2604564 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

無題

PR

Category

カテゴリ未分類

(5611)

連続ドラマ

(0)

大河ドラマ『新選組!』

(0)

大河ドラマ『義経』

(0)

大河ドラマ『功名が辻』

(0)

大河ドラマ『風林火山』

(0)

大河ドラマ『篤姫』

(0)

大河ドラマ『天地人』

(0)

特別大河『坂の上の雲』

(0)

大河ドラマ『龍馬伝』

(0)

大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』

(0)

俳優・女優・タレント・スポーツ選手

(0)

日本史・歴史・時代劇

(0)

音楽・音楽番組

(0)

単発ドラマ

(0)

邦画(日本映画)

(0)

洋画(海外映画)

(0)

バラエティ・アニメ・その他のTV番組

(0)

TEAM NACS&OFFICE CUE

(0)

Recent Posts

Profile


やめたい人

Favorite Blog

連続テレビ小説『な… New! レベル999さん

使えない New! k-nanaさん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

あっという間に コッチネッラさん

昭和号 オイル交換 けんじPP1さん

ボーナスポイントキ… 楽天アフィリエイト事務局スタッフさん

一部Android端末でア… 楽天ブログスタッフさん

Calendar

Archives

2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12

Comments

str2000@ Re[1]:最悪…(10/14) ita_wind7さん 御心配をおかけしてすみま…
ita_wind7@ Re:最悪…(10/14) お体のほう、大丈夫でしょうか。 パニック…
str2000@ Re[1]:三十代最後の日(08/13) k-nanaさん ありがとうございます^^ nana…
k-nana@ Re:三十代最後の日(08/13) お誕生日おめでとうございます^^ こんな…
str2000@ 追記:文字数制限のため 精神的に行き詰ってる時って、 この手の自…
str2000@ おはようございます。 既に起きています。 ナチュラルハイで軽躁…
str2000@ 次の記事 既にUP済みです。
str2000@ Re:苛々極限その3|続・ペットの飼い主のマナー(07/27) つづきUP済みです。 もう止めたいけど、…
str2000@ Re:苛々極限その2|ペットの飼い主のマナー(07/27) 続きUPしました。 http://plaza.rakuten.c…
str2000@ 続きUP済みです。 追記してしまうと「最終更新日」の時刻が…

Rakuten Ranking

Keyword Search

▼キーワード検索

2005.12.06
XML
カテゴリ:連続ドラマ
最後の最後に。。


また泣いた。。

次回予告で、また泣いた。。

『1リットルの涙』 第9話 「今を生きる」


 ◆キャスト◆

池内亜也(15) … 沢尻エリカ

池内潮香(40) … 薬師丸ひろ子

麻生遥斗(15) … 錦戸亮
池内亜湖(13) … 成海璃子

麻生芳文(50) … 勝野 洋
池内弘樹(11) … 真田佑馬
池内理加(5)  … 三好杏依
杉浦まり(15) … 小出早織
河本祐二(17) … 松山ケンイチ
恩田耕平(15) … 水谷百輔
西野良三(30) … 佐藤重幸

水野 宏(33) … 藤木直人
池内瑞生(45) … 陣内孝則




 ◆スタッフ◆

原作  … 木藤亜也 『1リットルの涙

脚本  … 江頭美智留 大島里美 横田理恵

演出  … 村上正典 木下高男

音楽  … 上田益

主題歌 … K.『Only Human』

挿入歌 … レミオロメン 『粉雪



     →公式サイト




亜也、養護学校へ。
電動車椅子。「風が気持ちい!」と嬉しそうな亜也だが。。

そんなある日、自転車に乗る遙斗を亜也の父・瑞生が呼び止める。
そして池内家へ。「新作のおぼろ豆腐食わせてやろうと思って。」
そこで妹・理加の小学校入学祝い。
亜也にも母から携帯電話が送られた。


桜咲く4月、亜也は養護学校に転校した。
同じ病気の明日美との初対面。
明るい明日美に亜也は好感を持ったが、
その姿に病状が進んだときの自分を見ていた。


2ヵ月後。
母・潮香は病院へ。
その時に「正直、良いとはいえません」と水野から告げられる。
第2段階。。
「ご家族も見守ってあげてください。」

なるべく自分の足で歩きたいと車椅子を使わず授業に遅れる亜也。
「周りのペースに、どうやって合わせていくかも必要だと思わない。」
そんな先生の言葉もわかるが。。
一旦、車椅子に頼って、歩けなるのが怖かった。


待っていた遙斗からの電話。
水族館へのデートの誘い。
そのことを明日美に尋ねられた亜也は、嬉しそうに遙斗のことを話した。


亜也へ電話をする遙斗の声を聞いた麻生父。
父は「どれだけの覚悟があって、あのこと関わっているのか。」
と遙斗に問いかける。
現実を厳しく見つめた父の言葉は、遙斗の胸に突き刺さった。


デート当日。
明日美を紹介される遙斗。
同じ病気と聞いて、遙斗はドキリとした。

水族館。
魚に詳しい遙斗は、亜也の質問に的確に答えてくれる。
そしてイルカの声のことも。。
遙斗は亜也にイルカのストラップをプレゼントした。お揃いの。

楽しいひと時。
しかし道を尋ねられた亜也は、
初めて自分の言葉に違和感を覚えた。

伝わらない。。


帰り道。
バスに乗り遅れてしまう二人。タクシーも捕まらない。
そんなとき、突然の大雨が二人を濡らす。
家に向かう車の中、亜也は辛そうだった。
大慌てで迎えに出る亜也の両親。
母・潮香は、思わず遙斗に声を荒げた。

