000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

がん・語り合い!

PR

全327件 (327件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 33 >

カテゴリ未分類

2006/10/12
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
明日・10月13日午後から入院です。

治療内容!
腹水を抜いて抗癌剤を入れ腹水の改善を図る。
勿論、体力の補強も行います。

腹水が改善すれば退院して通院治療が可能となる。
入院の目処は二週間くらいです。
但し、体調が改善しなければ延長されます。

入院中は書き込みができないので友人かギバちゃん経由で書き込んでもらうようにします。
それでは点検・修理して元気に帰ってくるまでしばしのお別れです。






最終更新日  2006/10/12 04:20:27 PM
コメント(82) | コメントを書く


2006/10/05
カテゴリ:カテゴリ未分類

◆通院日・・今日は主治医と率直な話し合いをしてきた。


今日はお腹が張っているので点滴を受ける自信がない(点滴後は腹水が急に増えるのでそれに耐えられる自信がないとの心配)。
この二週間で三回の嘔吐があったりしたので抗がん剤(TS-1)も4日間飲んだだけで中止した。それに私が独自に補ってきた漢方薬などは受け付けなくなったので一切中止していること。
体力が落ちで背中の痛みで深夜目覚めるようになった。食事の量も減ってきているので栄養剤の点滴など必要な治療が在れば受けたい。
この場に及んでは必要以上に身体を痛めつけるような無理な治療は受けたくないこと。
現在の治療に期待が持てなければ緩和治療へ移行する事も納得済みであること・・・等など。

これに対して主治医からは
10年間の中でその様な意見は初めて聞いた。効果がない治療を押し付ける意思はない。ダメな時は有りのままを申し上げる。
但し、もう少し抗癌剤治療を試して見る必要はある。そこで、今日の点滴は中止してもう一週間様子を見よう。その上でできれば入院して新たな抗癌剤(タキソテール)(TS-1)の併用治療を検討したい。
栄養剤の補給は食事ができなくなればその様な治療に入る。今回は食欲が増す薬を処方するので試して欲しい。
痛みに対しては麻薬系の薬(オキシコンチン)を出します。

少しびっくりするような報告ですが、率直に申してこれが現実です。尚、主治医とは緩和治療についてもっと具体的に話し合ったのですが刺激が強すぎるので省略します(笑)。

という訳で、今後は入院しての抗がん剤治療などへ移行する予定です。そして、これが私にとっては最後の期待となりそうです。
但し、今の私には悲壮感は在りません。現在も「今を元気で生きる!」・・この精神に変わりはないので皆さんも普段着で良いからよろしくで~す。







最終更新日  2006/10/05 01:17:36 PM
コメント(0) | コメントを書く
2006/10/04
カテゴリ:カテゴリ未分類
お早うございます。
昨夜は背中が痛くて睡眠不足です。痩せて背骨に負担がかかったり早寝しているから負担がかかっていることもあるでしょう。今夜はロキソニンを二錠で試してみる。
腹水は何とか利尿剤でごまかせています。が、下腹が良く張るようになってきた。
それよりも食事が減って体力が落ちていることが心配です。

明日は通院日です。
今後のことについてあれこれ相談してきます。






最終更新日  2006/10/04 09:05:24 AM
コメント(2) | コメントを書く
2006/09/29
カテゴリ:カテゴリ未分類

◆エキスだけを飲み込む!

体調は日替わり、週変わりで良かったり悪かったりで一喜一憂ですね。
但し、はっきりしているのは体力が少しずつ低下していることです。
腹水は先日の嘔吐以来、尿の出が少し良くなっている。
食事は硬い物が無理なので軟らかく消化がいいものを選んで食べている。
そして、最近では飲み込んで不安がある食材は、噛んでエキスだけ飲み込んで残りは吐き出すようにしている。
例えばゴボウなどは噛んでエキスだけを飲み込んで繊維質部分は吐き出し要領です。
この方法だと結構色んな食材を楽しめます。栄養補給にも役立ちます。
皆さんも試してみて下さい。







最終更新日  2006/09/29 09:51:52 AM
コメント(2) | コメントを書く
2006/09/26
カテゴリ:カテゴリ未分類

◆報告


体調が良かったので久しぶりに日曜日の朝から普通の固さのご飯を炊いて食べていた。ところがそれが良くなかったみたいです。
昨日はこれも久しぶりに弁当を持参した。ところが昼食後に(例の腸閉塞もどき)で急に苦しくなった。
急ぎ自宅に帰ってお腹の詰まりを回復させることができたもののお腹が張って最高に気分悪化・・・(毎朝便はあるが量が少なかった)

息苦しさが治まらないので5時過ぎに退社。ところが帰り道でとうとう大量の嘔吐、念のためにビニール袋を用意していたので助かったが人通りの多いところだったので無様な姿を堂々とご披露し散々でした。
しかし、おかげ様でお腹の中はスッキリした。
夕食は食べられずに就寝、今朝はトマト一個、豆乳、玉子二個のスクランブル、パン一個を何とか食べれた。
腹水は嘔吐で減ったので久しぶりにゆとりがあります。しばらくはこの状態が続くはずです。

でも本人は至って元気なのでご心配なく!







