4684876 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

からだと宇宙とヒーリングと

PR

X

プロフィール


norico1

バックナンバー

カテゴリ

カレンダー

コメント新着

norico1@ たけちゃん コメント、ありがとう!! 本当、そうだよ…
武田 揚@ 日本のワクチン対策、同調心理、同調圧力 典ちゃん、おはよ~!しばしのご無沙汰で…
norico1@ マルMakiko〜 お〜ありがとう!! マルまきこ(笑)に褒…
マルMakiko@ 美しいです かずみさんが撮られるのりこさんとエジプ…
ベーシッククラスに関して@ Re:ベーシッククラスに関して、さん(10/17) norico1さんへ 回答、ありがとうございま…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021年04月29日
XML
カテゴリ:世界のできごと

コロナワクチンの摂取がスタートして
そのことについて書こうと思いつつ
リトリートのことで一杯で、なかなか書けなかったのですが
今週、2名のクライアントさんで、コロナワクチンを打とうと思われていた方が
セッションにお越しになったので、これはもう書いておこうと。

自分からは打ちたくはないけど、周りのプレッシャーがあったり
または、自分だけ打たないのは、自己中みたいに思われるのを恐れたり
または、周りの身体の弱い人のために、打っておいた方がいいんじゃないか
と考えたりして、打とうかなと思っていたそうなんですが
でも、そういう方は、みんな、このワクチンがどれだけ危険なのかを
やっぱりわかってないんだなあと。

このワクチンの危険性について、あれこれ説明するより
とりあえず、この20数分のビデオをご覧になってください。

​​https://www.bitchute.com/video/4nZ7mCblGjwf/

このビデオは、世界各国の700名ぐらいの医者や免疫学者や医療専門家が集まって
コロナワクチンの危険性を訴えたものです。

以前から、ネットで出回っていたので、私は一度、見たことがあったのですが
先日、日本語翻訳つきのビデオをメールで送ってくださった方がいて
おぉ、これなら、みなさんに紹介しやすいなあと。
(Aちゃん、送ってくれてありがとう!!)

実際、ワクチンを打った直後に、すでにたくさんの方が亡くなっていますが
(インフルエンザワクチンの死亡率よりはるかに高い)
それだけでなく、最も大きな問題は、このワクチンを打つことで、遺伝子が変化し
自己免疫が破壊されるということなんです。

このビデオの中で、少しだけ発言している​コールマン博士​は
別の動画の中で伝えているのは
コロナワクチンを打つことで、コロナウィルスに対応する人工抗体を作るわけですが
今のCOVID19にしか対応しておらず
新型や変異種には対応できないので
深刻な事態を引き起こす危険性が高いということを伝えています。

『ワクチンによって生成された特定の抗体が優位となってしまうため
ワクチン摂取を受けた人々の自然防御システムは、抑制されてしまいます。
つまり、ワクチンを摂取した人々は、自然免疫システムは
事実上破壊されてしまいます。
ワクチンを摂取した人々は、免疫システムが人工防御システムに
乗っ取られてしまうため、突然変異に対応することができないでしょう、
ワクチンを受けた人々は、新しい変異種が出た時には

より危険にさらされてしまうことになります」

ですから、ワクチンによって、すぐに副作用が出る出ない
というだけの危険性だけではなく
自然免疫力が破壊されたことで、
変異型ウィルスへの危険にさらされることになり
さらにガンやあらゆる病気を引き起こす危険性も高まるのです。
そして、そうなったとしても、このワクチンとの因果関係は証明されないのです。
一度、このワクチンを打ったら、遺伝子が変わるので
もう元には戻りません。

ということで、先日、たまたまセッションを行ったクライアントさんは
ワークでデトックスが起きたということで、お越しになった方だったのですが
最初はワクチンの話など何もせず、セッションがスタートして
筋反射で身体からの声を聞いてゆくと
彼女の身体から
「人に合わせる」「人のアドバイスに従う」「義理堅い」「忠誠心」「ヤケクソになる」
というような言葉が次々と出てきたので

???これは何を身体が言いたいのだろう?

と彼女に聞いてみたら、彼女が、はっとして
「ワクチン!!」と言われたので、さらにお話を伺ってみると
とてもお世話になった方が肺が弱くて、その方に会うために
ワクチンを打とうとしていたこと、ワクチンが身体に良くないことは
わかっていたけど、もういいや、いざとなったらキネシで調整してもらおう
などとヤケクソになっていた、とのことで
オーマイガ〜〜ショックとなったわけです・

そして、すごいのは、なんとそのセッションを行ったその日の
その時間に、彼女はワクチンの予約をしていたのでした。
でも、私のセッションの予約がオッケーになったので
そのワクチンの予約をキャンセルされて、セッションに
お越しになっていたわけです。

