157617 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

本音をずばり!あなたの人生を変えます!

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Recent Posts

Category

Freepage List

全62件 (62件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 >

プラス思考・マイナス思考の習慣

2012.02.22
XML
テーマ:プラス思考(16)

 プラス思考の習慣を作ることは、あなたの人生に於いてすごく重要な要素になります。人が生きるに当たり、マイナスの要素とプラスの要素のバランスは大切なことです。

 私は、マイナス思考をなくし、プラス思考の習慣を作ることの必要性を書いてきました。悩み・苦しみどうしようもない時は、マイナスのエネルギーが過剰にある状態です。

 それを増やす方法として、肉体的なプラスの気のエネルギーを増やす方法を採用することがいいです。色々なところで紹介している。気を増やす方法(下腹部の前後運動と肛門括約筋の上下運動)を行うことはプラスのエネルギーを増やすことより、プラス思考の習慣に役立ちます。


・・・yahoo









Last updated  2012.02.22 11:54:44
コメント(0) | コメントを書く


テーマ:プラス思考(16)

 プラス思考を単に「思考パターンがプラス」と捉える方も多いと思いますが、果たしてそうでしょうか?

 プラス思考とは「思考パターンがプラス」と言うだけを指して言うのではありません。どんなことにも未来にプラスに繋がる視点を持ち、心身内に蓄えているプラスのエネルギーが多い方に本当の意味でプラス思考ができます。そして、そのエネルギーを活用し、効果的に行動できることがプラスの行動です。

 また、マイナス状態の時に無理にプラスにしようとするとか、或いは、マイナス思考を無理にプラスに考えようとすることをプラス思考と言いません。この点を勘違いしている方が実に多いのが残念です。

 悪いことが起こっても、それを悲嘆して更にマイナスに考えていたら、マイナスが解消される筈がありません。しかし、今、あなたに起こっていることが本当にマイナスの現象であるかを冷静に見極めないといけません。マイナスの連鎖など考える愚は止めましょう。

 そして、今起こっていることをどう考えるかで、現在か未来に於いて、どの様に影響が出るのかを知らないといけません。感情に振り回されたり、盲想を働かせてはいけません。感情と盲想はとんでもない方向に人を導きます。

 プラス思考の方はマイナス思考の方とは視点が違います。プラス思考の方は、悪いことが起こっても、そのことを必ずしもマイナスとは考えてはいません。一瞬にして未来に繋がるイメージを持つことができるように判断します。

 1.マイナスの後にはプラスのことが起きる
 2.現状のみを見ない、良くなる未来をイメージする
 3.今回の事は、未来のために意味のあることと捉える
 4.冷静に現状を感情や妄想を交えずに判断する
 5.未来は必ず、プラスになることを知っている
 6.プラスになる方法を知り、実践している

 マイナスから脱却できない方は、今一度じっくり考えてみて下さい。難しい方は、直接私、朱雀に鑑定等でお問い合わせください。



・・・yahoo









Last updated  2012.02.22 11:39:40
コメント(0) | コメントを書く

 マイナス思考から脱出できない方は、負のスパイラル(連鎖的な悪循環)の中にいます。運気がマイナスだから、当然マイナスの現象が多くなってきます。そして、そのマイナス出来事をマイナスの感情で捉えます。マイナスの感情なので、思考も行動もマイナスになります。人生のリズムがことごとく崩れていく状態です。俗に、波乱万丈と言う言葉がありますが、波乱が起こるのが負のスパイラルの状態とも言えます。

 負のスパイラルの時に更に最悪な場合は、あなたが犯してはいけない占い的な方位まで犯してしまう(地場の持つマイナスのエネルギーをもろに受ける)ことにより、人生を最悪な状態にまで陥れるものです。その場合は病気・大怪我など命に関わる場合も出てきます。

 それは、まるで信号機の様です。人生の途中には多くの信号機があります。プラスの場合には、あなたの前の信号機は青の連続で、何事も順調に進みます。一方、負のスパイラルに陥ると、その信号機がことごとく黄、赤の連続になって、何をしてもうまくいかない状態になります。

 負のスパイラルは絶対に断ち切らねばなりません。と言っても、頭で考えてもそう簡単に抜け出せる訳ではありませんから、じっくりと構える必要があります。最初は私がお教えする方法を一つずつ着実にこなして下さい。何れあなたは、負のスパイラルに絶対になり得ないプラスの状態になることができます。

 ここで皆さんに質問です。さて、あなたならどうしますか?


