2369060 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

今を大切に笑って生きる事。

全182件 (182件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 19 >

子宮ガン

Nov 4, 2010
XML
カテゴリ:子宮ガン
子宮全摘の手術で、骨盤内のリンパ節を切除している私。

その後遺症で、リンパ浮腫になる可能性があるので
下半身の小さな傷にも要注意なワケですが。

以前は何も問題がなかった無駄毛処理。

最近、処理した部分がスグに赤くなってしまうんですショック

あまりよろしくないなとは感じていましたが、やはり女の子ですもの。

元々毛深いので、どうしても目につく場所というのは気になるモノ。

すると、酷く赤く腫れるようになり、言ってみればニキビの芯が出来たようなカンジ。
オマケに痛みも伴います。

以前もそういうコトがあったんですが、今回はちょっとばかり酷いな~と思っていると
こんなエライコトになってしまいました爆弾

▼お見苦しい足で失礼・・・雫


ね?ちょっとヤバイでしょ?雫

炎症を起こしているであろうコトは、素人目にも一目瞭然ですが
コレが蜂窩識炎なんてコトになった日にゃ、大変ですしょんぼり

毎日の点滴が必要となり、入院も余儀なくされるコトでしょう。
何より、ソレこそリンパ浮腫発症となってしまうでしょう。

ソレは出来れば避けたいトコロ。

コレは毛のう炎と言って、カミソリ負けなんかで起こるコトが多いそうです。

そういった無駄毛処理で毛穴を傷つけてしまい、菌が入り込むコトで起こる皮膚感染症なのです。

通常は、患部を清潔に保ち、刺激を受けないようにするコトで自然と治るようですが
私の場合は、やはり足なんでね。

悪化して、蜂窩識炎になるのを回避する為に、早め早めの治療が必要かと
勤務先でお薬を処方してもらうコトに。

塗り薬(アクアチムクリーム)と内服の抗生物質(サワシリンカプセル)で
様子を見るコトになりました。

ウチの先生も、私の既往症や手術歴をご存知なので
やはり、充分注意が必要だとおっしゃっていました。

シッカリ治して、今後は気をつけていきたいと思います。

同じようにリンパ節郭清をされているガン友の皆さんも、
無駄毛処理には充分お気をつけ下さいマセ失敗

■プロフィール記入にご協力お願い致します。
 「足跡」pageへ
   ↓
「足跡」pageへ


人気blogランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
↑         ↑
ポチポチッとクリックお願い致しますきらきら






最終更新日  Nov 4, 2010 11:41:25 PM
コメント(1) | コメントを書く
Oct 22, 2010
カテゴリ:子宮ガン
昨日聞いてきた前回の検査結果です。

本日、結果のみのUP~。

 

2008
10/14

2009
04/21

2009
10/22

2010
04/22

正常値
(低値)
正常値
(高値)
WBC(白血球) 7.2 6.66.839
RBC(赤血球) 463439444370490
Hb(ヘモグロビン) 14.614.214.211.515.0
Ht(ヘマトクリット) 44.142.041.436.047.0
MCV(平均赤血球容積) 95.295.793.280.0100.0
MCH(平均赤血球血色素量) 31.532.332.027.032.0
MCHC(平均赤血球血色素濃度) 33.133.834.332.036.0
PLT(血小板) 27.025.327.013.040.0
RDW-CV 13.313.513.7  
MPV 10.19.79.4  
NEUT 68.965.565.4  
BASO 0.80.50.7  
EOSINO 4.74.52.4  
MONO 3.95.74.7  
LYMPHO

 

21.723.826.8  
AST(GOT) 1013111015
ALT(GPT) 686742
ALP(アルカリフォスファターゼ) 116117103110360
LDH(尿酸脱水素酵素) 132132118120240
γ-GTP 121111540
T-Bil(総ビリルビン) 0.550.360.480.201.00
D-Bil(直接ビリルビン) 0.160.110.130.100.40
ChE(コリンエステラーゼ) 260243250170450
TP(総タンパク) 7.57.37.36.58.0
ALB(アルブミン) 4.84.54.63.85.3
A/G(アルブミン/グロブリン比) 1.81.61.71.62.4
T-cho(総コレステロール) 191180183130220
TG(中性脂肪) 108536340150
HDL(HDLコレステロール) 51586141100
AI(動脈硬化指数) 2.72.12.00.03.7
UA(尿酸) 3.84.13.82.57.0
CRP(C反応性蛋白) <0.060.06<0.060.000.29
エストラジオール(卵胞ホルモン)1961033446  
FSH(卵胞刺激ホルモン)5.93.45.76.9  
CEA(癌胎児性抗原)2.02.21.92.305.0
CA19-9(糖鎖抗原19-9) 181417037
CA125(糖鎖抗原125)10131011045


