576440 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

            Garden 東の谷

PR

X

全10件 (10件中 1-10件目)

1

Cooking

January 25, 2017
XML
カテゴリ:Cooking
top.gif
ブログを更新しました。

お手数ですが、下記下矢印をクリック願いますm(__)m

家庭菜園で採れた大根で、いろいろ作っています





新しいブログのホームはこちらです下矢印

Garden 東の谷 FC2ブログ




below.gif








Last updated  January 25, 2017 10:25:47 PM


January 18, 2011
カテゴリ:Cooking

line.gif


今日は、比較的暖かでしたね。



先日の寒波で、吊るしてあった大根が

綺麗に干し上がったので、

タクアンを漬けました。



母が漬けていたやり方で漬けます。


沢庵漬けー1.jpg

秋、紅葉する前に干しておいた渋柿の葉。

何故これが要るのかは分かりませんが…




沢庵漬けー2.jpg

醸源(じょうげん)

タクアンの素です。




沢庵漬けー3.jpg

米ぬか、塩、醸源(じょうげん)の既定量と、

細かくした柿の葉を入れて

よく混ぜ合わせる。






沢庵漬けー4.jpg

容器の底にぬか塩をふり、

大根を隙間なく並べる。




沢庵漬けー5.jpg

ぬか塩を大根全体にまんべんなく降る。



上にビニールか新聞紙を置いて上に乗り

足で押し固める。



これを繰り返す。




沢庵漬けー6.jpg

漬け終わったら、

綺麗な干し葉で全体を覆う。



この大根の葉も、

刻むと美味しいんです。




沢庵漬けー7.jpg

最後に充分にぬか塩をふる。




タクアン漬けー8.jpg

落とし蓋と重しを乗せて完成!

