382911 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

七転び八起き

メンテナンス道具

<アイデアツール>
6レンチ
インラインスケートのメンテナンスする工具で、一番使うのはウィールの交換をする為に使う六角レンチでしょう。

だいたいインラインスケートを購入すると付属してきます。
ウィールのローテーション程度なら問題なく使用することもできますが、ウィール自体を新品に交換する際は、ベアリングを外す必要があります。
しかしこのベアリングを外す為の工具が、実は付属してなかったりします。

K2の場合は、付属のレンチの持ち手にベアリングを押し出すパーツが付いていて、それを使うことになりますが、SALOMONだとその様な工具はついていません。

しかもSALOMONの場合、容易に押し出すような事は出来ず、むしろ中から引っ張り出す事になります。
なので、SALOMONは別売りでベアリング抜きが付いているレンチを売っていて、私もこれを使っています。

確かにこれがあると、メンテナンスが非常に楽になりましたが、ただ引っ張り出す為だけのパーツが付いているだけで1000円ってのも、いささか疑問が残ります。

というわけで、ベアリング抜きだけ作ってみました。
ネットで”釘の頭を使っている”と言う人がいたので、そのアイデアを頂きました。
用意するのは、4mm径の小ネジとナット、ワッシャー、同じく4mmの穴の開いた金属ステー(実際に使用したのは5mm径)
ともに100円ショップで揃えました。(計200円)
ベアリング抜き1

で作ったのが、これ。
ベアリング2
要するに小ネジの皿の部分を引っ掛けて、ベアリングを引き抜こうとしたものです。

実際に使ってみた所、いたって調子がよろしい♪
ウィールの端にステーを当てて、栓抜きのように引き上げると、スポッと抜けてくれます。
チョット硬い場合は、少しずつ回しながら緩めていきます。
ベアリング3

100円でステーが2枚付きますから、1個辺り100円ですね。
何かの間違いでネジが曲がっても、交換はすぐです。
まあ素人の思いつきにしては良いんではないでしょうか?

マネされるのは全く問題ないですが、あくまでも自己責任にてお願いいたします。


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.