4636745 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

からだと宇宙とヒーリングと

PR

X

プロフィール


norico1

バックナンバー

カテゴリ

カレンダー

コメント新着

Meg@ Re:クレタ島 レシムノン 乙女な旅編(09/20) お家の階段でのお写真素敵〜。 まだエジプ…
pu-sun14@ Re[2]:モノクロのエジプト(09/16) norico1さんへ まさかのiPhone11だったん…
norico1@ pu-sun14さん え〜ありがとうございます! これiphone …
pu-sun14@ Re:モノクロのエジプト(09/16) のりこさん、とってもオシャレな写真でた…
イシスもハトホルも好き@ Re[2]:デンデラ神殿でのハトホルワーク(09/12) norico1さんへ 確かに女性として強すぎる…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2018年01月02日
XML
​​​

ハッピーニューイヤー!!ワイングラスカクテルビール日本酒

2018年が始まりましたね。

 

まず、2017年の大晦日のことから。

私とおさむは、コスメル島にあるマヤのサンヘルバシオ遺跡を訪れました。

 

正直、今の私は、マヤ遺跡には特に興味はなかったのですが、おさむの
「2012年からスタートした俺たちのマヤの旅の

終わりの記念に行ってみよう」
という一言で、
訪れることにしたわけです。

 

敷地内には、イシュチェル女神を祀った遺跡が点々と存在していました。

二人で手をつないで、ゆっくりと歩いて回りました。













歩きながら、おさむがポツリと、そしてしみじみと

「長かった。マヤのカルマを解消するのに5年間かかった」

と言った言葉がおかしくて、笑いました。

普通の人から見ると、何を言っているのかと思われるかもしれませんが

私と修にとっては、この5年間は、大いなる解放と気づきの時期であり

同時に、男性性の闇と向き合ってきた期間。

特におさむは、マヤ文明と深い関わりのある冥王星遺伝の調整が

先日終了したばかりなのですが

たまたまこの時期にマヤ遺跡を訪れることになったのも

すごいタイミングだなあと。

 

2012年に、このメキシコ、ユカタン半島を訪れた時には

トゥルム遺跡、チチェンイツァ遺跡、コバ遺跡、コフンリッチ遺跡

ベカン遺跡、パレンケ遺跡、ラブナ遺跡、カバ遺跡、ウシュマル遺跡、

ズィビルチャルトゥム遺跡などの主なマヤ遺跡を回りながら

おさむが奉納演奏を行い、祈りとセレモニーの旅をしたのですが

その頃の私たちは、マヤ文明に強く魅せられていました。

マヤに限らず、ネイティブアメリカンや先住民の文化、シャーマンワークなど

私たちにとって、現代の失われた英知を秘めた宝物のように

感じていたわけです。

 

その中のベカン遺跡で、おさむが男性性と女性性の統合のワークと称して

セレモニーを行ったわけですが

当時の私は、男性性の闇とか抑圧された女性性などというのは

自分自身の体験としてはなかったし、一般的な意味でのセレモニーを

行ったつもりだったのですが、その直後から、おさむを通じて

そういった深い闇を体験することになりました。

もちろん、それも、私たちの無意識が作り上げた幻想であり

事はただ起こっていた、ということも言えるわけですが

その頃から、おさむへのセッションを行うと、そういうストーリー云々ではなく

ディープな重いエネルギーが上がってきて

私にはもう耐えれない、と一時期は何度も思ったほどでした。

 

こういう民族的な文化やシャーマンワークなどに深く関わりがある人の多くは

抑圧や虐待、迫害などの重い前世とつながっています。

もちろん、ここでの前世というのは、その人個人のもの

というわけではなく、集合無意識的なエネルギーですが

そう言った前世的なエネルギーを解除していくにつれて

不思議と、私たちの先住民や古代文明への興味も薄れて行きました。

 

こうして、5年前とは全く違った感覚で、今回マヤ遺跡を訪れて

なんとも言えない軽やかさを感じます。

二人で、本当良かったね〜と話していると、目の前にス~っと

青くて美しい大きな蝶々が、駆け抜けて行きました。

 

さて、遺跡の後は、コスメル島の海のそばのレストランでランチ。

コスメルはとても小さな島なので、一周ぐるっと車で回っても

約2時間ぐらいです。

 

PC310673.jpg

 

2017年、最後の夕日。


PC310729.jpg

2017年の大晦日の夜は、SAL de Marというシーフードレストランへ。

たまたま時間が早かったので、予約なしで入ることができたのですが

スタイリッシュな内装のレストランで、ワインも美味しくて

スモーク鯖やクリームコロッケなど、どれも美味しかったです。

 

PC310746.jpg PC310749.jpg

 

こうしてコスメル島で新年を迎えました。

 

さて、2018年はどんな年になるかしら~?

