2020年03月27日

新型コロナとパンデミックとお金の仕組み

カテゴリ:世界のできごと
今日は、別のことを書こうと思っていたんですが

たまたま、今朝、ディービットウィルコックの動画で

「グレートパンデミック2。本当は何が起こっているのか?」

に出会って、面白かったのと

この手のユーチューブの放送は、削除される可能性があるので

今のうちにシェアしておこうかと。

といっても、これは、5時間にわたるライブ放送で

私も、まだ1時間20分ぐらいのところまでしか見ていないのですが

とりあえず、そのあたりまで、ざっと訳して見ます。

途中、話が色々飛んでいるので、これは話されていた順番ではなく適当ですし
興味がある方は、直接、見てみてくださいね。

今、グレートパンデミックが起こっていますが

何も脅威ではありません。

このコロナで死んでいる人は、全体の人口に比較すれば、わずかでです。

これは世界の終わりではないのです。

コロナは、中国人の男性に対して、5倍の確率で影響するようになっていて

なぜ、そうなっているのか?は

中国との経済戦争が関係しています。

中国人をターゲットにしているのです。

私は、この機会は、世界的タイムアウトだと思っています。

人々は、クレイジーです。常に忙しく、休みもなく、リラックスすることもできず。

それは、とてもおかしなことなのです。

私は、全くコロナは怖くありません。

多分、もうコロナにかかっているのではないかと思いますが。

私は1日9、10時間寝ていて(2時間昼寝、夜は8時間だそう)

それで、もう十分治っている、と思っています。

(もちろん、Social Distancing  人と人の距離をとること

は大事だと言うことは伝えられていました)

メディアは、パンデミックを煽っていますが

大手メディアが、ディープステート(闇の支配者、イルミナティのこと)

と結びついているのは、みんな承知のことだと思います。

彼ら(ディープステート)があなたたちの望んでいるのは、恐れを持つこと

パニック的な反応を起こすこと

彼らが望んでいないのは、人々が論理的に考えることです。

世界を牛耳っている151社が、世界の80%のお金を得ていて

それは、偶然にそうなっているわけではなく

意図的にそうなっています。

彼らは、大手メディア、銀行、あらゆる会社を持っていますが

彼らが、第1次世界大戦も、第2次世界大戦も作ってきました。

彼らは、戦争の両側をコントロールしていたのです。

(先日ご紹介したデービットアイクが言っていた
Problem Reaction Solutionについて
このディービットウィルコックも
語っていました)​

彼らは、問題を作って、人々の反応に対して、また問題解決を方法を提示します。

メインストリームメディアは、完全に彼らの下にあるのです。

これらのディープステートは、現実です。

例えば、サミュエル・ブッシュ

彼は銃の会社を持っていて、銃の売り上げの90%を受け取っていました

第1世界対戦で戦っていた両サイドからです。

サミュエル・ブッシュの息子、プレスガット・ブッシュは、

ヒットラーの銀行家でした。

これは、公的に知られていることです。

Fedral Reserve(連邦準備制度) はl、1913年にスタートしましたが

私たちは、この金融システムのリセットを望んでいます。

(このあたりで、金の話になり、人口が増えることで

金の価格は高騰し、インフレが起こることや

中国のドラゴンファミリーと金のことや

途中で、1921、22年当時の日本のことや

日本は、大好きな国だが、当時の日本はアジア版ナチスだったとか

ニクソン大統領の話とか、話が色々飛びます)

(途中で、大手メディアが、いかに彼らにとって

都合の悪い情報を削除するかに触れて)

もし、あなたたちは、もしアメリカ大統領について、いいことを言ったなら

それは削除され、あなたたちはその話ができなません。

彼らは、それをさせないのです。

それは、つまり、彼らは本当に何かを恐れている、ということなのです。

(つまり、トランプは、ディープステート側ではないので
ディープステートは、トランプを潰そうと大手メディアを使って
叩いていると言うこと。
そして、ディープステートは、自分たちのパワーがもうなくなってきているのに
気づいて、恐れていると言うこと)

あなたたちが、フリークアウトしても、パラノイドになっても

それは構わないですし、それもまた自由です。

でも、もしクールになって、私の見解をお伝えするなら

あなたたちには見えないところで

何か大切なことを起こっている可能性があると言うことです。

本当は、何が起こっているのか、ピースを集めて

心を動かす、今は、そのベストチャンスなのです。

あなたはトランプの言うことに全て賛成しますか?

