さっと外し、すぐにセッションを続けるわけですが、そうこうしているうちに

私のエネルギーフィールドは、疲労してゆくので

セッションが終わると、どっと疲れていて

この数ヶ月、自己ヒーリングをしない日はほとんどありませんでした。


とはいえ、さっと簡単な自己ヒーリングを行えば

エネルギーは復活して、元気になるのですが

ただ元に戻すだけでは、またセッションでエネルギーを受けてしまうので

受ける要因となった私自身の遺伝を調整するための自己調整を

その夜に行うというのを、繰り返していたわけですが

ふと気がつくと、クライアントさんのセッションと自己調整で

朝から晩までセッションをやっていたわけです。


で、これじゃあ、他のことは一切できないわけで

最初は、面白くて、夢中になって研究してきたけれど

ここまで自己調整しなければならないのは

まさに「人生は大変ブログラム」になってしまうわけですから

これは何かがおかしいのではないか?

宇宙系遺伝を調整するという方向性が違うのではないか?

と何度か思って、身体の声を聞いたり

カードを引いてメッセージをもらったりしました。

そして、その度に身体から伝えられるのは

「自分独自のアイデアを信頼すること」

「今、すぐに結果を決めず、続けてゆくこと」

「いずれもっと楽にできるようになる」

というような内容であって、そのメッセージに元気づけられて

また続けてきたわけです。


もちろん、宇宙系遺伝の調整をしなくても

様々な調整はできるし、変化していくので

それだけでも十分なことも多いのも確かなのですが

この宇宙系遺伝の調整は、その人が生まれてから持ち続けてきた

本質的な性質やその根源となる意識への変化につながるので

例えば、これまで何の調整をやっても、なかなか変化できなかった人たちが

大きく変わってゆくのを目の辺りにすると

やはり、この方向性でいいのか~、と改めて確信したり

ここ最近は、どれだけ自分の感覚を信頼しているか?を

試されてきた感じがします。


さて、ここ最近、私が注目していたのは

それぞれの宇宙系遺伝と脳の各部位との関係でした。

宇宙系遺伝と松果体活性の関係に関しては

これまでやってきて分かっていたのですが

ある時、松果体以外の脳の箇所と宇宙系遺伝との関係はどうなっているのだろう?

と調べ始めました。


最初に、その人の脳や神経伝達物質のどの部分に反応があるかを調べ

(反応があるということは、バランスが崩れている、もしくは活性率が低い)

それぞれの活性率を上げておき

その後、宇宙系遺伝の調整、例えばオリオン遺伝やシリウス遺伝などを行って

松果体以外の脳の対する調整は一切行なっていない状態で

それぞれの脳の箇所の活性率がどう変化したかを見ていくと

変化している箇所と変化していない箇所があるので

その遺伝と様々な脳との関係が分かってくるわけです。

 そうやって何人もの人たちにやってきた中で、

例えば、ニビル遺伝がある人は、安心感や安定感に関連する脳幹の活性率が低い 

ということや、オリオンやシリウス遺伝などは

幸せホルモンであるセロトニン活性が低いということや

シリウス遺伝は、人との共鳴力に関連している、前帯状皮質や紡状回の

活性率が低い、とか、ほぼ全部の宇宙系遺伝に関して

大脳基底核や扁桃体は関連している

など、脳の各部位と宇宙系遺伝との関係がだんだんと見えてきたわけです。


そして、ちょうど、そんな矢先に

私の調整法がまた大きく変化するきっかけとなったものと

出会うことになりました。


それが、おさむが先日受けてきたリチャード博士のHolo-SETの中の

モジュールでした。

このHolo Set というのは

キネシオロジストや医療関係対象のかなり専門的なコースで

これまでマトリックスエナジェティクスのワークショップで

数白人の参加者がいたのに、このクラスはたった18人だったとのこと。

クラスの中では、医療用語がバンバン使われ

筋反射はアプライドキネシオロジー形式の筋反射を使って行われるので

英語での専門用語の理解も含め

普段、その筋反射のやり方に慣れていないおさむにとっては

かなり難しかったらしく、しかも、あのリチャード博士ですから

生徒が理解するように、なんて全く意識していないわけで

それを超早口で、超早わざで見せてくれるので

クラスの前半は、ほとんど何が何だかわからない状態だったそうですが

クラスの最後の日になって、モジュールを紹介してくれて

(それもざざっと、早口で説明されたので、半分も聞き取れなかったそうですが)

