4637860 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

からだと宇宙とヒーリングと

PR

X

プロフィール


norico1

バックナンバー

カテゴリ

カレンダー

コメント新着

norico1@ megsさん New! 私の中に、数少ない乙女さを見出してくれ…
Meg@ Re:クレタ島 レシムノン 乙女な旅編(09/20) お家の階段でのお写真素敵〜。 まだエジプ…
pu-sun14@ Re[2]:モノクロのエジプト(09/16) norico1さんへ まさかのiPhone11だったん…
norico1@ pu-sun14さん え〜ありがとうございます! これiphone …
pu-sun14@ Re:モノクロのエジプト(09/16) のりこさん、とってもオシャレな写真でた…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021年07月19日
XML
来月初めのプラクティカルクラスまで、後少しですが

あと2週間後には、アチューメントのために

ニューヨーク郊外に出発する予定です。

ここ最近は、アチューメントの許可が降りているかどうかの

個人リーディングを行なったり
日本にスキャンリストを発送したりしていましたが

先日、それも終わって、

やっと、クラスのテキスト作成に取り掛かっています。

(メールを頂いたのに、返信できていない方、申し訳ないです。

少々お待ちください!)

クラスのテキスト、これまでのものを

ちょっと修正するだけだと思っていたのですが、スタートしてみると

改めて、見直すことがあり、新たなやり方でやってみたりして

だんだん面白くなってきました。



さて、個人セッションの感想もいくつか、頂いていて
それらもご紹介したいと思いつつ、日々が過ぎていますが

このところ多かったのが、身体の不調や、症状などを

抱えている方へのセッションでした。

正直なところ、身体的な問題は、オンラインでの調整は難しいところがあって

というのも、通常は、身体の器官やホルモンに対応している音叉などを

直接、身体に当てて、調整を行うことが多いのですが

オンラインでは、身体に当てるタイプの音叉は使えないので

鳴らすタイプの音叉や、その他の方法で調整するしかないので

調整法が限られてくるからです。

それでも、身体の不調というのは、必ず、精神的、感情的、エネルギー的な要因から

起こっているので、それらを調整するだけでも、身体に変化が起こることも多く、

人体の仕組みの奥深さ、不思議さを毎回のように思います。

先日も、何年も貧血で、いくら鉄の錠剤を飲み続けていても

病院での検査で、ヘモグロビン値が上がらない、という方の

セッションを行ったのですが

筋反射で調べてみると、骨髄や脾臓がほとんど機能していない状態で

女性ホルモンや子宮にも問題がありましたが

それらの身体の調整の前に、それまでの人生で抱えてきたストレスや傷が

凄まじく、まずはそれを調整してゆく必要がありました。

よく「骨の髄まで」という言葉がありますが

文字通り、それまでの精神的、感情的、エネルギー的なストレスや傷が

骨の髄まで、蝕んでいる感じで

あ~ここまで、自分を痛めつければ、そりゃ身体も悲鳴をあげるよなあと。

そして、そのセッションの後、その方から

「病院で検査をしたら、ヘモグロビン値が正常の範囲に戻っていて

薬をやめることができました、呼吸も楽になって

これまで、何をやってもだめだったのにすごいです」

というご報告を頂きました。

それを聞いて、やっぱり、病院での検査の数値に出るというのは

かなりダメージが進んだ状態なんだなあと。

そのセッションでは、精神的、エネルギー的な要因に加えて

骨髄の調整も行ったのですが

1回の調整では、まだ40%ぐらいまでしか機能回復できなかったので

多分、もう2回ぐらいセッションをやらなければ

貧血は改善されないだろう、と私は思っていたからです。
今回のセッションで、骨髄に影響しているエネルギー的なストレスを調整し

骨髄の機能を40%まであげただけで、もう病院での
数値が変わって、結果として出てくるなんて
身体ってほんとすごい。

よく、甲状腺の機能低下と筋反射で出てきて、実際に

そう言った症状もあるのに

病院では何も甲状腺が悪いとは出てこないということがあります。

つまり、筋反射で調べる方が、病院の検査で引っかかる前の段階まで

問題として出てくるんですよね。
そういうところが、また筋反射の面白さ、奥深さだと感じます。

ということで、身体の不調は、身体だけの問題ではなく

どんな病気や不調でも、ほとんどのケースで問題になるのは

自分にとって「やりたくないことをやっている」

ということです。

少し前に、何年か前に、クンダリーニ症候群になって

正常な生活を送れなくなってしまったという方の

セッションを行ったのですが、その方も、長い間

ストレスになることを選択してこられた方でした。

丁度、その方が感想を送ってくださったので、シェアしますね。

先日はセッションありがとうございました。

セッションのあとにすぐ思ったのは

私は認識外のことに遭遇すると

頭が混乱して話が全く理解できなくなるのですが

のりこさんの話に不思議なほどすんなりと頷けました。

理解力の低い私に合わせた伝え方をしてくださり、ありがとうございました。

数少ない自分のためにする事でも、今までは心配事や

~ねばに意識が向いてました。

今は自分のためにしていることを味わう余裕が少し出てきました。

今までの習慣で根を詰めて家事をしそうな時