■倉敷成人病センター婦人科がん患者会ASK(アスク)
  第9回交流会のお知らせ。


 日時:2010年10月30日(土) 14:00~16:00

 詳細はコチラをご覧下さい。
     ↓
 第9回交流会のお知らせ-患者会「Ask」-●医療ニュース


 沢山のご参加お待ちしています。

■プロフィール記入にご協力お願い致します。
 「足跡」pageへ
   ↓
「足跡」pageへ


人気blogランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
↑         ↑
ポチポチッとクリックお願い致しますきらきら






最終更新日  Oct 30, 2010 10:42:15 PM
コメント(0) | コメントを書く
Oct 21, 2010
カテゴリ:子宮ガン
本日、婦人科の受診日でした病院

いつものように、胸部レントゲンとCT検査を受けた後、診察です。

まずは胸部レントゲン。
その後、CTです。

なんかね、最近CTのタビに思うのは、撮影する際「息を吸って、止めて下さい。」と
合図があるんですけどね、コレってお年寄りなんかだと難しい方っていらっしゃるんじゃないかな?

ソコでフト、今の父にとっても、難しいコトだったりするのでは?と思ったんです。

もちろん父も、コチラの言っているコトが全く理解出来ないワケではなく
タダ、ユックリ話さなければついて来れないって言うダケですが
ソレを理解はしていても、実際に行動するコトが難しかったりするので
その指示の意味を理解していて、しなければいけないコトが分かっていても
思うようにならないかもしれません。

そんなコトをボーっと考えているウチに、私のCT撮影が終了・・・雫

造影剤を使わない単純撮影なので、あっという間です。

その後は診察。

半年ブリの安藤先生のあの癒し系のお顔に、少しばかりきゅんとなったのは内緒ですあっかんべー

まずは簡単な問診。

実は最近、ちょっとした虫さされや小さな傷がスグ真っ赤になるんで、ソレを聞いてみました。

すると、「う~ん、あまり関係ないと思うけどねぇ。でも、あまり虫には刺されない方がいいよ。」と。

・・・。

えぇ、もちろん私も出来るなら刺されたくないですけどね、
好き好んで刺されてるワケでもないのでね、刺されない方法知りたい位ですけど・・・ショック

う~ん、そんなツッコミドコロ満載の安藤先生も好きですけどねダブルハート

さて、その後内診と触診、超音波検査や細胞診を終え
再び先生の問診なのですが、その際先日の子宮移植の記事について
思い切って安藤先生に聞いてみました。

私もこの記事を読んだ時、薄々は感じていたコトなんですが・・・。

この記事の中のサルの場合は、「自分自身の子宮」を取り出し「戻した」のであって
全く別のサルの子宮を移植したワケではありません。

でも、私達の場合、自分の子宮はスデにないワケですから
他の人の子宮を移植するコトになるのです。

ツマリ、そうなれば、免疫抑制剤は絶対必要となるワケですし
そうしていても拒否反応を起こさないとも言えない。

ましてや、血管ナドがキチンと繋げるかどうかという問題もあり
子宮として果たして機能するのかどうかというコト。

そういったコトから、今の時点では難しいだろうとのコトでした。

出来るとしても、もちろんスグにスグとはいかないだろうし
かなり先の話になるだろうとおっしゃっていましたが
「10年先は分からないからね。不可能と言われていたコトが可能になったりもするんだから。」
と、患者に希望を捨てさせない、この優しいお言葉目がハート