私はもちろんノーです。

私は、23年、公の場に出ていて、とても自分の言動に気をつけています。

私は、どんなマイノリティーに対しても、どんなグループに対しても

感情を損ねるようなことはしたくありません。

トランプは、時々、そう言った発言をします。

でも、あなたたちは理解する必要があります。

良い人々が、軍のインテリジェンスなコミュニティにいて

彼らは、地球をイルミナティから取り戻そうとしています。

イルミナティは、本当に汚い奴らで、この地球の全ての人たちを

地球上から抹殺しようとしているのです。

(ここで話がまたかなリ飛びますが)

トランプは、3万人の兵隊をヨーロッパに送っています。

(すでに1万人がいて、この数日間に、さらに2万人が追加で送られた)

2万人の兵隊は、ヨーローパの主要な空港に

Defender Europe 20 (プロジェクトの名前)のために到着します。

これは、25年の中で、ヨーロッパに送られた最も多い兵隊の数です。

そして、そこで17国(イタリアを含む)より集まった7000人の兵士とともに

この4、5月の訓練に参加します。

このことは、テレビのニュースでは全く報道されていません。

それは、今、まさに起こっているのです。

そこでは、兵隊たちは、バイオスーツやマスクなどは

一切つけていません。

もし、このコロナが、言われているようにとても危険なものだとしたら

政府は無謀なことをやっているように見えるでしょう。

(でも、実際は危険ではないことがわかっているから、マスクも何もつけていない)

この3万人の兵隊は、コロナの対策のために

ヨーローパの各地に散らばってゆくのですが

アメリカ軍によって、保証されたのは

「私たちは、コロナウィルスの状況を見に行くが

私たちは健康だから、それで十分である」と言うことでした。

同時に、この巨大な軍事訓練の環境的な影響は、無視されました。

米国エイブラムス戦車は、劣化ウラン弾を入れて、70トンあります。

それぞれの戦車は、100キロ走るごとに、400リットルの燃料を消費し

それは、ひどい公害を生み出します。

さて、ここで、ちょっと考えてみよう。

最も大きなシャットダウンが起こっているところは、どこ?

(もちろん)イタリア、だよね?

ディープステートのヘッドは、どこにある?

それは、イタリアです。

これまで数々の映画でも言われていたように

(ここで古代ローマ帝国で行われていた様々なサタン的な儀式や生贄について

とか、ギリストが生まれた頃のことなど)

まだバチカンにヘッドがあって、イギリス帝国とともに動いています。

(2000年前から、イギリスの都市、バースには、ローマの銭湯があった話とか)

コロナが、イタリアで大きいと言うのは、どう言うことでしょうか?

Defender Europe 20 がバチカンに入ると言うことです。

これが、どうやって私たちの地球を取り戻すか、なのです。

(つまり、軍がバチカンに入って、大量逮捕になるのではないかと言うこと)

と、これで、1時間20分ぐらいのところまで。

これ以上は、まだ時間がなくてほとんど見てないのですが
(これからさらに3時間半以上あると思うと、めげた泣き笑い
もし興味がある方は、見てみてください。


ちなみに、トランプは、コロナが始まった最初の頃は
自らのツィートで
「去年は37000人の人がインフルエンザでなくなって
毎年多い時で6万人の人が亡くなっているのに
それでも何も封鎖などしていない。
それに比べれば、新型コロナなんて、全くないようなもので
封鎖など、絶対にありえない」

と言っていて、やっぱりトランプは
あちら側(ディープステート)の人ではないことは確かで
少なくとも、それは救いだなあと思っていたのですが
そのあと1週間後には、いきなり非常事態宣言を出したので
これはどう言うことなのか?
大統領選に向けて、世論を意識して変更したのかな?と
思っていたのですが
この動画を見て、もしも本当にそんなことが起こっているとしたら
希望はあるのだなあと。
このあたり、詳しく書くと、長くなるのですが。

この動画は、ライブ配信された後
数日間で、すでに63万回、再生されていて
ディービット・ウェルコックもこの影響力の大きさなので
かなり根拠がなければ言わないのではないかなあと。
と期待は、禁物ですけどね。
(l期待というのは、ディープステートが支配する世界が変わると言うことで
私にとっては、この人生でそれを見ることはないだろう
とほぼ諦めていたことですから)

ちなみにFedral Reserve(連邦準備制度)や金融システムに関して

理解していることは、今、何が起こっているのかを知るために

とても大切だと思うので

(といっても、私も人に説明できるほど理解しているわけじゃないのだけど)

もしまだご覧になったことない方は

10年以上前のものですが、わかりやすく説明’された動画

「負債としてのお金」(日本語字幕付き)​を

見られてみてくださいね。

また、日本の政治家で、もともとJPモーガンの為替リーダーをしていた

大西つねきさんという方が

今の世界の金融の仕組みや、お金=借金、という

基本的なシステムを​ユーチューブで​わかりやすく説明されていました。
彼も、今の日本の金融システムを変える必要があると言うこと

それと、同時に個人レベルでは
「お金で(物事を)考えないこと」の大切さも言われていて

とても共感できたので、こういう方が総理大臣になったらいいのになあと。

と、こんなことばかりやってると、またガイドから怒られそうですが。

今日、自己ヒーリングをやっていて、ガイドに言われたのは

「自己管理すること」

「自分の内側に全ての答えがあること」

(つまり、外に情報を求めすぎるなと言うこと)

と言われて、うん、そのとおりだよね、と反省しつつ
友人から新たな情報を聞いたりしたこともあって
私のもともとの好奇心の強い遺伝が発動して

また最近、このあたりの情報を見すぎてしまっています’泣き笑い

と言うことで、書きたいことも山ほどあるけど
とりあえず、寝ます〜。






TWITTER

最終更新日  2020年03月30日 00時37分53秒
コメント(0) | コメントを書く