・・・yahoo









Last updated  2012.02.22 11:36:34
コメント(0) | コメントを書く
2012.02.21

人にはすごい潜在能力があります

 人間には誰しも、大きな潜在能力を持っています。それは、今世での親や学校の教育から身に付けた能力だけではなく、人類太古の時代から蓄積している潜在能力です。それは、透視やテレパシーなどの超常能力も含まれます。実は、これらの能力は誰にもある能力です。

 人間は猿だけから進化した訳ではありません。単細胞→爬虫類~~~猿→類人猿→人間へと進化を遂げています。その間の記憶は、大脳の大脳辺縁系と言う大脳の下部に記憶されていますが、人類として進化している途中に、大脳新皮質が発達した為に、大脳辺縁系が内部に押し込められてしまったのです。それが原因で様々な潜在能力を退化させる結果になっています。元々、人類の先祖は様々な超常能力を持っていたのです。

 しかし、「自分に対しての評価が低い」ことや、「自分にはそんな能力がない」と考えているうちは、あなたが本来持っている潜在能力どころか、通常の能力さえも発揮できません。今まで行ったことがないことでも、本来、前世や太古からの記憶の中に蓄積されています。それを引き出すかどうかはあなた次第です。何より前にあなたは、「自分にはすごい潜在能力があるんだ」と言うことを知る必要があります。

 上記の理由からも、マイナス思考であることは、あなたの潜在能力を引き出すことのブレーキになります。これは一般的に誰にでも言えることです。逆にプラス思考であることは、あなたの潜在能力を引き出す手助けになります。

あなたが「自分にはすごい潜在能力があります。それを真理であると思い込めること」が潜在能力を引き出せる第一段階です。

 プラスの思い込みが人間の潜在能力を引き出したり、心身の健康をもたらすのに対し、マイナスの思い込みは人を不幸に陥れます。また、心身共に病気にする場合もあります。この事実をしっかりと心の中に刻んで下さい。

 あなたには、数限りのない潜在能力を自覚し、それを引き出すために努力することは、あなたの潜在能力を引き出すためには不可欠のことです。

 私は潜在能力を引き出す方法や願望成就の方法を知っています。それを伝授しますね。



・・・yahoo









Last updated  2012.02.21 21:05:52
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:プラス思考(16)
 満載喫水線と言う言葉があります。荷物を積んだとき、船体をどこまで沈ませてもよいかの限度を示す目盛り。この線より沈んだらバランスが悪くなって、危険であることを知らせる限界線のことです。。

 人間の感情もある一定のレベルと超えると、なかなか立ち上がれない状態になります。悲しいこと、苦しいこと様々なことが人生にはありますが、多少のショックなことが起きてもを、それ以上落ち込まない様にすることが必要ですね。

 その為には、自分の満載喫水線を知ることが大切です。ある一定レベルまで落ちたり、思い込みが過ぎるなど。そういう場合は自分自身を開放する習慣を身につけることができればいいんですが・・・。例えば、あれこれ考える前に早く寝ることもそうです。自分が一番好きなことを何も考えずに我武者羅に実行した り、普段しないことをやってみたりです。

 定期的に自分の心を開放することは人には必要です。いつもいつも開放している様な人には必要ないでしょうが、特に真面目に考え過ぎる方には絶対に必要です。どんどん、考え過ぎて自分自身をがんじがらめにして、自分で自分を抑えつけてしまわぬようにです。

 ところで、情報過多の世の中ですから、一週間に一日、できなければ一か月に一日、PCや携帯、タブレットなど一切の電源を切り、一切外部と連絡を絶つことも自分を開放する手段になります。

 自分から落ち込まない様にして下さいね。必ず、皆さんにも満載喫水線があります。沈まないように、自分の心を冷静に見つめることも必要です。

 また、このブログに書いている色々なことを実行することで、満載喫水線を上に引き上げることができます。(出典)






Last updated  2017.08.30 19:38:32
コメント(0) | コメントを書く

 ついふとした瞬間に、マイナスのことが頭に浮かんだり、マイナスの出来事がいくつか重なった時、ひょっとして、あなたの心身にあるエネルギーはマイナスかも知れません。

 その時、これから更に、あなたに悪いことが起きるかも知れないと不安を覚えている時かも知れません。

 この様な時は、積極的にプラスになるための下腹部の運動等をして下さい。或いは、あなたがプラスになる趣味や勉強などを積極的に行なって下さい。その積み重ねであなた身体内にプラスを蓄積することができます。

