000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

イギリス人との子育て日記

2012/10/27
XML




イギリスに帰省の際は、いつもグランマの自宅に泊まっていましたが、

さすがにRが増えて、4人が泊まるとなると手狭だからと、

今回は、車で15分ほど、農場を経営している知人のところにある、

大きなキャラバンを借りてくれていました。


キャラバンと言えば、車で引っ張ることのできるあの移動式の家ですが、

とても引っ張ることは無理な大きさで、普段から住めるように固定したもの。

キッチンなんて、浦和の我が家のものとなんら変わらない設備だし、

4402252464392.jpg

子供たちのベッドルームも、こんなにキュートスマイル

4402246264237.jpg

私たち夫婦のベッドルームに、リビングも大きくて快適、もちろんバストイレOK。


それに、とてもカメラに収まりきらないほどの、雄大な景色!!

朝日に染まる草原、ピンクオレンジの夕日、そして広い広い星空・・・

4402251264362.jpg



こちらは敷地内にある経営しているおばあちゃん一家のお宅。

なんと広いお庭には、巨大サイズのトランポリンがありましたよ音符

4444159952053.jpg


農場の入口で、いつもで迎えをしてくれた白馬のアルフィーです。

本当にやさしい性格で、触ってもまったく大丈夫!

4402261624621.jpg


子供たちを乗せて遊んでくれたのは小さなポニー。

Rも初の乗馬に、ごっきげんちょき

4444108510767.jpg


そのほかにも、にわとりとあひるたちの親子がたくさんと、

珍しい種類のうさぎ30匹、ギニーピッグ(大きなハムスターみたい) などなど。

4444077069981.jpg



私もファームステイなんて人生初めてでした。

山や海の自然とはまたちょっと違った、人の手で作った自然の中で、

やっぱり人が育てている動物たちに囲まれて暮らす…

独特な世界観なのでしょうが、私たち家族にはかなり魅力でしたね~。



イギリスDADも、それはそれは日々満喫!

特に、あひるたちと、ビールを飲みながらの夕日には大興奮でした。



そうそうイギリスの8月の日の入りは、夜9時なんです。

いくら遊んでも、まだ外が明るいなんて、とても得した気分でした。

それに、ビールの種類の多さは、日本とは比べものになりませんビール

空き瓶でさえも絵になりますねグッド

IMG_7863.JPG




● ● ●


次回はビートルズやタイタニックで有名な街liverpoor(リバプール)へ移動して、

グランパ(おじいちゃん)と過ごした日々です。















最終更新日  2012/10/28 02:49:07 PM
コメント(3) | コメントを書く


PR

X

プロフィール


レイレイ(^-^)

カレンダー

カテゴリ

サイド自由欄


© Rakuten Group, Inc.