「さっきは大きい声だしちゃって悪かったわね。」
「足崩せよ~!」
そんな亜也の両親の言葉にも、遙斗はただ謝るだけだった。。

ひとりの帰り道。。
父の言葉が頭を巡っていた。

そこに亜也からの電話。
「麻生君とは住む世界が違っちゃったのかもしれないね。。」
遙斗は何も返すことが出来なかった。。



水野の診察。
その日から亜也の発声のリハビリが始まった。


図書館。
遙斗は受験勉強に励む亜湖を見つける。
亜也の代わりに東高を卒業するとがんばっている亜湖に、
遙斗は、ついに心を決めた。

走り出した遙斗。
行き先は亜也の元だった。


あの日以来、久しぶりに合う二人。
亜也は自分の苦悩を口にする。進んでいく病状のことを。。
それを最後まで聞いた遙斗は口を開いた。
「俺の今の気持ち、言っていいか?」


「ずっと先のことなんて、わかんない。
 けど、今の気持ちなら100%嘘がないって、自信持って言える。
 俺、お前が話すなら、どんなゆっくりでも、ちゃんと聴く。
 電話で話せないなら、こうやって直接会いにくる。

 俺、イルカじゃねぇし、お前もイルカじゃねぇし、
 お前が歩くなら、どんなにゆっくりでも、一緒に歩く。

 今は頼りにならないかもしれないけど、
 いつか、お前の役に立ちたい。
 昔みたいに行かなくても、そういう気持ちで繋がってるから、
 住む世界が別だなんて思わない。

 
 俺。。お前のこと。。好き。

 なの。

 好きなのかも。


 多分。  」



 「あり。。がと。」



────────────────────────
  朝の光

 この学校の玄関前に 壁が立っている
 その壁の上に 朝の光が白んで見える
 いつかは 見上げて そっと溜め息をついた壁だ
 この壁は私の障害
 泣こうが わめこうが 消えることはない


 けれど この日の当たる瞬間が この壁にもあったじゃないか
 だったら私にだって 

 見つけ出そう
 見つけに行こう


────────────────────────


遙斗は進路希望調査用紙に「常南大学医学部」と書き込んだ。



養護学校。
亜也の家族が揃って尋ねてきた。
すぐに知らせたいこと。
亜湖が東高に合格した!!

「亜也姉ぇの着てた制服で、代わりに東高卒業するからね。
 安心して。亜也姉ぇの夢、私が引き受けたから。」
  






終わった。。
まだ最終回ではないけれど。。
1回1回観終わったという感慨がある。


私は普段、なるべく鑑賞後早い(1時間以内の)更新を目指しているが、
このドラマに関しては、それでは気持ちが整理しきれない。


気になるキャストは。。



池内亜也(沢尻エリカ
 <フジテレビ ビジュアルクイーン・オブ・ザ・イヤー’02> 沢尻エリカ)
なんか今日は放送開始直前まで、別のことが詰まってて。。
若干冷静にドラマを見てしまいました。
その結果、「言葉が不自由になり始める難しい演技。。よく演じてるなぁ。。」
と、亜也ではなく女優・沢尻エリカに対する評価に。

ドラマの亜也については、感想を述べるのに自分のボキャブラリーが足らな過ぎるよ。。


麻生遥斗(錦戸亮)
今回のメインは遙斗の葛藤だったといって良いでしょう。
前に誰かが「普段の自然なしゃべりかたと ドラマでの自然な演技ってのは別物。」ってなことを言ってましたが、
ホント、力みがなくて自然体だよなぁ。。


池内潮香(薬師丸ひろ子)
気丈な母親を保ってるなぁ。。
やっぱり女の方が強いよ。。


池内亜湖(成海璃子)
さすが亜也の妹だなぁ。。(遙斗の台詞のパクリ。)
今日はドラマを観ながら色々考えすぎて泣けないかと思ってたんだけど。。
最後の合格の報告のシーンで、また亜湖に泣かされちゃったよ。。



池内瑞生(陣内孝則)
遙斗に対しての優しい言葉が良かったなぁ。。


及川明日美(大西明日美)
今回は、進んでいく亜也の病状の指標として描かれていたが、
進行が早い亜也は、いずれ彼女の病状を追い抜いてしまうんだろう。。

そう思って次回予告を見ていたら、胸が締め付けられた。。


水野宏(藤木直人)
「話すときに大切なのは、
 伝えたいってこちら側の気持ちと、受け取りたいって相手側の気持ちなんだ。
 伝えることをあきらめちゃいけない!
 聞く気持ちがある人には必ず伝わるから。」

いい言葉です。。
 




足を止めて 今を生きよう
いつか失ったとしても
あきらめた夢は 誰かにゆだねたっていいじゃないか



人は過去弐生きるものにあらず
今できることをやればいいのです





このドラマに対する私の心理状態は最高の状態にあるでしょう。
純粋にドラマを鑑賞する体制が整っている。

人間は自分の中のオリジナルに贔屓するから、
このドラマが終わって原作や映画版を手にしても、
このドラマのようには入り込めないかもしれない。

でも、私にとっての『1リットルの涙』のオリジナルが、
このドラマで良かったと思う。




 →採点表



→人気blogランキング






Last updated  2005.12.16 09:14:47
コメント(18) | コメントを書く
[連続ドラマ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.