半年後には、美味しい古漬けが出来上がります。












Last updated  January 18, 2011 04:16:09 PM
October 3, 2010
カテゴリ:Cooking

line.gif


7月下旬に右足の踵を骨折した夫、

未だ全治とは言えませんが、

殆どよくなってきました。



ずっと気になっていた我が家の菜園ですが、

久しぶりに耕運機をかけて、

昨日、冬野菜の種を撒いて貰いました。



タイミング良く、今日は雨。

発芽が楽しみです♪



小花.gif



昨日、太極拳の友人が、

立派な栗を持って来て下さいました。



何に使おうかしら…って思いましたが、

久しぶりに、渋皮煮をしました。

1.jpg

1.一晩お水に浸けておきます。




2.jpg

2.渋皮に傷を付けないように、鬼皮を剥きます。

上矢印この栗くり坊主が強い味方です。




3.jpg

3.お鍋に栗、重層と栗が隠れる位のお水を入れて茹ではじめます。




4.jpg

4.沸騰したら火を弱めて灰汁を取りながら10分位茹でます。




5.jpg

5.煮汁が、こんなに黒くなりました。

煮汁を全部捨てて、直ぐに栗をお水に晒し、傷を付けないように丁寧に洗います。




6.jpg

6.又栗、重層、お水を入れて、灰汁を取りながら茹で、煮汁を捨ててお水に晒します。

これを、3~4回繰り返します。




7.jpg

7.ヒタヒタのお水に砂糖を栗の重さの半分位入れて、火にかけて味付けします。




8.jpg

出来上がりです。

お砂糖控えめのあっさり味です。



【ヤマトメール便対応】栗の皮むき器 栗くり坊主 替え刃付







Last updated  October 3, 2010 05:08:17 PM
August 9, 2010
カテゴリ:Cooking

line.gif


胡瓜のキューちゃん漬け



家庭菜園をしていると、

一時に沢山出来てしまい、使いきれくて

嬉しい悲鳴をあげることになるのですが…



胡瓜の場合は、4~5年位前から

キューちゃん漬けをするようになりました。




材料と調味料
胡瓜1.5kg
濃い口醤油400cc
みりん200cc
200cc
砂糖150g
土生姜1カケ
鷹の爪3本



a.jpg

上の調味料をお鍋に入れて火にかけ、

沸騰したら火を止める。





b.jpg

そこへ

小口切りにした胡瓜を入れて

冷めるるまで待つ。



<胡瓜はそのままで、塩漬けしていません>



1.jpg

1回目 冷めたところ






2.jpg

ザルにあげて、

お汁だけ鍋に戻して火にかけて、

沸騰したら火を止める。




そして、ザルの中の胡瓜を入れ、

冷めるまで待つ。



これを3回繰り返す




3.jpg

胡瓜の量が、大分減って来ました。




4.jpg

お汁を切って、白ゴマをまぶす。




5.jpg

はい、出来上がり~~~☆ミ

食欲のない季節に

白いご飯によく合って、食が進みます(^_^;)

市販のキューちゃんよりも美味しいですよ(*^^)v



手ベ切れない時は、

冷凍保存も出来るという事ですが、

未だ試してないので分かりません。



一応、今回作ったのは、冷凍してみました。









Last updated  August 10, 2010 01:14:42 PM
March 17, 2010
カテゴリ:Cooking


人参とレモンのコンフィチュール

以前、TVのお昼の番組「ちちんぷいぷい」

人参とレモンのコンフィチュール
が紹介されていました。



コンフィチュールって聞くと

お洒落な感じがするけれど…

分かりやすく言えば、ジャムのこと。

お取り寄せが出来て、一瓶800円位だったかしら…

幾らなんでも、これでは高過ぎる。




それでは…と、自己流で作ってみました。


ジャムー1.jpg


産直売店で、レモン1袋を購入

無農薬なので安心です。



ジャムー2.jpg


スライスして種を取る



ジャムー3.jpg


水をヒタヒタに入れて

沸騰したら砂糖を加える



ジャムー4.jpg


レモンを煮ている間に

人参の皮を剥き、小口切りにして

たっぷりのお湯で湯がく



ジャムー5.jpg


人参が柔らかくなったらザルにあげて

レモン(汁ごと)と一緒にミキサーにかけて潰す




ジャムー6.jpg

もう一度火にかけて

お味を確かめながら砂糖を足していく

今回は、レモン5個、人参8個に砂糖500gでした


ジャムー7.jpg


人参がレモンの酸で引き締まって

とても美味しく出来上がりました(*^^)v

人参嫌いのお子ちゃまにもいいかな?

今度孫たちが来たら、食べさせてみよう^^


ジャムー8.jpg

ジャム瓶5個できました

後の1個は、朝味見をして冷蔵庫の中にいます









Last updated  June 21, 2011 10:56:37 AM
March 8, 2010
カテゴリ:Cooking


イカナゴのくぎ煮

 
昨日、奇跡の星の植物館で買ってきた鉢植えで

出窓が華やかになりました。

出窓の花.jpg


ここはダイニングキッチン

綺麗な花の傍でくぎ煮を作りました。


くぎ煮ー1.jpg
先ず、土生姜を刻んでおく


くぎ煮ー5.jpg
イカナゴを洗って、1キロずつに分けておく


くぎ煮ー2.jpg
イカナゴ 1kg

醤油
砂糖
味醂

土生姜
に対する調味料

:300cc
:300g
:100cc
:100cc
適当(少し多い目)

