000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

福岡でひとり暮らし

PR

全6件 (6件中 1-6件目)

1

私のこと

2009年01月18日
XML
カテゴリ:私のこと
実は、今月15日付で今まで勤めていた会社を
退社いたしました。
といっても約2年間も休職させてもらっていたので、
働いていた期間は短いのですが・・・


「退職」という決断を下すまでには、
いろんな葛藤があり長い時間がかかりました。
自分の考え方は間違っていないだろうか、
周りにどれだけ迷惑をかけているのだろうか・・・

思うことはたくさんありますが、
ようやく自分の道を進むことができそうです。





でも、本当はまだ自分のやりたいことがわかりません。
これまで散々わがままを言っておいて、
こんなことを言うのは自分勝手にも程がありますが・・・


「やりたいこと」があってそれをやれるというのは
とても幸せなことだと思います。
なかなか自分の思い通りにはいきません。
思い通りにいくことの方が少ないとわかっています。

それでもやっぱり「やりたいこと」を見つけたい、
と思うのです。
回り道しても、探していきたいのです。

それで周りにたくさんの犠牲が生じるかもしれません。
そのときはまた、そのとき考えます!!




まだまだ25歳。
何も知らない子供です。
でも、責任をしょっている大人でもあるのです。
周りの幸せ、周りへの感謝を忘れずに行動できる
大人になっていきたいです。









Last updated  2009年01月19日 08時30分25秒
コメント(4) | コメントを書く


2008年12月10日
カテゴリ:私のこと
今日は、本当によく晴れて暖かかった!!
最高気温は19度☆
春のような陽気で、絶好の洗濯日和でした♪
ということで、ようやく夏のお布団を洗いました。
(かなり遅いですね・・・)

そして、お掃除も☆
すっきり気持ち良いです♪






12月も10日を過ぎました。
早いですね・・・

1年ってあっという間です。
自分は何をしていたんだろう、と
思うこともよくあります。
何もしないうちに時間だけが過ぎていって、
まったく成長していないのではないか。

でも、少しずつでも心が軽くなっている
のも感じます。
何をするにも体が重かったとき。
これから先のことなんて考えられませんでした。

今は将来のことも考えながら生活できている
自分がいます。
あまり考え過ぎるのが欠点ではありますが☆


少しずつ、少しずつ。
焦らずにいきたいと思います。







シャボン玉

私が書いた『シャボン玉』、好評発売中です!
ぜひ読んでみてください☆








Last updated  2008年12月10日 17時58分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年11月05日
カテゴリ:私のこと


シャボン玉



以前、ご紹介させていただきましたが、
『シャボン玉』という本を執筆いたしました。
本日が発売日です。


初めて本を書きました。
私は口下手なので、ものを書いて伝える方が
性に合っている気がしていました。
なので、私のこれまでの経験や思いを
伝えることができたら・・・
そして、そのことによって誰かひとりでも
共感を持ったり勇気を与えられたりしたら
素晴らしいことだな、と思って書きました。



私は、以前このブログでも書いたように、
現在うつ病のため療養中です。
休職して2年ちかくが経ちます。

ストレス社会といわれる現代、私と同じように
うつ病で苦しんでいる方は多いと思います。
原因や症状は人それぞれですが、共通する
部分も多く、自分のことを分かってもらえる
ことの喜びはとても大きいものです。

『シャボン玉』では、私の高校生から現在までの
悩みや葛藤を綴っています。
私の悩みなんかちっぽけなものでしょうけれど、
そのちっぽけな想いに共感してくださる方は
少なくないと思っています。
病気や恋愛、仕事、家庭・・・
いろんな場面でぶつかってきた壁を、
私なりに乗り越えてきたつもりです。

そして、今ぶつかっている大きな壁を壊すために、
この本を書いたと言えるかもしれません。



『シャボン玉』を出版することによって、
傷付く人がいるかもしれません。
たとえば私の家族です。
私の思いが一方的になりすぎてつらい気持ちに
させていることでしょう。

