4053875 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

からだと宇宙とヒーリングと

PR

プロフィール


norico1

バックナンバー

カテゴリ

カレンダー

コメント新着

norico1@ なおちゃ〜ん こちらこそ、いつもありがとう!! いや…
なおちゃん@ Re:小さな日常と大きな気づき(07/28) のりこさん♪ いつも、本当にみんなの為に…
norico1@ umitochisatoさん おぉ〜!ありがとう!! 感想、ムッチャ嬉…
umitochisato@ Re:ツーポイント(07/23) わーいのりこさん!これ送ったの私です(&g…
norico1@ めぐみちゃん そうだったんですね。 インナーチャイルド…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2020年06月28日
XML
明後日から、ニューヨークでの多次元キネシオロジーのクラスがスタートします。

今まだ準備中なのですが、ちょっと息抜きに、短めに今日の日記を。

今回の豊かさのWSで、初めてお会いした参加者の方から

私の印象について、伝えてくださった方が何人かいらっしゃいました。

これまでのクラスやセッションでお会いした方からは
私のイメージとして

侍、戦士、研究者、職人、仙人、、などと言われることが多かったのですが

今回は、癒し系、優しい、母性、女神、、、などと

言ってくださる方が何人もいて、最初はびっくりで

え?まじ?どこが?ショック

ちゃんと見えてる?目

みんな起きてる?泣き笑い

などと、思わず、思ってしまったのですが

もしかすると

以前の私の自己イメージと変化してきたということなのかなあと。

これは、最近調整した、いくつかの宇宙系遺伝の自己調整のおかげなのか?

はたまた、離婚後にスタートした、セクシャリティのワークのおかげなのか?

(この話は、また今度)

それとも、この豊かさのワークで、私の中の女性性が高まったのか?

ともかく、思っても見なかった褒め言葉、とても嬉しかったです。

ありがとうございますハート(手書き)


まだ、私に残っている宇宙系遺伝として

論理的な戦士のベガ遺伝とか

ど根性で、困難を乗り越える木星遺伝とか

どっしり安定感の土星遺伝とか

完璧主義で修行系の天王星遺伝とか

平等意識で、誰とでも対等意識のソリプシライ遺伝などなど

まだ、女性性のブロックとなる遺伝は、いくつも残っているので

これから、これらの遺伝を解除していくと

さらに、女性性が高まるのかな~と。

乞うご期待です。

(って、誰もそんな期待せんがなあっかんべー

さて、私がまだ持っている遺伝の中で、ベガ遺伝があるのですが

この遺伝は「相手の間違いを聞き流せない、正す」という性質があって

これが、まあ厄介な性質なんです。
論理的ではあるんですが、相手の言葉に対して、いちいち
「いえ、それはそうではなくて」などと説明したりして
さらっと聞き流すことができない性質なので
女性性の大きなブロックであるのは、間違いないです。

その私の欠点を踏まえた上で、お伝えすると、、

今回、私が質問に答えている姿を見て

「とても丁寧に説明してくれて、すごく優しい」とか

「どんな質問が来ても嫌がることもなく、答えてくださって感激です」

などと、褒めてくださった方が何人かいらっしゃったのですが

これは、私が、キネシオロジーやヒーリング、エネルギーや宇宙のことなどは

最も興味があって、多くの人たちにお伝えしたいことだから

いくらでも答えたいし、話したいのであって

決して、私の優しさとか親切心からじゃないんです。

(あ~こりゃ、完全にベガだわ泣き笑い

だから、もし例えば「キヌアの炊き方教えてください」とか

「日々のメイクを教えてください」

などと聞かれても、スルーするわけで

(そんな質問、誰もしないだろうけど)