 そして、プラスのエネルギーがある一定レベルを超えた時、あなたの心にはマイナスのことが浮かばなくなっていきます。

 また、一度プラスになったら、今度はマイナスにならない様に、いつもプラスと思えることを継続維持していただくことが、あなたをいつもプラスの状態に維持できるコツです。


・・・yahoo









Last updated  2012.02.21 16:37:51
コメント(0) | コメントを書く

マイナス思考になる原因に、夢も希望も持てないことがあります。
絶望的な状況でも、まだ確定されていない未来を絶望してはいけません。
あなたの未来が輝くかどうかは、これからあなたがどれだけ多くの夢や希望を持てるかにも関わっています。

夢や希望を持つことは、人間に与えられた特権です。現実的になるかどうかは別にしても、あなたが持つ気のエネルギーに影響を与えます。気のエネルギーはオーラに影響を与えます。

夢や希望を持ったあなたのオーラを通して、多かれ少なかれ、外界に働きがけが行われます。夢や希望を持っていない人に比べ、未来は大きく変わってきます。

だから、あなたは小さくてもより多くの夢や希望を持つべきなのです。


・・・yahoo









Last updated  2012.02.21 16:22:16
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:潜在意識(18)

潜在意識とマイナス思考・プラス思考との関連

 人の意識には、表面(顕在)意識と潜在意識(無意識)、更にその奥には、深層意識があります。学者によっては、潜在意識以下の意識を深層意識と呼ぶ場合もあります。

 表面(顕在)意識は、簡単に言うと、起きている状態の意識です。潜在意識は、表面(顕在)意識の下で絶えず働いている意識と言えます。24時間起きている時も、眠っている時も働き続けています。

 ここでは、潜在意識を中心に考察してみましょう。表面(顕在)意識は、人に起こった様々な出来事を考え、取捨選択を行いますが、潜在意識は、批判、判断機能をもたず、与えられたものをそのまま受け取り、そのまま蓄積していきます。


 また、潜在意識はまた現実と想像を区別することがなく、倫理時間空間の影響を受けることがありません。また睡眠中の夢、ひらめき、直感などを生み出します。

 あなたが考え行動したつもりでも、絶えず、潜在意識で蓄積された感情などの記憶を元に動かされています。あなたの思考は、潜在意識下にある感情に絶えず支配されています。

 マイナス思考の方は、潜在意識下により多く蓄積されたマイナスの感情の影響を大きく受けていることになります。いくら自分はプラス思考にならなければと考えながらもマイナス思考から抜け出ることができません。

 マイナス感情が生まれるのは、あなたのオーラの中にある記憶(前世からの記憶)に影響されています。そして、更には今世でのあなたが体験したマイナス感情の記憶の蓄積から生まれてきます。

 逆に、プラス思考の方はどうかと言うと、同じ様にマイナスの感情も潜在意識に蓄積していますが、できるだけ自分自身の中でマイナスの感情を拾わない様に、意識的か無意識的に選択して、ある意味言葉は悪いですが、都合よく解釈をしていきます。

 また、同じ現象が起きたとしても、プラス思考の方は、できるだけ、マイナスの感情を潜在意識に蓄積しない様に、無意識的に選択し、マイナスの影響を受けない様にする習慣を身につけています。

 そして、更に特筆すべきことは、プラス思考の方は、視点・考え方が違うと言うことです。それは、どんなマイナスの現象が起きても、大きなマイナスとして捉えない、時にはプラスに捉えることができる習慣を身につけていることです。

この点からマイナス思考の方は、どうしてマイナス思考をプラス思考に変えられないかが御理解いただけると思います。また、マイナスの感情は、誰にでも起こる感情ですが、敢えてマイナスの感情を選ばず、あなた自身の視点を変えて、プラスの感情を選択する習慣を持つ意義を感じていただければと思います。


・・・yahoo










Last updated  2012.02.21 12:22:56
コメント(0) | コメントを書く
先入観こそ悪!