最終更新日  2006/09/26 01:45:21 PM
コメント(0) | コメントを書く
2006/09/21
カテゴリ:カテゴリ未分類
■今日は抗がん剤点滴の通院日でした・・!

腫瘍マーカーは少し上っていました。
9月14日と今回21日における採血検査の主な結果です。
CEA(0.8~4.8)は1.4。
CA125(35以下)は615。
白血球数は前回が3400で今回が4100。
総蛋白は(6.9~ 8.4)に対して5.3でした。
体重は先週の通院時が53.7kgに対して今日は56.7kgでした。その分だけ腹水が増えている勘定です。
他にも低い部分はありますが省略します。

と言うことは先週の「顕著(薬が効いている)」は一体なんであったのだろうか。とにかくこれが現実なので、明日からタキソールに加えて従来のTS-1を併用することになりました。
副作用はそれぞれ抗癌剤特有の副作用は出るが、併用が原因の副作用は出ないとのこと。
そして、この併用治療でも効果がなければ入院治(点滴)に成るとのこと。一般的は「末期」症状を意味します。

但し、一方では体力は元気に歩けるようになっているなど以前に比べて回復している部分も在ります。本当は鎮痛剤でごまかしているだけなのかな・・・食事もお腹が張っている割には食べれている!?。
腹水対策は利尿剤を増やして見ます(一日一錠を二錠)。

今日は何だか凄く暗い報告になってしまいましたね(笑)。
私の本音の部分ではこのような事態が来ることも予期していたので冷静に受け止めています。






最終更新日  2006/09/21 04:26:42 PM
コメント(0) | コメントを書く
2006/09/16
カテゴリ:カテゴリ未分類

◆体調はよし!

抗癌剤・タキソールを点滴した数日間はお腹の中が騒々しくなって腹水が増えます。
今朝も便や尿は良くでたのですがまだ足の浮腫みなど腹水が増えた状態です。しかし、それ以外の部分は好調です。
道を歩くのも元気良く歩けるようになっています。

主治医から告げられた「顕著に効いている」の意味がどんどんと回復に結びつく事を願ってさらにパワーアップして行きましょう。

私は、明日は名古屋の弟宅へ、18日は京都でがん患者仲間とのミニOF会を楽しんできます。皆さんも楽しい連休をお過ごし下さい。







最終更新日  2006/09/16 10:48:33 AM
コメント(0) | コメントを書く
2006/09/14
カテゴリ:カテゴリ未分類
■治療効果は「顕著です!」との朗報でした。

それにしても今日は点滴でくたくたに疲れた(笑)。
診察室に入ると主治医が開口一番「調子はどうですか?」との質問。

そこで私は二週間前から一日二回(朝と夕方)に計っている体重の一覧表を見せながら「日常的に動き回ることは楽になった。腹水は少し減っている感じがする。反対に痛みは少し強くなっている感じ。日曜は嘔吐もあった。体重は少し減っているが痩せてきた関係だと思う」などと報告した。
これに対して主治医は「少しどころか顕著に効果が出ている。腹水の量はずい分減っているはずだ」との返事。
確かに三週間前の緊急通院当時に比べたら足の浮腫みも含めて腹水は改善している。体力も回復してきたとの体感はある。

しかし、これだけのことで腫瘍の縮小、進行停止などに結びつけた「顕著」と信じて良いのかどうかの不安感は私の中に残っています。
いずれにしても帰り道でやたらと「顕著」との言葉が思い出されて気持ちが解れたのも事実です。

次に、痛みが強くなっている件では「痛み止めは一日一錠、多くても二錠程度、それと背中と腰の貼り薬です。もう少し強い薬に変えたい」との申し出に、
主治医は「リンパの痛みは他の場所の痛みと違って頑固になる。痛み始めてから飲んでも直には消えない。だから先手を打って早めに飲まなければいけない。指示通りに一日三錠(毎食後)飲みなさい」とのお叱りでした。
参考ですが今飲んでいる痛み止めは「ロキソニン」です。そして、これよりも強い薬はモルヒネ系になるよとのこと。・・・勉強になりました。

次に、背中の痛みと便の通りが悪い点ですが、
背中の痛みはお腹に食べ物が貯まるほど痛みが増すこと。
便の通りが悪い点についてはズボンを吊っているだけではお腹がしゃきっとしないのでバンドをしていた。問題はバンドで下腹部を締め上げる状態になっていたのでバンドを取り外したら便通が良くなったことなども報告。
主治医もその通りだとうなずいていた。そして、注意点として水分補給を十分行えとの指示、確かに少し少ない気がしたのでこの点も反省です。

