4674106 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

からだと宇宙とヒーリングと

PR

X

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >

多次元キネシオロジーのクラス

2021年10月17日
XML

今日は、お知らせです。

一昨日、今年5月に自己筋反射クラスを受けられた方々に対して

12月と来年1月に開催予定のオンライン多次元キネシオロジーベーシッククラスの

ご案内をお送りしました。

万が一、筋反射クラスを受けられたのに

ご案内が届いていない方がいらっしゃったら、至急、メールでお知らせくださいね。
(迷惑ホルダーに入っているケースもあったので、お調べください)

今回は、12月と1月の2回、同じクラスを開催して

定員24名ずつ、合計48名ですが

すでに定員まで、残り数名になっています。

また、これまで、リトリートや筋反射クラスを受けていない方々の中にも

クラスやワークショップ希望されている方が、最近増えてきて

そういう方たちに向けて、これから、どのようにやっていくのか

検討していく必要性をひしひしと感じています。

ホームページの方にメールや登録をしてくださった方々は

もうしばらくお待ちくださいね。

さて、ギリシャから戻ってから、最初の1週間ぐらいは

クライアントさんへのセッションはやっていたものの

何も新たな決断をしたくなくて、決めないでいたのですが

ちょうどギリシャ帰国1週間目の自己ヒーリングの最中に

「無計画のまま過ごさないで、次の計画を立てて動きなさい」と

いうメッセージが出てきて

「やっぱ、そうですよね~」と、その日のうちに
今月末の中級クラス(アルクトゥルスメソッドクラス)の
2日間の復習実践クラスを決めて

そして、先日、ベーシッククラスの開催を決めました。

どなたかの話の中に

「人が1日の中で、ストレスなく行うことのできる決断の量は、決まっている。

だから、仕事などで決断することが多い人は

毎日着る服や食べるものなど、決断しなくてすむように

ルーティーン化していることが多い」

というのがありました。
着る服を迷うのも、決断としてカウントされるというのが
なるほどな〜と納得。

エジプト出発前と、エジプト、ギリシャの旅の間は

配信のことで、日々、何かしらの決断を迫られていたこともあって

だから、旅から戻ってからは、しばらく何も決断したくなかったのだなあと。

一旦、決めてしまえば、あとは、それに向けて準備していくのみなので
決断の時に、最もエネルギーを使うのは、よくわかります。

それと同時に、旅の間、離れていた音楽もやり出したので

今は、毎日のスケジュールの中で

それらに向けての準備のバランスをどう取るかが課題です。

私は、昔から、自制心や自己管理力がとても弱く

そこは、ガイドからも、散々、指摘されてきて

ここ最近は、遺伝調整したおかげで、かなりよくなりましたが

いろんなことを同時にバランスよく進めてゆくのは

まだ苦手なところがあります。

セッションを始めたら、夢中になって長時間になってしまったり

クラスのテキストを作り始めたら、寝ないでずっとやり続けたり

友人とお酒を飲んで話始めたら、ずっとおしゃべりしたくなるし

アニメを見始めたら、最後まで一気に見てしまいたくなる。
そういえば、リトリート後の交流会とかも
延々、7時間ぐらい続けたこともあったなあと泣き笑い


なので、一つのことに向けて進んでゆくことはいいのですが

いくつかのことを同時進行で進めてゆくのが、難しいのです。

この「夢中になる」という性質は

決して、ライトサイドの遺伝の性質からではないんですよね。

そのあたりの自己調整をやりつつ、同時にいろんなことを
バランスよく進めてゆく力をアップする必要性を感じています。

おっと、今日は、お知らせだけアップするつもりが

また、余計なことまで、あれこれと書いてましたあっかんべー

今回のベーシッククラスの申し込みを頂いた方から
「いよいよ開催されるのですね。
このクラスの申し込みは、これまでのリトリートやワークショップの時とは
違う感じがします」とか
「長野のクラスがキャンセルになった時から、ずっと待っていました」
というお声を頂いたのですが
私も同じく「いよいよだ〜」という気持ちがしています。

10月も中盤をすぎて、気がつけば、今年も残り1ヶ月半。

最後まで、楽しみつつ、走り抜きたいと思います(キリッ)







最終更新日  2021年10月18日 02時19分38秒
コメント(3) | コメントを書く


2021年08月20日
​​​アルクトゥルスメソッドクラスで

参加者の方から頂いた感想をシェアしたいな~と思いつつ

日々のセッションや次のプロジェクトのために
なかなか時間が取れないでいましたが

ここでシャアしておかないと
いつかそれを見直すこともなくなってしまうなあと

書いておくことにしました。


ブログはいつかまた読み返す機会はあっても、
メールを読み返すことはないし
私自身のその時に感じた感動や気づきも
記録しておかなければ、どんどん別のものに変化して
忘れていってしまうんですよね。
(もちろん、忘れてしまっても、意識のどこかには残ってゆくのですが)

クラスが終わって、まだ10日も経ってないなんて、とても信じられないほど
もうすでに、まるで遠い昔のことのような

懐かしさすらありますが、アチューメントを含め

私にとって、宝物のような時間でした。

このアルクトゥルスメソッドクラスは、すでにベーシッククラスを受けられて

アチューメントの許可がおりた人のみという制約もあったため

15名と人数が少なかったことが、このクラスに関してはよかったなあと
改めて思います。

リトリートでは280人、筋反射クラスでも180人ほど参加されていたので

オンラインでたくさんの人数がもたらすパワーや

相乗効果の素晴らしさを体感しましたが

少人数だと、私自身も参加者一人一人に目を向けて
感じることができるし

また、参加者の方々も、お互いをより密に感じたり

つながることができるので
それぞれに良さがあるなあと感じます。

ということで、頂いた感想の中から、二つシャアさせてください。

送ってくださった方、ありがとうございます。

アチューメントと5日間のクラス、

そして、送っていただいたテキストやリスト、資料の数々。

本当にありがとうございました。

振り返ってみると……

のりこさんにセッションをしていただいた時から、

このクラスへの流れが出来ていたんだなと思います。

2か月前の私は、 

私にとって、人生を大きく変えてくれた

多次元キネシオロジーなのに。

何故だか苦しくて、もう、続けられないかもしれない。

やっと、やりたい事をみつけたのに。

コレじゃなかったらどうしたらいいんだろう。

そんな恐怖でいっぱいでした。

もし、のりこさんにセッションをお願いして、

「多次元キネシオロジーは本当にやりたい事じゃないよ」

と言われたら、どうしたらいいんだろう。

そんなことばかり考えてしまって。

セッションを受けたいですと伝えるのに、随分時間がかかりました。

だから、のりこさんに最初にしていただいたセッションで

「魂レベルでやりたいことなのよ」

と伝えていただいたとき、本当に嬉しかったんです。

だから、次のクラスは何としても受けたい!

もっと学びたい。成長したい。

私が私のために、喜ぶことをしてあげたい!

(こんな事を思ったのは初めてです!)

