4558412 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

からだと宇宙とヒーリングと

PR

X

プロフィール


norico1

バックナンバー

カテゴリ

カレンダー

コメント新着

norico1@ あやこちゃん New! お〜これ読んで、自己ヒーリングのモチベ…
あやこ@ Re:バランスを取ってゆく(07/24) New! エジプトに行って またまた新しい技術を…
piii@ Re:アネモネに掲載されました。 ご返信ありがとうございます、リトリート…
norico1@ piiiさん はい、今年開催予定の多次元キネシオロジ…
piii@ Re:アネモネに掲載されました。(07/08) こんにちは 多次元キネシを私もぜひ習いた…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021年06月17日
XML

かれこれ約2ヶ月前だったか

認定プラクテショナー テストを実施することに決めて

このブログで、告知していましたが

今日、認定プラクテショナーの第1号が誕生しました。

Sakuraさん、おめでとうございます!!🎉🎊

彼女のブログはこちら​から。

この認定プラクテショナーテストは、まず書類テストの後、

ユニバーサルラブプロジェクト役員である、ちさとへの実技セッション、

最終テストとして、私への実技セッションという流れになっているのですが

蓋を開けてみると、半分以上の方は、最初の書類テストで不合格になっていました。

(まだ審査中の方が3人いらっしゃいますが、もうすぐお返事しますので

お待ちくださいね)

この書類テストも、実技テストも、最終決定はトートなんですが

最初に私が書類にさっと目を通しただけで

あ~これはダメだなあ、とか

これは、行けそう!とか、伝わってきます。

その上で、トートからのアドバイスを聞きながら

評価していくわけですが

大体は、最初に感じた私の感覚に沿っていました。
不合格になってしまう一番の理由は
セラピストが「自分自身を見ていない」ということ。

さくらちゃんは、最初に書類を見ただけでも

真摯にセッションに、そして、自分自身に向き合っている

というのが伝わってきたし

また、ちさとちゃんへの実技テストも素晴らしく

その後、私への実技セッションの前に

私からのセッションを受けたいということで

先週、私が彼女にセッションを行ったのですが

その時にも、あ~これなら多分、大丈夫そうだな~

という感覚はありました。

そして、迎えた今日の実技セッション。

実技セッションは、テーマはなしで、セラピストにお任せ
にしているので、さくらちゃんは、一体、私の中の
どんなテーマや問題を出してくるのだろう?と

とても楽しみにしていました。

彼女がまず最初に、私の問題として出してきたのが
「責任感の強さ」
(自分の責任でないところまで)責任を負ってしまう
ということ。

このあたりは、すでに十分、自覚はあり
例えば、8ヶ月間のリトリートで、毎回プログラムを作る上でも
私は、全体として、どの方向性に向かうことが必要なのか?
宇宙は何を私たちに求めているのか?
そういったガイダンスを受け取ってゆく
リーダーとしての責任を常に感じていました。

だからこそ、休む間もなく、自分自身を調整したり
ガイドやマスターからのメッセージを聞きながら

プログラムを作ることになり

それが、大きな学びと成長の日々だったわけですが
やっぱり、この責任感を常に感じながらだと
気楽な感じではやれなくなってしまうんですよね〜。

責任感と一言で言っても、それがどこから来ているのか?によって
内容は全く違ってくるのですが、私の場合
普段の生活では、そういうのは出て来ないし、出てくるのは
この多次元キネシオロジーを広めていくということに関して
さらに個人に対してではなく、大勢に対して行う際に
強く出てくる感覚なのです。

そして、その責任感に関して

まず彼女が、情報として出したのが、ノンモ遺伝でした。

彼女曰く、ノンモ遺伝の

「責任感」「使命を果たせなかった無念さ」「強い意志」

などに、すごく反応してます、とのこと。

お~来た来た~って感じでした。

実は、先日、鬼滅の映画見て、炭治郎の無念さ

使命を果たせなかった無力感、に共鳴して泣いた

という話をしましたが

映画が終わってからも、しばらくその感覚が抜けず

数日後に、ハートチャクラに強烈な感覚があったので

調べてみたら、このノンモ遺伝が出てきたのでした。

ノンモ遺伝に関しては、以前、トルコのギョペクリテペに行った後に

出てきて、かなりディープな遺伝で大変な調整だったという話は

書きましたが(はっきり覚えてないけど、多分、書いたと思う)

