1154876 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

里山暮らし、ときどきヨーロッパ・ロングステイ

PR

X

プロフィール


rimin(リミン)

フリーページ

コメント新着

秦野市民@ Re:あの日‥3.11(03/12) 訃報を聞いて、ショックです。あまりのシ…
morikana5625genkimorimori @ Re:介護保険★手づくりの幸せレシピ パート2(03/07) 医師の常識は世間の非常識。医師の非常識…
花(*^^*)@ Re:あの日‥3.11(03/12) リミンさんの事 大変驚いております  …
ソク妻@ ご愁傷さまです。 ご無沙汰しておりました。来楽暮さんから…
【まっち】@ Re:あの日‥3.11(03/12) ★お知らせ 中川(勝山) 璃々 今年、3月14…

カテゴリ

バックナンバー

2021年10月
2021年09月
2021年08月
2021年07月
2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2008年10月28日
XML
ワイン仕込みトップ.jpg
今回、イタリアにやってきた目的のひとつに、
トリノで開催される、スローフード協会「サローネ・デル・グスト」に
取材も兼ねて出かけてみようということがあったのです。

というわけで‥スローフードの本拠地
ピエモンテ州に行ってまいりました!

スローフード協会・秦野支部の会員にもなっている
シニョーレ・キクチ(ウンブリア州在住)の運転で、
アパートのあるアメリア市からトリノ市まで往復約1500キロ、
三泊四日のドライブ旅行から戻ってきたところです。

途中、立ち寄ったピノッキオの故郷コローディや、
ピサの斜塔、ロミオとジュリエットの舞台になったベローナの街、
フィレンツェの修道院にある素敵な薬局など、盛り沢山の
お土産話があるのですが、それはまた少しづつご紹介することにして‥

カピトーネ村のワインの仕込み第二弾、
いよいよ真打「キクチ・ワインの赤」が登場です☆

ワイン仕込み1.jpg
「大地の恵み」の収穫の季節は、どこの家も大忙し!
今回も、ウチの彼は助っ人の一員に。
摘みの作業もずいぶんサマになってきた?ようにみえます。

ワイン仕込みてんとう虫.jpg
キクチのワインは無農薬でブドウを育てて作るので、
てんとう虫もミミズも蜂も、ちゃんと一緒に生きています。

ワイン仕込み2.jpg
忙しげな大人にまじって長男のA君がトラクターを運転し、
家族が一緒に力を合わせて作るワインは、美味しいだけじゃない
‘幸せの味’がするように思えます。

ワイン仕込みマエストロ.jpg
キクチのマエストロ(師匠)ジュゼッペさんも顔を出してくれました。
師匠は90歳のお年にはとても見えないカクシャクたる大先生。
元気の秘密はやっぱりワインとウンブリアの大自然でしょう。

ワイン仕込み4.jpg

師匠の見守る横で甥っ子のロベルトさんとキクチが、
実と茎を分ける機械でブドウを圧搾していきます。

ワイン仕込み3.jpg

ドロリとした搾り汁は太いホースで仕込み小屋へ。
樽の前で待ち受けるウチの彼も真剣な顔です。

ワイン仕込み糖度.jpg
最後に糖度を測ります。
糖度が高い(甘い)ほどアルコール度数は高くなるんですって。

仕事を終える人たちを待ち構える大テーブル♪
ワイン仕込み食卓.jpg
キクチの奥さんのアンナが作る‘ポレンタ’
トウモロコシの粉を練って特製ソースをかけます。
ワイン仕込みポレンタA.jpg
ワイン仕込みポレンタB.jpg
第一の皿パスタと、第二の皿メインディッシュを
一緒にできることもあって、こんな忙しい日には
ポレンタを作ることにしているそうです。

力仕事の後は、みんなお腹ペコペコ‥
秋の木漏れ日の中で食べる昼食は、ホントにおいしかった~

IMG_7936a.jpg
お姉さまのレイコさんが手間暇かけて作ってくれた
「松露風・葡萄菓子」今の季節にしか食べられない
貴重なデザートです。

スローフードな暮らしの幸せは、
時間を楽しむことから始まるように思えます‥。






最終更新日  2008年11月01日 04時09分34秒
コメント(9) | コメントを書く
[イタリア・ウンブリア田舎暮らし] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:ワインの仕込み第二弾!(赤の巻)(10/28)   アポロン1382 さん
>お姉さまのレイコさんが手間暇かけて作ってくれた
「松露風・葡萄菓子」今の季節にしか食べられない
貴重なデザートです。