そう思って参加しました。

クラスが始まってみたら、私と同じような気持ちで

参加されている仲間がたくさんいて。

交換セッションをしたり、他の方がシェアしてくださる話を聞いて、

一人ひとりの言葉に、強く胸を打たれました。

自分の中にあるものと、どれだけ真摯に向き合えるか。

本当の自分に繋がって生きるというのは、どういうことなのか。

そういうことが、すっと胸の奥に入ってきました。

のりこさんにしていただいた、2回目のセッションの時。

「クライアントさんを治したい」

「問題をどうにかしたい」

と思うことは、セラピストのエゴだよ、と教えていただいて。

頭では、分かったつもりになっていました。

でも、このクラスに参加して。

今まで、私が目を背けていた罪悪感や、自己否定の感情と

より深く向き合うことになって。

その時初めて、私は本当の意味で、自分自身のことも、

クライアントさんのことも信じることが出来てなかったんだな

と気付きました。

自己ヒーリングしているだけでは、絶対に気づかなかったと思います。

クラスでの学びと、交換セッションと通して、

私が私だと思っていたものは、私の一部でしかなかったし、

私たちはみんな、それぞれ素晴らしい可能性があって、

今まで持ち越してきたものを、超えていくことが出来ると

確信できたことも、大きな変化です。

もし、のりこさんに出会わなかったら。

私は自分とつながれないまま「私は大丈夫だから」と言って、

私自身を生き殺したまま、人生を終えたんじゃないのかと思うと、

感謝しかありません。

学ぶ機会を与えていただいたこと。

最高の仲間に出会わせてもらったこと。

私たちの可能性を優しく見つめてくださったこと。

そして何より、セラピストとしての在り方や、膨大な知識、

惜しみない愛を伝え続けてくださったこと。

本当に本当に、ありがとうございます。

学んだばかりの多次元キネシオロジーアルクトゥルスメソッド。

コツコツと続けていきたいと思います。

そして、もっと大らかな気持ちで、私らしいセッションを

していけるように、一歩ずつ進んでいこうと思います。

ありがとうございました。

この方(Sさん)は、約2ヶ月ちょっと前だったか

まだ、私がこのクラスを開催することを決めてない時に

個人セッションを行った方でした。

この方と、別のもう一人、すでにベーシッククラスを受けられて
自己ヒーリングを実践されてきた方に

たまたま二日連続で個人セッションを行ったことが
私にとっては大きく

この二人のためにも、どうにかアチューメントの場所を見つけて、

アルクトゥルスメソッドクラスを開催したいという

モチベーションにつながりました。

このお二人は、ベーシッククラスを受けられて

それを十分に活用されていたし、もう次の段階での学びが必要なのは明白でした。

ガイドから、中級クラスを開催するように伝えられただけでは

実感としてわかなかったかもしれません。

そういう意味でも、大いなる宇宙の采配だなあと。

この感想をくださったSさんが、人へのセッションにおいて

行き詰まりを感じられていたのは

彼女の中の「クライアントさんをもっと開放してあげたい、助けたい」

という強すぎる思いだけではなく

ベーシッククラスの内容だけで

プロとして人のセッションをやっていく中では

当然出てくるところでした。

そして、クラスの中での実践を見て

ああ、本当にこの方は

ベーシッククラスの内容をしっかりと実践されてこられたのだな

ということを目のあたりにしました。

最終日の二人1組での交換セッションで

Sさんは、Mさんと組みました。

慈愛が深く、涙もろいSさんと、淡々と的確に鋭く情報をあげてゆくMさんの

組み合わせ、どうなるかな?と、私は密かに楽しみにしていました。

ちなみに、交換セッションの組み合わせは、全て私が

事前に筋反射で確認しながら、決めていました。

こういったことができるのも、少人数ならではかもしれません。

私は、全員の部屋を順番に回ってゆくのですが

このSさんとMさんのセッションの部屋に入った時

Sさんが、Mさんに対してセッションを行っていて

ちょうど、インナーチャイルドワークがスタートした瞬間でした。

その次の瞬間、私もボロボロ泣いていました。

私が部屋に入ってきたことは、参加者にも画像が出てくるのでわかりますが、

私の顔は見えないようにしているので

ああ、私の顔が見えないでよかったな〜と思いました。

それまでの前後関係の情報が全くわからないのに

部屋に入って来て、いきなり、私がボロボロ泣いていたら

二人が集中できなくなってしまいますよね泣き笑い

それぐらい、SさんのMさんへのインナーチャイルドへのアプローチは

真っ直ぐにハートに入ってきて、いきなりハートを掴まれるような

感じでした。

いつもはクールなMさんも、しっかりとインナーチャイルドと

つながっているのが伝わってきました。

なんという美しさなのだろう。

私は、これまで何度も参加者にお伝えしていますが

ヒーリングは技術ではない、ということを改めて実感します。

他の方も言われていましたが、彼女のハート全開のヒーリングは
どんな人のハートも開かせてしまうパワーを持っているのだなあと。

そして、彼女もまた、他の方が言われていたように、
今回のクラスを受けられて
「人力車から新幹線のようなスピードの変化」
を感じられたそうで
これから、さらに大きく飛躍してゆくのでしょう。

これは多次元キネシオロジーの奥深さだと思っているのですが
時として、Mさんのように、淡々と的確に情報をあげてゆくクールさも必要で
これから彼女がそのあたりを
宇宙系遺伝調整を実践していく中で、身につけてくれば
もうハートは開いているし、最強のヒーラーだなあと。

「私が私だと思っていたものは私の一部でしかなく
誰でも素晴らしい可能性がある」
と彼女自身が書かれているように
私たちは性質であれ、なんであれ
あらゆる意識やエネルギーを開花していくことができるのですから。

彼女の素晴らしいセッションを
これからより多くの方たちが受けて体感していくことを楽しみにしています。

さて、もう一人の方の感想です。

今回のクラス、参加者との出会いが最高でした。

決して楽な経験ばかりではありませんでしたが

私にとって、Every Singleセッションが物語のチャプター的に進んでいって

毎回、こう来たか!という学びが満載でした。

一つの映画を見終えた、いえ、やり終えたという感じでした。

つたないセッションでごめんなさい、と仰る方もいらっしゃいましたが

私の方こそ、ど素人ですし

ほんっとーうに、みなさんの持ち味が輝いていて

ああ、出会うべくして出会って交換セッションをさせていただいているのだな

と、そう腑に落ちました。

私は、ベーシック以来ほとんど他の人へのセッションはしていませんでしたが

初回の交換セッションで筋反射をとっていくと

インナーチャイルドにアクセスした瞬間

相手のエネルギーが上がっているのを感じて驚きました。

しかし、相手に気付かせることもしっかりと癒すこともできず

かなり消化不良で終わりました。。

ところが次の日、デモセッションでその方が選ばれ

典子さんが性質や宇宙遺伝の情報を読み解かれた後

神業的にインナーチャイルドを癒されるのを目撃。

典子さんがデモセッションを誰にするか選んでいらっしゃるとき

「私にして!お願い!学びたいの!!」と心で叫んでいたのですが

こんな形で学べるなんて!!、と

典子さん、その方、アルクトゥルス、すべてのサポートに心から感謝しました。

そして、中盤は、我慢強い、とか、人を傷つける恐れ、とか

コミュニケーション、を調整していただいているというのに

正に、我慢強くなってしまって、辛いのにうまく伝えられず

久しぶりにひどい頭痛を経験しました。

その日の自己ヒーリングで、習いたての宇宙系の浄化と

次の日の交換セッションでインナーチャイルドを癒していただき

だいぶよくなるという、貴重な経験もしました。

習ったばかりの調整法で、自分の体感があったのと

これまで何度も感じてきたけれど

改めてインナーチャイルドの癒しのすごさを感じられたのもよかったです。

さらに、最終日は宇宙系もさることながら

霊はずしがお得意の方とご一緒できて

この方の霊はずしとともに、全快しました。

すべての経験は書ききれませんが

本当にみなさん、すごいです~心から感謝です。

参加者の皆さん、それぞれ個性があって、楽しかったのですが

それだけではなくて、交換セッションすると

どこか自分と共通する課題をお持ちの方も多く

不思議なものだと思いました。

多くの人が、共通する性質を持っていて

形を変えてそれが現われているのかな~という面白味も感じました。

典子さん、本当にありがとうございます。

大人になってから、こんな楽しくてワクワクする気分が味わえるなんて

思いませんでした。

この方は、ベーシッククラスを学ばれた後

他の方へのセッションは行っていませんでしたが

自己ヒーリングは、欠かさず続けてきました

と言われていた方でした。

他の人に全くセッションを行っていなければ

二人1組でのワークで、最初は戸惑うのも当たり前ですが

さすが、これまで自己ヒーリングを続けてこられただけあって

的確に情報をつかんでいるのがわかったし

相手の問題やエネルギーを受け取っているのを感じました。

戸惑いながらも、彼女から終始発せられているのは
包み込むような優しさや
暖かなエネルギーで
誰もがリラックスできる雰囲気を持っている方でした。


私は、彼女がベーシッククラスを受けられた後

彼女にセッションを行ったことは

一度もなかったので、正直よくわからなかったのですが

今回のアチューメントを受けるにあたって

この方のリーディングを行った時に、アチューメントレベル5と出ていたので
もう後は、他の人にセッションを行っていくだけの方なのだなあと。
(ちなみに、アチューメントレベル5は、アチューメントを受けるに当たって
ほとんどブロックがなく、アチューメントの準備ができている状態)

 

もう準備が十分にできているのに、人に対してセッションを

行うことができないというのは、人それぞれいろんな要因があるのですが

探ってゆくと、根本的には同じような意識(エネルギー)にたどり着きます。

それが、宇宙系遺伝の面白さでもあるのですが

ここを紐解いていくと、この方が言われているように

「多くの人が、共通する性質を持っていて

形を変えてそれが現われている」ことを実感するのです。

それがわかってくると、例え、どんなクライアントさんが来られても

すべては自分の中にあったもの、もしくは今もあるもの

なので、安心してゆだねることができるのです。

あらゆる闇も光も、自分の中にすべてがあって

だからこそ、自分の中を見て行けばいくほど

他の人に対しても、楽にセッションを行っていくことができるんですね。

この方は、これから、間違いなくその道を選んでいかれる方だなあと。

そして、それはもう遠い未来ではなく
近い将来、もうすぐにそこに来ているような気がします。

 

ということで、今回は取り上げませんでしたが
他にも感想を送ってくださった方
本当にありがとうございます。

今回のクラスを受けられた15人の方々が

これから、どのような変化をされていくのか

子供の成長を見守る母になった気分で、見守ってゆきたいと思います。

(叱咤激励する父としてではなく)→なりがち、なりがちあっかんべー

​​​






最終更新日  2021年08月21日 03時54分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年08月13日
一昨日、初のオンラインでの多次元キネシオロジーの中級クラスが終了しました。

これまで、この中級クラスは、プラクティカルクラスと呼んでいましたが

今回から、名前を改め、アルクトゥルス・メソッドとなりました。

多次元キネシオロジーのベーシッククラスの次が、アルクトゥルスメソッドクラス

ということになります。

クラスは、オンラインでの二人1組の実践や

オンラインアチューメントなど

全てが初めての経験でしたが

参加メンバーも素晴らしく、最高のクラスとなりました。

オンラインのクラス自体は、5月に筋反射クラスをやりましたが

その時は、自己ヒーリングに特化したクラスで

基本的には私の講義だけだったので

オンラインでの二人1組で組んでの実践は

どんな感じになるんだろう、と思っていたのですが

やって見ると、スムーズで特に問題もなく

逆に対面のクラスより、落ち着いてやれる感じがありました。

対面のクラスでは、周りに人がいる中で行うわけですが

オンラインで、ブレイクアウトルームで分かれると、

完全に二人だけの世界で、セッションを行うことになるので

周りのエネルギーの影響を受けずに済むというのもあるし

私が、各ルームを回って、そのセッションの様子を静かに覗くことが’できて

それが、とても楽しかったです。

今回の参加者のこのクラスに至るまでの様々なドラマが感動で

それが私にとっての最大のギフトとなりました。

ベーシッククラスで学んだ内容を日々活用しながら、変化して来られて

今回、初のアルクトゥルスメソッドを使って

最初は戸惑いながらも、しっかり自分のものにしている方もいらっしゃったし

また、ベーシッククラスで学んでから、人からセッションは受けても

自分では、人へのヒーリングも自己ヒーリングも

ほとんどやってません、と言う方もいらっしゃって

初日は

「ベーシッククラスと違いすぎて

こんなことをやるとは想像もしていませんでした。

このクラスに、とてもついていける気がしません」

と言われていたのですが

最終日には、「実践を重ねるごとに自分の問題が見えてきて

自己ヒーリングがいかに大切かがよくわかったし

そして、今は、初めて、人に対してもこのヒーリングをやって行きたい

という気持ちになりました」

と語ってくれたのが、とても嬉しかったです。

また、一方で、再受講の方も4名いらっしゃって

その中には、以前、プラクティカルクラスを受けたけれど

アルクトゥルスのアチューメントを受けなかった方が

ずっとそこでの学びを自分にも人にも実践して行きながら

やっと4年ごしにこのクラスを受けれました、と言ってくださって

「まるで、人力車で走っていたのが

いきなり新幹線になったかのような違いだった」と言われていたのが

とても印象的でした。

ああ、この方は、本当に、コツコツと実践をやってこられたんだなあと。

アルクトゥルスのガイドのサポートがある場合と

いない場合のエネルギーの違いは、もうまさに

人力車と新幹線ぐらいの違いがあるのですが

それは、人力車でずっとやってきてその感覚が十分にわかっているから

はっきりとわかるのです。


私もそうだったなあと。

何年もアルクトゥルスのガイドがいない状態で

キネシオロジーをずっと実践してきたので

2018年にガイドがついて初めてセッションをやった時に

そのあまりの違いに驚愕したことを思い出しました。

それは信じるとか信じないとか、そんなことを超えて

身体全体、エネルギー全体で実感できるものなのです。

そして、また、一方で、今回、感性やヒーリングの能力は高いのに

人に対してセッションを行うことの恐れを持っていた方が

何人もいらっしゃったのも、印象的でした。

そこを紐解いてゆくと、ああ、そうだよね、と誰もが

共感できる想いや経験があって、それを分かち合うことができたことが

私を含め、参加者みんなにとっての祝福となったように思います。

昨日、今日と皆さんから、クラス後に感想を頂いて、それを読んで、また

涙しています。

その中のお一人の感想をシェアされてくださいね。

濃密な5日間をありがとうございました。

今こんな気持ちでまた多次元キネシをやってみようという気持ちになれるとは

当初思ってもみませんでした。

人にセッションする恐れをこんなにも持っていたんだということに

受講中気づかされ(いえ受講前から始まっていました)