その後、しばらく経って、まだハイヤーセルフレベルで

この遺伝が残っていることに気づき、そこからは

まだ調整していませんでした。

鬼滅の映画の後、ユニバーサルラブプロジェクトのメンバー3人に

ノンモが出てきた~という話をしていたのですが

そのことは、このメンバー以外は誰にも話してなかったので

彼女が今日、セッションの最初の方に、220つの遺伝の中から

ピンポイントで上げてきたことに、超ワクワク。

そして、次に彼女があげてきた情報が

アトランティスの過去世で、カルマでした。

実は、筋反射クラスの時に行った私の実践デモでも

そのカルマが上がってきていて

デモの時は、そこは追求しなかったですが

クラスの後、自己ヒーリングをやっていると

トートから、ダメ出しのように

「アトランティスの過去世を調整するように」

というメッセージがありました。

アトランティスの過去世は、

2年半前にエジプトに行った時に強烈に出てきたので

まだ残っていることはわかっていたものの

私としては、普段、そのあたりの感覚を持っているわけではないし

それほどの緊急性を感じていなかったこともあり

その後も、ずっと後回しにしていました。

で、筋反射クラスの後
あ~やっぱ、まだここやらなきゃいけないのか~と実感したものの

そのアトランティスのカルマに関わる遺伝として出てきたのが

プレアデス星団の中のアトラス遺伝。

ダークサイドの遺伝なら、すぐにでも解除するでしょうし

自分の中のダークさを見てゆくのは、全く抵抗がないのですが

ライトサイドの遺伝を調整したり、そこのカルマを見ていくのは

結構、抵抗感があるんですよね。

私には、アニマル系とか、未確認系とか、早く解除したい遺伝も

まだ残っているので

「あ~アトラス遺伝か~、これはまだ後回しだな」

と、その時も調整しなかったのでした。

で、今日、再び、アトランティスが

さくらちゃんのセッションで出てきたので

は~、やっぱり、出てきたか~

自分ではなかなか調整する気にならないこのカルマを

人に調整してもらえるのなら、ラッキかも~と、またワクワク。

その過去世を、さくらちゃんは、筋反射で見ていきながら

「この前世のエネルギーを感じていると、なんだか泣けてきます」

と涙を流してくれたのですが

私も彼女がそこにアクセスするに従って

ハートに、どどーと押し寄せてくる大きなエネルギーを感じて

あ~これは、いよいよ、ここを調整する時が来たのか?という思いで

胸が一杯になっていました。

ところが、その後、彼女がさらに見ていくと

さくらちゃん自身も、アトランティスのカルマを持っており

ノンモ遺伝も深く持っていることが判明して

「今のセラピストでは、このテーマではセッションができない」

というのが情報として出てきて、今日はこのテーマは

調整できないことがわかったわけです。

なるほどなあと。

通常の多次元キネシのセッションでは、自分で取り扱えないものは

出てこないことが多いのですが

今回、ノンモ遺伝とアトランティスのカルマを

このセッションで、私の身体が伝えてきたのは

これは、多分、さくらちゃんの問題というよりも、

「先延ばしにせず、そこと向かい合って、早く自己調整しなさい」

トートからの私への再リマインド(再ダメだし泣き笑い
なんじゃないかな~と。

(後から確認したら、イエスでした)

わかってますよ、わかってますよ。

私も、こんなカルマや前世を全く持っていたくないし

もういい加減、しっかり調整したいのだけど、

このエネルギーと向かい合うのは、結構、気合いも時間もかかるのよね~。
(多分、少なくとも、遺伝調整まで含めると、丸3日以上かかりそう)

って、言い訳なんだなあ。

(ここは、なぜか木星の根性は発揮されない)