サスガは安藤先生です目

あとね、子宮頚ガンの予防ワクチンについて。

接種自体は、先日の日記でも触れた通り、妊娠中のガン発覚も増えているとのコトですし
やはり、受ける価値は充分にあるモノです。

タダ、私自身も少し気になっていたコトで、実際友人にも聞かれて
「どうなんだろう?」と自信を持って答えられなかったコトがあります。

子宮頚ガンの原因と言われるHPV(ヒトパピローマウィルス)は、性交渉によって感染する為
性交渉を経験する前の、10代のウチに接種するのが最も効果的です。

でも、性交渉を経験していたとしても、今後の感染を防ぐ為を考えれば
受ける価値はおおいにあるのです。

タダ「もし、パートナーが変わらなければ?」という疑問が残るワケです。

確かに、現段階でのパートナーとの性交渉で、感染が確認されていなくて
今後もパートナーが変わらない既婚者の方なんかの場合、ソレ以降の感染もないに等しいでしょう。

タダ、今現在スデに感染していたとしたら、ソレに関しては残念ながら無効になりますが
現段階で感染していない場合には、やはり今後の為に受けるべきなのです。

と言うのも、安藤先生もおっしゃっていたのですが
(正直、安藤先生がそういうコトをおっしゃるコトに、若干ビックリでしたがマル秘
そのパートナーが、他からウィルスをもらって来ないとも言い切れない部分があるからです。

まぁね、ソレってパートナーを信じれないってコトにもなり兼ねないんで
ビミョウなトコロなんですけれども雫

でも、やっぱり45歳位までは、接種意義が充分あるとのコトです。

てコトで、女性の皆さん!
是非とも子宮頚ガン予防ワクチン接種と合わせて、子宮ガン検診を受けましょうねウィンク

ちなみに、今日も前回の血液検査の数値を聞いてきたのですが
文字数の関係で、マタ後日UPしたいと思います。

■倉敷成人病センター婦人科がん患者会ASK(アスク)
  第9回交流会のお知らせ。


 日時:2010年10月30日(土) 14:00~16:00

 詳細はコチラをご覧下さい。
     ↓
 第9回交流会のお知らせ-患者会「Ask」-●医療ニュース


 沢山のご参加お待ちしています。

■プロフィール記入にご協力お願い致します。
 「足跡」pageへ
   ↓
「足跡」pageへ


人気blogランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
↑         ↑
ポチポチッとクリックお願い致しますきらきら






最終更新日  Oct 30, 2010 10:42:44 PM
コメント(2) | コメントを書く
Oct 18, 2010
カテゴリ:子宮ガン
なんだか最近、ご存知の通り、色んなコトでバタバタしておりまして
なかなかお知らせ出来ていなかったんですけれども雫

次回、患者会「Ask」の第9回交流会も、来週に迫ってきました~。

■2010年10月30日(土) 14:00~16:00

詳しくは、Ask情報ブログをご覧下さい。
        下矢印
■倉敷成人病センター 婦人科がん患者会 ASK■

お申込みは、倉敷成人病センター婦人科(外来・病棟)までどうぞダブルハート
上記情報ブログ、マタは当ブログからも受け付けております。
                ↓  
               mail

沢山のガン友の皆様のご参加をお待ちしています目がハート

さて、先日悲しいニュースを見つけました。

近年、患者数の増えている子宮頚ガン。

もちろん若年での罹患率も上がっていますが
どうやら、悲しいコトに、妊娠中の発覚も増えているのだそうです。

詳しくは、yomiDr(ヨミドクター:読売新聞)の記事へ。
      下矢印
子宮頸がん 妊婦に多発、発症ピーク30代に

私のように、当たり前に訪れると思っていた妊娠・出産という夢が断たれるコトも辛いですが
その夢にまで見た妊娠が分かったと同時に、悪夢のようなガン告知をされたとしたら。
どんなに苦しいコトでしょう・・・。

私が昨日の講演でお会いしてきた、向井亜紀さんもそのお1人です。

向井さんも、最後までお腹の中に生まれた小さな命を守ろうと頑張っておられましたが
赤ちゃんと共に、子宮を摘出しなくてはならなくなり、酷いうつになったそうです。

ご自分を責めて、責めて・・・。

誰も悪いワケではないのに、そんな辛い思いをしなければならない女性が増えているなんて。

なので、全ての女性にどうか、どうか、子宮頚ガン検診を少なくとも1年に1回は受けて欲しい。

ワクチン接種も積極的に行って欲しいと思います。

そんな辛い辛い涙ではなく、新しい命の誕生に嬉し涙を流す女性が
沢山増えていってくれるコトを願っています。

■プロフィール記入にご協力お願い致します。
 「足跡」pageへ
   ↓
「足跡」pageへ


人気blogランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
↑         ↑
ポチポチッとクリックお願い致しますきらきら






