000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

戯言 ~Ta Wa Go To~

君に捧げる鎮魂歌~レクイエム~

[第1曲]交通事故 製作者 零刻
あの日、僕は歩いていたんだ。いつもの
道をいつもの通り・・・ 横断歩道を
歩く時だった。トラックがこちらに向かって
走ってくる。大きな音をたてて。
ドカッッ 僕は宙を舞う。 ドサッッ
熱いコンクリートに叩きつけられる。
僕はその時感触が無かった。
目の前に倒れる僕。あれ?僕は何故
ここにいるのだろう。そう…魂が完全に
抜けてしまっていた… 僕は一体誰だ…

[第2曲]  夢       製作者零刻
僕は一瞬戸惑った。僕は一体誰だろう。
魂の無き抜け殻をただ呆然と見ていた。
目の前を沢山の人が集まる。救急車が
来た。中の人が忙しそうに動いている…
僕は一瞬思い出した。あの日の夢を…
友達がもがき苦しみ、死んでいく夢を…
僕の体が運ばれていく…僕の体はどこへ
行くのだろう。病院についた。僕は
救急車にずっと乗っていたが皆見えない
のだろうか? 皆ただ急いでいた…  

[第3曲]  病院     製作者 零刻
僕は救急車の動くまま病院へついた。
病院には両親や友達が待っていた。
僕の声にも反応してくれない人達…
魂の抜けた抜け殻をただ蘇らそうとして
忙しそうに動いている。直りはしないさ。
魂はここにいるのだから。皆悲しんでいる
泣く者もいた。しかし今の僕には感情と
いう物がない。ただ呆然と見ていること
しか出来ない。人には感情がある…
感情は素晴らしい… しかし僕には無い

[第4曲]  病室     製作者 零刻
僕はしばらく悲しい気持ちになった。
だけど泣けない。悲しいのに泣けない。
なんて辛いんだろう。この感情、この鼓動
までもを失ってしまったなんて…
もう一度戻りたい。病室にいる魂の
無き抜け殻に入りたい。皆と喋りたい。
皆と分かち合いたい。だけど…だけど…
僕はしばらく病室で立ったまま、じっと
していた…トラックの運転手が憎いよ…
何で僕だけがこんな事に…なったんだ…

[第5曲] 死神      製作者 零刻
僕は病室を後にした。散歩に出かけた。
人があふれる町。皆僕には気づかない…
何をしたって気づかない。何も触れる事も
出来ない。すり抜けて行く人達。
するとそこへ女の子がいた。しかし普通の
女の子ではなかった。そう手に鎌を持った
死神と呼ばれし者だった… 可愛らしい
女の子には合わない物だった。彼女は
僕に近づいてそっと僕にいったんだ…
「蘇りたい?殺した人が憎い?」ってね。

[第6曲]  鎌      製作者 零刻
「あなた蘇りたいんでしょ。憎いんでしょ」
確かにそうだ…だけど何なんだ?この
殺気?いや言葉だけでは表せない…
「良い方法があるわ」そういうと彼女は
持っていた袋から鎌を取り出した。
「これで憎い相手を切り刻むの」
何ていう言葉だ…可愛い顔とは裏腹に
彼女はこう言った。さらに彼女は鎌で
切り刻むと現実で切れる、と付け加えた
鎌を手にすると何故か殺意が沸いてきた

[第7曲]  殺人     製作者 零刻
「ターゲットはこのトラック運転手ね」
小さな声で彼女は言った。僕は心の
奥底から湧き上がる殺意と憎悪を
必死に抑えていた「あなた切らないの?」
彼女が問いかける。僕は何も出来ない。
「あなたがやらないなら私がやるわ」その
言葉に僕はハっとした。彼女は運転手の
所へ向かって走った。何故か僕も走った
彼女が切りかかる。「やめてくれぇ」ズバッ
僕は運転手をかばい彼女に切られた。

[第8曲]  黒穴     製作者 零刻
「あなた何でかばうの!?」
「君にこんな事をして欲しくは
 無かったから…」すぅぅっと僕の身体に
黒い大きな切り傷の穴が出来た…
「あなた!何考えてるの!あなた
 みたいな体の無き魂が切られたら…」
彼女の言葉はこれで途切れた。
そして彼女は「さようなら」と言った。
僕の黒い穴から何かが出て来た。そして
僕の身体が何故か崩れて…倒れて…

[第9曲]  直せぬ傷  製作者 零刻
目をあけるとそこは小さな小屋にいた。
大丈夫?と彼女が問いかける。
「僕は、僕はどうなったんだ?」
どうやら彼女が仮の魂を入れてくれた
らしいそれで僕は助かったようだ。
彼女はうつむいていた。
僕はどうしたの?と聞くと彼女は、
「あなたの今の魂は他の人の魂なの、
だからあなたはその魂じゃ合わないの
だから…だから…だから…駄目なの…」

[第10曲]  砂時計   製作者 零刻
「だからあなたはあと一週間しか
 生きれないの。あなたはずっと
 気を失ってたわ。その間に5日間
 立ってしまったの。あなたとはあと2日
 あと2日しか生きられないの!」
衝撃的な告白を受けた僕は、
しばらく半信半疑だった。僕は
「どこか人の居ない所へいこう。
 君にまだ伝えてないことがあるんだ…」
と言って彼女を連れて行った……   

[第11曲] 最後の一日 製作者 零刻
彼女を海に連れて行っただけで1日
過ぎてしまった。今日が最後の日だ。
ザザーンと海の音が鳴り響く。僕は彼女に
「前僕、あの運転手をかばったよね。
 それは実は運転手を守りたいから
 じゃないんだ…君に…君にあんな事を
 して欲しく無かったんだ…
 君に伝えたかった事…それは…
 僕は…君の事が…好きなんだ… 
 好きだったからこそ君にして欲しくは…」

[第12曲]  君と僕   製作者 零刻
そこまで言うと彼女は泣いた…そして…
「有り難う。私もあなたの事、好きよ…
 だから私、今あなたを守る…」
そういうと彼女は光になった…
そして彼女は「さようなら」と最後にこう
つぶやいてその光は僕の身体の中へと
入っていった。僕は光で包まれた。僕は
目の前が真っ白になった。目を開くと
そこはベッドの中…親達や友達が目の
前にいた。鎌は綺麗な貝殻になっていた


© Rakuten Group, Inc.