000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

七転び八起き

パイロンの風対策

札幌の春は風が強い!
雪が解け、緑が芽吹いてくるこの時期は、特に強風の日が多く感じます。
スラロームを楽しむには、当然目標となるパイロンが不可欠なのですが、
強風だと吹き飛んでしまう事もしばしば。
パイロンを2つ重ね時には3つ重ねにすれば、結構持ちますがパイロンの
数が倍以上必要になります。

そこで、4月に東京のいこいの森に行った時に教えてもらった細工を、
施す事にしました。

内容は簡単

ホームセンター等に売っている「溝ゴム」と呼ばれるものを、パイロンに
巻きつけるだけ。
溝ゴム
これが溝ゴムです。

溝ゴム巻きつけ
ヘリに溝をハメていきます。

溝ゴムパイロン
完成!!

接地面がゴム製となったので、路面への摩擦抵抗が増えてズレにくくなりました。
その上ゴム自体にソコソコの重さがあるので、パイロンが低重心になり、
より安定しました。

いこいの森のスベスベ路面でも、結構な風にも負けず踏ん張ってましたから、
モエレのチョットザラついた路面だと、シッカリと踏ん張ってくれました。

この細工は、ちびパイロンにしかやってませんが、この滑りにくくなった
ちびパイロンの上に、でかパイロンを被せる事で、ズレを最小限に抑える事
ができます。


いい事ばかり書きましたが、欠点がいくつかあります。
・パイロンを重ねても、重なりが浅くなるため、収納性が悪くなります。
・周りがゴムになったので、蹴ったり風で飛んでいくと、思った以上に転がっていく
・パイロンにウィールが挟まると、抜けにくくなる。


特に最後の問題は転倒にもつながるので、気をつける必要がありますね。


コレを教えてくれた、いこいの森のイケダさん、ありがとうございました。




Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.