自分のトラウマや傷と向き合う時間を得ました。

それは辛くて悲しいというよりは、むしろのりこさんや優しい受講生仲間に助けられて

自分の中でやっぱりそうだったんだ

だから人にセッションできなくなっていたのね

というむしろ納得と安心感に近い気持ちです。

のりこさんには、これで2度助けられました。

筋反射が分からず、キネシオロジーの講座をさまよい歩いた中での

多次元キネシとの出会い

そして今回の再受講で、また私のキネシオロジー人生が息を吹き返しました。

一度はあきらめかけたキネシオロジーでしたが

多次元キネシを使って、また取り組みたいと思えるようになりました。

たくさんの恐れや課題を抱えていますが

それでも多次元キネシがあれば私は変われるという

確信に近い期待と希望を今は抱いています。

のりこさん、今まであきらめずに多次元キネシを研究され

またその膨大な知識と深い知恵を、たくさんの愛と共に私たちに分けてくださって

本当にありがとうございます。

のりこさんや、苦労しながらもセッションを続けてきた受講生仲間との出会いや

再会に私もキネシをやっていこうという勇気を分けてもらいました。

まずは自己調整に取り組み、そして、人生に悩む方々に

私もセッションしていけたらなと決意を新たにしています。

のりこさんに守られているという安心感の中

もっともっと学んだり、セッションしたかったです。

すでにあの5日間が恋しいです!!()

多次元キネシロジーは、のりこさんとのりこさんを助ける

たくさんの高次元の存在に守られたユニバーサル・ラブにあふれた

本当に素晴らしいキネシオロジーですね。

たくさんの方がこれを学び
魂の望む人生を少しでも早く楽に歩んでいけるよう願っています。

のりこさん、5日間、本当にありがとうございました。

この講座を再受講できた幸せを胸に

私自身のキネシオロジー人生をこれから歩んでいきます。

心からの感謝と尊敬を込めて。


この方は、2日目のデモセッションで
ガイドから選ばれた方でした。
私は、彼女に、これまで一度もセッションを行ったことがなかったので
人に対してヒーリングすることへの恐れや葛藤を抱えているとは全く知らず
デモセッションを行ったのですが
筋反射で情報を上げて、彼女の話を聞いてゆく中で
そこに至る経緯がだんだんとわかってきて
ああ、そうだったのか〜と、それに関連する宇宙系遺伝に納得し
そして、インナーチャイルドに涙があふれました。
彼女の体験してきたことや想いは、私にとっても
他の参加者にとっても、とても大切な学びと気づきになりました。

あ~私もあの5日間がすでに懐かしい。

ああ、これをもっと続けていたいな、と思えるぐらい

充実した楽しいクラスでした。

そして、私にとっては、クラス自体は一番楽なクラスでもありました。

これまでの長野のクラスでは、

ベーシッククラスを’受講していれば

誰でもこのプラクティカルクラスを受けられるようになっていたのですが

実際、蓋を開けて見ると、アチューメントを受けることに許可が下りない方が

何人もいらっしゃったので

私は朝と午後にクラスを行い、夕食を取った後すぐに

夜中まで、そう言う方たちに対してセッションを行う必要があり

また、朝食後すぐやランチタイムに、アチューメントを行ったり

今から思えば、よくそんなことをやっていたなあと思えるぐらい

クラスの3週間、1日中、ほとんど休む時間もなく働いてました。

クラス終了後にセッションをやっても、短い期間の中では
やはり20人中、3人ぐらいは

最後までアチューメントの許可が下りなかったし

それが、私にとっても残念な気持ちになっていたのですが

今回は、クラスに参加できるのは、アチューメントを受けた方のみで

クラスの前にアチューメントが行われたので
アチューメントが終了するまでは、個人リーディングなどで忙しかったものの

クラスが始まったら、クラスの講義だけにフォーカスすればいいので

クラス自体は、とても余裕があったことがよかったです。

今後、対面のクラスも行う可能性もありますが

どちらにしても、このアルクトゥルスメソッドクラスに関しては

ベーシッククラスを受けて実践されて

事前にアチューメントの許可が下りた方のみになると思います。

そして、今回改めて思ったのは、クラス中の実践の大切さでした。

これまでプラクティカルクラスのウェビナーで、アップデートのための

講義はやってきたのですが

今回の再受講の方の中で、そのウェビナーの講義だけでは

全くわからなかったと言う方も

今回の実践を通じて、理解できたと言われた方がいらっしゃいました。

その場で実践してみて、そこでわからないことがあれば

すぐに私に質問して、理解を深めることができるので

今後は、ウェビナーのアップデートセミナーでも

やり方を説明するするだけでなく

実践を含めての補習クラスをやっていくことが

必要だなあと実感しています。

ということで、アチューメント5日間、クラス5日間

様々な学びと気づきと感動の︎10日間でした。

日程的に、かなりギリギリでしたが

本当に開催してよかった。

サポートしてくれた全ての存在に感謝します。

さて、私はクラス終了した後、今日までお休みです。

昨夜は、友人が美味しい手料理を御馳走してくれて

今日は、別の友人のバースデー祝いなので、レストランに出かけます。

気のおけない友人とのお喋りと美味しい食事は

私にとっての、さらなるご褒美。
飲みすぎないように、楽しんできますカクテルワイングラス







最終更新日  2021年08月14日 02時37分58秒
コメント(2) | コメントを書く
2021年08月05日

先ほど、全てのアチューメントが終わり

今、ホテルで最後の朝食を取っているところです。

これから、ニューヨーク、ブルックリンへと戻ります。

今回、16名の方がアチューメントを受けられて

許可が下りてアチューメントが完了したのは14名でした。

最初のお申し込み人数からすると、結果的に、約半分の人数となったわけで

少なくとも、この16名は全員、アチューメントが完了して

クラスを受けて欲しいと私は願っていました。

でもそれも、今思えば、私のエゴだったのかもしれないなあと、思います。

2日目が終わって、お一人、アチューメントが許可されない人が出た後

私は、「これでよかったのだろか。もっと他にやれたことがあったのでは

ないかしら?』という気持ちになっていました。

そして、3日目に、あの巨石に向かう途中に

その気持ちを車の中で、ともこちゃんにシェアしていました。

そして、ともこちゃんが自分の経験を話してくれたことが

私の救いにもなりました。

彼女は、以前、IHヒーリングのクラスを受けられたけれど

その時は、自分の準備ができておらず、結局、学んだことを生かすことができず

それで、もう私は、こういうことに向いてないんじゃないか、という気持ちで

最初の頃、多次元のクラスを受けなかったとのことでした。

でも、その後(セッションを受けたり、いろんな変化が起こって)

やっぱりクラスを受けてみたいと2020年にクラスを受けられ

そこからは自己ヒーリングが楽しくて、人にもセッションをやるようになり

学んだことを活用できるようになったとのこと。

人それぞれ、それを受けるベストタイミングがありますね、というお話でした。

本当に、以前のともこちゃんと比べると

見違えるぐらい変化されていて

これまでの全てのプロセスが、彼女の学びに必要だったのだなあと感じます。

今回、アチューメントの許可が下りなかった方々は

アチューメント云々の問題ではなく

自分の問題をしっかり見なかったり

家族や周りのせいにしていたり

または、ベーシッククラスで学んだことを

実践していなかった方たちでした。

今の状態では、例え、中級クラスを受けられたとしても

それを活用することは難しいだろうな、というのは

メールを読んでいても、実際にお話をしても、明らかでした。

例え、アチューメントを完了できて、クラスに参加されても

学んだことを活用せずにいるのなら、なんの意味もないし

タイミングを待つ方が、結果的にいいこともわかっていました。

それでもなんとかしてあげたい、という気持ちになるのは
私のなんなのか。

そして、3日目の朝、巨石の下で

ガイドから伝えられたのは

私の持っている罪悪感が、自由を制限するのだ、ということでした。

アチューメントが許可されなかったのは

相手のハイヤーセルフ(そして、高次元の存在)が選んだことであり

私が頑張って何とかしてするようなことではないということ。

だから、そこに関して罪悪感を持つことは
相手のハイヤーセルフの選択の自由さ
そして、私自身の自由さを妨げるのだ
ということでした。

なるほどなあと、ストンと落ちました。

そして、その古代の巨石の下で、罪悪感を手放すワークをして

3日目のアチューメントに臨みました。

3日目は、5人中、2人に許可が下りず

でも、そのうち一人は、再トライを認められたので

最終日の今朝、その方のアチューメントを行い
そして、無事に完了したのでした。

 