必ずちゃんと向かうあうから、もうちょっと待って~。

(と言いつつ、もう2年近く、放置してしまってたわけだけどほえー

ということで、今日のセッションは、ここで

方向転換し、そこからさらにあれこれと彼女が

筋反射で情報をあげて行って

最終的にこのセッションの目標として

彼女が導き出したのは

「コンフォートゾーンを抜けて

自分の個性やユニークさを自由に表現します」

というものでした。

もしかすると、他の人から見ると

私はどんどんチャレンジして、自由に表現しているように見えるかもですが

今の私にとっては、ドンピシャな内容でした。

というのも、ここ最近、アネモネという雑誌のインタビューを受けたり

そこからの出版の話があったりして、その度に

私の中で、ちょっとした抵抗感を感じていたからです。

思えば、最初にお話会を開催する前も

また、8ヶ月間のリトリートを決める前も

この抵抗感は出てきて、開催を躊躇するのですが、その度に

ガイドからのメッセージやメンバーからの後押しがあって

結局、やることを決めて進んできたわけです。

なので、今回も、きっとそうなるのだろうなあ

ということは、わかってはいるものの

相変わらず、この抵抗感は

毎回のように出てくるものだな~と、自分でも半分呆れてました。

そして、私の中のコンフォートゾーンは
このブログなんだなあということに、今回改めて気づきました。

このブログの中で話すのは、ほとんど抵抗なく

結構、何でも話せる感覚があるんですが

このブログの外に向けての発信となると

途端に、なんだか気が重くなってしまうのです。

だから「コンフォートゾーンを抜ける」というメッセージが

ぴったりな感覚なんですよね。

それをドンピシャで情報としてあげてきた、さくらちゃん、すごい。

ここでの「自分の個性やユニークさ」というのは

私自身の個性やユニークさというよりも、この宇宙系遺伝調整という

「他にはない独自の手法」という意味合いであるということも

彼女が年齢退行した情報から、わかりました。

ということで、

この内容に関わる遺伝として出てきたのが

『ニュプトニアンズ遺伝』

私は、この遺伝を自分が持っていることは、わかってはいたものの

一瞬「ん?そんな遺伝あったっけ?」となったぐらい

印象の薄い遺伝で

「ここは大した影響はなさそうから、後回しだな」

と、ほぼ放置していた遺伝でした。

その性質は

「目立ちたくない、安定思考、平和主義、受け身、限界を作る」

確かに、この「目立ちたくない感」は

ここ何年か結構、常に感じてたなあと。

以前は、そんな感覚は感じたことはありませんでした。

むしろ、昔は、全く逆だったというか
例えば、シンセサイザーのデモンステレーターをしていた頃は
イベントや街角で、人々の注目を浴びるのが仕事なので
当時は、いかに目立つか、注目を浴びるか?を考えていたわけですから
いつの間にか、目立ちたくない、なんていう感覚になったのか。
面白いものだなあと。

