305265 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

理系ママのつれづれ日記

PR

プロフィール


ぷらぷらごろりん

カテゴリ

フリーページ

2004年11月10日
XML
カテゴリ:理科教育
理科教育のメーリングリスト
「離陸・着陸時は拍手を」
というスレッドが立っている。


元ネタは、
「修学旅行で一部の外国を見習い、生徒と皆で離着陸時に拍手をしてみた。
だいたい、空を飛ぶって不思議ではありませんか。」
という、高校の先生からのもの。

そこから、
「そうですよねぇ。鉄の塊がとぶって不思議」
とレスが入ると、
「鉄じゃないです。軽量かつしなやかかつ丈夫なもので作らないと燃費悪すぎの はずです。」
というつっこみが

「座席は翼の上あたりが楽しい。離着陸時のフラップの動きはもちろんのこと、飛んでる間のエルロンの動きがなかなか乙です。」

というコメントで、話は飛行機の話題広がりを見せ、飛行機マニアという人や熱気球のパイロットライセンスを持っている方、飛行機マニア歴が人生の半分を超えてしまった人間という方などが加わり、楽しいものに。

ちなみに、

「飛行機を「金属の塊」と考えるとだめ。
アレは「アルミで出来た凧」と表現せねば。
(もちろん、チタンもFRPもありますけど、やっぱり主流はアルミ合金)」

だそうです。
ML公開されているものですし、忘却禄を兼ねて、
「[rika:42926] Re: 離陸・着陸時は拍手を」
をちょっと引用させていただきます。
(ちょっと改)

「ジャンボクラスまで大きくなると、最大離陸重量でもたぶん比重は0.2g/cm3を切ってるのでは?

胴体の外板(モノコック構造なんで当然強度部材)の厚さなんか約3mmって聞いたこともありますしねぇ。(すんげぇ薄いでしょ)

まぁ離陸時の速度が約250km/h前後なんで、風速にすると70m/sの超強力台風並みの風が当たれば、凧と考えれば浮きそうな気がしません?」


という解説。

水族館の方から、
「3メートル級の大型のサメを6個体をオーストラリア(シドニー)から空輸大作戦をしたときの経験談」
も飛び出し、現役を引退した旅客機に乗った体験談が。
([rika:42934] Re: 離陸・着陸時は拍手を)
内装がとりはらわれた空間は

「荷物がなければ、空気を運んでいるのでは
と思うくらい、飛行機の中は「がらん洞」です。」

とのこと。

その後、エアロフロートねたになったり、ベルヌーイの定理についての話題で
http://www002.upp.so-net.ne.jp/a-cubed/lift/index.html
こんなサイトが紹介されていたり。

まだまだ話題は続きそう。

また、ゆっくり時間をかけて読んでみよう。






最終更新日  2004年11月11日 14時50分50秒
コメント(0) | コメントを書く
[理科教育] カテゴリの最新記事


カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

今年も後半になった… 内藤みかさん

【重要なお知らせ】… 楽天ブログスタッフさん

アリウムネギの日記 アリウムネギさん
T's Relaxation Cafe tamaevoさん
☆☆倫敦+華盛頓 あれ… fumi fumiさん

コメント新着

くぅ汰♂@ Re:いよいよですねぇ、スターウォーズ(07/09) 右の女子高生の名前分かりますか?
ぷらぷらごろりん@ Re[1]:あごらー2010で(11/21) コメントありがとうございます。 関係者…
Hemosritus@ Re:あごらー2010で(11/21) 企画に少しかかわった者として、記事に感…
アリウムネギ@ Re[1]:今日読みました。(03/31) だんなは多分少年野球付き添いなので下二…
ぷらぷらごろりん@ Re:今日読みました。(03/31) アリウムネギさん >新学期始まった今は…

© Rakuten Group, Inc.