1153710 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

里山暮らし、ときどきヨーロッパ・ロングステイ

●山の谷間のワイナリー♪

COCOトップ.jpg
葡萄畑というよりは、山の急斜面に葡萄の木‥です。
『頂上から下をのぞくと断崖絶壁でしょうね?』と聞くと、
『そうですね、平均斜度38度ですからスキー場だと
 ジャンプ台くらいでしょうね‥』とのことでした。

当然、ファーム内では耕運機やトラクター等の機械が使えず、
すべての作業は人間の足で登り降りして行うそうです。
しかも、子供たちが果実を口に入れてもいいように無農薬で!

葡萄を育てワインを醸す‥葡萄が一杯のワインになるのも、
冬の寒風が吹き荒れようと、真夏の炎天下の地面であろうと、
休むことなく空の下でがんばる農夫たちがいればこそですが‥

こちらの農夫さん、知的障害の仲間たちです。
先日、NHKテレビでも紹介されたばかりなのでご存じかもしれませんが、
知的ハンデを持つ人たちの自立を目指してつくられた
こころみ学園が併設するココファーム&ワイナリーです。

COCO1.jpg

葡萄の山を囲んで同じ敷地内に学園や職員の家もあり、
みんなで一緒に働きながら暮らしていこう‥の思いで
始まりました。

こちらの建物は二階がレストラン、カフェ、ショップ、
一階、地下がワインを造る工房になっています。
COCO2.jpg

六月も終わりに近づく最後の土、日、
このCOCO FARM & WINERYでスローフード協会の
リーダー会議があり、栃木県足利市まで行ってきました。

COCOリーダー会議.jpg

美しい葡萄畑と、おいしいワインを支えているのは、
知的障害の人たちを寡黙な農夫に変えていった大自然の力と、
そして、彼らを見守り続けた周りの人たちの愛情でしょう。

COCO3.jpg

会議のあとの懇親会、宴もたけなわでしたが、
農夫の皆さんに会いたくて、パーティ会場をそっと抜け出し、
皆さんが暮らしている学園の方に案内して頂きました。

COCO4.jpg

ちょうど夕ご飯が終わったところで、
『こんばんは』
『今日はカレーライスだったよ』
『今夜は泊まっていくの?』
みんなニコニコと屈託なく私に話しかけてくれます。

あちこちで黙々と掃除をしている人もいました。
一人一人が自分のやるべき仕事をきっちり終える‥
この姿勢がワイナリーを成功させた大きな要因ですね。

COCO5.jpg

かわいそうだから‥と同情で買って貰うのでなく、
「美味しいから買う」ワインをつくりたい。
ココファームのテーマです。

COCOシャンパン.jpg
上の写真がシャンパーニュ地方と同じ瓶内二次発酵で作られて、
沖縄サミットで乾杯用シャンパンに選ばれた噂のワイン!
確かにおいしい本物のスパークリング・ワインでした。

Mozart.jpg
リミンがお土産に買ったCD。
「ワイン熟成のための音楽」とありました。
秦野の日本酒と同じようにモーツァルトを
聴かせていたんですね♪

この他にも葡萄の小枝を使ったお洒落な小物や、
ジュース、ジャム、しいたけ等も並んでいます。

COCO.jpg

山の谷間のワイナリー♪
ここまでくるのは、きっと大変な日々だったでしょうが、
ここにも風が吹いていました。
みんなで作るスローフードな幸せの風が‥
しみじみ乾杯!

映画『未来の食卓』


© Rakuten Group, Inc.