2006.08.15

スリーインワン 創始者 逝く

(2)
カテゴリ:キネシオロジー
キネシオロジーの中でも、感情に深くアプローチする"スリーインワン"をいうワークの創設者の一人、"ゴードン ストークス"氏が、アメリカ時間8月13日朝、亡くなられたそうです。

ここ数年、創設者であるゴードンとダニエルは、世界ツアーを別々に行うのではなく、二人一緒に行き、一緒にクラスを教える・・という方法をとっていました。
毎年暮の彼らの来日、今年は「ダニエルの体調が良くないから・・」ということで、キャンセルされたと聞いていました。
そう、ダニエルのことを心配していたのです。

なのに・・・

ゴードンが先に逝ってしまうなんて・・・
あまりにも、急で、
あまりにも、早すぎです。

スリーインワン本部は、70歳を超えた二人がいなくても、"スリーインワン コンセプツ"が周ってゆく仕組みを、これから数年かけて作り上げようとしていました。
その、ほんの矢先です。


何の解説も無いデモを見ただけで「これだ!」と直感して学び始めたスリーインワン。
学べば学ぶほど、面白くなり、他のどんなモダリティー(手法)を知っても、私の中では「スリーインワンが一番」「スリーインワンで十分」でした。
これだけのものをまとめ上げた、ゴードン、ダニエル、そして、今年4月に亡くなったキャンディス。
本当にありがとう。
あらためて、感謝したいと思います。

長年のパートナーであった、ダニエルにも、体を大切にして欲しいと願います。

もう、二人のクラスを直接受けることは出来なくなりましたが、スリーインワンを伝えてゆくことの出来るインストラクターの一人として、これからも自己鍛錬しながら、一人でも多くの人に伝えてゆくことが出来ればと思います。

ゴードンには、きっと次に、もっと高い次元からやらなくてはいけないことがあったのでしょう。
ありがとう、お疲れ様でした。
そして、これからもよろしく。





TWITTER

Last updated  2006.08.15 16:03:27
コメント(2) | コメントを書く