551291 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

Kabu + Plus

PR

Calendar

Category

カテゴリ未分類

(0)

Movie

(361)

Jazz

(237)

Progressive Rock

(87)

Metal

(11)

Soul,Funk...etc

(35)

Art

(39)

Book

(10)

TV Drama

(8)

Classic

(9)

Movie Goods

(2)

Soundtrack

(9)

株式投資

(219)

その他の音楽

(9)

お酒

(23)

できごと

(12)

お出かけ

(11)

Rock

(1)

Favorite Blog

My Touring Rig - Sa… New! ken_wettonさん

"Strong Hold" 株日記 LoveStocksさん
emmitt22のハマリ人生 emmitt22さん
行きかふ人も又 はる **さん

Comments

ほった@ Re:『荒野の無頼漢』Mi Chiamano Alleluja(05/21) 突然失礼致します。 荒野の無頼漢につい…
ケアベア@ Re:Asian Games / Yosuke Yamashita + Bill Laswell(02/13) …。良さそうですね!\(^o^)/ アルバムを…
Mar 29, 2006
XML
カテゴリ:Movie
ROS01

『西部悪人伝』『大西部無頼列伝』に次ぐ「サバタ」シリーズ三部作の最終作。『大西部無頼列伝』ではサバタ役はユル・ブリナーに代っていたが、本作で再びリー・ヴァン・クリーフに戻った。

元南軍少佐のサバタ(リー・ヴァン・クリーフ)は、今ではサーカスの早撃ちショーのスター。ある日、同僚の手品師ピクルズが行方不明となり、踊り子のダイアナが殺されていた。何かの陰謀を感じたサバタはサーカスの一団と別れ、町に残る。この町ホブソンビルはアイルランド移民の有力者マッキントック(ジャン・ピエロ・アルベルティーニ)の提唱で進められている町の整備のために、町民が進んで納税する平和な町に見えた。しかしマッキントックは集めた資金を義弟の銀行家スウィニー(ジャンニ・リッツォ)の銀行に預けてあると見せて、実際には遠くカリフォルニアに隠匿し、いずれ姿をくらます予定なのだ。マッキントックの悪巧みを察知したサバタは元部下で今は酒場の経営者であるクライド(ライナー・ショーン)たちと行動を起す・・・

ROS02 ROS03
右:悪人たち。左側のジャンニ・リッツォは前作にも出ていた。

スタッフもほとんど前作と一緒だが、共演者も同じ役者が多い。サバタを慕って味方になる町の宣伝係「ドラム男」やアクロバットが得意な男は相変らずだが、今回は自分の両足を使ったパチンコで活躍する男が仲間に加わる。そして目まぐるしく変節するクライドがストーリーを飽きさせないものにしているし、ピクルズの意外な正体も面白い。ただ今回は悪役陣がチト弱く、『西部悪人伝』のバンジョーのような好敵手が不在だ。変わり種の武器に乏しいのも少々物足りない。前作と大きく異なるのは、サバタが女性にも強い(もてる)点。軍隊時代、上官の妻と不倫関係にあったなどというエピソードが紹介されている。戦いに強く(銃撃戦だけでなく賭け事も)不死身で女性にもてる、となればこれはもうジェームズ・ボンドかフリントだ。クリフもショーン・コネリーばりにかつらを付けて楽しそうだ。

ROS04 ROS05
左:この3人も前作と同じ。右:おや、カツラを?

快調だった「サバタ」シリーズもここまで。以後、クリフの主演作は減ってしまい、作品にめぐまれなくなったのが残念だが、ヒーロー「サバタ」は永遠だ。・・・「サバタには誰もかなわない」・・・

ROS06

ROS07
サバタ、ついに撃たれる?

監督:フランク・クレイマー
製作:アルベルト・グリマルディ
脚本:ジャンフランコ・パロリーニ / レナート・イッツォ
撮影:サンドロ・マンコーリ
音楽:マルチェロ・ジョンビーニ


1972年・イタリア=スペイン/106分/評価:3.5点/子供:○

西部決闘史 ◆20%OFF!
西部決闘史 ◆20%OFF!

The last work of the "SABATA" series trilogy which ranks second to a "Sabata" and the "SABATA 2" In the "SABATA 2", although the role of SABATA was replaced with Yul Brynner, it returned to Lee Van Cleef again this time.

The staff is almost the same as a previous work, and there are many same actors also among coactors. A man good at the advertisement staff "the drum man" and acrobat of the town which adores Sabata and becomes an ally is interesting as ever. And the man who plays an active part in the pachinko using both his legs joins a friend this time. It is made that in which remarkable treachery of Clyde(Reiner Schone) does not bore a story, and the unexpected true character of Pickles is also interesting. Now, the villains of a time are a little weak and its worthy rival like the banjo of a "Sabata" is absent. One deficient in the arms of a novelty is also a little unsatisfactory. Sabata has differing from a previous work greatly in a woman. The episode that the army age and he suited the extramarital affair relation with a wife of a superior is introduced. If it becomes it being immortal (not only a shooting game but gambling) and being able to have it in a woman strongly fighting, this will already be a James Bond or Flint. Cliff also seems to attach a wig like Sean Connery and be pleasant.

"Sabata" series in good condition is also so far. Henceforth, since Cliff's starring movie decreases and has stopped blessing with a work, I am regretful. However, the hero "Sabata" is eternal. ... "Nobody can win Sabata"...






Last updated  Mar 29, 2006 10:17:03 PM
コメント(0) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.