さくらちゃんが

「自分を表現する音楽と

キネシを広めてゆくということとは違うからじゃないですか?」

と言われたのですが

例え、音楽での表現であっても

今は、あまり目立ちたくはないかな、と感じるので

人って、本当にいろんな側面を持っていて

それが何らかの要因で変化してゆくものなんですよね。

ということで、目標設定までで、すでに3時間半、さらにそこから

調整に入って、最終的には何と6時間越えという

かなりの長時間の実技テストになってしまいましたが

セッションが終わる前には
彼女が合格したことは、もうわかっていました。

ああ、彼女は、ここまでのセッションをやるために

これまでどれだけ、自分の中を見て来られたのだろう、

セッション中、それを感じながら、静かに感動していました。

多次元キネシオロジーの中で、ベーシッククラスの内容なら

ちょっと練習すれば、どんどん人にやって行くことができますが

宇宙系遺伝を人に対して調整するとなると

ひたすら自分の内に向かって、調整してゆく必要があります。

彼女が

「ニュプトニアンズ遺伝、私も持っているみたいで

インプラントまでは、やらないと出てきます」

と言ったのですが

実は、彼女の調整中に、私はひそかに自分の筋反射で確かめた時に

「彼女はこの遺伝のインプラントまではできない」と出ていたので

まさに、ドンピしゃでした。

何かがやれないことは、あまり問題ではなくて

自分は何をどこまでやれるのか?やれないのか?を

しっかり見る力があるというのが

今回の認定テストの評価対象の一つです。

さらに、宇宙系遺伝だけの情報ではなく

そこに関わる様々なことを、情報としてあげてゆく必要があって

もし彼女が、ニュプトニアンズ遺伝だけあげたとしたら

ここまでの感動も気づきも、全くなかっただろうなあと。

終わった後、彼女が

「このテストを受けると決めてから2ヶ月間

自分の中のいろんなものが上がってきて、調整してきました。

最初の書類テストの評価レポートを見て、またさらに自分の中から上がってきて

次に、ちさとさんへのセッションで、いろんな学びがありました。

その度に、クライアントさんへのセッションが

どんどん変化してきました。

そして、今日のこのセッションは、これまでのどのセッションより

たくさんの学びや気づきがありました。

このテストを受けることができて、本当に良かったです。

今、やっとスタート地点に立てたような気がしています。

多次元キネシオロジーに出会えて本当に良かった。

のりこさんに出会えて、本当に良かった」

と、涙を流しながら伝えてくれて

とてもとても嬉しい言葉に、私も涙腺崩壊😭

彼女は、先日の筋反射クラスにも参加されて

基礎からしっかり学ぼうという姿勢や

セラピストとしての真摯なあり方も素晴らしいし

何よりも、私が宇宙に導かれて、試行錯誤しながら、生み出してきた

この多次元キネシオロジーという手法を

しっかりと実践してくれている人がいる、ということを

実際に体感することができて、感動でした。
(もちろん、話はあちこちで聞いていても、私自身が
その方達のセッションを受けたことがないので)


そして、このセッションを通じて

多次元キネシオロジーの無限の可能性も、さらに実感できたし

ああ、本当にこの認定テストをやって良かったなあと。


私は、IH時代も含めても
人からキネシオロジーのセッションを受けるのは

元パートナー以外は、今回が初めてなのですが、
例え、すでに自分で気づいている内容であっても
他の人から改めてその情報が上がってくるのは、面白いし
新たな気づきにもなって、とても楽しかったです。

書類審査は受かって、実技テストはまだの人たちがいるので

これから2人目、3人目の合格者が出るのかどうか

それぞれ、どんなセッションをやってくれるのか、超楽しみ。

トートから、アドバンスクラスは、認定テスト合格者が

6人になったら開催する、と言われているので

それが今年中に叶うのか、どうか。

私も、今日、また新たなスタート地点に立った気持ちでいます。

合掌🙏







最終更新日  2021年06月20日 02時10分12秒
コメント(2) | コメントを書く
[リトリート&ワークショップ] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:認定プラクテショナーテスト、一人目の合格者が出ました。(06/17)   naoko さん
sakuraさん、おめでとうございます🎉✨😆✨🎊

sakuraさんは、人柄がとても誠実でそれがセッションでも表れて、緻密で丁寧な上、言葉や文章で人に伝えるのが凄く長けていらっしゃるので、話しているだけで理解が深まったり気付きが得られる本当に素晴らしくて信頼の置けるプラクティショナーさんだと思います。合格第一号と知ってとても嬉しいです🧡

これから認定されるプラクティショナーさんによってキャラクターも強みも違っていらっしゃると思うので、紹介ぺージではそこも記載頂けるとプラクティショナーさんを選ぶときにわかりやすくてありがたいです。
(2021年06月19日 18時27分33秒)

naokoさん   norico1 さん
ありがとうございます!

本当、おっしゃっる通り、さくらちゃんは、誠実、丁寧で、信頼できるセラピストさんですね。
王道の多次元キネシオロジーという感じでした。
(私が王道かどうかは置いておいて。笑)

確かに、セラピストさんによって、それぞれいろんな特徴や個性がありますね。
セッションを受けなくても、その方のブログを読んだりするだけで、伝わってくるものもありますが
実際にセッションを受けて見ると、なるほどな〜と感じることがあって、とても面白かったです。

(2021年06月20日 02時20分15秒)


© Rakuten Group, Inc.