これ全部を鍋に入れて火にかける

くぎ煮ー3.jpg
沸騰したら、イカナゴを少しずつ入れる


くぎ煮ー4.jpg
吹きこぼれない様気を付けて

強火で一気に煮あげる


くぎ煮ー6.jpg
30分位で煮汁が無くなるのでザルにあげる


くぎ煮ー7.jpg
柔らかい内にポリ容器に入れる

イカナゴ1kgで150g入りが5パック。

今回は、イカナゴ4kgだったので20パック出来ました。



**********


くぎ煮を作る前に、イカナゴを少し残しておいて…

くぎ煮ー8.jpg
鍋に昆布を入れて火にかける


くぎ煮ー9.jpg
沸騰したらイカナゴを入れる


くぎ煮ー10.jpg
イカナゴが白くなったら薄口醤油で味を付けて

卵を回し入れる


くぎ煮ー11.jpg
庭にあった三つ葉を乗せて

イカナゴのかき玉汁の出来上がり♪

イカナゴの時期、何処の家庭でも1度は食卓に出ます^^

イカナゴの出しが出て、とっても美味しいですよ(*^^)v









Last updated  June 21, 2011 10:57:51 AM
January 17, 2010
カテゴリ:Cooking

bird-line

祖母や母の時代から、毎年自家製の沢庵を作っています。

↓我が家の大根畑

大根の前は、ここでスイカとプリンスメロンを収穫しました。

大根.jpg

これは、2回目に植えたもの

10月の初めに中国旅行に行ったので、種蒔きが遅くなり

普通なら年末に干すのが、大根の育ちが悪くて

今になりました。

大根干し.jpg

先ずは、大きいのを選んで40本だけ。

干す前に、葉の芯の所を伸びない様に切り取っておきます。

勿論、捨てないで調理します(*^^)v


大根菜.jpg

すり鉢に、たっぷりのゴマとお味噌、砂糖を入れてすり

そこへ湯がいてから刻んだ大根の葉を入れてすり潰します。


ゴマみそ.jpg

↓大根葉のすり合え(淡路島郷土料理)の出来上がり♪

亡き父の大好物でした。

すり和え.jpg

↓ちなみにこれは、昨年漬けた沢庵

今日出した分。初夏からずっと食べごろです。

沢庵.jpg

細かく刻んで15分位水に晒し…

沢庵2.jpg

お醤油、胡麻をかけて頂きます。

おろし土生姜があれば、尚GOOD(*^^)v

沢庵3.jpg

夫の弟(私の妹の夫でもある)の大好物で
死んだ時には、棺桶に一緒に入れて欲しいと頼まれているとか(苦笑)

自分で育てた大根で作ったお漬物がみんなに喜ばれる。


何時も、みんなの喜ぶ顔を思い浮かべながら作るんです。
田舎生活の楽しさは、こういう所にもあります(*^_^*)


**********

↓たまねぎ畑

奥のちょっとおおきいのは極早生

手前は早生です。

タマネギ.jpg

沢庵もそうですが、

玉ねぎも、殆どがプレゼント用です(^^♪















Last updated  January 17, 2010 10:15:44 PM
December 6, 2009
カテゴリ:Cooking

Xmas

ジューン・テイラーさんのマーマレード


前回にお話ししましたが、市の図書館が徒歩2~3分の所にあり、よく利用しています。
特に雑誌類は殆ど図書館で読んでいます。

以前、暮らしの手帖を見ていて、「ジューン・テイラーさんのマーマレード」というのを見つけたのです。
ジャム類は殆ど手づくりをしている私には、とても魅力的な記事でした。
でも、最新号は借りる事が出来ないので、次号が出た時に借りてコピーしようと思っていました。

他にもいろいろと気の多い私…そのまますっかり忘れていました。

昨日、ユズジャムを作ろうと思い立ち、暮らしの手帖を思い出しました。
すぐに図書館へ行きましたが、バックナンバーは無くなっていて、係りの人に調べて頂くと隣町の図書館にあるとのこと。早速取り寄せて頂きました。

June Taylor ←暮らしの手帖から

以下暮らしの手帖からの抜粋です。

***********************************


ジューンさんは、イギリス生まれですが、アメリカ旅行の旅先で夫のペリーさんに出会ったそうです。残りの旅をキャンセルしてペリーさんと結婚。
バークレーで暮らす事を選びました。

まあ!なんて情熱的なんでしょう!