最終更新日  Oct 18, 2010 11:57:15 PM
コメント(0) | コメントを書く
Oct 6, 2010
カテゴリ:子宮ガン
本日、5度目となる退院記念日を迎えました~ベル

なんかね、当時を振り返れば、子宮を取るか取らないか、今までにない位泣いたし悩んだし、
イザ全摘となり手術を終え、ようやく終わったと思えば、あらゆる後遺症に悩まされ
全てが未知の世界で、不安で屈辱的で仕方なかったのを覚えています。

でもね。

5年も経って、今思えば、人生初の1人暮らし気分だったな~と思いますあっかんべー

しかも、あげ膳さげ膳のお食事つき~うっしっし

う~ん、もっと入院生活エンジョイすればよかったかしら・・・。

でも、何はトモアレこうして元気で記念日を迎えられ、嬉しい限りです。

今日、母に退院記念日だと告げると、横で聞いていた父が
「お父さんの退院記念日はいつじゃ?」と。

「よぅけあるで(笑)」と、1人芝居しておりましたけれども雫

とにかく、手術からも5年、退院からも5年経過したワケですから
コレで文句はないだろう!
甲状腺ガンの方は、まだ完治とは言えないですが・・・。)

新たにマタ生命保険入るゾ~炎

■プロフィール記入にご協力お願い致します。
 「足跡」pageへ
   ↓
「足跡」pageへ


人気blogランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
↑         ↑
ポチポチッとクリックお願い致しますきらきら






最終更新日  Oct 7, 2010 12:04:54 AM
コメント(0) | コメントを書く
Sep 9, 2010
カテゴリ:子宮ガン
まず初めに。

本日父が、昨日の予定通り、6回目となる化学療法を無事再開し、退院して来ました病院

その副作用が、投与後スグに出てしまったのか
気持ちが悪いと、晩ご飯をロクに食べれなかったのが少し心配ですが
とりあえずは治療が無事再開出来、退院出来たコトは一安心といったトコロです。

さて。

ナント私、本日で子宮頚部腺ガンで子宮全摘を受けてから、
無事、5年を迎えるコトが出来ました目がハート

ついこの間、4年経過の記事を書いたような気がするのにね
なんだかね、早かったような長かったような。

でも、やっと正式にキャンサーサバイバーとなりましたベル

ま、甲状腺ガンについては、10年経過しないと完治とみなしてもらえないんですがショック

でも、甲状腺ガンは、ガンと言えども悪性腫瘍の中でも、
良性の部類に入るとも言われるガン。

なので、正直私の中でもあまり心配はしていません。

私の場合、甲状腺ガンの告知からホトンド悲しむ間もなく子宮ガン告知だったコトもありますが
やはり子供が産めなくなるかどうかの瀬戸際で、治療の決断までの苦しい日々を思えば
子宮ガンの方が、思い入れ(?)も違います。

だからこそ、やはり甲状腺ガンの手術から、年数を重ねていけるコトももちろん嬉しいけれど
ソレ以上に、子宮ガンの手術から5年経過出来たコトが嬉しくて仕方がないのです。

もちろん、思い出せば切なく悲しい、そして苦しい思い出にも代わりはないけれど
でも、こうして元気に笑って記念日を迎えられるのは、やはりありがたいコトです。

ソレでも、フト考えてしまうコト、落ち込むコト、泣きたくなるコト
もちろん5年経っても、ソレはあります。

だけど、私は1人じゃない。

ずっと支えてくれた家族、彼、友人がいる。

そして何より、痛みの分かち合えるガン友がいる。

だから、例え落ち込んでも、私はマタ笑える。

今日と言う日に、私を支えてくれる全ての人に、ありがとうスマイル

■プロフィール記入にご協力お願い致します。
 「足跡」pageへ
   ↓
「足跡」pageへ


人気blogランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
↑         ↑
ポチポチッとクリックお願い致しますきらきら






