427192 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

イギリス人との子育て日記

2012/11/18
XML



グランパの街 liverpool(リバプール)から、超特急Virgin Trainsに乗って

あっという間の2時間で、ロンドンに戻ってきました。

IMG_7895.JPG

(とりあえず、利用した乗り物はすべて、記念写真を撮ってきましたよ)


実は、予定を1日早めてのロンドン入りです。

目的は、せっかくオリンピックイヤーなので、オリンピックパークへ行こう!


オリンピックパークの隣り駅にある小さなホテルを予約して、

着いた日に、パークまで歩いてみることにしました。


パラリンピック開催中のこの時期、大きな大きなポスターがあちこちに。

さすがパラリンピック発祥の国では、オリンピックと同レベルの扱いです。

IMG_8083.JPG


こんな看板を見つけては、ママは期待に胸膨らむぅ♪

IMG_8084.JPG


迷いながらも、やっと小さなゲートにたどり着いたんですが、

チケットが無いと、パークに入ることすらできないバツ

当日券はなく、ネットでの販売のみ雫、と聞いてがっくり下向き矢印

粘ってもかなう雰囲気ではなかったので、ホテルに戻ってネットで探すことにしました。



でも、ネット上どこをどう探しても、明日のチケットなど見当たらず、すでに売切れ…。

あきらめかけていたら、同じホテルに泊まっていた日本人選手のご家族に遭遇。

ダメもとでも、明日メインゲートへ行って、帰国が迫っていることと、子供連れ、

競技を見るわけではなく、パークに入りたいだけと粘ってみては、とアドバイスもらいました。



そこで翌日、今回の旅行最後のこの日、気を取り直して電車に乗り、

メインゲートのある stratford(ストラットフォード)駅へ。

駅からゲートまでは、たくさんのスタッフがいて、盛り上がってましたスマイル

IMG_8099.JPG


アドバイス通り、イギリスDADが、パークにだけでも入れてもらえないかと、

粘ってみたのですが、やっぱりチケットが無いと無理と、断られてしまいました下向き矢印


残念だけどしょうがない…どこかで記念写真だけでも撮ろうかと、立ち話をしていたら、

さっき話していた、ゲートの女性スタッフが、駆け寄ってきました。



「チケット!これを使って! これで4人揃ってパークに入れるからスマイル


「え!? いいの? どうしたの、このチケット? お金は??」


It's OK(^0^)/ Have a nice day ! Enjoy Paralympic !!




すごい!チケット4枚、手に入っちゃいました!こんなラッキーがあるなんてきらきら


興奮したまま、飛行場の搭乗ゲートのような厳しいセキュリティーを通って、パーク内へ。

ついこの間、テレビで見たオリンピックの舞台が目の前に広がりますスマイル



ArcelorMittal Orbit(アルセロール・ミッタル・オービット)

今後もずっと残る塔です。ぜひいつか、上まで登ろうね。

IMG_8106_NEW.jpg



パラリンピックのマスコット、Mandeville(マンデヴィル)

IMG_8110.JPG



広々としたパークで、 TARO と R は自由に羽を伸ばしてました。

オリンピックを象徴するこの雰囲気の中で、トンネルごっこをするふたり。

IMG_8115.JPG

(TAROが足を広げて待ち、その間をRがハイハイで通り抜けるらしい…)


RUN(走れ)のオブジェクトに向かって、走るふたり、見えますか?

IMG_8119.JPG





半日たっぷり遊んで、記念の年に渡英できたことに、改めて感謝・感激。


この日の夜は、ヒースロー空港近くのホテルで最後の晩餐食事

イギリスDADがめずらしく、BARではなくて、レストランを予約してくれましたウィンク




次の日の朝、何度も乗ったロンドンの地下鉄(愛称 : tube )と、お別れです。

IMG_8134.JPG


ヒースロー空港に着く直前の地下鉄車内でのふたり。

ふたりそろって、随分と大人っぽい表情をするようになりましたダブルハート

IMG_8138.JPG




飛行機帰りの機内は、なかなか寝付けずに、みんな寝不足ぎみでしたが、

Rの食事は上手にとることができて、酔うこともなく、元気に成田へ到着~。

IMG_8140.JPG





もっとゆっくり見たいお店や、買いたいものもたくさんあったんですが、

イギリス旅行ではなくて、旦那さんそして子供たちの母国への帰省なんだって

こうやってブログに書いていると、改めて感じます。


家族4人そろっての初めてのイギリス帰省。

また次回、そのまた先も、ずっと4人で訪れることができる国・・・UNITED KINGDOM



とにかく、とっても楽しい20日間でした四つ葉


そうそう、Rくんは、"Olympic(オリンピック)"と

イギリス国旗の愛称 "Union Jack(ユニオンジャック)" が

頭の中では、同じ意味になっている様子です(^-^)















最終更新日  2012/11/28 12:39:27 AM
コメント(4) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:ロンドンオリンピックパーク(11/18)   aya さん
やっぱUKは画力もってるねぇ。姉のカメラアングル好きよ^^
いつかayaも行きたいなぁぁぁ (2012/11/30 11:15:54 AM)

Re:ロンドンオリンピックパーク(11/18)   シーシー さん
イヤー、、、いい旅だったねー、タローちゃんやリュウちゃんにとって何処の国に行き、誰にあったというのは大切ではないのです。
毎日とても楽しくいろいろといつもと違うものを見て、食べ、乗ってのほうがずっと強い印象なのでしょう。
もう少し大きくなったとき自然に彼らガ受け入れていくのでしょう。なぜなら彼らはすでにその国の血が流れてるから、、、イギリス人は根本的に自然体を愛し無理をしない優しさを持っていますよね。
シーシーは好きですよ、そんな人たちが、、 (2012/12/07 06:42:26 PM)

●ayaへ   レイレイ(^-^) さん
時間が経ってからのコメント返しで失礼(^^;)
画力・・・って言うのね、なるほど。
確かにイギリスはどの写真もいい味だせるなぁ。
いつかayaと行きたいね! 旅費は自前よ。

(2012/12/31 06:58:54 AM)

●シーシーさんへ   レイレイ(^-^) さん
返信コメント、大変遅くなりました!

シーシーさんの言うとおり、子供たちにとっては、毎日楽しくて、
いつもと違う場所、違う食事、違う乗り物・・・
そのすべてが刺激になって、思い出に残っているんですよね。
自然体を愛して、無理をしない優しさ、イギリスの血が流れている、
シーシーに愛されて、うちの3兄弟は幸せ者です(^m^)

(2012/12/31 07:03:12 AM)

PR

X

プロフィール


レイレイ(^-^)

カレンダー

カテゴリ

サイド自由欄


© Rakuten Group, Inc.