156837 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

レモンのきもち

(2)アメリカ到着

もうすぐサンフランシスコだ・・・・。

tv


そこで国内線に乗り換え。
空港に降りても日本人らしき人はぜんぜんいなくて、
ロビーのようなところに行くと、たくさん人がいて、まわりがみ~んな映画俳優に見えてきた。 ウキウキ
映画の最初のシーンで、撮影カメラがゆっくり登場人物をうしろから追いかけていて、先の人々が次々にこっちを振り返るみたいなアングル・・・。わかる~??

ヾ(≧∇≦)ノ"ひゃあ~ここはアメリカだわ~!

今回の旅で、私は絶対、落ち着いてアメリカにいる自分を実感しようと心がけていたので、その時は、意識してしっかり足を踏みしめて周りを見回していた。
この足は私の足。この手は私の手で、このカバンをもってこの靴はいて、私はサンフランシスコ空港の中を今歩いている・・・ということをいちいち考えるのだ。

顔はゆるみっぱなし、うひゃうひゃうひゃ・・・ヘ( ̄ー ̄ヘ)))。。。
そして心の中は、ハリウッドスターのようにキラキラキラ・・・***ヾ(≧∇≦)ノ"***

さて、そうそう、電話をかけよう。
マイク(3件目)にはアメリカに着いてから電話すると言っていたので、さっそく電話することにした。((((o゚▽゚)o))) ドキドキ♪

ルルルルルル・・・Mike「Hello?・・・」
       (。・_・。)わたし「(あ、もしかしてマイクの声・・)Hello!! This is リトルモア~、***ヾ(≧∇≦)ノ"***きゃあぁあっ♪~~」
         Mike「Oh! なんたらかんたら・・・・」


というわけで無事に話ができたC=(^◇^ ; ホッ!

さ~、いよいよ国内線でフィラデルフィアまでぶっ飛びます。

隣の席に50歳くらいの外国人の男性が乗った。
珍しい日本人女性がひとりで心細そうに乗っていたからか、話しかけてきた。

男「日本から?今日は何しに行くんだい?」(みたいなことだと思うけど。。。もちろん生の英語だい!)
私「そうです、日本からです。それで、フィラデルフィアの友達に会いに行きます。」
男「へぇ~、日本からは何時間かかったの?」
私「約9時間かかりました。とても長くて疲れました。」
男「そう~、それは大変だったね。」か何かそんなことを言われたと思う(^^;)

わたしも「どこへ行くんだ」とか「どこから来たんだ」とかいろいろ質問したりして、しばしの間、英会話をしていた。
周りがぜ~んぶ外国人だと思うと、度胸が付くもんだ。
なぜかというと、私は日本人なんだから、少々英語下手でも仕方ないのさ、みたいな気持ちになっていたのかも。
気持ちは日本と大違いだ(^^;)

しばらくして、スチュワーデスさんがジュースを配っていた。
食事の時にまた飲めるし、それほどのどがかわいてなかったのだけどちょっと欲しいな~って思って、

「Orange juce please, but a little.」と言って、人差し指と親指で「ちょっと」という合図をした。
「うん、わかったわ」ってウインクまでしてくれたはずだったのに、来たジュースは
どっか~ん! でっかい缶ジュース

ε=Σ( ̄ )ハァー ま、い~んですけど、なんで通じなかったんだろうって思った(T-T)

それで友達にあとで聞いたら、アメリカでは「少しでいい」なんて注文する人はまずいないらしいのだ。よ~は、みんな大きいほうがいいらしい。
納得・・・( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

それからまもなく食事が出た。

meal


食事は毎回楽しみ。主食のパンかごはんを期待していたのだけど、おかずの他はビスケットみたいなお菓子だった。(さすがにごはんは無いか~)
なんだかボソボソして食べられなくてカバンに入れておいた。(あとでフィラデルフィアに着いてから子供たちにあげちゃった。)

サンフランシスコからフィラデルフィアまで、アメリカ横断
たぶんロッキー山脈じゃないかな~っていう雪山も見えた。
それに、いかにもアメリカ~というどこまでも続く大地。
その中にどこまでも続く一本の細い道がず~~~~~っとず~~~っとどこまでも・・・。

広~~~~~~い ひろ~~~~~い 農場。
まるで、西部劇の上を飛んでいるようだ(^^;;

きれいに区画された 農場。
丸くきれいに草がカットされていて、宇宙人ってこういうのを見てるんだな~という気持ちになった。(意味不明)

私は飽きずにず~~っと窓に(。・_・。)顔をくっつけて眼下をのぞきこんでいた。

いつの間にか外はもう夜になっていた。
日本の家を出てほぼ丸一日が経過しようとしていた。地球のほぼ半分は来たのかな~・・・しみじみ。

地上に近づくと、家々の伝統がとてもきれいで、宝石箱みたいだった。そして、ようやくフィラデルフィア空港に到着!
ピーターパンが星の光とともにヒラリと地上に着陸~みたいな気分だよ。

フィラデルフィア


スーツケースを拾い上げてワクワクしていると、下ふたりの男の子(マイクとボビー)といっしょにTomが自動ドアからやってきた。
きゃ~~!!写真のとおりの家族だ~~!!

感動、感動、感動・・・!! (T-T) ウルウル

よろしくおねがいしま~~~す!! ワクワク・・・

空港の駐車場に止めていた車に乗りこんだ。Tomの車は日本車、ホンダのオデッセー。ひぇ~自動ドアだ(ノ゚゚)ノ

それにアメリカ人ってほんとにフレンドリー!

駐車場を出る時の会話。
駐車場のおじちゃんに、Tomが言った。

「やあ、どうだい?!」

「お~、元気でやってるよ。みんなでお出かけかい。気をつけてな。」

「あ~、ありがとう。じゃあ、またな。」

みたいな会話をしていた。
きっとお互い知らない者同士だと思うのに、えらく親しげだった。
後に美術館の警備員さんとも同じような会話したりして、今後もフレンドリーなアメリカ人を各所で感じることになる。

私は車の中で子供たちとおしゃべりしたり、街の景色を見たり・・・、Tomは景色の説明をいろいろ詳しくしてくれて、そのたびに私はいちいち感動していた。
たぶん日本語で「へぇ~」の連発だったと思う。
あ~、とうとう来てしまったのね^^

(つづく)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.