私がお伝えたいことだから、お答えしているだけなんですよね。

むしろ、今回、事前に頂いた質問の全てにお答えすることはできなくて

例えば、筋反射について、とか、宇宙系遺伝に関する質問も

いくつか頂いて、それは私が最もお伝えしたいことなのですが

これを話しだすと、これだけで数時間

いえ、筋反射のことなんて、ベーシッククラスで5日間かけて

話しても話し尽くせないことで

宇宙系遺伝に関しても、簡単に説明しても、何時間もかかってしまうので

今回の豊かさのワークでは、お答えできないなあと

泣く泣くスルーしたわけです。

でも、以前の私だったら、例え時間が押したとしても

全体のワークショップの流れから、外れてしまったとしても

これ答えたい~!と思うと

きっと、少なからず、話してしまっていただろうなあと思うと

今回、全体の流れや、時間配分を見て、抑えることができた私を

「前より、成長したなあ」と、自分で褒めたぐらいでした。

昔、IHヒーリング’時代の私のクラスでは、朝10時にスタートして

終了するのは、夜中12時過ぎとかやっていましたが

時間延長してやるのは、以前は、いくらでも平気だったのです。

と、これは、私の変化というよりは

ちさとちゃんがタイムキーパーとしていてくれたことが大きくて

彼女が要所要所で

「そろそろお時間です」

とビシッと指示してくれるので

私も、身が引き締まったというか

このWSで最も伝える必要がある部分だけ

フォーカスすることができたなあと。
(それでも毎回1時間ぐらいは、予定より長引いたのだけど)

ということで、私は、あまり親切心や優しさはないかもですが

そんな私でも、またお付き合いくださったら嬉しいです。

(でも、褒めてくださってありがとう!)

さて、今回のWSの参加者から

また素敵な感想を頂いたので、シェアさせてくださいね。

ほとんど省略できなかったので、長いのですけど
とても感動でした。

ありがとうございます。


のりこさん、ボードメンバーのみなさん、こんにちは。
長文なのですが、第3部の感想やその後の変化などもお伝えしたくて

時間が経ちましたが送らせてください。

当日は子どもの用事があって

浄化のワークが始まる10分くらい前に

ワークショップのミーティングルームに入室しました。

のりこさんが「癒しは地道」

「癒さなきゃとなるとツライけど、だんだん楽しめるようになってくる」

と話されているところでした。

これはもう明らかに第1部、第2部と参加しての流れ、恩恵、恵みだと思うんですが

「『私は問題だらけで解決しなければならない』

『善い人間になるために癒さなければならない』

と様々なことをやってきたけれど、もうそれを辞める!」

と降参しようと思ったのが第3部の数日前でした。
「降参する」「信頼して委ねる」なんてことを私が受け入れる日が来るなんて

悲願を達成したような感慨深さを感じていました。

そんな変化を体験しているところだったので

浄化のワークを受けられることが素直にうれしく

私を丸ごと委ねました。

どこかのタイミングで、高次元の存在たちが雲のはるか

上でにこやかに輪になって座って談笑しているイメージを見ました。
輪の中央部分が浄化のワーク中にズドーンと抜けて

地球と高次元がダイレクトにつながるようになった印象でした。
その穴は巨大で、人間の感覚では表せないほどの大きさです。
絵を描けたらどんなにいいだろうと思うんですけど。。
あんな素敵なビジョン、多くの人に見てもらえたらなあって思います。

何度か意識が遠のいたので、まだまだブロックがあるのを感じましたが

マザーアースと自分に感謝するというところで

どぉーと感情があふれて涙が出ました。

地球って誰(何)なんだろう?
何を感じているんだろう?
どうして存在しているのだろう?
どうして私はここにいるのだろう?
子どもの無邪気な問いかけのような思いが湧きました。

