2379110 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

無題

PR

Category

カテゴリ未分類

(5611)

連続ドラマ

(0)

大河ドラマ『新選組!』

(0)

大河ドラマ『義経』

(0)

大河ドラマ『功名が辻』

(0)

大河ドラマ『風林火山』

(0)

大河ドラマ『篤姫』

(0)

大河ドラマ『天地人』

(0)

特別大河『坂の上の雲』

(0)

大河ドラマ『龍馬伝』

(0)

大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』

(0)

俳優・女優・タレント・スポーツ選手

(0)

日本史・歴史・時代劇

(0)

音楽・音楽番組

(0)

単発ドラマ

(0)

邦画(日本映画)

(0)

洋画(海外映画)

(0)

バラエティ・アニメ・その他のTV番組

(0)

TEAM NACS&OFFICE CUE

(0)

Recent Posts

Rakuten Profile


str2000さん

キャッチフレーズは未入力です。

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
テレビドラマ  映画  J-POP  歴史人物  大河ドラマ  新選組 

Favorite Blog

ひよっこ 第76回 New! レベル999さん

NHK連続テレビ小説『… New! くう☆☆さん

送別会 New! k-nanaさん

6/30(金)に「ひよ… New! 楽天ブログスタッフさん

10万キロ けんじPP1さん

まっつぁん再び‼️ さとうくんですよさん

【アフィリエイトか… 楽天アフィリエイト事務局スタッフさん

Calendar

Archives

2017.06
2017.05
2017.04
2017.03
2017.02
2017.01
2016.12
2016.11
2016.10
2016.09

Comments

str2000@ Re[1]:最悪…(10/14) ita_wind7さん 御心配をおかけしてすみま…
ita_wind7@ Re:最悪…(10/14) お体のほう、大丈夫でしょうか。 パニック…
str2000@ Re[1]:三十代最後の日(08/13) k-nanaさん ありがとうございます^^ nana…
k-nana@ Re:三十代最後の日(08/13) お誕生日おめでとうございます^^ こんな…
str2000@ 追記:文字数制限のため 精神的に行き詰ってる時って、 この手の自…
str2000@ おはようございます。 既に起きています。 ナチュラルハイで軽躁…
str2000@ 次の記事 既にUP済みです。
str2000@ Re:苛々極限その3|続・ペットの飼い主のマナー(07/27) つづきUP済みです。 もう止めたいけど、…
str2000@ Re:苛々極限その2|ペットの飼い主のマナー(07/27) 続きUPしました。 http://plaza.rakuten.c…
str2000@ 続きUP済みです。 追記してしまうと「最終更新日」の時刻が…

Rakuten Ranking

Keyword Search

▼キーワード検索

2009.11.22
XML




元和元年(1615年)、秋。
米沢では治水工事や開墾のお陰で、
収穫高が増えていた。


景明は紅花作りを奨励しては? と。
若い家臣らをまとめる景明。

兼続、泉沢、甘糟らは年寄り衆扱い。。
景勝も、すっかり白髪まじり。


しかし、景明倒れる。
養生しかないと。。
お船と兼続は景明の枕元で。。

景明は「お話が。。」と口を開く。。
上杉を元の百万石にして父上を喜ばせたかったと。。
いつかは私も父上のような紅葉の家臣になろうと。。

「父上。。母上。。」

景明は息を引き取った。。

親に先立つ息子。。
にわかには受け入れられぬ兼続とお船。。
すべての子に先立たれた2人。。




兼続は景勝に報告。。

「惜しい息子を亡くしたの。。」

「残念。。至極にございます。。」


兼続が戻ると、お船は。。?

かよが兼続を呼ぶ。
「どうか奥方様を御労りくださいませ」と。。

お船は気が抜けたようにかまどの前に。。
景明の好物を。。

「お梅も、お松も逝ってしまった。。
 その上、景明まで。。」

「景明は、この世の勤めを果たしたのだ」という兼続の言葉にも、
「まだ何も果たしておりませぬ!」と。。
先立った我が子を。。

そして、お船も床につく。。


直江家には泉沢久秀、甘糟景継が。。
久秀も大坂の陣で息子を失っていた。



 元和二年(1516年)。
 駿府城。

 死の病に着いた家康。
 秀忠を呼び。。
 「政宗はまだか?」
 「兼続も呼べ」と。。
 蔵にある書物を全てやるといって呼び寄せろと。。

政宗は「死ぬと分かっているものは何をするかわからぬ。
 言葉には気をつけろ」と兼続に忠告する。。

いざ対面。。
兼続には直江状の話を持ち出し、
政宗には徳川に取り入りと。。

「お主ら2人には、この場で誓ってもらいたい。
 この後は、秀忠の指南役として、徳川に尽くすとな」

秀吉が家康にさせたことと同じことを、
死を前にした家康は。。


「得意の愛と義を伝授せい!」と。。
戦なき世には政の良き指針となろうからのぉ。。
しかし、兼続はお教えすることは出来ませぬと。。
志とは、お貸しできるものではございません。と。




 米沢では景勝がお船を見舞っていた。
 「たまには外に出ても良いのではないのか?」
 「馬に乗るのもよいのではないか?」
 景勝は、お船に元気を出してもらおうと、
 おどけてまで見えた。
 「そなたは変わらない。変わらず美しい」と。
 「そのような、お戯れは、もっと若い女子に御申しください」
 「いや、そなたが一番美しい」