今回、許可が降りなかった方々も

これを機会に、しっかりと自分自身と向かい合えば

きっとまた次回の機会にお会いできることでしょう。

このアチューメントを通じて、いえ、その前に

このクラスの希望者の方々のリーディングをした時から

私自身、いろんなことに気づかされました。

今回、興味深かったのは、事前のクラスの希望者でも

当日でも、アチューメントの許可が下りなかった人の

全員に共通していたのが

マルデュック遺伝がとても強かった、ということでした。

マルデュックは、これだと思ったら、一気にハマりますが、

基礎的なことをしっかりやったり、継続することが苦手です。

また、自分の問題を見ないで、まあいいか、になってしまうのも

マルデュックの特徴です。

中には、マルデュックの「特別さを求める」という意識から

このアチューメントが、まるで、宇宙人のガイドがついた特別な人

になれるかのように期待して

申し込まれた方もいらっしゃいました。

多次元キネシオロジーのクラスは

ベーシッククラスの内容が全ての基本になっていて

このベーシッククラスの内容を実践するだけでも

様々な問題に対応できるし、解放されてゆきますが

それを、さらにパワフルに可能性を広げるために

アルクトゥルスのエネルギーを使ってゆく、ということであって

宇宙人のガイドが付くかつかないが、

大切なところではないのです。

一方、ベーシッククラスを受けてから、日々、それを実践されて

その変化を実感されてきた方は、当日のアチューメントでは

ほとんどブロックもなく、スムーズに進みました。

それぞれ、ベーシッククラスの内容を実践していく中で

親との関係が楽になりました、とか

子育てが楽しくなりました、とか

お金のストレスがなくなりました、とか

家族や周りの人たちが優しくなりました、など

いろんな変化を感じられていて

その変化が面白くて、毎日の自己ヒーリングが

欠かせないです、と言われていて

ああ、本当に素晴らしいなあと。

ということで、まだ話したいこともありますが

そろそろ出発の時間になりました。



4泊5日、過ごしたニューヨーク郊外の街、リッジフィールドは

小さくて、綺麗な街でした。

ホテルからカフェまで散歩がてら歩いた道も、気持ち良かったです。











最後の夜に、ともこちゃんとディナーをしたホテルの横にあるレストラン。
雰囲気もお食事も良かったです。




この5日間、本当に素晴らしい体験でした。


今回、この巨石の下でアチューメントを行うことの
唯一の問題点は、ここは他の人も訪れる場所であるということでした。
実は、世界中からここを訪れる場所だそうで
もし他の観光客が来たら
私はアチューメントを中断しなければならなくなります。

それで、アチューメントの間、ずっとマスターたちやガイドたちに
サポートをお願いしていました。
そして、そのサポートを強く実感したのは、2日目のことでした。

その日は、6人のアチューメントなので、2時間以上にもなるので
その間に誰かが訪れる可能性は十分にありました。

そして、すごいのは、この日、最後の6人目の方が
「これでアチューメントを終了します」という言葉を
まさに言おうとしている時に
車が止まって、二人の人がこちらに向かってきたのでした。

なんというタイミング。
あと数分遅れていたら、中断しなければならないことになっていたでしょう。
ああ、全てのプロセスが守られて、サポートされているのだなあと。

 

今回の全てを手配してくれて、ホテルとアチューメントの場所の行き来を
車で行ってくれて、そして、
一緒にこのミラクルを体験してくれた
ともこちゃんへの感謝と

圧倒的に守り、サポートしてくれたガイドやマスターたちへの感謝を感じつつ
これから、ブルックリンの自宅へと戻ります。

そして、明後日から、いよいよクラスのスタート。
どんなクラスが展開されるのか、楽しみです。







最終更新日  2021年08月14日 01時02分06秒
コメント(2) | コメントを書く
2021年08月01日

今日から、ニューヨーク郊外、ウエストチェスターの北の方に来ています。

今朝、グラウンドセントラル駅から、電車で1時間10分ほどの

KATONAH という駅で下車。

そこに、今回アテンドしてくれる、ともこちゃんが待ってくれていました。

今回のクラスは、彼女のおかげで

実現したようなものでした。

多次元キネシオロジーの中級クラスでは、

アルクトゥルスのガイドをつけるためのアチューメントを行うわけですが

ガイドから伝えられたのは

オンラインでのアチューメントは可能だが

アチューメントを行う私が自然の中にいる必要があり

それは、パワースポットまで行かなくても

ニューヨーク郊外の自然の中で行うことが可能とのこと。

と言っても、私は車も持ってないし、ニューヨーク郊外の土地勘もないので

一体どこにすればいいか検討もつかず。

友人で車を運転できる人がいるので、連れて行ってもらえるように

頼んでみようかな、とガイドに聞いてみたら、ノーの答え。

それで、場所がわからないまま時が過ぎて

もう期日も迫ってきて

この時期を逃したら、中級クラスを開催する時間は、今年は取れないので

ああ、今年も中級クラスは、開催できないかも、と思い始めていた時でした。

一方、少し前に、たまたま、ニューヨーク郊外に住んでいるともこちゃんから

リアルリトリートとかオフ会に使えそうな、こんな場所がありますよ~と

いくつかのホテルや施設の情報が送られてきていて

それは、どれも素敵だったのですが、全てグループでの滞在場所だったので

私一人での滞在はできず。

それで、彼女なら、他にもどこか知っているかも?と思って

メールしたら、次の日に

アチューメントの候補地の写真をいくつか送ってきてくれて

その瞬間に、ああ、これでクラスを開催できる、と確信しました。

ということで、車を運転できない私のために

ともこちゃんが、アチューメントの場所とホテルの行き来を

やってくれることとなり

さらに、私の滞在するホテルや、周辺のレストランやマーケットの

情報なども全て送ってきてくれて、

もう至れり尽せりで、私は安心して
アチューメントに集中できる環境となりました。

彼女は、今回の中級クラスへの参加を希望されていたのですが

私からの「どこかアチューメントに良さそうな場所を知りませんか?」
というメールを読んだ時

「これは私が動かないと、このクラスは実現しないかも」

と突き動かされるように、その足で、アチューメントの候補地の写真を取りに

行ってくれたのだそう。

毎回のように思うのだけど、それを行うことが自分と全体にとって必要なら

宇宙から必要なサポートがやってくるものだなあと。

本当にありがたい。

ということで、駅についてすぐに

彼女が、アチューメントの候補地としてあげてくれた
4箇所を見て回って決めることに。

最初は、このあたりでは有名な自然保護区。

とても歩いて全てを回れないぐらいの
広大な自然が広がっていて、いくつか良さそうなところを
選んで行きます。

川のそばの場所が、清々しくて

ガイドに聞くと。オッケーのサイン。









でも、ガイドが、他にもっといい場所がある、というので

その自然保護区を出て、また他にも周ります。

今度は、湖のそばで、その場所も、散歩するにはよかったのですが

アチューメントとしてはノーとのこと。

で、そうこうしているうちに、お昼も過ぎてきたので

カフェでランチ。

カフェの中にお花屋さんがあって、ブドウ棚のある
とっても可愛いお店でした。






ランチの後、また次の候補地へ。

今度は、本当に地元の人しか知らない自然保護区。

「こっち行ってみましょう」と

野草が生えている場所を、池(沼?)の方に向かって
スタスタと歩いてゆく、ともこちゃん。

なんとも頼もしい。
ついて行きます!目がハート



で、この先に、ちょっと隠れスポットのような場所があって

そこについた途端

あ、ここだ、と感じました。

ガイドに聞くと、イエスの答え。

人は多分、誰もこないし、ちょうど、アチューメントの聖域を作るのに
ぴったりな場所でした。

ここの池の周りも、すごく気持ちいい散歩スポットでした。



ということで、無事、アチューメントの場所が決まったところで

ホテルにチェックイン。

これが、今回のベッド&ブレックファースト。




こういう郊外にあるB&Bは、結構古い家具や建物のところが
多くて、エネルギーも重かったりするのですが
ここは部屋の中は、古い感じはなく綺麗で

エネルギーも重たくなくて

さっと浄化しただけで大丈夫でした。

ということで、いよいよ明日、早朝から

アチューメントのスタートです。

今回、アチューメントを受けられるのは16名。

クラスの希望者は、30名近くいらっしゃったのですが
事前に調べたところ、アルクトゥルスからの
アチューメントの許可が降りなかった方や
かなり厳しいと言われた方が何人もいて
最終的に16名となりました。

これまでの長野のクラスでは
ベーシッククラスを受けていれば
誰でも中級クラスの参加オッケーだったのですが
今回は、アルクトゥルスのガイドがいなければ
全くできないヒーリング法なので
もしも、ガイドがつかなければ、クラスには参加できないため
事前にチェックする必要がありました。

でも、当日、許可が降りない可能性もあるので
そうなると、クラス料金は、デポジットと手数料を除いて
返金ということになります。

一般的にヒーリングのクラスは
お金さえ払えば、誰でもどのレベルでもクラスを受けれるものがほとんどで
もちろん、その方がビジネス的にはいいのでしょうが
宇宙からの導きに従ってゆくと、こんな形になってきたというのもあるし
また、私も、本当にこのヒーリング法を活用してゆく人に
クラスを受けてほしいという気持ちがあるので
今のところは、今後も、中級クラスに関しては
こんな形になるのかなあと。
(と、先のことはどうなるか分かりませんが)

アルクトゥルスの許可が降りなかった人のほとんどが
その人に深い問題があるというより
自己ヒーリングをほとんど実践していなかった方たちでした。
でも、今回、ガイドから許可が降りなかったことで
改めて自分自身を見直したり、自己ヒーリングを本気で始めた方も
何人かいらっしゃって、やっぱり全ては必要なプロセスなんだなあと。

ということで、明日のアチューメント、どうなるか楽しみです。

















最終更新日  2021年08月14日 01時02分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年06月17日

かれこれ約2ヶ月前だったか

認定プラクテショナー テストを実施することに決めて

このブログで、告知していましたが

今日、認定プラクテショナーの第1号が誕生しました。

Sakuraさん、おめでとうございます!!🎉🎊

彼女のブログはこちら​から。

この認定プラクテショナーテストは、まず書類テストの後、

ユニバーサルラブプロジェクト役員である、ちさとへの実技セッション、

最終テストとして、私への実技セッションという流れになっているのですが

蓋を開けてみると、半分以上の方は、最初の書類テストで不合格になっていました。

(まだ審査中の方が3人いらっしゃいますが、もうすぐお返事しますので

お待ちくださいね)