ワークショップには途中から参加したので

パラレルユニバースの話があったことは知らなかったのですが、
「私の魂って一つではないんだなあ」と思い

あちこちでがんばってる私を感じて、愛おしさでたまらなくなりました。
地球でこんなにがんばってる私を見たら

応援したくなるだろうなあって思います。

浄化のワークが進んでいく中

いつまでたっても手放せそうにない自分の恐れに

じれったさを感じていました。
「まだ恐れに意識を向けていてください」という

のりこさんの優しい声かけに何度か救われながら

意識を集中し続けました。

何度やっても無理。
何度ここ(地球)に来ても無理、できない。

ぴったりな言葉がなく、「無力感」が一番近いのでそう表現しますが

その思いでいっぱいでした。
何度やってもだめ。
ただただ打ちひしがれました。
ワークが終わった後、ぐったりするような解放感を感じました。

そして数日が経って思うのは、
私が何度も何度も転生してチャレンジし続けたのは、
「善い人間になるため」
だったのかなということです。

善い人間て、いったいどんな人なのでしょう。
本当にそんなものにならなくてはいけないのでしょうか。
これは推測ですが、もしかしたら何か辛い体験をして

二度とそんなことが起きないように厳しいことを自分の魂に課せば

いつか成就するのではないかと考えて

こんなテーマを創り出したのかもしれないと思いました。

あまりにも長きに渡っての思いを手放したので

身体が変化に馴染もうと一生懸命動いてくれているのを日々感じています。


地球が好きだからここにいるんですね。
厳しい課題を乗り越えるためにここにいるんじゃない。

「私が善い人間にならなければ、人々の幸せはない」

とそこには何の因果関係もないのに

厳しい課題を自分に課していたこと。
それをやっと手放せる時が来たこと。
そしてこれから全く別の新しいチャレンジをしていくことを

あきらめる気はないこと。

それらのことを胸に感じながら

変化も少しずつ感じながら日々を過ごしています。

このワークショップを企画してくださった

のりこさん、ちさとさん、たつゆきさん、たかしさん

本当にありがとうございました。
共に地球が好きでやってきた仲間なのですね。
ワークショップに参加したみなさんも

身近に私の周りにいる人たちも、地球にいる人たちみんな。

ワークショップを受けることを決めた自分にも感謝です。

読んだあと、静かに涙が出ました。

この方がワークの間に見た情景や感覚が、ありありと伝わってきて

まるで、私も同じ体験をしたかのようでした。

ああ、そうか。

こうして、それぞれの参加者が感じた体験をシェアすることで

自分の感覚が、多次元的に広がっていくのだと。

今回のWSで体感した自分の感覚としては違っていても

別次元の自分は、その体験や感覚をすでに知っている
感じたことがある

そんな感覚なんですよね。

まさに、パラレルユニバースでの自分の体験
という感覚なのです。

この中で、高次元の存在が輪になって談笑している映像。

そのイメージは、私はこの豊かさのWSの準備の間
何度か感じていて
私がプログラムの作成やリーディングなどで
意識を集中させてやっていると
「大丈夫、リラックスして、後は、こちらに任せなさい」みたいな
メッセージが、何人もの存在から伝えられるわけです。

完璧主義の遺伝がまだ残っている私としては
ついつい、やりすぎてしまったりもしていたんですが
あちらで、高次元の存在たちが一堂に集まって
見守ってくれているのだなあという感覚は
このWSの最初から最後まで、ありました。


「善い人間になるのを手放す」

うん、うん、全くそうなんだよね。

善い人でいることと、愛そのものでいることは違いますから。

今度こそ、手放すことができそうですね。

そのために、ここ(地球)で、お互いに出会っているのだから。

同じ時代に生まれ、そして出会い、繋がることができる確率って

一体どのぐらいなんでしょう。

そもそも、このブログにたどり着いてくださっているのも

すごい確率なわけですから。

そして、さらに一緒に感動をシェアすることができるのって
本当に奇跡だなあと。

そんな奇跡に感謝しつつ。

私たちの冒険の旅は続いてゆくのです。


ということで、明後日からのニューヨークのベーシッククラスは
一体、どんな感覚や体験が待っているのかしら。
ワクワク、ドキドキです。

(って余裕かまして、ブログ書いてていいのか泣き笑い

 






最終更新日  2020年06月29日 11時25分46秒
コメント(9) | コメントを書く
[リトリート&ワークショップ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.