最終更新日  Sep 10, 2010 12:10:16 AM
コメント(7) | コメントを書く
Jul 29, 2010
カテゴリ:子宮ガン

まず初めに、昨日父の4回目となる化学療法が行われました。

ソレについても、本日UPしていますので
コチラからどうぞ。
 下矢印
化学療法1クール目[4回目]◆父の肺腺ガン

さて、本日は私の円錐切除術から5年。

ココで何度も書いて来たコトですが、この円錐切除後に
ガン細胞が取り切れていない可能性があると言われ、再手術となった全摘手術

本来なら、全ての治療終了後から5年経過で一安心と言われるので
私の場合は、全摘から5年を数えるのですが・・・。

全摘の結果、残っていた子宮にガン細胞は見られなかった。

本当なら、コレは喜ぶべきコトでした。

もし子宮はもちろん、リンパ節への転移が見られたとしたら
追加治療は免れなかった。

その追加治療が必要なかったと、喜ぶべきコトだったのです。

でも、当時の私は、何故取らなくてもいいモノを取ってしまったのか?
何故、一番自分が望んでいた、妊娠・出産の可能性を自ら断ってしまったのか?

術前、毎日泣いて暮らした私でしたが、全摘が済み、もうどうあがいても子宮はない。
泣いてもわめいても子供は産めない・・・という半分開き直りと諦めから
術後はあまり泣くコトもなくなっていた私が、術後初めて泣き崩れました。

主治医の前で、嗚咽が止まりませんでした。

あぁ・・・思い出した今でも泣きそう・・・ショック

でも、円錐切除で取り切れていたというコトは、
円錐切除で、治療は終わっていたというコトになるワケですから
つまるトコロ、今日で5年経過と解釈してOK?うっしっし

2ヶ月前、甲状腺ガンの手術から5年経過し、キャンサーサバイバーのタマゴとなった(?)私ですが
子宮ガンでも、コレで一応第一関門突破というコトにしておきますあっかんべー

トコロデ、そんな私に昨日、ガン友くろさんから朗報

ナント、「子宮移植、サルで成功 人への応用視野 東大・慶大など」との記事びっくり

以下、朝日新聞より抜粋。


東京大や慶応大などの研究チームが、サルの子宮をいったん体外に出した後、移植し
再び体内で働かせることに成功した。

28日、横浜市で開かれた日本受精着床学会学術講演会で発表した。

サルで実験を重ね、将来は先天的に子宮がない女性や、
がんで子宮摘出した女性も出産できるよう人での子宮移植を目指す。

研究チームの三原誠東京大助教らは、今年1~2月、カニクイザル2匹を開腹して子宮を取りだし
約2時間後に元のサルにそれぞれ移植した。

1匹は現在も元気で、移植後すでに2回、月経があり、子宮が機能していることが確認できた。
もう1匹は移植の翌日、死んだ。

カニクイザルは体重3.5キロと小さいため、子宮周辺の細い血管を結合する手術が難しかったが
最近開発された髪の毛の50分の1~30分の1の細い手術針を使い、血管の結合に成功した。
今後、子宮を移植したサルに体外受精させて胎児が育つか検討するほか、
他のサルの子宮を移植できるかどうかなども調べる。

人の子宮移植は、サウジアラビアで2002年に例があるが、
血管の結合部に血栓ができ移植した子宮が機能しなくなったという。

三原さんは「初めて霊長類で成功したことで、人間への応用の可能性がでてきた」としている。
今まで、上記にあるように、サウジアラビアでの子宮移植の例や、
アメリカでの子宮移植計画ナドがありましたが
前者は、移植自体は成功したモノの、その後子宮が機能せず摘出。

後者は、その計画の記事以降、何の情報もないまま、今に至る・・・。

マタ、過去にはマウスでの子宮移植の研究ナドも聞きましたが
今回、人間に一番近いサルでの移植が可能になったのであれば
人間への移植が可能になる日も、遠くないのかもしれません。

ソレに、外国ではなく日本での研究となれば、マスマス期待出来るのでは?