この書類テストも、実技テストも、最終決定はトートなんですが

最初に私が書類にさっと目を通しただけで

あ~これはダメだなあ、とか

これは、行けそう!とか、伝わってきます。

その上で、トートからのアドバイスを聞きながら

評価していくわけですが

大体は、最初に感じた私の感覚に沿っていました。
不合格になってしまう一番の理由は
セラピストが「自分自身を見ていない」ということ。

さくらちゃんは、最初に書類を見ただけでも

真摯にセッションに、そして、自分自身に向き合っている

というのが伝わってきたし

また、ちさとちゃんへの実技テストも素晴らしく

その後、私への実技セッションの前に

私からのセッションを受けたいということで

先週、私が彼女にセッションを行ったのですが

その時にも、あ~これなら多分、大丈夫そうだな~

という感覚はありました。

そして、迎えた今日の実技セッション。

実技セッションは、テーマはなしで、セラピストにお任せ
にしているので、さくらちゃんは、一体、私の中の
どんなテーマや問題を出してくるのだろう?と

とても楽しみにしていました。

彼女がまず最初に、私の問題として出してきたのが
「責任感の強さ」
(自分の責任でないところまで)責任を負ってしまう
ということ。

このあたりは、すでに十分、自覚はあり
例えば、8ヶ月間のリトリートで、毎回プログラムを作る上でも
私は、全体として、どの方向性に向かうことが必要なのか?
宇宙は何を私たちに求めているのか?
そういったガイダンスを受け取ってゆく
リーダーとしての責任を常に感じていました。

だからこそ、休む間もなく、自分自身を調整したり
ガイドやマスターからのメッセージを聞きながら

プログラムを作ることになり

それが、大きな学びと成長の日々だったわけですが
やっぱり、この責任感を常に感じながらだと
気楽な感じではやれなくなってしまうんですよね〜。

責任感と一言で言っても、それがどこから来ているのか?によって
内容は全く違ってくるのですが、私の場合
普段の生活では、そういうのは出て来ないし、出てくるのは
この多次元キネシオロジーを広めていくということに関して
さらに個人に対してではなく、大勢に対して行う際に
強く出てくる感覚なのです。

そして、その責任感に関して

まず彼女が、情報として出したのが、ノンモ遺伝でした。

彼女曰く、ノンモ遺伝の

「責任感」「使命を果たせなかった無念さ」「強い意志」

などに、すごく反応してます、とのこと。

お~来た来た~って感じでした。

実は、先日、鬼滅の映画見て、炭治郎の無念さ

使命を果たせなかった無力感、に共鳴して泣いた

という話をしましたが

映画が終わってからも、しばらくその感覚が抜けず

数日後に、ハートチャクラに強烈な感覚があったので

調べてみたら、このノンモ遺伝が出てきたのでした。

ノンモ遺伝に関しては、以前、トルコのギョペクリテペに行った後に

出てきて、かなりディープな遺伝で大変な調整だったという話は

書きましたが(はっきり覚えてないけど、多分、書いたと思う)

その後、しばらく経って、まだハイヤーセルフレベルで

この遺伝が残っていることに気づき、そこからは

まだ調整していませんでした。

鬼滅の映画の後、ユニバーサルラブプロジェクトのメンバー3人に

ノンモが出てきた~という話をしていたのですが

そのことは、このメンバー以外は誰にも話してなかったので

彼女が今日、セッションの最初の方に、220つの遺伝の中から

ピンポイントで上げてきたことに、超ワクワク。

そして、次に彼女があげてきた情報が

アトランティスの過去世で、カルマでした。

実は、筋反射クラスの時に行った私の実践デモでも

そのカルマが上がってきていて

デモの時は、そこは追求しなかったですが

クラスの後、自己ヒーリングをやっていると

トートから、ダメ出しのように

「アトランティスの過去世を調整するように」

というメッセージがありました。

アトランティスの過去世は、

2年半前にエジプトに行った時に強烈に出てきたので

まだ残っていることはわかっていたものの

私としては、普段、そのあたりの感覚を持っているわけではないし

それほどの緊急性を感じていなかったこともあり

その後も、ずっと後回しにしていました。

で、筋反射クラスの後
あ~やっぱ、まだここやらなきゃいけないのか~と実感したものの

そのアトランティスのカルマに関わる遺伝として出てきたのが

プレアデス星団の中のアトラス遺伝。

ダークサイドの遺伝なら、すぐにでも解除するでしょうし

自分の中のダークさを見てゆくのは、全く抵抗がないのですが

ライトサイドの遺伝を調整したり、そこのカルマを見ていくのは

結構、抵抗感があるんですよね。

私には、アニマル系とか、未確認系とか、早く解除したい遺伝も

まだ残っているので

「あ~アトラス遺伝か~、これはまだ後回しだな」

と、その時も調整しなかったのでした。

で、今日、再び、アトランティスが

さくらちゃんのセッションで出てきたので

は~、やっぱり、出てきたか~

自分ではなかなか調整する気にならないこのカルマを

人に調整してもらえるのなら、ラッキかも~と、またワクワク。

その過去世を、さくらちゃんは、筋反射で見ていきながら

「この前世のエネルギーを感じていると、なんだか泣けてきます」

と涙を流してくれたのですが

私も彼女がそこにアクセスするに従って

ハートに、どどーと押し寄せてくる大きなエネルギーを感じて

あ~これは、いよいよ、ここを調整する時が来たのか?という思いで

胸が一杯になっていました。

ところが、その後、彼女がさらに見ていくと

さくらちゃん自身も、アトランティスのカルマを持っており

ノンモ遺伝も深く持っていることが判明して

「今のセラピストでは、このテーマではセッションができない」

というのが情報として出てきて、今日はこのテーマは

調整できないことがわかったわけです。

なるほどなあと。

通常の多次元キネシのセッションでは、自分で取り扱えないものは

出てこないことが多いのですが

今回、ノンモ遺伝とアトランティスのカルマを

このセッションで、私の身体が伝えてきたのは

これは、多分、さくらちゃんの問題というよりも、

「先延ばしにせず、そこと向かい合って、早く自己調整しなさい」

トートからの私への再リマインド(再ダメだし泣き笑い
なんじゃないかな~と。

(後から確認したら、イエスでした)

わかってますよ、わかってますよ。

私も、こんなカルマや前世を全く持っていたくないし

もういい加減、しっかり調整したいのだけど、

このエネルギーと向かい合うのは、結構、気合いも時間もかかるのよね~。
(多分、少なくとも、遺伝調整まで含めると、丸3日以上かかりそう)

って、言い訳なんだなあ。

(ここは、なぜか木星の根性は発揮されない)

必ずちゃんと向かうあうから、もうちょっと待って~。

(と言いつつ、もう2年近く、放置してしまってたわけだけどほえー

ということで、今日のセッションは、ここで

方向転換し、そこからさらにあれこれと彼女が

筋反射で情報をあげて行って

最終的にこのセッションの目標として

彼女が導き出したのは

「コンフォートゾーンを抜けて

自分の個性やユニークさを自由に表現します」

というものでした。

もしかすると、他の人から見ると

私はどんどんチャレンジして、自由に表現しているように見えるかもですが

今の私にとっては、ドンピシャな内容でした。

というのも、ここ最近、アネモネという雑誌のインタビューを受けたり

そこからの出版の話があったりして、その度に

私の中で、ちょっとした抵抗感を感じていたからです。

思えば、最初にお話会を開催する前も

また、8ヶ月間のリトリートを決める前も

この抵抗感は出てきて、開催を躊躇するのですが、その度に

ガイドからのメッセージやメンバーからの後押しがあって

結局、やることを決めて進んできたわけです。

なので、今回も、きっとそうなるのだろうなあ

ということは、わかってはいるものの

相変わらず、この抵抗感は

毎回のように出てくるものだな~と、自分でも半分呆れてました。

そして、私の中のコンフォートゾーンは
このブログなんだなあということに、今回改めて気づきました。

このブログの中で話すのは、ほとんど抵抗なく

結構、何でも話せる感覚があるんですが

このブログの外に向けての発信となると

途端に、なんだか気が重くなってしまうのです。

だから「コンフォートゾーンを抜ける」というメッセージが

ぴったりな感覚なんですよね。

それをドンピシャで情報としてあげてきた、さくらちゃん、すごい。

ここでの「自分の個性やユニークさ」というのは

私自身の個性やユニークさというよりも、この宇宙系遺伝調整という

「他にはない独自の手法」という意味合いであるということも

彼女が年齢退行した情報から、わかりました。

ということで、

この内容に関わる遺伝として出てきたのが

『ニュプトニアンズ遺伝』

私は、この遺伝を自分が持っていることは、わかってはいたものの

一瞬「ん?そんな遺伝あったっけ?」となったぐらい

印象の薄い遺伝で

「ここは大した影響はなさそうから、後回しだな」

と、ほぼ放置していた遺伝でした。

その性質は

「目立ちたくない、安定思考、平和主義、受け身、限界を作る」

確かに、この「目立ちたくない感」は

ここ何年か結構、常に感じてたなあと。

以前は、そんな感覚は感じたことはありませんでした。

むしろ、昔は、全く逆だったというか
例えば、シンセサイザーのデモンステレーターをしていた頃は
イベントや街角で、人々の注目を浴びるのが仕事なので
当時は、いかに目立つか、注目を浴びるか?を考えていたわけですから
いつの間にか、目立ちたくない、なんていう感覚になったのか。
面白いものだなあと。

