639075 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

Kabu + Plus

PR

Calendar

Category

カテゴリ未分類

(0)

Movie

(361)

Jazz

(237)

Progressive Rock

(87)

Metal

(11)

Soul,Funk...etc

(35)

Art

(39)

Book

(10)

TV Drama

(8)

Classic

(9)

Movie Goods

(2)

Soundtrack

(9)

株式投資

(219)

その他の音楽

(9)

お酒

(23)

できごと

(12)

お出かけ

(11)

Rock

(1)

Favorite Blog

中島みゆきi ♪ヘッド… New! ken_wettonさん

"Strong Hold" 株日記 LoveStocksさん
emmitt22のハマリ人生 emmitt22さん
行きかふ人も又 はる **さん

Comments

ほった@ Re:『荒野の無頼漢』Mi Chiamano Alleluja(05/21) 突然失礼致します。 荒野の無頼漢につい…
ケアベア@ Re:Asian Games / Yosuke Yamashita + Bill Laswell(02/13) …。良さそうですね!\(^o^)/ アルバムを…
Dec 2, 2005
XML
カテゴリ:Movie
BP01 BP02

ニール・サイモン作の舞台の映画化。監督は舞台版も手掛けたジーン・サックス。主演ロバート・レッドフォード、ジェーン・フォンダ。

新米弁護士のポール(レッドフォード)と妻コリー(フォンダ)は新婚ほやほや。どうしようもないラブラブぶりだが、新居のアパートは物凄いオンボロ。ポールはまだあまり収入がないのだ。しかもアパートの住人は変人ばかりでポールは不満なのだが、コリーは屋根裏に住む初老の独身男べラスコ(シャルル・ボワイエ)と意気投合。実母(ミルドレッド・ナットウィック)やポールを巻き込んで食事に外出にとハシャぐのだが、ポールは次第に嫌気がさしてくる。そしてついに家を出てしまう・・・

コメディにはいくつか種類がある。スラップスティックからブラック・コメディ、ダイアローグ主体のものなど。本作はソフィスティケイテッド・コメディなどと呼ばれるもので、現代のラブ・コメディに近いか。スラップスティックの名手がメル・ブルックスとすればニール・サイモンはまさに対極。その中間がウディ・アレンだろうか。
そのため、本作ではギャグの応酬やドタバタはない。多分に間延びするところ(前半のアパートのシーン)があるが、それは仕方のないこと。当時の観客のお目当ては主演二人でしょうから。

デビューからあまり年数の経っていないレッドフォードが若い。非喜劇俳優の中では割とコメディのセンスがある方だと思うが、どうでしょうか。本作でも公演で泥酔してベンチを飛び越えるシーンで小技を見せている。
一方、フォンダはこの頃絶頂期で『バーバレラ』は同じ年の公開だった。結構好き嫌いが分かれるかもしれない女優さんだ。そして意外と出番の多いシャルル・ボワイエもこの頃は出演作が多く多忙な時期。1920年にデビューした大ベテランで、この時実に70歳だ。前年に『おしゃれ泥棒』『パリは燃えているか』があり、本作と同じ年には『007/カジノ・ロワイヤル』がある。

BP03

ソフィスティケイテッド・コメディだから会話はお洒落だし、服装のセンスもいい。そしてニール・ヘフティの音楽も洒脱。しかし、ちょっと物足りない・・・という方はハーバート・エデルマンをどうぞ。『男はつらいよ/寅次郎春の夢』に出たこともあるコメディアンで、本作の舞台版でも同じ役で出演。『おかしな二人』『カリフォルニア・スイート』などニール・サイモン作品の常連でもある。そう、サイモン~サックスのコンビ(そしてヘフティも)の次回作が『おかしな二人』なのだ。

BP04


1967年・アメリカ /  105分  /  評価:3.5点 /  子供:○

裸足で散歩(期間限定) ◆20%OFF!
裸足で散歩(期間限定) ◆20%OFF!






Last updated  Dec 2, 2005 10:44:37 PM
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.