1027395 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Wing of Future~未来(あす)への翼~楽天Ver.

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


武神 惇

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

深藍@ お礼 おかげさまで署名数が100件に近づいていま…
深藍@ 居るみたいですね。。。 MHFの場合、裏ワザ、もバグの悪用として捉…
カートゥス@ Re:福井の高校生、不正アクセス禁止法で逮捕/稼いだ総額は3600万円 高校生にもなって犯罪行為をしているかも…
こいわい@Bal@ コメント、トラックバックの確認について こいわい@Bal鯖です。 頻繁な更新お疲れ…
カートゥス@ Re:1/20、リネ2カインサーバにて、不正利用者反対デモ行進 今リネージュ2はアイテム課金(ハイブリッ…

Archives

2021.07
2021.06
2021.05
2021.04
2021.03
2021.02
2021.01
2020.12
2020.11
2020.10

Freepage List

2017.07.07
XML
カテゴリ:ゲーム(考察)
チート編の次にどれを扱うか思案していた管理人です。
流れ的には次はアレかな?と脳内思考しつつ本題へ。

先ずはチートコードに関する表記について。
関連書籍等でのチートコードの説明では、初心者や子供が警戒しがちな「改造」「チート」と言う
直接的な表現を避け、「秘技コード」等の名称を使用している模様。

そして、チート/改造ツール全般に言える事だが、「ハードメーカー/ソフトメーカー共に非公認」。

ハードメーカー側もソフトメーカーも対策はしているものの、「完全なチート対策」は存在しない為、
常にいたちごっごになっているのが実状。

ただし、特殊な例として開発元が裏技として改造と等価の機能を搭載するパターンも存在する。

少し前に話題になったサガフロンティアの41連携に関しては、開発元が用意したチートモードを
利用した技なのだが…正直、コレに関しては「運営側が用意し、容認した」と言う特殊な事例。

…話が脱線したが、オフラインゲーム下でもチート利用が問題視されている理由としては、
設定された難易度以外の難易度の変更に加えて、制作者が意図していない状況を作り出すが可能な点。
また、正規の入手法が限定されているデータの不正入手もコレに含まれる。

これらに関しては、オフラインゲーム中期までは「閉鎖空間内の為、外部への影響は微弱」と
考えられていたが、他者との通信プレイが可能になってからは状況が変化し始める事になる。

この続きは明日の更新で書くが…ポケモン等の通信プレイを事例に挙げて紹介して行く予定。






Last updated  2017.07.07 15:03:11



© Rakuten Group, Inc.