移植費用、移植した子宮の機能、自分自身の体への負担、
もちろん色々問題や不安も出てくるでしょう。賛否両論あると思います。

でも、ソレでも、自分で産める可能性が少しでもあるなら
私はその可能性に希望を持ち続けたいと思います。

ソレが実現するとして、ドレ位で実現出来るモノなんだろうな~。

私の卵巣機能を考えると、10年以内が限度かな~雫

ま、実際に実現したとしても、私自身が出来るかどうかは分かりませんが
でもせめて、若年の子宮ガン患者さんが多くなってきている今、
少しでも、妊娠・出産の可能性が残せ、私のように傷つく女性が少なくなればと願ってやみません。

■プロフィール記入にご協力お願い致します。
 「足跡」pageへ
   ↓
「足跡」pageへ


人気blogランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
↑         ↑
ポチポチッとクリックお願い致しますきらきら







最終更新日  Jul 30, 2010 12:07:48 AM
コメント(2) | コメントを書く
Jul 12, 2010
カテゴリ:子宮ガン
本日私、5歳の誕生日を迎えましたお誕生日

子宮ガン患者として。そして、多重ガン患者としての。

つい先日、甲状腺ガン患者としてのお誕生日を迎えたばかりですけれども
5年前の今日、再び子宮頚部腺ガンの告知を受け、コレで
甲状腺乳頭ガン・子宮頚部腺ガンと、2つのガン告知を受けたコトで
多重ガン患者の出来上がり~となりました雫

こんなにあっけらかんと言える日が来たコト、本当にありがたいです。

当時は、本当に辛かったけれど、やはりガンになってよかったと思えるコトは沢山あります。

ガン友との出会い、命あるコトの大切さ、家族や彼・友人・支えてくれる人がいてくれるという幸せ
色んな発見や実感がありました。

でも最近になって、もう1つ見つけたんです。
ガンになってよかったと思えるコト。

ガンと言っても、その人の辛さ・苦しさ・悲しさは、同じガン患者でも分からないモノです。

例えば、私の場合、手術のみで化学療法の経験はありません。

その辛さを知っている方からすれば、同じ子宮ガン患者さんであろうと
経験のない私はラクだっただろうと思われるかもしれません。

でも、当時の私にとって、手術を受けるコトより、ガンというコトより
何よりも、子供が産めなくなるというコトが一番辛かった。

ソレで全てが終わったと、生きる意味も希望もなくなったと思うホド
Maxで辛いコトだったワケです。

だからこそ、皆1人1人症状も、考え方も、境遇も全て違うワケですから
その全てを分かりあえる人はいない。

でも、やはり辛さや苦しさの種類は違っても、同じように壁にぶち当たり
ソレをどうにか乗り越えて進んできたガン患者として、少なくともその気持ちは分かるから
今、色んな葛藤を続ける父にとって、一番分かりあえる人間が私ではないかと思うのです。

ソレでも、やはり肺ガンと子宮ガン・甲状腺ガンとなれば
部位が違う為、ナオサラ症状は全く違うワケですから、
そういう意味では、父の苦しさは私には全く分かりません。
(父にも、そういったガン友がいれてくれればな~と思うんですが・・・。)

なので、父にとっては「誰も分かってくれない、理恵でさえも分かってくれない。」と
塞ぎこんでしまいそうになるコトもあります。

でも、私もそうだった。誰も分かってくれないと思っていた。

けれど、分かってくれようとする姿は伝わった。
今では、分かってもらえないのは当たり前で、分かろうとしてくれるダケで救われたと思います。

その経験を父に話すコトで、父も少し冷静になってくれるのです。

その私の言葉を素直に聞けるのは、やはり私がガン患者だから。

そうでなければ、何が悲しくて、我が娘に説教され、説得されるでしょう・・・雫

その私の経験が、父の励みになれるのであれば
私はガンになっていてよかったと思うのです。

ま、とは言っても、やはり健康に越したコトはないんですケドね~ショック

でも、こうして父の力になっているのなら、私がガンになったコトも
意味のあるコトだったんだと思うしか他ありません。

■プロフィール記入にご協力お願い致します。
 「足跡」pageへ
   ↓
「足跡」pageへ


人気blogランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 子宮がんへ
↑         ↑
ポチポチッとクリックお願い致しますきらきら