 人間関係に於いて、先入観ほど厄介なものはありません。人間関係は、学校・職場だけではありません。ご近所付き合いも、親子関係も恋愛も、そして夫婦関係も全てが人間関係です。

 この人間関係に於いて、先入観も持ってお相手と接するならば、あなたはもうその方に対し、色眼鏡で見ているのと同じです。自然に適切に振る舞うことができなくなってしまいます。また、お相手に対するあなたからの影響も悪くしてしまいます。

 そして、人に先入観を持つことは、あなたの判断を誤らせるだけでなく、人間関係自体を壊してしまうことにも繋がるかも知れません。何の先入観にも囚われず、頭の中を真っ白にして人づきあいをするのが理想ですが、なかなかできないのが人間です。実際には違っていることでも思い込んでしまうことにより、あなたの心の中に住みつく毒の様なものです。

 どうしてその様にマイナスになるのでしょうか?・・・・・それは、その時に持つ先入観、つまりその人にマイナスのイメージを持つからです。

 人に対する先入観をもしプラスのイメージに変えたとしたら、あなたのその人に対する考え方が180度変わってきます。

 同じ先入観を持つとしても、あなたにとって都合の良い先入観を持つことができたとしたら、あなたはその人をプラスに見ることもできるし、そして、あなたとその人との人間関係も素晴らしい関係に変わっていきます。

 マイナス思考とプラス思考の違いは、「視点」が重要な要素だと以前にお話しましたが、先入観にも同じことが言えます。

 一例を持って説明しますが、職場にどうも苦手な人がいるとします。自分にとっても別の方にとっても苦手で、振り回される存在だとしたら、あなたならその人に対してどの様に考えますか?

 まず、どうしてその人が今の様な言動をするかを知る必要があります。自己中が原因である場合もあります。或いは、心の中に別の悩みがあるために、ストレスを多く抱えているからかも知れません。いつも言動の理由を分析することは重要です。つまり、苦手な言動をする=苦手な人と捉えることこそが先入観になり、判断を曇らせるのです。苦手な人はあくまで、苦手な言動をするだけの人と捉えることが重要なポイントです。

 そして、どの様な場面でも、自分の感情を振り回される様な捉え方をしてはいけません。あなたの感情とその人を完全に切り離して考える習慣を持つ必要があります。先入観を持たないために、今までの経験から「この人の言動は○○だから、○○な人だろう」と判断することを止めて、一度、真っ白な状態で、初対面の人に対する様に接していく必要があります。

 あなたの感情はあなた自身の問題です。怒ったり、悲しんだり、苦手と考えるのは、周りの誰かの原因ではありません。目の前の出来事や周りの人の言動はあくまできっかけに過ぎません。どの様に考えるかは、あなた自身の問題なのです。

 人により価値観が違います。どんなことにも、それぞれ人によって、捉え方が違います。自分の感情を乱す様な人がいても、その人によりあなたの感情が振り回されること程、勿体ないことはありません。以上の様に「価値観の眼鏡」を変えることは、大きなメリットをあなたに与えます。(出典)






Last updated  2017.07.06 15:22:37
コメント(0) | コメントを書く
2012.02.20
テーマ:プラス思考(16)

 自分でも沈み込んだなと思った時、ありますよね?!こう言うときは、あなたの運気が下がっています。ジタバタせずにじっと我慢を決め込んで下さい。

 運気が下がっている時に、あなたの気の絶対量が少なく、その意念がマイナスですから、もばけばもがく程、更に運気を下げることになります。

 こういう時は、黙って運気が上がるのを待つのみです。その時は、周りで何が起こっていても、マイナスの要因は一切受け入れてはいけません。

 今は、プラスになるのをただひたすら待つ。或は、私が提唱する方法で運気をひたすら上げようと努力する。それだけでも、マイナスの軽減に繋がります。

 更に、できるならあなた自身がプラスになると思うことだけをどんどん行って下さい。好きな趣味でも、映画鑑賞でも、カラオケでも何でも構いません。

 暫くの間、プラスのことを重ねて下さい。そのことにより、知らぬ間にマイナスの時期が過ぎます。そして、あなたが悩んでいたことが、自然に解決していることも多くなります。

 

※私のブログの中から具体的に運気を上げる技術も学んで下さいね。 (​出典​)


電話鑑定
 メール鑑定







Last updated  2018.09.11 00:07:37
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全62件 (62件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 >

Profile


サードアイ朱雀

Comments

サードアイ朱雀@ Re:カルマ除去(02/19) 他のブログでもメールをいただいています…

Calendar

Archives


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.