さくらちゃんが

「自分を表現する音楽と

キネシを広めてゆくということとは違うからじゃないですか?」

と言われたのですが

例え、音楽での表現であっても

今は、あまり目立ちたくはないかな、と感じるので

人って、本当にいろんな側面を持っていて

それが何らかの要因で変化してゆくものなんですよね。

ということで、目標設定までで、すでに3時間半、さらにそこから

調整に入って、最終的には何と6時間越えという

かなりの長時間の実技テストになってしまいましたが

セッションが終わる前には
彼女が合格したことは、もうわかっていました。

ああ、彼女は、ここまでのセッションをやるために

これまでどれだけ、自分の中を見て来られたのだろう、

セッション中、それを感じながら、静かに感動していました。

多次元キネシオロジーの中で、ベーシッククラスの内容なら

ちょっと練習すれば、どんどん人にやって行くことができますが

宇宙系遺伝を人に対して調整するとなると

ひたすら自分の内に向かって、調整してゆく必要があります。

彼女が

「ニュプトニアンズ遺伝、私も持っているみたいで

インプラントまでは、やらないと出てきます」

と言ったのですが

実は、彼女の調整中に、私はひそかに自分の筋反射で確かめた時に

「彼女はこの遺伝のインプラントまではできない」と出ていたので

まさに、ドンピしゃでした。

何かがやれないことは、あまり問題ではなくて

自分は何をどこまでやれるのか?やれないのか?を

しっかり見る力があるというのが

今回の認定テストの評価対象の一つです。

さらに、宇宙系遺伝だけの情報ではなく

そこに関わる様々なことを、情報としてあげてゆく必要があって

もし彼女が、ニュプトニアンズ遺伝だけあげたとしたら

ここまでの感動も気づきも、全くなかっただろうなあと。

終わった後、彼女が

「このテストを受けると決めてから2ヶ月間

自分の中のいろんなものが上がってきて、調整してきました。

最初の書類テストの評価レポートを見て、またさらに自分の中から上がってきて

次に、ちさとさんへのセッションで、いろんな学びがありました。

その度に、クライアントさんへのセッションが

どんどん変化してきました。

そして、今日のこのセッションは、これまでのどのセッションより

たくさんの学びや気づきがありました。

このテストを受けることができて、本当に良かったです。

今、やっとスタート地点に立てたような気がしています。

多次元キネシオロジーに出会えて本当に良かった。

のりこさんに出会えて、本当に良かった」

と、涙を流しながら伝えてくれて

とてもとても嬉しい言葉に、私も涙腺崩壊😭

彼女は、先日の筋反射クラスにも参加されて

基礎からしっかり学ぼうという姿勢や

セラピストとしての真摯なあり方も素晴らしいし

何よりも、私が宇宙に導かれて、試行錯誤しながら、生み出してきた

この多次元キネシオロジーという手法を

しっかりと実践してくれている人がいる、ということを

実際に体感することができて、感動でした。
(もちろん、話はあちこちで聞いていても、私自身が
その方達のセッションを受けたことがないので)


そして、このセッションを通じて

多次元キネシオロジーの無限の可能性も、さらに実感できたし

ああ、本当にこの認定テストをやって良かったなあと。


私は、IH時代も含めても
人からキネシオロジーのセッションを受けるのは

元パートナー以外は、今回が初めてなのですが、
例え、すでに自分で気づいている内容であっても
他の人から改めてその情報が上がってくるのは、面白いし
新たな気づきにもなって、とても楽しかったです。

書類審査は受かって、実技テストはまだの人たちがいるので

これから2人目、3人目の合格者が出るのかどうか

それぞれ、どんなセッションをやってくれるのか、超楽しみ。

トートから、アドバンスクラスは、認定テスト合格者が

6人になったら開催する、と言われているので

それが今年中に叶うのか、どうか。

私も、今日、また新たなスタート地点に立った気持ちでいます。

合掌🙏







最終更新日  2021年08月14日 01時03分24秒
コメント(2) | コメントを書く
2021年06月07日
​​​一昨日、初のオンラインでの筋反射クラスが、終了しました。

いろんな意味で、開催して本当によかった~。

最初にやろうと思った段階では、こんなクラスになるとは思っていなかったのだけど

初めて筋反射を学ぶ方たちの新たな発見や気づきを知ることも
とても楽しかったし
また、すでにこれまでベーシックやプラクティカルクラスを受けられた方達からも

新たな発見があった、学びになった
という声があって、とても嬉しかったです。

(もしリトリートを受けられた方の中で
クラス録画を見たい方がいらっしゃったら
まだお申し込みできますので、お知らせくださいね)


頂いた感想の中で、これは以前、ベーシックを受けてくださった方から。

のりこさん、

筋反射クラスお疲れ様でした。

今朝8時半に起きて再びお金の調整をして今終わりました。

感動の連続 で胸がはち切れそうです。

この素晴らしいクラスを開催してくださったのりこさん

そして見逃しそうなところを助けてくれたSちゃんにも感謝です。

Sちゃんからクラスのこと、そして今からでもまだ受けられると聞いて

面白そうなので早速申し込みましたが

それから2,3日ほぼ一日中ビデオを見ていましたが

その時間のなんと楽しかったことか!

先週はたまたま仕事も入っていなかったので

がっつり見ることができました。

のりこさんの楽しい話を聞きながらの復習&新しいワーク。

資料はとってもオーガナイズされていて

宇宙系遺伝がこんなに簡単に外せるの??

と驚きの連続。

あっという間に時間が経ってびっくり!

ほんと、楽しい事ってあっという間に時間が経ってしまいますよね。

そしてクラスの最後のお金のワーク。

お金の事なのにいきなり出てきたのがグランディング。

それを機に信念体系、インナーチャイルド、仕事に対するブロック。

レプ、グレイ、マルデュック、冥王星を始めとする

宇宙遺伝のリストからは、まるで私の心に貯まった膿を

的確に言葉で表したメッセージが次々に選ばれて感動。

カードからは「感謝」という言葉が何度も選ばれ

気がつけばコロナ前よりも、充実した生活を送ることができているにも関わらず

全く感謝の気持ちがなかったと気がつきました。

リトリートの最終回でいただいた資料の中の多次元意識。

私は特に白黒つけてしまいがちで

心が疲れて気持ちが休まらない事が多々あったのですが

これからはうまくバランスをとりながら、毎日を過ごしていきたいと思っています。

あの資料は神です!

それと・・・私は自分で直感が優れていると妙な自信があったのですが

全く根拠のない自信だったようで(笑)

これからはまず筋反射、直感に頼る前に筋反射!

筋反射の素晴らしさを再認識しました。

のりこさん、ゆっくり休んでくださいね。

どうもありがとうございました&お疲れ様でした!

これ読んで、そんなに以前のベーシックの時より

わかりやすくなったんだなあということに、改めて気付きました。

私の中では「これは以前のクラスでも説明しているし」などと

思っていたのですが

例え、同じことを伝えていても、以前とは説明の仕方が違っていたり

以前とは違った資料を用意したことで、よりわかりやすくなったんだなあと。

こうして、プログラムを作っていくことが、私自身の学びになっています。

ありがとうございます。

そしてこれは先日の

プラクティカルのウェビナーも受けられた方から

感動のメールを頂いたので、シェアしますね。

プラクティカルクラスウェビナー、

そして筋反射クラス!!ありがとうございました!

 

何よりも筋反射クラスに参加したこと、

これが、予想以上に良かったです。

 

昨年のプラクティカルのアップデートで、

もう、壮大すぎて、果てしなさを感じ、

完全についていけないような気がしていました・・・・。

 

ただ、今回は筋反射クラスがあったおかげで、

先日のアップデートの内容が、すっと頭に入り、

むしろ、どんどんやりたいと思う自分がいました。

(同じ感想を言われていた人がいましたが・・・・)

 

今回の筋反射のクラス、

すごいレベルの内容だと思います。

これを経て多次元のベーシッククラスを受講できる人が羨ましい!!!

(めっちゃ楽しく受講できるのではないでしょうか?)

リトリートの資料も含め、

いただいたワークの資料やリストも宝物です。

自己ヒーリンングが深みを増しました。

今まで、宇宙遺伝の性質は、無機質な単語を見ていく感じで、

私のような理解力の乏しい者は、

正直言えばピックしている間はつまらない時間でした・・・・。

今回は文章になっているので理解しやすいです。

 性質リスト、最高に重宝しています。

ちょこちょこ読んでいても楽しい。

 情報をどんどん上げたくなりますね。

 

そして、両手で筋反射を取って確認すること、

ブロッキング外していくことの大切さを、

今更ではありますが、実感しています。

「私には自己筋は出来ない」と、ずっと思っていたけれど、

そうでなくて、ブロッキングに過ぎなかったのだなと。

 

もちろん自己筋が取れていると、

感じるときもあるのですけどね。

(例えば物を探す時は、部屋で筋反射を取ると、ほぼ見つかるので・・。)

何でもないことを筋反射で取る分には、ほぼ正確なのですが、

自己ヒーリングはピンとこないことが多く、

やってても上手くいかないし、

めんどくさがりな性格でもあるから、すっかり諦めていました。

 

でも、ブロッキングの中に大事なお知らせがあって、

それに気付いて外していけば、

筋反射が取れるようになるだけでなく、

さらなる自由への選択、可能性の広がりが得られるのだと、

今回のクラスを通して感じることが出来ました。

 

言葉にすると違うニュアンスになるかもしれませんが、

筋反射って、「正解を選ぶもの」ではなかった。

「正確な答え」を知るためでもなかった。

 

何が、それを選択をできない自分にしているのか、

なぜ、それが自分は出来ないのか、

そこにある自分の問題に気づくためのものなんですね・・・・。

 

身体との対話のツールであって、

 

歓びと幸せの人生を自らの意思で選択できるように、

自分の可能性をもっと開いていくために、

私を導いてくれるものだったのだなあと。

 そう思ったら、果てしないとか

私には出来ないとか、

そういうことよりも、

 

もっと人生を開いていきたい。

もっと可能性を拡げていきたい。

もっと、わたしを生きたい!!!