子育ての傍ら、子供の頃によくお母さまと作ったジャムを思い出して作り始めました。

その後、小売りをするようになり、地元バークレーの朝市で評判になって、今ではサンフランシスコのファーマーズマーケットに招かれ、出品しているそうです。

イギリス流の製法で作られたマーマレードが、遥か遠くアメリカのバークレーで受け入れられたのです。


***********************************


作り方が載っています。

私のやり方と違う所は、取りだした房と種は、ペクチンを摘出する為に袋に入れて皮と一緒に煮込むことでした。

本当は果肉も一緒に煮込むということですが、ユズではちょっと無理。
横半分に切って、果汁を取る事にしました。


絞り器

絞った果汁をザルで漉して…

製氷皿

昔の冷蔵庫の製氷皿で凍らせてキューブに…

固まったらバラバラにしてジップロックに入れ、フリーザーで保存

便利に使えます(*^^)v

めんつゆ  ポン酢醤油

めんつゆと半々にしてぽん酢醤油を作りました。

これからは、お鍋のシーズン

このめんつゆは美味しいので、いいお味に出来上がりました♪




皮は今煮込み中です♪

柚子ジャム-1








Last updated  December 6, 2009 05:22:41 PM
November 1, 2009
カテゴリ:Cooking


今日は、町内会の体育親睦会の日

天気予報では、生憎お昼から下り坂とのこと(T_T)

雨の降らないうちに、先にグランドゴルフをしようという事になって、子供も混じって6人のメンバーで12グループに分かれた。

私も含めて、半分以上の人がグランドゴルフ未経験。

クラブの持ち方やルールを教えて貰いながらプレー(らしきもの)した。

グランドゴルフって、予想外に楽しいな~って思いながら、ついハッスルしてしまう。

町内会と言っても、顔だけ知っている人や全然知らない人もいる中、和気あいあいと楽しんでいるうちに、もう雨が降り出した

なんとか1ラウンドだけプレーして後の行事は断念。

急きょ、町内の公会堂へ行って用意していたお弁当で宴会。

1時にお開きになったけれど、普段は殆ど顔を合わせない人たちと交流できて、楽しいひと時が過ごせた。

こういう事は、やはり田舎のよさでしょうね。都会ではなかったもの…




*********************************************



いちぢくジャムの作り方

畑のいちぢくが二人家族では食べきれないので、

ジャムを作ることにした。



いちぢく


このいちぢくの木は、私が子供の頃からあったもので

見かけは今一だけど、お味の方は甘くて美味しい

ジャムにするのは勿体ないのだけど…



いちぢく+砂糖


皮を剥き、縦四つか六つに切り鍋に入れる

いちぢくが甘いので、

グラニュー糖を少し控え目にいれて10分程置いておく



いちぢく


火にかけ、あくを取りながら

好みで蜂蜜をいれて少し煮詰める



スダチ

レモンがないので、

仕上げにスダチのしぼり汁を入れる



いちぢくジャム


出来上がり!



先日のすだちジャムと違って、あっという間に出来た

ジャム瓶に2個なので、今回は自宅用










Last updated  June 13, 2010 02:24:20 PM
October 29, 2009
カテゴリ:Cooking



今年、我が家のすだちは豊作で沢山収穫できた。

いろんな方にお分けしたけれど、

まだまだいっぱいあるので、ジャム作りに挑戦。

先ずは、ネットで作り方を検索。

皮だけ使ったもの、実だけのもの、全部使ったもの等様々。

それなら…と丸ごと使ってやってみることにした。





☆ 洗った後湯がく ☆

1





☆ 時々水を代えながら一昼夜水に晒す ☆

2





☆ ヘタを取り、輪切りにして種を取る ☆

3





☆ 圧力鍋に水をヒタヒタに入れて火にかけ ☆

4





☆ 蒸気が出てきたら弱火にして20分 ☆

5





☆ 冷めたら蓋を開け、グラニュー糖と水あめを、

味を見ながら少しずつ入れて煮詰める ☆

6





☆ 出来上がり ☆

7





☆ お湯割りにして ☆

ほんのりほろ苦くて大人の味





8





☆ 瓶詰にして綺麗にお化粧 ☆

お嫁入り先はどこかしら???

9









Last updated  September 2, 2013 12:27:10 PM

全10件 (10件中 1-10件目)

1


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.