000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

里山暮らし、ときどきヨーロッパ・ロングステイ

PR

プロフィール


rimin(リミン)

フリーページ

コメント新着

花(*^^*)@ Re:あの日‥3.11(03/12) リミンさんの事 大変驚いております  …
ソク妻@ ご愁傷さまです。 ご無沙汰しておりました。来楽暮さんから…
【まっち】@ Re:あの日‥3.11(03/12) ★お知らせ 中川(勝山) 璃々 今年、3月14…
さつき@ はじめまして! ブログ読ませて頂きました。 私は今 都内…
rimin(リミン)@ Re:なぜか、投票行って天ざるなの(07/18) 小池百合子候補の『病み上がりの人』とい…

カテゴリ

バックナンバー

2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2014年01月11日
XML
ウチの鰹節.jpg
我が家の鰹節削り器。 その昔、私がアパート暮らしを始めた20歳代の時に買ったものです。

昨年12月、ユネスコの無形文化遺産に登録された「和食」ですが、
その味を決めるのが「みそ」「しょうゆ」「みりん」、
そして「昆布」「鰹節」といった出汁(だし)です。
どれも発酵食品で、こうした「うまみ」がつまった調味料は、
実は知られざる、ある<カビ>によって、もたらされています。
アスペルギルス・オリゼ(日本麹カビ/A・オリゼ)です。

今から千年ほど前、日本人は、自然界に漂う何億種類のカビの中から、
A・オリゼを抽出する方法を世界で初めて編み出しました。
鎌倉時代には、蒸し米の上でカビを育て、どこにでも運べる「カビの種」を
作る種麹屋(たねこうじや)が現れたと云います。
種麹屋はいわば「世界最古のバイオビジネス」でしょう。


日本麹カビは、いまでは和食になくてはならない存在。
スローフード秦野でも「落花生味噌」を作るときに使用する
米麹を手作りしています。(余ったら塩麹も作れるし)

かつおぶし1_1.jpg
かつおぶし2_1.jpg

本日ご紹介する鰹節も、A・オリゼがもたらしてくれる幸せです。
鰹を茹でて干したなまりぶし、それを燻製にした荒節(あらぶし)
荒節にカビを付けることにより水分を抜いて熟成を繰り返した枯節。
枯節(かれぶし)には「うま味」成分が凝縮されています。

秋の松茸の土瓶蒸しから始まって、
お正月のお雑煮、鍋料理、七草粥まで
我が家の鰹節削り器の出番は多いです。
と、いっても、鰹節削るのは、たいていウチの彼なんですが‥ウィンク
日本の「和食」は「季節感」の幸せ。
寒い毎日ですが冬の季節を楽しみたいものです。手書きハート






最終更新日  2014年01月11日 16時38分07秒
コメント(0) | コメントを書く
[スローフードな暮らし] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.