私の方は、その日の昼間は、別の用事があったので
普通なら、緊急にお願いされても、セッションをお断りするところだったのですが
なんとなくガイドに聞いてみると、セッションを行うとの指示が出て
「そんなにデトックスひどいのかしら?」と思って
セッションをお引き受けしたのでした。
でも、彼女にお会いした時には、ほとんどデトックスはおさまっていたので
最初???となったのですが
このワクチンのことが出てきてから
あ〜そういうことだったのか〜と。
彼女も、後から、このビデオを見てくれて
「命拾いをしました。もう絶対にワクチン打ちません」
と言ってくれたので、すごいタイミングで
このセッションができて本当に良かったなあと。

そして、さらに今日のセッションにお越しになった方から
「ワクチン打たない方がいいですかね〜?」
というご質問があって
あ〜みんな、ワクチンの危険性を知らなさすぎるんだなあと。
お二人とも、多次元のクラスやリトリートを受けている方だし
自己免疫システムのことなども、十分わかっていると思っていたのですが
なぜかコロナに関するにことになると、メディアの情報に流されてしまったり
周りがどう思うかに合わせてしてしまうのですね。

ということで、もし知らない方がいらしたら
ご家族や友人や親しい人たちに
ぜひ、このビデオを見せてあげてくださいね。

「ワクチンが悪いとか言うのも、いい悪いの二元的だと思って」とか
「ワクチンが必要だと思っている人に、わざわざ伝えても」

などと言われる方がいらっしゃったのですが
毒物は毒物であって、目の前にいる人が
水銀の毒を知らずに飲もうとしたら絶対止めるように
この場において、二元的とかなんとか関係ないのです。
そして、ワクチンを打つ必要性を感じている人のほとんどは
ワクチンについて、何も自分で調べて決断しているわけではなく
ほとんど、メディアや周りの言っている情報を鵜呑みにしているだけなので
伝えると、気づく人も多いのです。

自分は打たないけど、周りには伝えない言われている方は
多分、相手から否定されることの恐れや
人から変な人だと思われることの恐れが根底にあって
その恐れを見ないで、事なかれ主義になっているんだろうなあと。

私は自分の好きな人、愛する人、大切な人が
危険なリスクを追うのを、みすみす見逃すようなことはしたくないし
特に親しい人でなくても、ご縁があって
そのことについて話す機会があれば、きっとお伝えするでしょう。

このビデオの中で、ある医者が

「健康とは、毒物を身体に入れることで作られるものではないのです」

という言葉がありましたが、本当にその通りだなあと思うし
コロナワクチンが毒物であるということが事実であることについて
私はほんの少しの疑いもありません。

それは、これまでキネシオロジーのセッションをやってきて
普通のワクチンでさえ、子供の脳などに多大な影響を与えていることが
わかっていたのもありますが
このコロナワクチンは、これまでのワクチンとは
全く違う成分や製法で作られていて、人にとって、どれだけ影響を及ぼすのか
安全性が全く証明されてない状態であることもあるし
また、コロナパンテミックがどうやって作られてきたかを見れば
明白なのです。

でも、こういった情報を伝えても、それでも
「私はワクチンを打ちます」と言われるのなら
その時は、私は諦めるでしょうし
何事もないことを祈りつつ、その人の選択を受け入れると思います。

家族であっても、こういうことに対する捉え方や意識は違うし
時には、いくら伝えても、伝わらないこともあるかもしれません。
その時は、それぞれの選択を尊重するしかないですね。

大切なのは、まずは、こういう情報を知ったり、調べた上で
自分のために選択するということ。
〜〜がこう思うから、とか、周りのために、とやったことが
自分の身体を犠牲にすることになったら
結果的には、それは誰のためにもならないことになるのですから。
そして、こういう情報を周りの大切な人たちに伝えること。
口で伝えるだけでは、伝わらないことが多いので
できるならこういう動画などを見てもらったりした方がいいかなと。
それでも、相手が受け入れられなかったら
その時は、その人の選択を受け入れること。

ということで
私の母は、テレビの情報は、ほとんど信じてないんですが
彼女が信頼する人などが勧められると、そのまま従ってしまう傾向があるので
例えば、もし母の仲の良い友人から
「ワクチン、打った方がいいよ」などと言われば
流されて打ってしまいそうだな〜と思ったので
1、2ヶ月ほど前に電話して
「ワクチン、危ないから、絶対に打っちゃだめよ」
と伝えたら、すぐに

「あ、そうなの?あなたがそういうなら打たないようにするわ」

とあっさり。

ひゃ〜
「あなたがそういうなら」というのが、もう全然わかってない証拠だわ泣き笑い
今回、私の言うことにも流されたけど
この感じだと、後で周りの親しい人に説得でもされたら
あっさり打ってしまうかもなあと。
万が一、それで打ってしまったなら
それはもう母の選択だと思って諦めるしかないですね。

一人でも多くの人が、今何が起こっているのかに
気づいて目覚めてゆくことを祈って。







最終更新日  2021年05月05日 23時22分34秒
コメント(17) | コメントを書く
[世界のできごと] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.