 

という思いの方が強くなりました。

おかげで、自己ヒーリング頑張れます☆

 

薬に頼らない生活をしたいと言いながら、

片頭痛薬や鎮痛剤だけは欠かせなかったのですが、

薬が無くても自己ヒーリングで鎮痛できるようになり、

それも嬉しい出来事でした。

 

今回のクラスは私にとって本当にギフトでした。

ほんとに筋反射クラスを受けてよかったな、と感じています。

いまは、基本をしっかりやっていこうと思います。

 

そして、プラクティカルウェビナーを

同じ時期にしていただいたことが、

本当に良かったと感じています。

そうじゃなかったら、多次元キネシ辞めてたかも・・・・・。

セットアップだけでなく、

グリッドやモジュールもとてもいいですね。

これにアクセスすると、セッション効果が高まって、

自己ヒーリングが、より実感持てるようになりました。

 

それにしても、放課後、面白過ぎです。

オフ会いいですね~。

のりこさんの放課後のお話の中にも殊玉の言葉が一杯でした。

本当に本当にありがとうございました~♡



なんだかね。

この部分を読んで、もう涙が止まらなくなったんです。

「筋反射って、「正解を選ぶもの」ではなかった。

「正確な答え」を知るためでもなかった。

 

何が、それを選択をできない自分にしているのか、

なぜ、それが自分は出来ないのか、

そこにある自分の問題に気づくためのものなんですね・・・・。

 

身体との対話のツールであって、

 

歓びと幸せの人生を自らの意思で選択できるように、

自分の可能性をもっと開いていくために、

私を導いてくれるものだったのだなあと。

 そう思ったら、果てしないとか

私には出来ないとか、

そういうことよりも、

 

もっと人生を開いていきたい。

もっと可能性を拡げていきたい。

もっと、わたしを生きたい!!!

という思いの方が強くなりました。

ああ、私が最も伝えたかったことが、ちゃんと伝わっている。

本当に嬉しくて、嬉しくて。
何度もこの部分を読みました。

私の方こそ、このクラスを開催することで
最大のギフトを頂いたのだなあと。

ありがとうございます。

ガイドから、同じ時期にプラクティカルのウェビナーをやれと言われた時は

何度も確かめて、え~なんで同時期なの?と思っていたのですが

この時期に行う必要があったのだなあと、後から気付きました。

ということで、クラスでの気づきも色々ありますが

この最近、両方の準備で、ほとんど眠る間もなく

昨日は、とにかく、身体を休めなさい、というメッセージがあり

今週はできる限り、ゆっくりしようと思っています。







最終更新日  2021年08月14日 01時03分48秒
コメント(8) | コメントを書く
2021年06月01日
色々と書きたいことがたまってしまっているのだけど

来週になるまでは、時間が取れないので、とりあえず

ちょっとお知らせだけ。

今月で、ユニバーサルリトリートの動画視聴が終わりますが

3日間だけ、延長することにしましたので、お知らせです。

去年の9月からのリトリート動画は、ずっと残したままでしたが

みなさんの延長希望を聞いていたら、キリがないので

5月31日に動画視聴は終了するということを

約1ヶ月前に決めて、告知していました。

それでも、ここ最近、延長希望の声が後を立たず

もう本当にこれで最後ということで、3日間だけ延長ということになりました。

ということで、参加者の方々は、最後の3日間、ぜひ楽しまれてくださいね。

私も、最後の動画である「宇宙の旅」を久々に見直してみたのですが

思いがけず、また号泣してしまいました。

素晴らしい映像と音楽

そして、ライトサイドの惑星や銀河、星々のエネルギーや

そのメッセージとともに

この8ヶ月間の様々な想いや出来事が
まるで走馬灯のように思い出されて

私たちがいかに宇宙にサポートされてきたのか

その奇跡の旅を思い出して、感謝の涙でした。

私はこのリトリートを開催するまでは

自分の声が好きではなく

自分の声が録音されたものを聞くのは、避けたい気持ちだったのですが

あの8ヶ月が過ぎて、今、こうして、自分のナレーションした映像を見ても

自分の声に違和感を感じることなく、映像やエネルギーに意識を集中して

感じたり、泣くことができる

ということに今更ながら驚きます。

この最後の「宇宙の旅」が私の人生の中で、ずっと心に残る作品になったこと

本当に幸せです。

さて、先週末に、第2回目の筋反射クラスが終了し

今は、明日開催予定の、プラクティカルウェビナーに向けての準備と

今週末の第3回目の筋反射クラスの準備に追われています。

この第2回目から、実際のリトリートのワークを筋反射を使って

どうやっていくのかの実践法をお伝えしていますが

終わってみると

「かなり情報量が多い」

「筋反射クラス2日目の内容とは思えない」

「プラクティカルの内容と変わらないようなレベル」

という声をあちこちで頂きました。

ユニバーサルリトリートを受けた方たちは

神聖幾何学を使った宇宙系エネルギーの浄化についてのワークも

お伝えしたので

例え、今回、筋反射を取ること自体は初めてでも

初めから宇宙系エネルギーを取り扱うことができるわけなので

これまでの多次元のベーシッククラスと比較すると

当然、今回のクラスの方が、やれることはずっと多くなります。

これまでの多次元ベーシッククラスでは

宇宙系については取り扱うことができなかったので

それが、私にとって、大きなジレンマの一つでした。

というのも、この宇宙系エネルギーこそが、筋反射を取る上での

大きなブロックになってしまうからです。

実際、今回の筋反射クラスの参加者の中には、クラスの初日には

カード選びもうまくできなかったけれど

リトリートで学んだ方法を使って、小一時間ワークしたら

すっきりカード選びができるようになりました

などというご報告を頂いたりして

今回、私の長年のこのジレンマが解消できる道ができたことに

改めてこのリトリートがもたらしてくれた恩恵を感じています。

また、すでにベーシッククラスやプラクティカルクラスを受けられた方々も

この筋反射クラスを再受講して、理解が深まったという声を頂きました。

今回は、3日間ともに、自己筋に特化しているので

これまでのクラスより、さらに踏み込んでお伝えできるのもよかったです。

これから開催するr多次元ベーシッククラスは、オンラインで

自己筋クラスを取った方のみ対象になってゆくのだろうなあと。

さて、これも、頂いた感想の中から

「私は長野のベーシックを受講したので、今回のクラス受講はどうしようかな

と思っていました。ですが、なぜかプレゼントで

クラスに必要なオラクルカードが2つも増えたこと

(最初にひいたカードが GO! NOW

リトリート懇親会でSさんから

「典子さんのことだから、得るものがきっとあるはず」と

後押ししていただいたことから、参加を決めました。

まだ2回ですが、すでに内容の濃い復習ができて

リトリートの活用法が300%になって

受講してよかった~という気持ちでいっぱいです。

長野のクラスの後から微力ながら自己ヒーリングを続けていて

ヒーラーさんから多次元ヒーリングを受けてきたことで

以前より楽になっているのを感じます。

インナーチャイルドを癒すことで、レプが発動しなくなることも含め

宇宙系エネルギーのパワフルさを感じずにはいられません。

長野クラスの時は、大変だったはずだと納得です。

そして、リトリートを通じて、自分のネガティブを感じる力や

マスター達の存在も前よりずっと感じるようになったことに驚いています。

長野クラスの頃は、アセンデッドマスター???

という感じでしたので、アセンデッドマスターヒーリングで

すっきりする感覚が嬉しくて仕方ありません。

最近は、ヒーラーさんから受ける宇宙系インプラントの解除などが体感がすごくて

ぜひとも自分でできるようになってみたい!!

という気持ちが強くなっています。

特にグレイの調整などは、百会や第三の目からエネルギーが抜けて

その後楽になるのを感じるので、すごすぎます。

自分にそんなことができるかわかりませんが、できなくても挑戦してみたい

という思いです。神聖幾何学も本当にパワフルですが

チャンスがいただけるのであれば、もう一歩進んで学んでみたいのです。

アルクトゥルスのアチューメントが必要なことから

難しい面もあるのかもしれませんが

プラクティカルクラスの開催を心から望んでいます!!」

という、とても嬉しい感想とご要望メールで

他にもプラクティカルクラスのご要望メールが届いているので

これは、なんとしても、今年の秋までには

プラクティカルクラス、実現させたいなあと意欲も高まっています。

ただ、いくつかクリアにしなければならない問題なのが
この方の言われているように

アルクトゥルスのガイドをつけるためのアチューメントをどうするか?

これは一人一人に対して行う必要があるし

オンラインでやれるのか、場所の問題も含め、まだ全くわかっていません。

また、他には、今回の8ヶ月のリトリートを受けた方と

そうでない方とでは、もう宇宙系に関しても、多次元意識に関しても

全く理解度が違うので、そこのところをどうするのか、ということ。

また、もしオンラインでアチューメントがやれるとしても

これまで対面のクラスでは実践できた、ブレイン音叉などを使った

ワークは、どうすればいいのか?などの問題もあり

このあたり、今週末の筋反射クラスが終了したら

ユニバーサルラブプロジェクトのメンバーと相談しつつ
ガイドの声を聞いて、決めて行きたいと思います。

ということで、今は、とりあえず、今週末の
最後の筋反射クラスに向けて走ります!マラソン(いつ止まるんだ?泣き笑い







最終更新日  2021年08月14日 01時05分09秒
コメント(4) | コメントを書く
2021年05月23日

筋反射クラスがスタートして、昨日、第1日目の配信が終了しました。

クラス参加者は、185名ですが、生参加されたのは、150名ちょっと。

それでも、こんなにたくさんの人が、筋反射に興味を持って

このクラスに参加してくださっていることに

改めて感無量でした。

第1回目のクラスは、基本的な筋反射の仕組みを学び

オラクルカードを選んだり

食品や日用品が自分の身体に合っているかを調べたり

パワーストーンやエッセンスのエネルギーレベルを調べたりといった

内容で行いました。

この内容は、基本的には多次元クラスの1日目でお伝えしている内容と

同じような感じなのですが

今回の参加者は、ヶ月のユニバーサルリトリート受講者対象ということで

筋反射のブロッキングリストに、宇宙系エネルギーを入れたり
神聖幾何学を使ってエネルギーレベルをあげたり

これまでのクラスより、さらに深いレベルでの内容になったなあと思います。

昨日、改めて思ったのは、こういうクラスにしろなんであれ

私は、話すことにおいて、咄嗟の返しが苦手だなあということ。

教える内容に関しては、事前に何をどう伝えるか、ある程度決めているので

(思いついたことを話すことも多いけど)