でも、私は書きたかったのです。
同じ病気や経験をして苦しんでいる人たちに
届いてほしいと思ったのです。
本人だけでなく、その家族にも読んでもらいたい。
若い女性だけでなく、男性にも読んでもらえたら
嬉しいです。



いろんな想いがあって、ここには書ききれません。
ぜひ本を読んでみてください。
近くにうつ病で苦しんでいる方がいれば、
オススメしてください。

誰かひとりでもいい。
あなたの力になりたい。





   「そのままのあなたでいい
    誰の目も気にしなくていい
    あなたはただひとり、あなただけなのだから

    いつも笑ってなくていい
    ただここにいればいい
    あなたがいるだけで、私は幸せなのだから

    あなたはそのままのあなたがいちばん美しい」

                  (本文より抜粋)







Last updated  2008年11月05日 13時11分37秒
コメント(2) | コメントを書く
2008年09月11日
カテゴリ:私のこと
昨日の夜、そろそろ寝ようかなと
思っていると、長女Mから電話が!

「カラオケ行こう~♪」

とのこと。
喜んで出かけました☆笑



今の私は、こんな突然の誘いにも
対応できるようになりました。
特に、姉からのお誘いは嬉しいんです♪


これまでの私だったら、神経質なので、
スケジュール通りに事が運ばなければ
パニックを起こしていました・・・
予想もしないことが起こると、
どうしていいのかさっぱりわからなく
なったものです。


これも、やはり心に余裕が出てきたから
でしょうか☆
行き当たりばったりの(笑)姉たちに
ずいぶん訓練されたからでしょうか。

どちらにしろ、私にとっては嬉しいことです。




3時間歌って、楽しい時間を過ごしました♪
やっぱり歌うって楽しい!!

しかし、普段は寝ている時間だからなのか、
声が全然出ない・・・
めちゃくちゃ下手くそでショックでした。
プロになるなら、どんな時間帯でも
どんなコンディションでも歌えなければ
いけません!!
これからの大きな課題となりました。



とにかく・・・
お姉ちゃん、またいつでも誘ってね♪









Last updated  2008年09月11日 03時46分32秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年06月17日
カテゴリ:私のこと
このたび、ヴォーカルインストラクター養成コース
にてレッスンを受けることになりました。

今までは、一般の個人レッスンを受けていたのですが、
1年以上続けていくうちにインストやってみたいな~と
思い始めたので、ついに決心いたしました!



そのレッスン1日目が今日でした。
今日は3人でレッスンを受けたのですが、
いつでも好きなときに行っていいんです♪
だから、個人レッスンになることもありですね☆

少し緊張したのですが、いつも通り楽しくできました。


これまで生徒として先生から教わってきたことを
今度は自分が人に教えなければならないとなると、
難しいし、かなり勉強が必要です。

私は、頭に詰め込む勉強は得意なんですが、
それを実践に移す応用力がいまひとつなので、
これから大変になるなぁと実感し始めています。




ここで決意表明をすることで、
自分の意識を高めていこうと思いました。
何年かかるか分かりませんが、
プロになるために精一杯やります!!

いつか「先生」と呼ばれるようになるその日まで、
インストのタマゴは日々努力するのみです☆










Last updated  2008年06月17日 14時08分25秒
コメント(2) | コメントを書く
2008年02月06日
カテゴリ:私のこと
ブログが5000アクセスを突破したところで、記念といってはナンですが、
私のことを少しカミングアウトしたいと思います。



現在、私は会社に行っていません。
1年2ヶ月も休職させてもらっています。
理由は病気療養のため。 病名は「うつ病」です。

初めて「うつ病」を発症したのは、大学4年生の時でした。
大阪で1人暮らしをしていました。
原因ははっきり分かりません。
学生ということもあり、自由な時間が多くとれたので、薬と休養で落ち着かせていました。

そして、完治しないまま就職しました。
住所が変わり、新しい病院を見つけることもなく、薬も飲んでいませんでした。

忙しい毎日が続き、体に変化が現れてきました。
でも当時は気づいていなかったのです。
今になって、あれが「うつ病」のサインだったのだと気づくことが多々あります。

もともと完璧主義で、人に言われるがままに仕事をしてきました。
人見知りなこともあり、会社や寮の人たちとはなかなか馴染めませんでした。
会社では残業が続き、寮に帰っても自分の時間はとれませんでした。