おさむは、そのモジュールはキネシオロジーの調整に使えそうだ

だと喜んで帰ってきました。


で、おさむが持ち帰った、そのモジュールを見て

私も身体が震えたというか

おぉ、これは宇宙系遺伝に使えるダブルハート

と確信したわけです。


というのも、そのモジュールは、100以上の種類があり

その中に、脳幹のモジュールや、大脳基底核のモジュールや

セロトニンのモジュール、松果体モジュールなど

脳関係のモジュールがかなり入っていたからです。

また中には、うっ血性心不全のモジュールや

ジストニア(筋肉の収縮を引き起こす神経疾患)や

白血病モジュールなど、私のセッションでは

滅多に出てきそうにないものもあるのですが

甲状腺のモジュールや顎関節モジュールや

子宮頸部組織のモジュール、自律神経モジュールなど

普段のセッションで、頻繁に使えそうなものもたくさんあります。


そのモジュールは、コンピューターグラフィックで映像化されていて

その映像をハンドにエネルギー的にダウンロードし

そのハンドを相手の頭や胸に当てて、取り込んで行きます。


で、早速私もおさむからそのモジュールを借りて

調整をスタートしてみました。

やり方は、最初に遺伝情報をダウンロードすることまではこれまでと同じですが

調整法として、これまではフィボナッチや惑星音叉を使っていたのに代わって

まずは、それぞれの遺伝の関連した脳のモジュールを選んで

アクセスしてゆきます。

つまり、これまでは、宇宙系遺伝の調整をすると

自動的に脳の情報が書き換わっていたのが

今度はまるで逆のプロセスで、脳のモジュールを使って

調整をすることで、宇宙系遺伝が調整されてゆくという感じです。

これは、このモジュールが、その脳に対してだけではなく

ホログラフィックな情報を含んでいるからできることですが

何よりも、驚いたのは、その驚異的なパワーでした。


先日、このモジュールを使って宇宙人遺伝を調整された方が

これまでのセッションでは一度もそんなことは言わなかった方なのに

「なんなんですか、このヒーリングは。

のりこさんが頭にアクセスしている間

脳がぐるぐるするのがわかったり、頭に触っていても

足まで身体全身が動くのがわかるのです」

と言われていたのですが

この調整はこれまで私が使ってきたものとは

全く別次元のものでした。

それがどれだけすごいかは、敏感な人ならそういう感覚でもわかりますが

私自身は、数値を見れば歴然とわかるのです。


キネシオロジーでは(というより私のやり方では)