 

ちまたで、当たると評判のVOUGE「しいたけ占い」

https://voguegirl.jp/horoscope/shiitake2018-h1/

 

基本、私は占いには興味がなく

しかも、星座占いなんて、生まれた時の太陽の位置だけで決めているわけで

占星術とは全く違うものであることは確かなんですが

この「しいたけ占い」に関しては

なんか、妙にピンとくるんですよね。

もちろん、中には、細かいところで私とは違うなあということもあるんですが

大まかな流れとしては、去年は、ほとんど当たっていました。

 

ということで、2018年の牡羊座は

​『Tシャツとビーチサンダルの私に戻る」​

 

(おぉ、今、これをアップしているのが、ホテルのビーチで、Tシャツですが荒波

 

そもそも、牡羊座を動かす感覚は「何となく」なのです。

あなたは好きな音楽、いつの間にか続けるようになったゲーム

そして自分の仕事など、スタート地点において明確な理由があったわけではなく
「何となくピンときたから」「何となく面白そうだったから」という理由で始めます。

それだけあなたにとって「何となく」という感覚は

人生を大きく変化させることがあるぐらいに重要な感覚になります。

ですから、「何となく」が起こる前の牡羊座って結構テンションが

低いことも多いのです。

様子を見ながら「あー、面白いかも」と思ったら

次の日も続けていくし、「ピンとこないな」と思ったら

次の日からやらなくなったなど。

でも「何となく面白そう!」と火がついたら

ものすごい勢いで輝き出すのです。

「初動は遅い。でもハマり出してからの勢いはすごい」

それがあなたの特徴なのです。​​

もし、あなたの人生の時間を10年で区切るとするならば

2017年がこれまで「何となく」で始めた旅の終わりの時期で

2018年からが「新しい、何となくの旅の始まり」の年になります。

だから2017年に、勘のいい牡羊座の人は​​

「これまで続けてきた自分の活動や習慣」などをスパッと

勢いよくやめてしまうのです。

その理由は「もういいや。十分やったから」です。​​

 

このあたり、すごくピンと来るなあ。

キネシを始めたのも、いや、その前にヒーリングを始めたのも

「何となく」だったわけですが、いつの間にか

すごい勢いでやっていたので。

これは、キネシに限らず、すべてに対してですが

やってみて、ピンと来なければ、さっさとやめるし

ピンと来れば、つまり楽しければ、続ける。

これを仕事をするかしないか、なんてことも

一度も考えたことはなく、ただ好きなことを続けていたら

いつの間にかそうなっていたわけなんですが

これが牡羊座の気質なのですね。

直観力だけで突き進むのが牡羊座と言われますが

私にとっては、こうなりたい、という目標を持たずに進むと

行くべきところに導かれていく感じがします。

(ニューヨークに最初に来たのも、特に何かの目的があったわけではなく

どれだけの期間住むなどもわからず「何となく」だったし)

 

そうやってみてみると

私にとって、去年やめたことの一つは、先の予約を取るのをやめたこと。

先の予約を取ると、半年以上先までどんどん埋まってしまうので

(とてもありがたいことですが)

バケーションの予定を先に入れておかないと取れなくなるので

約10か月ぐらい先の予定も先に決める必要がでてきて

フレキシブルに動けなかったわけです。

まさに「(このスタイルは)もういいや、十分やったから」という感じでした。

今、来月の予定もまだはっきり決まってないわけですが

(サンディエゴのクラスの話は人数が集まり次第だし)

その自由さにワクワクしています。

 

そして、やめたことの二つ目は、使命感で何かをやること。

フィボナッチやアーキュトニックのクラスのオーガナイズは

まさに使命感でやっていたことで、本当に言いたいことは言えなかったし

私の自由さや率直さを抑制することにもなっていました。

 

2、3年前に、占星術で有名な松村先生に

私のチャートを見てもらった時に

「2018年になるまでは、何一つ、あなたの意志では

決められないし、動けません。

いわば、背負わされた状態です」と、まるで「ご愁傷さま」と

いう感じで言われたのですが

その時は、背負わされると言っても、自分がやりたいことしか

やらなければいいわけだし、私は本当にやりたくないことを

背負うことはないかな、なんて、どこかで思っていたのですが

今年のハワイで、つくづく、背負わされるというのは

こう言う事だったのだなあ、と実感しました。

それがもう去年で終わったのだと思うと、すご~く開放感。

 

2018年は、さらに軽く自由に気ままに生きたいダブルハート

 

ということで、今年もこのブログともども、どうぞよろしくお願いいたします!

 
​​​​​​​​​​​​






最終更新日  2018年01月03日 23時35分11秒
コメント(2) | コメントを書く
[マヤ遺跡 メキシコ] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:コスメル島のマヤ遺跡とハッピーニューイヤー(01/02)   まなちゃん さん
のりこさん!あけましておめでとうございます(*^^*)セッションの感想やお礼をメールしようと思いながら、なかなかまとまらず、随分と日が経ってしまいました!スミマセン〜。
実は私もセッションのすぐ後に、自分の部屋の大事な物達を置くコーナーに、マヤの写真など何点か飾っていたのですが、もういいかなぁ〜って思って捨ててしまったんです。小学生の時から執着?の深かったマヤなのに~_~; と、言いましても私の冥王星はまだまだまーだなのでしょうけど、今回の記事を見て、わぁ凄い〜と思ったので、ご報告のほんの一部なのですが、コメントさせていただきました!
本年も、お二人にとって最高にhappyな一年となりますようにo(^_^)o有難うございます!
(2018年01月06日 02時02分38秒)

まなちゃん   norico1 さん
まなちゃん、あけましておめでとうございます!!
すごい、たまたま、この時期、まなちゃんもマヤの写真を捨てていたなんて
リンクしていましたね〜。
こういうのって、気がつくと、意味もなく惹かれているわけなんですが
自分の中の何かのエネルギーが変わると、それに対する興味や認識も変わるのですよね。
それにしても、小学生の時からとは、何かよほど強いご縁(エネルギー)があったのでしょう。
それがなくなったということは、より軽くなったということだし
今を生きることにつながったということ。
2018年、さらに軽く自由なまなちゃんへと、羽ばたいていってくださ〜い。


(2018年01月07日 23時46分28秒)


© Rakuten Group, Inc.