115528 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

生きることを楽しむ

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


yuu_au

Category

Favorite Blog

伝説のキャプテンが… ツイてるファシリテーターさん
一休み庵通信 一休み庵のけこさん
気づきのセッション… あゆーらさん
花の命はけっこう長い kanana1717さん
ナチュラルが好き♪ neroli♪さん
Rosegarden in Vienna ☆Rosegardenさん
大人の女にできるこ… ししりあの女将さん
らぶらぶゆりすの … らぶらぶゆりすさん
La vie @ Sydney PetiteTiareさん
ドタバタ珍道中@し… caramelatteさん

Comments

yuu_au@ Re[1]:もっと キネシオロジー(11/11) オパールブリスさん こちらこそ、お久し…
オパールブリス@ Re:もっと キネシオロジー(11/11) ご無沙汰しています♪ 自分の本音←ホン…
PkfaXZuYrJaoyK@ Re:ヒーリング体験会&説明会 in Sydney(08/28) Hi there, <small> <a href="http://www…
yuu_au@ Re[1]:光の存在であるということ(11/18) chatswoodbbさん 2009年には、新たな光が…
chatswoodbb@ Re:光の存在であるということ(11/18) 私も輝けるような存在になるべく精進いた…

Freepage List

Headline News

2008.02.15
XML
カテゴリ:つれづれ
デンマーク在住のレイキマスターから、禅の話が送られてきた。

I must quit keeping looking at my Master's finger pointing at the moon
-instead much more looking out for the moon on my own.


探してみると、こんな絵が出てきた。

≪悟道の月≫は、七福神の一人の布袋和尚の姿。彼は、中国唐代に実在した山僧。月を指さす布袋は、「指でなく月を見よ。指は枝葉末節、月は大局」と説いている。
と、一覧ページには解説されている。

ウィキペディアには、禅の解説として、以下のような解説が。

言葉や文字によらず、直に本性を指し示すこと。教宗にはない禅宗の特徴とされる。例えば、月とはこういうものだと口で言って説明するのではなく、黙って月を指さすようなものである。ところが、その指を見ても何のことかわからずに、指の長短や肌の濃淡を論じるような者のために教宗があるとする。

最初の文をそのまま解釈すると・・・

月を指さす師の指を見続けることをやめ、
自分自身にとっての月を見つけよ。


という感じだろうか?

指は枝葉末節、月は大局。
もその通りだし、
月を指さしている"指について"語るは、物事の本質を見逃しているとも言える。

でも、私は、

師の後ろ姿ばかりを追うのではなく、
あるいは、師にばかり頼るのではなく、

師が見ている月を見よ。
あるいは、自分自身にとっての月をみつけよ。


と理解した。
つまり、『自分にとっての本質をつかめ』と。


日本人は、"師を真似る"事を求められ、それを良しとする。
まずは、師を真似よと。
最初から"オリジナリティ"や、"自分の個性"を主張することは、基本的に許さない。
師弟制度がまさにこれ。
そして、しっかりと師を真似た人間を、しかし、師を超えない人間を"後継者"とする。
師の流れを汲まない物は、後継者にはなれない。

これを繰り返してゆく良さは、物事を形を変えずにそのまま伝えることができること。
しかし、ここから、新しい物は生まれない。し、そうなれば、やはり血を分けた人間が、一番近くなる可能性は高い。これが、世襲制。

なので、日本人は、ひたすら真似てきた。
師、先生と同じような人間になるように、無意識のうちに努力するように育てられてきている。

学ぶ=真似る

習・破・離


しかし、多くの場合は、習がなかなか基準に達したと認められず、破にたどり着けない。
ましてや離までなど・・・

この方式を破ったのが、「吉本タレント養成所」
それまで、吉本のタレントは、必ず師匠につき、師匠の芸を学び、ぬすんできた。
が、養成所が出来てから、師匠の居ないタレントが誕生した。
いきなり、オリジナル。
"ダウンタウン"は、その走りかと。

一方で、西洋人は、何かを学んだら、それを自分の中の一部として取り入れ、それまでに学んだことや、自分の洞察を加えて、"自分なりのオリジナル"として、世に出す。
師の所に通い詰めて、一挙手一投足真似ようという人は、比較的少ないように、感じる。


話がずいぶん遠くまで来てしまった。


つくづく感じることは、日本人は本能的に、つい師匠の背中を追ってしまうし、
師もまた、弟子は付いてくるものだと思いがちである。

が、師の目指す月と、自分が目指す月は、必ずしも、あるいは、全く同じとは限らない。
師の背中ばかり見るのではなく、
師を通して、月を見るのではなく、
師の指さす月の本質を掴んだ上で、
自分自身にとっての月をしっかりと見極める事が大切だ。

そして、師は、後ろからぞろぞろと弟子がついてこないことを、
むしろ喜ぶべきなのだ。


禅の話だったが・・・
久しぶりに、お気に入りの




でも読もうか。
を、漫画も出ている・・・







Last updated  2008.02.15 22:52:51
コメント(2) | コメントを書く
[つれづれ] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:本質をとらえる(02/15)   chatswoodbb さん
師の背中ばかり見るのではなく、
師を通して、月を見るのではなく、
師の指さす月の本質を掴んだ上で、
自分自身にとっての月をしっかりと見極める事が大切だ。

いいお言葉をいただきました。 自分にとっての本質がなんであるかを自問してみます。 (2008.03.02 09:55:40)

Re[1]:本質をとらえる(02/15)   yuu_au さん
>いいお言葉をいただきました。 自分にとっての本質がなんであるかを自問してみます。

これが一番難しいのですが・・・
楽しんでください~ (2008.03.03 09:03:42)


© Rakuten Group, Inc.