最終更新日  Jul 14, 2010 12:07:48 AM
コメント(2) | コメントを書く
May 14, 2010
カテゴリ:子宮ガン
本日、先日の検査結果が郵送にて送られてきましたポスト

まず、細胞診(子宮ガン検診)は、クラス1ベル

素晴らしい結果であります目がハート

CT・胸部レントゲン・血液検査も異常ナシ。

わーいダブルハート

血液検査の詳しい数値は、マタ次回の診察の時に聞いて来たいと思いますオーケー

■プロフィール記入にご協力お願い致します。
 「足跡」pageへ
   ↓
「足跡」pageへ

人気blogランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
↑         ↑
ポチポチッとクリックお願い致しますきらきら






最終更新日  May 15, 2010 12:03:10 AM
コメント(2) | コメントを書く
Apr 23, 2010
カテゴリ:子宮ガン
先日の診察で聞いてきた、前回の検査結果です。

 

2008
07/08

2008
10/14

2009
04/21

2009
10/22

正常値
(低値)
正常値
(高値)
WBC(白血球)  7.26.639
RBC(赤血球)  463439370490
Hb(ヘモグロビン)  14.614.211.515.0
Ht(ヘマトクリット)  44.142.036.047.0
MCV(平均赤血球容積)  95.295.780.0100.0
MCH(平均赤血球血色素量)  31.532.327.032.0
MCHC(平均赤血球血色素濃度)  33.133.832.036.0
PLT(血小板)  27.025.313.040.0
RDW-CV  13.313.5  
MPV  10.19.7  
NEUT  68.965.5  
BASO  0.80.5  
EOSINO  4.74.5  
MONO  3.95.7  
LYMPHO

 

 21.723.8  
AST(GOT)  10131015
ALT(GPT)  68742
ALP(アルカリフォスファターゼ)  116117110360
LDH(尿酸脱水素酵素)  132132120240
γ-GTP  1211540
T-Bil(総ビリルビン)  0.550.360.201.00
D-Bil(直接ビリルビン)  0.160.110.100.40
ChE(コリンエステラーゼ)  260243170450
TP(総タンパク)  7.57.36.58.0
ALB(アルブミン)  4.84.53.85.3
A/G(アルブミン/グロブリン比)  1.81.61.62.4
T-cho(総コレステロール)  191180130220
TG(中性脂肪)  1085340150
HDL(HDLコレステロール)  515841100
AI(動脈硬化指数)  2.72.10.03.7
UA(尿酸)  3.84.12.57.0
CRP(C反応性蛋白)  <0.060.060.000.29
エストラジオール(卵胞ホルモン) 19610334  
FSH(卵胞刺激ホルモン) 5.93.45.7  
CEA(癌胎児性抗原)2.02.02.21.905.0
CA19-9(糖鎖抗原19-9)   1814037
CA125(糖鎖抗原125)9101310045
SCC抗原(扁平上皮癌関連抗原)  1.51.3  045


■プロフィール記入にご協力お願い致します。
 「足跡」pageへ
   ↓
「足跡」pageへ

人気blogランキングへ にほんブログ村 病気ブログ 女性・婦人科の病気へ
↑         ↑
ポチポチッとクリックお願い致しますきらきら






最終更新日  May 1, 2010 12:22:18 AM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全182件 (182件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 19 >

PR

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

本日のインスタント… aibopapaさん

夢をかなえるために… salon de 40さん
日本の一国民 りえのだんなさん
おかやま「包」パッ… まつたけ1017さん
今日の出来事 mutsuki2006さん

コメント新着

 まりりん@ Re:天満屋倉敷店の閉店●病気の告白(03/23) 旧倉敷店、懐かしいです。 感慨深く読ませ…
 しんどん@ Re:厄除け●由加山 蓮台寺(02/01) 蓮台寺と由加神社本宮は、元は一つで蓮台…
 mayu@ MRI検査でした 私は45歳既婚で子供には恵まれませんでし…
 mayu@ 5月1日手術予定です 子宮頸がん1b1期です★(45歳)です。 blo…
 とこちゃん@ Re:ガン告知から1年◆子宮頚部腺ガン(07/12) はじめまして。47歳のシングルマザーです…

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.