家康と兼続は。。
「こうして差し向かうは、初めてかの?」
秀忠に疎まれていると家康。。
幼き頃より多くのものに裏切られてきた。
故に、わしも多くの者を裏切ってきたと。。

自らの人生を振り返り、兼続に問う家康。。
しかし秀忠の冷たい目は、わしに問う。。
父上の生涯は、一体何であったのかと。。

家康にも笑顔で兼続は。。


家康は兼続に、
「わしが果たせなんだ父の役目、そなたが果たしてやってくれ。。」
と手を突いて頼んだ。。




 桜の頃。。

 「秀忠、後は頼む。。」
 徳川家康は、この世を去った。
 享年75。


米沢城。
お船は江戸にいる景勝の嫡男・玉丸のお世話をと景勝に願い出る。
米沢にいては悲しみが積もるばかり。。
今一度、お家のためにと。


そして政宗と兼続は江戸城の秀忠に対面。
政宗と兼続は信長、秀吉、家康の話を。。
そして中にはの縁側で茶を。。

「伊達様は、遅れてきた天下人でございますな」と兼続。
だが、その時は我が上杉がお相手しておりましたと。。
そんなことを笑って話すようになった2人。。

「山城守様!」
そこに徳川の若い家臣が兼続に教えを請いにやってくる。
あっという間に部屋はいっぱいになった。

そこで兼続がしたのは。。

信長の話。

秀吉の話。

関ヶ原の戦いになったときに、
政宗が秀忠を連れて覗きに。。

関ヶ原随一の名将は。。
「なんといっても石田三成よ」と兼続。
一同からは怒号が上がるが。。
それを制して。。
「あの者ほど、この世を思い案じていたものを知らぬ」と。。

無二の友。。



元和四年。
兼続は私財を当時、米沢初の学問所を作った。
そして、「これをもって、政からは身を引く」と久秀に。。
桜井らも尋ねてくる。。


そこに初音が。
今生のお別れにと。。
南蛮船に乗せてもらうことになりましたと。


隠居を願い出たという兼続の元に、甘糟が怒りながらやってきた。
しかし、兼続は江戸に行ったと。。

そして玉丸に、
「しばしの間にございます。どうかお船をお貸しくださいませ」と願い出た。
兼続は、お船を誘って越後へと。

母の墓参りをし。。
ようようと山を登り。。
2人で越後を一望。。

そして。。
「直江の家は、我らで終いじゃ。許してくれるか」と笑顔で。


米沢に帰った兼続は、直江家断絶を景勝に。。
笑っている兼続、お船に、何も言えぬ景勝。。

「あれが成人するまでは、われも、まだ楽は出来ぬ」と景勝。

そして景勝と兼続は。。
景勝は密かに春日山の庵に似ているところを探し、
ここに謙信公を祀ろうと。。


景勝と兼続。。
「お陰様で、ひと時も退屈するときのない一生にございました」


元和五年。
兼続60歳。
紅葉。。


「ひとつ、お側に参らせましょう」と、
舞い落ちる紅葉をお船が捕らえ、振り返ると。。

兼続は。。



2009年大河ドラマ 『天地人』 最終回(第47回) 「愛を掲げよ」 




 ◆キャスト◆

直江兼続 … 妻夫木聡


上杉景勝 … 北村一輝


竹松 … 加藤清史郎

長尾喜平次 … 溝口琢矢


お船の方 … 常盤貴子

かよ  … あき竹城


初音 … 長澤まさみ



泉沢久秀 … 東幹久


甘糟景継 … パパイヤ鈴木



石田三成  … 小栗旬






伊達政宗 … 松田龍平


北条氏政 … 伊吹吾郎



徳川秀忠 … 中川晃教


徳川家康 … 松方弘樹






織田信長 … 吉川晃司

羽柴秀吉 … 笹野高史







 ◆スタッフ◆

原作  … 火坂雅志『天地人』

脚本  … 小松江里子

チーフ・プロデュサー … 内藤愼介


        →公式サイト(NHK)





常に笑みを湛えながら語る直江兼続。。


全ての人間の心を穏やかにする
「愛」に満ちた人物・直江兼続。
たとえ相手が3人の天下人であっても。。
友・石田三成であっても。。


それを描きたかったんだな。。


あとは、お船と2人、歩んできた兼続。。

最近、夫婦愛を描くことの意味が、
なんとなくわかる様になってきた。。
三十代半ばにして、やっと。。



そして、唯一無二の景勝、兼続主従。。



それぞれを、すべて振り返ったなと。。





この期に及んで多くを語ることもなし。。
大河ドラマの最終回というのは、
<完> という印に過ぎないですからね。。

一年間、描いてきたものを主人公と一緒に振り返るのが最終回。。

これまで大河ドラマの最終回に、
多くを望み、裏切られてきましたが。。

そういうもんですからね。。
やっと悟ったかな。。

そんな大河ドラマの最終回としては、
しっかりとした最終回でした。



次は『坂の上の雲』。
来年は『龍馬伝』。。







楽天広場テーマ『龍馬伝』




→人気blogランキング







Last updated  2009.11.22 21:14:07
コメント(0) | コメントを書く
[大河ドラマ『天地人』] カテゴリの最新記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.