休日はボーっとして、動くのが億劫になりました。
なんとか気持ちを奮い立たせて会社へ出勤していました。
それでも、突然泣き出すことがありました。
急な立ちくらみで、何度も倒れそうになりました。
会社から寮へ帰る途中、走っている車に飛び込もうと毎日のように思っていました。
でも、それができなかったのは、両親の顔が頭に思い浮かんだからです。
今は、なぜそんなことを考えていたのか、と後悔しています。

「うつ病」を経験していたので、このままではいけないと思い、病院を探しました。
やっと探した病院では、薬を処方するだけで、診察は簡単に済まされました。
でも、そうやって数ヶ月を過ごしていました。

そうしているうちに、会社でも責任ある仕事を任されるようになりました。
どこにも爆発させる場所がなく、ただただ黙々と仕事を続けていました。
寮では、先輩方が会社について不平・不満をもらしていました。
毎日それを聞いていて、将来に希望が持てなくなりました。

ある時、いつものように会社に出勤し仕事をしていると、全身が震え出しました。
あいさつをしようと声を出そうとしても、声が出ません。
冷や汗が出て、焦りました。

このままでは会社にも迷惑をかけてしまうと思い、上司に相談しました。
私が「うつ病」で通院していること、以前にも病気になったことがあることなど、
上司は私の話を真摯に聞いてくれました。
そして、すぐに会社の診療所を紹介され、診断の結果1ヶ月の休職を命じられました。

その後は、実家に帰り、信頼できる先生にもめぐり会えました。
しかし、「うつ病」は簡単に治るものではありません。
休職期間は1ヶ月が2ヶ月になり、とうとう1年を超えてしまいました。
完治せずに就職してしまったことも、病状を悪化させていたのかもしれません。

はじめの1年は自分を責め続けました。
「みんなちゃんと働いているのに、自分だけ休んでいいのだろうか…」
「私が弱いから、みんなに迷惑ばかりかけてしまった…」
「こんな私でごめんなさい…」


通院を続け、数種類の薬を試していくうちに、病状は改善していきました。
こんなに長く休職させてもらうのは、やはり後ろめたい気持ちでいっぱいです。
しかし、最近やっと「私は休んでもいいんだ…」という考えにもなってきています。
先生からは「権利なんだから、休んでいいんだよ!」と何度も念を押されました。
その言葉を信じ、現在はそれを受け入れている段階です。

しかし、割り切っていても周りが気になります。
「元気なのに、仕事も行かないで…」
「元気になったのに、まだ休むつもりだろうか…」
と思われている気がしてなりません。

私は、幸運なことに、家族がきちんと理解してくれようとしています。
そして、いつもやさしく見守ってくれています。
しかし、そんなやさしさに包まれているからこそ、社会に出たときに恐怖も覚えます。
私の事情を知らない人は、いろんなことを聞いてきます。
「なぜ仕事に行っていないのか」「いつから仕事をするのか」・・・
冗談で流せばいいものを、私は真面目に受けてしまい、とても落ち込むのです。
そんなとき、自分がいかに家族や周りに気を遣わせていたのか気づきます。
このまま甘えてしまっていいのだろうか、と考えるのです。



さて、長くなりましたが、お付き合いありがとうございます。
現在、私はかなり病状が回復しています。
「うつ病」は傍目から見ると、ほとんど分かりません。
だから、私もほぼ普通に毎日を過ごせています。
私は、この病気が完全に治ることはないと思っています。
(「うつ病」は完治するものです。御幣があったら申し訳ありません。)
でも、この病気が再発しないように気をつけることはできます。
自分でコントロールして、うまく「うつ病」と付き合っていきたいと思っています。




最後に、いつも温かい眼で見守ってくれている家族や友人に感謝します・・・















Last updated  2008年02月06日 11時53分28秒
コメント(10) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.