例え、エネルギー的に取り込んだ情報であっても

数値として表して、それを見ながら、どれだけ調整されたかを

測って行きます。

例えば、胃の不調を治すのに、現在の胃の活性率を最初に調べて

調整後にどのぐらいまで変化したかを見るわけです。

ちなみに、この活性率は、たんに身体の機能としてだけではなく

エネルギー的なものも含まれてるので、多次元的な数値です。

ですから、脳幹の活性率が11%と出てきたとしても

医学的に調べると、何の問題もないわけですね。

病院では調べても、何の異常もないと言われたけど

実際に身体の不調や症状がある、というようなことはよくあるわけですが

それは病院ではエネルギー的なものは見ないからであって

ホログラフィクに調べれば、必ず要因はあるわけです。


身体の調整の場合だと

例えば、活性率がマイナス40%、と出てくれば

それはもう医学的に調べても問題が見つかるぐらい悪いということを

意味しているわけですが

宇宙人遺伝の調整の場合は、その数値は半端なく

統合率100%が、遺伝が全くない状態だとすると 

統合率マイナス何千、何万%スタートなどもあるわけです。

これは、その日、私がどれだけ情報をあげたかによって

パーセンテージが変わってくるのですが

これまでは、フィボナッチを使うのが調整としては、一番早かったのですが

そのフィボナッチでも、数百単位での変化なので

1回で調整できるのは最高でもマイナス2000%までぐらいでした。


ところが、このモジュールを使うと、数千単位、もののよっては

数万単位で数値が変化してゆくのです。

ですから、これまで私が情報をあげていたぐらいのものだと

あっという間に調整が終わるので、クライアントさんの身体は

もっと情報をダンロードしろ、と伝えてくるようになり

それに従ってダウンロードしていると

かなりの長い時間、ダウンロードの時間がかかり

その数値を見てみると、時には、遺伝統合率、マイナス50万パーセントスタートなどという

もうわけがわからない数値が出てくるようになりました。


つまり、これまでよりも、早く深く調整することができる分

調整幅が巨大なので、最大限にやろうとすると

それを調整するための情報をあげる時間、ダウンロード時間が

よりかかってしまうのです。

う~ん、それじゃあ、セッション時間は相変わらず長いし

楽にはならないなあと、おさむに言ったら

「そりゃそうだよ。のりこはいつも、そうなんだよ。

その調整法を使って最大限にやろうとするから

すごい調整法を持てば持つほど

身体の要求通りにやっていたら、永遠にやり続けることになるよ」


というので、なるほどそれもそうだ、これは私の完璧主義だと

ある程度でダウンロードを切り上げなければならないことに気づいて

調整したので、大丈夫になりました。


で、何より、この方法で調整すると、私のエネルギー消耗率が

少ないのです。

例えば、惑星音叉を使って、これを調整していると

その人が持ち続けていた古い思考形態というか霊的なエネルギーが

どんどん上がってくるので、それを解除しながらプロセスを進めるのですが

一回のセッション内では解除しきれないものは

それが調整後のデトックスとして出てくる可能性はありますから

できるだけセッション内で解除しているわけです。

でも、このモジュールを使うと、やはりそう言ったエネルギーも出てくるものの

あまり重いエネルギーとして出てこないので

多分、そこまで調整しなくても、デトックスも起きにくいように感じます。


それにしても、リチャード博士、相変わらずぶっ飛んでいて

おさむからの話を聞くだけで、勇気づけられるのです。

リチャード博士がこのモジュールの原型となるものを最初に手に入れた時に

グレイの宇宙船に追いかけられたという話も、面白すぎます。 

リチャード博士は、このモジュールを

17次元の天使から受け取ったそうですが

もともとの情報源は、宇宙人からとのことでした。

宇宙人遺伝を調整するのに、宇宙人からの情報を使うというのは

最も理にかなっているなあと。


ということで、このモジュールを私がセッションに使ってゆく以上は

理解できる、できないに関わらず、このクラスを受ける必要があるわけで

今年はもう行われないようですが、来年に受けてみようと思っています。

それまで、このモジュールを使ってセッションを行いつつ、研究していけば

その時のクラスでの学びが、さらに深まるかなあと。


ということで、最近の私のセッションについて

できるだけ、わかりやすく書いたつもりですが

何のこっちゃという方もいるかもですが、まあ、それはそれでいいかと

私のメモ代わりにウィンク 

こういった情報は、誰が理解するとか興味を持つとか

関係なくアップしていると、不思議とそれに関わる情報が

いろんなソースから、入ってくる感じがするんですよね〜。

愛は与えれば与えるほど、受け取る、と言われますが

情報も同じなのだなあと。

 

まだ書きたいことあるので、続きはまた〜ワイングラス 







最終更新日  2017年08月08日 06時12分49秒
コメント(12) | コメントを書く
[キネシオロジー] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.