3924712 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

からだと宇宙とヒーリングと

PR

プロフィール


norico1

バックナンバー

カテゴリ

カレンダー

コメント新着

オレンジ色の感想を書いた人@ Re[2]:お金を稼ぐ力 受け取る力(06/02) New! norico1さんへ >この言葉足らずの感じ…
norico1@ オレンジ色の感想を書いた人さん New! 作成中のものだったんですね。 でも、わか…
オレンジ色の感想を書いた人@ Re:お金を稼ぐ力 受け取る力(06/02) のりこさ~ん 感想を取り上げてくださり、…
クミコ@ Re:豊かさとお金のワークショップ 終了しました(&感想1)(05/31) のりこさん、届きましたー。 ありがとうご…
クミコ@ Re[4]:豊かさとお金のワークショップ 終了しました(&感想1)(05/31) norico1さんへ 第1部の方にはリンク&amp…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2020年04月01日
XML
カテゴリ:世界のできごと

昨日、一昨年の長野のクラスのメンバーのラインをのぞいて見たら

そこに、コロナと他の死因での死者数の比較をされている方がいました。


発信元は、こちらのサイト​で、刻一刻と変わっていく他の数値もとても興味深いので

ぜひのぞいてみてください。

2020年1月1日~3月31日まで
 (昨日までの数値なので、今、現在は人数が変わっています)

3,236,085        伝染病

2,047,319         ガン

1,246,160         喫煙のしすぎ

  623,473          アル中

   419,056         HIV

   336,535         交通事故

    267,323        自殺

    244,515        マラリア

    121,195        インフルエンザ

     42,322        コロナ

コロナによる死者も日々増え続けているわけですが

同時に、ガンで亡くなる人も、自殺で亡くなる人も

日々、増え続けています。

こうして数字で比較してみると、改めて見えてくるものがありますよね。

もちろん、問題の大きさは、単純に死者数だけでは、判断はできないわけですが

それを言うなら、メディアが毎日のように

コロナでなくなっている人数を伝えることによって

まるでそれが、世界で一番最悪の問題であるかのような錯覚を

私たちに起こさせていることを認識する必要もあると思います。

マラリアやその他の伝染病など

今もなお、世界で莫大な死者を出し続けていることに関しては

私たちのほとんどは、日々、何も意識することなく、暮らしているわけですから。

いえ、先進国だけの問題にしても
喫煙による死やアル中や交通事故で亡くなる人数の多さをみると

他にも、対応するべきことが、山ほどあることに気づきます。

もちろん、コロナへの対応は必要なのは間違いないですが

一方で、このコロナへの対策によって

生活が行き詰まったり、精神的に追い詰められて

自殺者が増えたりする可能性も高まっています。

それにしても、がんは、伝染病を除けば、ダントツに
人間にとっての一番の死因であることを、改めて実感するわけで

だから、抗がん剤などのガンビジネスと言われる産業(医療ではなく)が

いつまでも、なくならないわけだなあと納得します。

(あ~このあたりを語ると、またディープステートに繋がってしまうんですが泣き笑い

さて、一方で、この封鎖対策によって

地球や自然には、大きな恩恵が訪れているようです。

車が減ったことで公害が減り、空気が綺麗になっていることが報告されたり

また、野生動物たちが普段は現れない場所に、現れたりしている報告を聞くと

ああ、本当に私たち先進国の人たちは

今回のコロナによって、これまでの便利な生活を見直していく機会を

与えられているのだなあとつくづく思うのです。

私にとっては、社会的な観点からみてゆくと

どうしてもディープステートや闇の支配者の構造が見えてくるのですが

(だからこそ、ここ最近の新たな展開に希望も感じているわけだけど)

一方で、宇宙的な観点から見てみると

地球が私たちの環境破壊に悲鳴を起こしていて

もう私たちが変化するべき時に来ていて

これは、いつかは起こるべくこととして起こっていることも強く感じます。

こういう事態になることで、私たちは、それぞれにとって

本当に必要なものしか欲しいと思わなくなるし

これまで必要なかったものや事柄(でも必要だと思っていたもの)は

自然淘汰されてゆくことでしょう。

例えば、安い人件費や’コスト削減のために中国やアジアやメキシコなどに

工場を持って、大量生産、大量販売するような社会のあり方は

この地球や自然をどんどん破壊することに、つながってきたわけで

そういう生産の仕方ではない、新たなやり方が生まれてくるのではないかなあと。


もしかすると、これを機会に田舎に引っ越したり
自給自足の生活を始めたり
農業を発展させようとする人たちも増えるかもしれません。

また、大西つねきさんが言われていたように
将来、ベーシックインカムなどが導入される社会へと
繋がってくるといいなあと。(計算上は、実現可能なんだそう)
「生活のために働いている」という多くの人が持っている概念が崩れて
誰もが「喜びのために働いている」社会へ。
そうなると、喜びを生み出さない仕事や企業はなくなってくるのでしょう。

やはり、この新たな地球規模の変化に

様々な視点で見ながら、柔軟に対応していくことが

今、誰にとっても必要だと思います。


最後に、IHヒーリングのマチルダが、少し前に
FBにアップしていた動画​をシェアしてみますね。

簡単な英語なので、わざわざ訳す必要もないかもと思ったのですが

一応、ざっと訳してみます。

ありがとう、コロナウィルス。

私たちを揺さぶってくれて、そして(様々なことを)見せてくれてありがとう。

私たちが、これまで思っていた以上に

いかにいろんなことに依存していたかに、気づかせてくれて、ありがとう。

私たちが、いかにラグジャリーな生活の中で暮らしていたか

それに対する感謝の気持ちを起こさせてくれたことに。

製品の豊かさ、自由、健康。。。

そして、 それを当たり前のことだに思っていたことに
気づかせてくれて、
ありがとう。

私たちがいかに「忙しさ」に見失っていたことに

これまで、本当に大切な時間を取らなかったことに
気づかせてくれて、ありがとう。

そして、私たちが大切だと思っていた問題を、傍に置いて

本当に大切な問題と向き合うことを見せてくれて、ありがとう。

交通機関を止めてくれてありがとう。

地球は、この公害に対して、長い間、私たちに懇願していました。

そして、私たちはその願いを聞かなかった。

あらゆる恐れをありがとう。

長い間、世界的な疫病がありました。

でも、私たちのほとんどは、それに向かい合おうとしていませんでした。

そして、今、私たちは向かいあわざるを得なくなりました。

そして、それをどうやって、愛で包みこんでゆくか

コミュニティでサポートするかを学ばせてくれて、ありがとう。

私たちが、こうして生活を見直すことに気づかせてくれて、ありがとう。

そして、やっと私たちが

「私たちは全て繋がっている」ということを理解させてくれて

私たちの間にあるつながりに。

私たちは知っていました。

世界は変わらなければならないことを。

あらゆることを弱めることを助けてくれて

そして、最初から、世界を新しく作りなおすチャンスを与えてくれて、ありがとう。

このウィルスは、私たちの一部です。

私たちの間にあって、私たちの中にあります。

それは、私たちを身体的、エネルギー的に結びつけています。

免疫システムへの感謝とともに、私たちに様々な視点を見せてくれています。

私たちがどの視点を選ぶのも、私たち次第ですが

ベストなことは、全てに目覚めていることです。

    感謝して

    目を覚まして

    全てはもう二度と同じところには戻りません

    世界は、今、変わろうとしています
   

私たちが、この大切な変化の時を、人と繋がりながら
様々な視点を持って、自分自身と向かいあい
乗り越えていけることを心から願って。







最終更新日  2020年04月02日 05時53分55秒
コメント(3) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.