1271258 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

城めぐり

城めぐり

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール

歴城19

歴城19

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

とんきち@ Re:神奈川県三浦郡葉山町の相模湾に突き出した丘の上にあった鐙摺城(07/09) 鐙摺城の地図上の位置が違うのではないで…
のびたか@ Re:茨城県つくば市谷田部の矢田部小学校の前に陣屋の門がのこる矢田部城(12/25) 矢田川ではなく、谷田川! 矢田部ってなん…
mkhaya@ Re:現在の真土神社付近にあったとされる杉浦氏の真土城(11/05) こんにちは。初めまして。 遺構は湘南新道…

フリーページ

ニューストピックス

2022.06.25
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

この城跡には、何度も足を運びました。城を見学することは勿論ですが、城跡から見る富士山が最高だからです。富士山がよく見えるのは、寒い時期で、寒風が強い冬の日に行ったこともあります。城の遺跡としても広範囲に構築されたものを見ることが出来ます。後北条氏が武田氏や秀吉の軍を食い止めるために普請したのでしょうが、思い通りに機能しなかったようです。近くには、万葉公園付近に砦や矢倉岳の先に浜居場城などあります。
<地図>
駿河国と相模国の国境に位置する、金太郎伝説でも有名な足柄峠。現在は、静岡県側からも神奈川県側からも車道が通っており、標高は759mだが車さえあれば誰でも気軽に訪れることができる。峠付近は公園となっており、富士山の絶景が楽しめることで知られているが、まさにそこが足柄城跡である。足柄峠は、群馬県と長野県の県境に位置する碓氷峠とともに坂東への関門として古代以来有名で、古東海道
(足柄古道)が通る交通の要衝である。矢倉沢方面から車道を上って行くと尾根近くの万葉公園をすぎ関所跡をすぎると、竹之下へ下りる道と金時山に登る道の分岐点が峠で、そこから階段を登ると足柄峠の主郭に至る。大きな石碑の奥に富士山を見ることができる。
<遺構>
中心部は①~⑤までの曲輪群で、よく「五連郭」と称される。主郭①は、高所であるが北辺に「お玉ヶ池」と呼ばれる井戸を持ち、現在もわずかながら湛水している。また、中央部に低い石塁跡のような遺構があり、さらに細かく区画されていた可能性があるが、曲輪内の削平は全体的にやや甘い。②に向けては、高さがないが厚い土塁を設けている。だが、この土塁以外、当城には顕著な土塁があまり見られない。②は①より若干低く、幅20mの堀で隔てられている。この堀の両端は土橋のようになっていて、現状では道が通っているので判然としないが、本来は堀障子だった可能性がある。①と②との連絡経路も不明である。②は①以上に削平が甘い。②から北東方向へ伸びる 尾根の先にあるAは クラヤシキ」と呼ばれる。③か②と幅約15mほどの堀切で隔てられる。この堀は、発掘調査で見つかった竪堀に接続するようだ。③は①や②と違い曲輪のエッジは比較的明確であり、平面型は方形をなす。②に附属する角馬出と見て良い。北西面には石積みの痕跡をわずかに残す。④との間の堀幅は20mを超えるが、これまでと違って土橋で接続する。接続した先のBは、比較的まとまった面積を持つ。③とBで重ね馬出を形作っていたかもしれない。Bの南西下には、塹壕状ほ堡塁Cを設ける。さらに、県道を挟んだ尾根Dは「マタイノダイ」と称される。④は、主郭に匹敵する面積を持つ広大な曲輪である。⑤との堀幅は最大30mに達する長大なもので、最末期の後北条氏系城郭の特徴とされる強力な遮断線を構築している。この④と⑤を結ぶ導線には、注目すべき遺構が存在する。枡形虎口はEと、それに続く堡塁Fである。④とF、Fと⑤は高低差があるものの、土橋で連結される。Fは④に附属する馬出と思われる。つまり②と④、④と⑤は、それぞれ馬出③、馬出Fによって連結されているのである。⑤は、④と同じく駿河側に長大な堀を築き、堀幅は一部30mを超える。長さは④との間の空堀をさらに上回り、全長120mにもなる。④と⑤をもって、敵をなんとしても食い止めようとする築城者の強烈な意思を感じる雄大な遺構である。⑥は古道の跡と伝わる。
南西の城外側に、当城としては珍しく長大で規模の大きい土塁を持つが、外側斜面は切岸としては緩く、⑥の構築に伴い削り残されたようにも見えて、土塁であるかどうかの判断が難しい。古道の防禦や城外側からの遮断を目的とした可能性もあるが、後世の街道拡幅による結果なのこも知れない。また、Gには導線を竪土塁で守った枡形虎口が見られる。周辺には、さらに寺庭遺構H、猪鼻口遺構、山の神曲輪I、明神山曲輪Jなど、広範囲に遺構が広がっている。以上のように、駿河側に向けて執拗に堀を切る、極めて指向性の強い縄張りを持つ。この極端な指向性は、主郭①でさえ②の方向、つまり駿河側にしか明確な土塁が存在しない点からも指摘できよう。
<歴史>
足柄城がいつ築かれたのかは不明だが、戦国時代になってからと思われる。北条氏以前、大森氏の時代に築かれた可能性も捨てきれないが、足柄城が初めて文献史料に登場するのは、永禄12年(1569)2月である。前年末に北条・今川・武田の三国同盟が崩壊したことを受けて、武田信玄が駿河国駿東郡(現往の御殿場市や沼津市周辺)に侵攻したため、北条氏はその対策に追われていた。そこで北条氏は、「御国之御大事」として小田原の石切職人を足柄峠に派遣し、家臣と相談して小屋を懸けて在番せよと命じている。おそらく、この時に本格的な築城が始まったものと思われる。つまり、直接的には対武田氏を目的として築城されたのが足柄城だと考えられるのである。その後、北条方の対武田氏拠点であった駿東郡の深沢城(静岡県御殿場市)が武田氏に奪われると、足柄城の重要性はますます高まり、元亀2年(1571)3月には河村城(神奈川県山北町)とともに普請が行なわれている。また、天正7年(1579)8月にも武田氏対策として修築が加えられていることが確認されている。天正10年(1582)3月、織田信長により武田氏が滅亡すると、駿河は徳川家康の領国となる。武田氏滅亡は北条氏にとっても大きな脅威となり、北条氏はそれに対応して「足柄当番之事」という「城掟」を出して徳川氏との「境目」に位置する足柄城の統制を強化している(後述)。その後も対豊臣戦を想定して修築が加えられ続けていたようで、天正18年(1590)の小田原合戦時には北条氏光が在城していた。この時、足柄城は伊豆山中城(静岡県三島市)などとともに小田原城を守る防衛線の一つとして機能することを期待されていたが、圧倒的な豊臣軍の攻勢の前に抵抗することなく開城したようである。その後のようすはわかっていないが、おそらく役割を終え、ほどなく廃城となったのだろう。
<関連武将>後北条氏</関連武将>
<出典>関東の名城を歩く、中世神奈川城郭図鑑(西股総生)</出典>






最終更新日  2022.06.25 06:02:48
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.