「やりたいか自分に聞いてみる」「ストレスになることはやらない」

「自分の幸せの責任は自分に」

のりこさんの言葉を思い出します。

当たり前にやっていた事をやめるのは初め勇気がいったけれど

やめてみても罪悪感や自分をジャッジすることなく、とても楽になりました。

疲れて気力がなく、悶々と過ごしていたのが

意識のあり方と選択で自分の生活がこんなに違うのかと驚いています。

日々、苦しいのは~のせい、レプがあるからだと思っていました。

自分でストレスを選んでることが一番の問題との、のりこさんの話に

初めは、え??と思いました。

のりこさんの仰るようにクンダリーニ症候群が起こってなくても

これでは人生は苦しいままですね。

小さなことを自分で選択することで、今とても気持ちが楽になっています。

表面的で飽きっぽく目移りするんじゃなくて喜びで探究し

のりこさんのように根本的に物事を捉えられるようになれたら

どんなにいいだろうと思います。

日常時、ワーク時に(頭が詰まる、発汗など)苦しい感覚が出てきても

どうしようもない恐怖や不安、焦りがなくなり

落ち着いてワークができるようになりました。

気持ちがすごくすごく楽です。

浄化のためのワークのはずが

怖い~、ドキドキ~、どうしようと思いながらワークしてたのだなぁと。

このように変化ができたのは

のりこさんが多次元的に紐解いて調整してくださったおかげです。

「自分のために」やる、やらない、を選択できて

自分のためのことを味わえて、わくわくと嬉しい気持ちです。

今までは誰かのためや何かのための選択が多かったです。

のりこさんのおかげです。ありがとうございます。

この方も、貧血の方もそうなのですが

ストレスになることを選択してしまう人のほとんどが

子供の頃に辛い日々を過ごしてこられた方です。

子供の頃から、喜びや楽しさに溢れていなけれrば

人生は苦しいのが当たり前、辛いのを乗り越えるのが当たり前になってしまい

大人になってからも、自らストレスになることを選んだり

我慢したりしがちです。

また、子供の頃に、自分の願いや気持ちを親にわかってもらえなければ

「人に言っても無理だ」という意識の中にいるので

大人になっても、周りの人に自分の気持ちを伝えることもなく

我慢したり、無意識に相手の期待通りに動いていたりします。

自分が、ストレスになっていること選択しいている

という自覚さえない方が多いのです。

身体を治すために、大切なことは

まずは、自分にとって、何がストレスになっているのかに気づく

そして、それをやめること
やりたくないことはやらない、ということ。

やりたくないこと、ストレスがかかることを続けている限り

どんな治療やセッションを受けようとも

身体は、何らかの形で訴えてきます。

そして、これは身体を治すためだけの問題ではなく

やりたいことを自由にやる人生に向かうための第一歩なのです。
身体の不調や病気は、その方が、より幸せな人生を歩むために
これまでのあり方の問題に気づき、変化させるために起こっている
ある意味で変容のチャンスなのだなあと思います。

前にもお話ししましたが

やりたいことがわからない、という人のほとんどは

やりたくないことをやっている人です。

やりたいことがわからないから、とりあえず、今はやっている

という人もいますが

やりたくないことをやり続けながら、やりたいことを見つけるのは

ほとんど無理なんです。

「やりたくないのだけど~~なので、やらなければならない」

と思っている人が多いのですが

この~~~の部分は、大きく分けると、3つあります。

1)お金のため

2)他の人のため(親やパートナーや子供、会社など)

3)こだわりや先入観

この感想の方の場合は、2番と3番ででしたが

お金のため、という方も、結構、多いです。

現実を変えるためには、考え方や行動を変えるのではなく

「お金のためには、やりたくないこともやらなければ」という

その根底の意識を変えてゆく必要があるのです。

この方が

「日々、苦しいのは~のせい、レプがあるからだと思っていました」

と書かれていますが、実は、半分は当たっているかもしれません。

というのも、レプが強ければ

~~しなければならない、というこだわりや強迫観念が強くなるからです。

だから、セッションでは、実際にレプの解除も行っていくのですが

その前に、自分自身がこれまでの人生で

無意識に何を選択してきたのか?に気づくことが大切なので

そのために一つ一つ、筋反射で見ていく時間がかかります。

レプが問題だから、じゃあ、レプ解除すればいい、

というわけにはいかないのですよね。

ちなみに、この方が「理解力の低い私に合わせた伝え方をしてくださって」

と言われていますが
私は合わせてお伝えしたつもりは全くなくて
筋反射でその方の身体から上がってきた言葉やエネルギーを
そのままお伝えしていただけでした。
この方は、決して理解力が低いわけではなく
レプのエネルギーが上がってきた時に、混乱されていただけなんですよね。

ということで、このあたりのセッションの調整の仕方も含めて

今度の中級クラスで、しっかりお伝えしたいなあと思っています。

そのためにも、ここ最近は、私自身の身体の調整やメインテナンス
食事や運動や睡眠に気をつけているので
今、すごく調子がいいです。
例え、やりたいこと、喜びにつながることであっても
やりすぎは、禁物ですねウィンク











最終更新日  2021年07月19日 23時13分30秒
コメント(3) | コメントを書く
[キネシオロジーの感想から] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.