診察が終わって二週間ぶりの点滴です。わたしはお腹が張っているので上半身が高くした状態で点滴をお願いしているので自分で調整して横になる。
今回も点滴が終わるまで熟睡しようと楽しみにしていたのですが、昨夜は短時間ながらも熟睡できたので余り寝れなかった。
その代わりベットから起き上がって帰ろうとしたら最高にフラフラでした。病院のロビーでしばらく休息し、何時ものお店で昼食してから帰ってきました。

★以上が今日の報告です。
尚、私はこれまで腹水など(病状の進行)に対してどのように対処すれば良いか私なりに試行錯誤しながら対応策を求めてきたがようやく問題点が整理されてきたので私が補っている治療内容も含めてまとめて報告してみます。但し、その場しのぎの結果になるかもしれませんがその時はそのときです。







最終更新日  2006/09/14 03:59:12 PM
コメント(2) | コメントを書く
2006/09/13
カテゴリ:カテゴリ未分類

◆明日は通院日


タキソールの抗癌剤を点滴してきます。(点滴中は熟睡できるのでしばしの休養・笑!)
又、この二週間の経過を報告し病状の具合を聞いてきます。
腹水は少し回復なれど痛みの方が少し増しているのが心配です。

結果は午後に報告します。

 






最終更新日  2006/09/13 05:15:40 PM
コメント(0) | コメントを書く
2006/09/11
カテゴリ:カテゴリ未分類
◆またやった腸閉塞もどき!・・痛みと苦痛が・・!?

日曜日はゆっくりと休養しようと楽しみにしていたが腸閉塞もどきに完全に裏切られてしまった。
朝の散歩は休日なので一時間とがんばった。帰ってから朝食(煮物にゴボウが入っていた)したまでは良かった。
9時からの連合町会の防災訓練に顔を出したがしんどくなったので早々に引き上げた。
少しずつお腹の張りと背中の痛みが酷くなる。その性で昼食は抜きになった。しんどいので布団の上に横になるが背中の痛みが酷いので落着けない。
朝食後に痛み止めと利尿剤を飲むが効果が現われない(飲食物が胃に詰まって腸に流れていないので聞かなかった)。
お腹の痛い部分を触ってみると鳩尾の辺りである。もしかしたら何時もの腸閉塞もどきか・・・!?と疑って早速に治療を試し見る。
無理しない程度に鳩尾からゆっくりと絞ってみた。するとしばらくすると胃の付近に異物を感じてそれが移動していくよになった。やっぱりだ!・・・そして、痛みは鳩尾から下腹部へと集中していった。朝食べたゴボウが犯人か!?・・・

それでもお腹はパンパンに張って息苦しい。痛みも下腹部に集中しただけで治まらない。冷や汗が出る。それでもお主な原因が腸閉塞もどきであることが判っただけでも良かった。

ところが痛みや辛さはこれからが大変だった。なかなか治まらないので今度は「ほんまもんの腸閉塞か?」このままでは病院行きになる。そうなれば仕事が・・などとあれこれ悩みだす。
改めて痛み止めと利尿剤を飲む。今度は錠剤を飲み込まないで口に含んだまま下の裏側で吸収させるべく励む。

一方、土曜日に千羽鶴が届いたのでラジカメで写真を撮ろうとしたら電池切れになった。そこで夕方八重洲の地下街まで買いに行った。
途中まで行ったときに財布を忘れていることに気がついた。こんなときに限ってと嘆きながら引き返し、痛みと苦しさにフーフーいいながらやっとこさ買って来た。そして、撮影準備をしているときだった。
急に食べ物が口一杯に逆流して大量に嘔吐(流しへ)した。これまでの副作用や腹水が溜まりだしてから始めての事です。ところが吐き気や気持ち悪さは全くなかった。どろどろの嘔吐物も嫌な匂いがなかった。

何よりも嬉しかったことは急速にお腹の張りや痛みが消えていったことです。気分もすっきりした。お腹の張りや痛みは腹水よりも食べ物が詰まっていたことが主な原因であったようです。
それでも朝から夕方まで悪戦苦闘だったので疲れ、20時には布団に入って休息した。
そして、今朝起きて体重を計ったら62kgを切っていた。足の浮腫みも余りなく腹水も大幅に減っている。昼と夕食は殆ど食べていないのでその性でもあるが先週の土曜日に比べたら4kg減です。

今回の騒動が今後にどのように影響していくのかは判らないが腹水は改善傾向にあることは事実です。
私にしては大変な一日でしたがその一方で腹水が改善傾向にあるなど良い面も体感しているのであまり悲観はしていないのですが、それにしても腹水でこれほどに苦しめられるとは予想外でした。

おかげ様で今朝はお腹のツッパリ感はなく腹水もあまりたまっていないようです。利尿剤ものんでいません。 それにしても治療中は予期しないことがおきますね。

以上報告です。






最終更新日  2006/09/11 10:47:37 AM
コメント(0) | コメントを書く

全327件 (327件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 33 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.