2006.04.24

猫との対話

(3)
カテゴリ:つれづれ
今朝のこと。

chibi0604

いつものようにチビがご飯(といっても間食)をおねだりするので、
「食べて寝てばっかりいたら太るよ~。
身体が重くなって、昔みたいに走り回ったり、かっこよく木に登ったりできなくなるよ~」
と、冗談半分に言いながら、間食用のご飯をあげていた。

その後、自分たちの朝食を用意していると・・・
ちびが、家の中で行ったり来たり"ダッシュ!"している。
「これ見ろ」といわんばかりに・・・
最近、そういう姿がなくなってきたなぁと思っていたのに。

私たちが食事を始めると、庭に出たチビは、ダイニングの目の前にある、いつもの木に登り始めた。
これまた「これ見ろ」といわんばかり・・・

あっけに取られていると、スルスルと降りてきて、ダイニングをトントンと、
これまたいかにも"身軽"を強調したような歩き方で、目の前を横切ってゆく。

チビの木登りなんて本当に長い間見ていなかったし、この頃は私のベッドルームで、食事の時以外、昼も夜も寝ていたくせに・・・
歩くのだって、昔なら呼べば走ってきていたのに、
最近は「しょうがないなぁ」といわんばかりに、のっそのっそと歩いていたくせに・・・

そして仕上げにチビは、私たちの視線をしっかりと感じながら、静かにご飯の場所へ歩いて行った。「ご褒美頂戴!」
私には、そう聞こえた。

君には参りました。





TWITTER

Last updated  2006.04.26 16:01:53
コメント(3) | コメントを書く
[つれづれ] カテゴリの最新記事