ほ~、美味しそうですね。^^ (2008年10月28日 05時34分42秒)

Re:ワインの仕込み第二弾!(赤の巻)(10/28)   弓蔵 さん
時間を楽しむ・・・それだよね~~。ひとつのことをゆっくりしながら、お腹すいた、とか、眠いとか自然の身体の声をよく聞くこと。単位時間あたりの仕事量とか稼ぐお金とかに支配されないこと・・・なかなか現実にはできませぬ(笑) (2008年10月28日 06時41分26秒)

Re:ワインの仕込み第二弾!(赤の巻)(10/28)   来楽暮 さん
時間がゆっくり流れてるのが、空気で伝わってきますね(*^_^*)
こんなところでのんびりできるのが目標です。
元気になられて一安心(^_^)v (2008年10月28日 10時37分47秒)

Re:ワインの仕込み第二弾!(赤の巻)(10/28)   ぜん さん
やっぱりルーマニア料理みたいのあるんですね! 
とうもろこしのやつはママリガそっくり(^^ゞ
かけるソースも我が家の定番に似てますね~
イタリアの親戚に今度聞いてみよう (2008年10月28日 19時26分48秒)

Re:ワインの仕込み第二弾!(赤の巻)(10/28)   花 ~ さん
大自然の中で ゆったりと葡萄を摘んで ワイン作り
マエストロから受け継いで 技術が次の世代へ また次の世代へ ・・
そうやって 仕事も生活も伝統も 永遠に続いて行くんですね  (2008年10月28日 20時56分09秒)

Re:ワインの仕込み第二弾!(赤の巻)(10/28)   みよ吉♪ さん
イタリアも収穫の時期ですね。
ドキドキワクワク。

丹精こめた収穫物はなんて愛おしいんでしょうね。^^
作業の後のご飯も美味しそう! (2008年10月28日 22時01分15秒)

スローフードな暮らし   スタッカート さん
わたくしも目標にしております。なかなか時間を楽しむまで行きつかず時間に追われるような毎日ですが、少しでもスローフードなスピリッツを。。。と思います。
日々の生活の中でも出来ることってずいぶんありますよね。

トリノのサローネレポートも楽しみにしております。
リミンさん、くれぐれも御身お大切に!
(2008年10月29日 16時21分13秒)

Re:ワインの仕込み第二弾!(赤の巻)(10/28)   じゅんぺい1960 さん
無農薬の健康なブドウがおいしいワインになっていくんですね。そしてポレンタっておいしそうですね~。 (2008年10月29日 21時31分18秒)

Re:ワインの仕込み第二弾!(赤の巻)(10/28)   chiecororin さん
こんにちは! 久々です☆

素敵なイタリアの日常。
こうして、我が家にいながら拝見させていただけるのは、本当に贅沢だと感じています。

あらためて、ありがとうございます。

松露(しょうろ)は、

私の住んでいるこの松林で、
幼少期には、たくさんありました!

だから、葡萄の松露風を拝見して、
とても感激しました。

ずっと、松林の松露は絶滅していましたが、

最近、復活活動をしていて、

秘密の一角に菌を植えて育成していたんです。
町内会長さんが熱心で。。。

ちゃんと復活した松露は写真に今年の5月頃撮りましたが、
その直後、密漁されてしまいました。

心無い人もいるのが現実なんですよね。

でも、松林がある限り、

やはり、幻の、松露、

大切に復活させて、

もう一度、幼い頃のように、

香りを楽しみたいです。

スローライフ、スローフード、

riminさんのテンションは、
こうしてブログからすごく感じます。

ヨーロッパの、自然と同化した広い視野を、
もっと見習いたいと思います。 (2008年11月03日 08時30分12秒)


© Rakuten Group, Inc.