4628258 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

からだと宇宙とヒーリングと

PR

X

プロフィール


norico1

バックナンバー

カテゴリ

カレンダー

コメント新着

イシスもハトホルも好き@ Re[2]:デンデラ神殿でのハトホルワーク(09/12) New! norico1さんへ 確かに女性として強すぎる…
norico1@ なおちゃん なおちゃん、ありがとう〜〜!! 今、無…
norico1@ イシスもハトホルも好きさん なるほど〜 イシスが私のイメージなんて、…
イシスもハトホルも好き@ Re:デンデラ神殿でのハトホルワーク(09/12) イシスは、繋がるどころか典子さんそのも…
なおちゃん@ Re:エドフのホルス神殿(09/13) のりこさん♪ 今回のエジプトワークは、本…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021年08月05日
XML

先ほど、全てのアチューメントが終わり

今、ホテルで最後の朝食を取っているところです。

これから、ニューヨーク、ブルックリンへと戻ります。

今回、16名の方がアチューメントを受けられて

許可が下りてアチューメントが完了したのは14名でした。

最初のお申し込み人数からすると、結果的に、約半分の人数となったわけで

少なくとも、この16名は全員、アチューメントが完了して

クラスを受けて欲しいと私は願っていました。

でもそれも、今思えば、私のエゴだったのかもしれないなあと、思います。

2日目が終わって、お一人、アチューメントが許可されない人が出た後

私は、「これでよかったのだろか。もっと他にやれたことがあったのでは

ないかしら?』という気持ちになっていました。

そして、3日目に、あの巨石に向かう途中に

その気持ちを車の中で、ともこちゃんにシェアしていました。

そして、ともこちゃんが自分の経験を話してくれたことが

私の救いにもなりました。

彼女は、以前、IHヒーリングのクラスを受けられたけれど

その時は、自分の準備ができておらず、結局、学んだことを生かすことができず

それで、もう私は、こういうことに向いてないんじゃないか、という気持ちで

最初の頃、多次元のクラスを受けなかったとのことでした。

でも、その後(セッションを受けたり、いろんな変化が起こって)

やっぱりクラスを受けてみたいと2020年にクラスを受けられ

そこからは自己ヒーリングが楽しくて、人にもセッションをやるようになり

学んだことを活用できるようになったとのこと。

人それぞれ、それを受けるベストタイミングがありますね、というお話でした。

本当に、以前のともこちゃんと比べると

見違えるぐらい変化されていて

これまでの全てのプロセスが、彼女の学びに必要だったのだなあと感じます。

今回、アチューメントの許可が下りなかった方々は

アチューメント云々の問題ではなく

自分の問題をしっかり見なかったり

家族や周りのせいにしていたり

または、ベーシッククラスで学んだことを

実践していなかった方たちでした。

今の状態では、例え、中級クラスを受けられたとしても

それを活用することは難しいだろうな、というのは

メールを読んでいても、実際にお話をしても、明らかでした。

例え、アチューメントを完了できて、クラスに参加されても

学んだことを活用せずにいるのなら、なんの意味もないし

タイミングを待つ方が、結果的にいいこともわかっていました。

それでもなんとかしてあげたい、という気持ちになるのは
私のなんなのか。

そして、3日目の朝、巨石の下で

ガイドから伝えられたのは

私の持っている罪悪感が、自由を制限するのだ、ということでした。

アチューメントが許可されなかったのは

相手のハイヤーセルフ(そして、高次元の存在)が選んだことであり

私が頑張って何とかしてするようなことではないということ。

だから、そこに関して罪悪感を持つことは
相手のハイヤーセルフの選択の自由さ
そして、私自身の自由さを妨げるのだ
ということでした。

なるほどなあと、ストンと落ちました。

そして、その古代の巨石の下で、罪悪感を手放すワークをして

3日目のアチューメントに臨みました。

3日目は、5人中、2人に許可が下りず

でも、そのうち一人は、再トライを認められたので

最終日の今朝、その方のアチューメントを行い
そして、無事に完了したのでした。

 