それほど問題ないのですが

実際のクラスでは、様々な質問が出てくるし

しかも、今回は、参加人数が多いので

質問も色々でした。

その質問自体が本質からずれてしまっている場合

どう説明したらいいのか?一瞬、戸惑ってしまうというか

その方のどういう意識がこの質問を生み出しているのか?を

私がすぐに理解しなければ、説明も的確にならないわけですが

その私の理解が遅い~泣き笑い

後から、動画を見直してみて

「ああ、この方は、きっとこういう意識がベースに合ったから

この質問をされていたんだなあ」と

と気づいたことが、いくつかありました。

つい先日、トートからも

もっと明晰さを高めなさい、とメッセージがあったのですが

本当、このあたり、まだ弱いなあと。

これは、いくつかの未確認型の宇宙系遺伝が関わっているのは

わかっているのですが、このところ、筋反射クラスのプログラム作成や

プラクティカルウェビナーの準備などで

自己調整の十分な時間が取れなかったこともあり

(と言うのは言い訳で、結構、遊んでる時間もあったけどねあっかんべー

改めて課題を見せられた感じがします。

それにしても、2016年に多次元のクラスをスタートして

毎回のように思うことなんですが

こういうクラスの中で、すぐに

「できるできない思考」になっちゃう人が本当に多いってこと

改めて驚きます。

「生まれて初めて筋反射を学ぶのだから、うまくできなくて

当たり前です、クラスの中でえやり方を学び、これから実践をしていく中で

どんどん上達して行きます」

ということは、毎回のように最初にお伝えしているのですが

「私は今日、できなかったので、来週からは

やってもだめですよね」

というようなコメントが出てくるのは

「え~~なんで~~そうなる~~」

と絶句してしまいます。

今回の参加者は、8ヶ月のリトリートを終えての筋反射クラスなので

これまでの多次元のクラスとは違って

すでに様々なことを学ばれているし

また、録画もあるので、何度でもクラスを見直せるし

筋反射のブロックが起きても、リトリートで学んだワークを行っていけば

ブロックを解除できるので
今回は、教えるの超楽だなあ、と思っていたのですが

それは甘かった泣き笑い

やっぱり、そう言う発想の人たちは

いつも一定数いるものなのだなあと。

「すぐに結果を求める」「せっかち」「決めつける」

「できないとモチベーションが下がる」

と言うのは、オリオンやマルデュック的な意識ですが

この意識の人たちが、とても多いと言うことに改めて気づきました。

以前、長野のクラスで、初日だったか2日目だったかに

「私は、もうプロにはなれないんですか?もう自信を失くしました』

と泣いていた方がいらして

それは、参加者の一人に「そう簡単にはプロにはなれないのよ」

と言われたからだそうですが

そんなことを言う人も「人生はそう甘くない」と言う意識が

ベースがあるのでしょうし、問題なのですが

一度も、筋反射を学んだことがないのに、プロになると決めて

初日で、自信なくしている人も、かなり問題が深い。

それはまるで、ピアノ一度も弾いたことないのに、ピアニストになると決めて

最初のレッスンで

「もう私はピアニストにはなれないんですか?』

と言っているようなもので

そう言う方に対して

あなたはピアニストになれますとも、なれませんとも言えないわけです。

私は何かを学んだら、すぐにできるようになるという発想自体がなかったので

これまでやってきた中で、上手く筋反射が取れないことは山ほどありましたが

どうやったら取れるようになるんだろう?

どうやったら、ブロックを外せるんだろう?

ということにしか意識が向かなかったし

そう言うものだと思っていたので

うまく筋反射が取れなかったからと言って

落ち込んだり、やる気を失ったことは、多分一度もなかったなあと。

というより、うまく取れないからこそ

ブロックの要因を見つけて、一つ一つ発見してゆくプロセスそのものが

喜びでした。

今から思えば、私が今、多次元キネシオロジーで教えていることのほとんどは

上手くいかなかった経験から学んだり、気づいたりしたことですから

上手くいかないことこそ

自分の可能性を伸ばす最大のチャンスであったことは

確かだと思います。

多分、筋反射を活用できるかできないか?の大きな境目は

何かの能力ではなくて

この「できるできない意識」が強いか強くないか

突き詰めれば、それは、結局のところ

自己価値と言えるのかもしれません。

「何かができる自分」に価値を置いている人は

何をやっても、どこかで行き詰まります。

今回、カードを引いたり、日用品を調べたりといった

簡単な筋反射を取ると言うことだけでも

集中力が続かなかったり、もうだめだと投げやりになったりして

自分がどれほどの問題を抱えているのかに、改めて気づきました

言われた方が何人かいらっしゃって
そう行ったプロセスも全て、それぞれに必要なプロセスに

なっているのかもしれないなあと。

さて、クラスの中の実践で、オラクルカードを選び方を

教えるために、私は実際にカードから選んだのですが

その時に、1枚出てきたのが「パワー」と言うカードでした。

でも、クラスの中では、私へのメッセージなどどうでも良かったので

そのカードの意味も読まず、クラスを進めたのですが

今日になって

「そう言えば、あのカードの意味なんだったんだろう?」

と読んでみたら、そこに書かれてあったのは

「今が、その時です。

今が、あなたのパワーを表し、あなたの潜在能力に足を踏み入れる時です。

これは、必ずしも、恐れや不安がないということを意味するわけではありません。

あなたは、不確かな感覚を感じるかもしれません。

でも、とにかくやりなさい。

世界にあなたの声を届けなさい。

あなた自身と、他の人のために立ち上がりなさい。

あなたの情熱をシェアしなさい。

あなたのハートから、教えなさい」

というようなもので、お~こんな熱いメッセージだったんだ~と。

立ち上がれって、もうすでに立ち上がってるんですけど

この中のメッセージで「不確かな感覚」

と言うのは、なるほど、確かにあったなあと。

今回は、オンラインでのクラスが初めてと言うのもあるし

ここまで人数が多いクラスも初めてだし

私がみんなの質問に答えつつ、上手く時間配分していけるのか?
などと言うことも含めて

不確かな感覚は、結構ありました。

でも、ユニバーサルリトリートをスタートした時に比べると

かなり楽な気持ちで始めたので

この熱いメッセージが、届いたのはちょっとびっくり。

リトリートに引き続き、今回のクラスも、宇宙から応援されているんだなあと

とても嬉しくなりました。

例え、キネシとかヒーリングとかやらなくても

これから、どんな仕事をやっていく上でも

人間関係のどんな問題に対してでも

あらゆる選択や決断の時にも

自分の身体やハイヤーセルフの声を聞く素晴らしいツールとして

筋反射を学び、活用して行ってほしい。

筋反射にかける私の情熱

あと2回のこのクラスで伝えてゆきます!

みんな、ついてきてねウィンク







最終更新日  2021年08月14日 01時04分42秒
コメント(7) | コメントを書く
2021年05月14日

来週末から3週連続の3回コースで

オンライン自己筋反射クラスがスタートします。

ここで業務連絡ですが

昨日、クラスまでに準備するものに関するお知らせメールを

参加者全員に送りました。

お知らせメールが届いていない方は、こちらまでお知らせくださいね。

(ペイパルのお支払いは済んでいても、登録を完了されていない方が

まだ数人いらっしゃいます)

さて、この筋反射クラス

これは、8ヶ月のリトリートを終了した方のみ対象のクラスですが

申し込み期限になってみると

176人もの方が申し込みくださっていて、びっくりでした。

オンラインのクラスは、人数制限なくできるので、本当助かります。

もちろん、今回は、あくまでも自己ヒーリングのためのクラスで

二人1組になってのワークなどはないので、人数制限がなかったのもありますが。

長野で行っていた多次元のクラスは、ベーシッククラス定員40名でしたが

毎回、キャンセル待ちの方が、たくさんいらっしゃったので

「クラスを楽しみにしてくださっているのに、入れないなんて残念だなあ」

という思いが、いつも出てきました。

今回は、そういう意味で、とっても心が楽です。

ということで、筋反射クラス。

最初は、フラワーエッセンスを選ぶぐらいの

簡単なことをお伝えしようと思って、クラスの開催を決めたのですが

いざ、プログラムを作り出してみると

筋反射を使えば、このリトリートで学んだことだけでも

かなり深い自己ヒーリングができるなあと

色々とプログラムのアイデアが出てきて、すごく楽しいです。

これは私のちょっと悪い癖というか

あ、これもお伝えしたい、あれも面白そう、とあれこれ作っていると

いつの間にか、その時間内ではお伝えしきれないぐらい

てんこ盛りのクラスになってしまうんですよね。

参加者の方たちから「こんなにたくさん教えてくれてありがとうございます」

と感謝されることも多いですが

一方で「ついて行くのが大変です」と言われることも多いので

余裕を持って作らないとなあと。

私のお伝えしている筋反射は、他のキネシオロジーの筋反射とは根本的に違っていて

それは、多次元意識がベースになっているということ。

イエスとかノーとか、二元性がベースになった質問はしないし

頭で考えた質問も一切やりません。

今回、ちょっとやってみようかなと思っているのは

この筋反射クラスから、参加者の方々に、両刀使い

つまり、右手と左手の両方での筋反射を練習してもらおうかなと。

これは、プラクティカルのウェビナークラスではお伝えしているのですが

今回、初級からそれを練習してゆくことで

さらに筋反射についての理解が深まるのではないかなあと。

右手と左手の反応が違うことで

いろんなことに気づくチャンスになるわけなんです。

私は対面でのセッションの時には、クライアントさん自身の筋肉の反応と

私の右手、左手の反応の3本を使って、筋反射を取ってゆきます。

1本より2本、2本より3本でやった方が

より確実であることは間違いないし

また反応が違うことで、より深く身体からの声を知ることができるのです。

筋反射を取るということの意味は

身体からのお知らせを、どのように聞いてゆくか?ということ。

ブロッキングを恐れる人がいますが、それは筋反射を全く理解していないことで

ブロッキングを見ていくことこそが、身体からの本当のメッセージを聞くための

最大の鍵だと言っても過言ではないのです。

今回のクラスが、これまでと違ってとても楽なのは
みなさんこの8ヶ月のリトリートの中で、様々な浄化や調整法をすでに学んでいるので
それはイコール、ブロッキングを外す方法を最初から
ある程度、知っている状態だということ。
あとは、筋反射の仕組みさえ理解することができれば
一気に可能性が広がってゆくなあと。

筋反射とキネシオロジーに魅せられて、10数年。

私たちの深淵なる内なる宇宙への、道先案内人である筋反射の
面白さ、素晴らしさ、奥深さを、みなさんにお伝えしてゆきたいなあと

今、また最高にワクワクしていますハート(手書き)







最終更新日  2021年08月14日 01時04分19秒
コメント(4) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.