今回、許可が降りなかった方々も

これを機会に、しっかりと自分自身と向かい合えば

きっとまた次回の機会にお会いできることでしょう。

このアチューメントを通じて、いえ、その前に

このクラスの希望者の方々のリーディングをした時から

私自身、いろんなことに気づかされました。

今回、興味深かったのは、事前のクラスの希望者でも

当日でも、アチューメントの許可が下りなかった人の

全員に共通していたのが

マルデュック遺伝がとても強かった、ということでした。

マルデュックは、これだと思ったら、一気にハマりますが、

基礎的なことをしっかりやったり、継続することが苦手です。

また、自分の問題を見ないで、まあいいか、になってしまうのも

マルデュックの特徴です。

中には、マルデュックの「特別さを求める」という意識から

このアチューメントが、まるで、宇宙人のガイドがついた特別な人

になれるかのように期待して

申し込まれた方もいらっしゃいました。

多次元キネシオロジーのクラスは

ベーシッククラスの内容が全ての基本になっていて

このベーシッククラスの内容を実践するだけでも

様々な問題に対応できるし、解放されてゆきますが

それを、さらにパワフルに可能性を広げるために

アルクトゥルスのエネルギーを使ってゆく、ということであって

宇宙人のガイドが付くかつかないが、

大切なところではないのです。

一方、ベーシッククラスを受けてから、日々、それを実践されて

その変化を実感されてきた方は、当日のアチューメントでは

ほとんどブロックもなく、スムーズに進みました。

それぞれ、ベーシッククラスの内容を実践していく中で

親との関係が楽になりました、とか

子育てが楽しくなりました、とか

お金のストレスがなくなりました、とか

家族や周りの人たちが優しくなりました、など

いろんな変化を感じられていて

その変化が面白くて、毎日の自己ヒーリングが

欠かせないです、と言われていて

ああ、本当に素晴らしいなあと。

ということで、まだ話したいこともありますが

そろそろ出発の時間になりました。



4泊5日、過ごしたニューヨーク郊外の街、リッジフィールドは

小さくて、綺麗な街でした。

ホテルからカフェまで散歩がてら歩いた道も、気持ち良かったです。











最後の夜に、ともこちゃんとディナーをしたホテルの横にあるレストラン。
雰囲気もお食事も良かったです。




この5日間、本当に素晴らしい体験でした。


今回、この巨石の下でアチューメントを行うことの
唯一の問題点は、ここは他の人も訪れる場所であるということでした。
実は、世界中からここを訪れる場所だそうで
もし他の観光客が来たら
私はアチューメントを中断しなければならなくなります。

それで、アチューメントの間、ずっとマスターたちやガイドたちに
サポートをお願いしていました。
そして、そのサポートを強く実感したのは、2日目のことでした。

その日は、6人のアチューメントなので、2時間以上にもなるので
その間に誰かが訪れる可能性は十分にありました。

そして、すごいのは、この日、最後の6人目の方が
「これでアチューメントを終了します」という言葉を
まさに言おうとしている時に
車が止まって、二人の人がこちらに向かってきたのでした。

なんというタイミング。
あと数分遅れていたら、中断しなければならないことになっていたでしょう。
ああ、全てのプロセスが守られて、サポートされているのだなあと。

 

今回の全てを手配してくれて、ホテルとアチューメントの場所の行き来を
車で行ってくれて、そして、
一緒にこのミラクルを体験してくれた
ともこちゃんへの感謝と

圧倒的に守り、サポートしてくれたガイドやマスターたちへの感謝を感じつつ
これから、ブルックリンの自宅へと戻ります。

そして、明後日から、いよいよクラスのスタート。
どんなクラスが展開されるのか、楽しみです。







最終更新日  2021年08月14日 01時02分06秒
コメント(2) | コメントを書く
[多次元キネシオロジーのクラス] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.