1149347 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

里山暮らし、ときどきヨーロッパ・ロングステイ

PR

X

プロフィール


rimin(リミン)

フリーページ

コメント新着

秦野市民@ Re:あの日‥3.11(03/12) 訃報を聞いて、ショックです。あまりのシ…
morikana5625genkimorimori @ Re:介護保険★手づくりの幸せレシピ パート2(03/07) 医師の常識は世間の非常識。医師の非常識…
花(*^^*)@ Re:あの日‥3.11(03/12) リミンさんの事 大変驚いております  …
ソク妻@ ご愁傷さまです。 ご無沙汰しておりました。来楽暮さんから…
【まっち】@ Re:あの日‥3.11(03/12) ★お知らせ 中川(勝山) 璃々 今年、3月14…

カテゴリ

バックナンバー

2021年09月
2021年08月
2021年07月
2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2016年02月28日
XML
バール31.jpg
ウンブリア州・アメリアのバール (撮影:勝山稔)
新聞を読んでいたら、ちょっと心温まる記事を見つけた。
●イタリア発祥、見知らぬ人に善意の一杯‥カフェで客が1杯のコーヒーを買う時、お金のない誰かのためにもう1杯分の料金を払うささやかな善意のリレー制度。
店は、お金に余裕のない人から申し出があった場合、この資金を使ってコーヒーを無料で提供する。
申し出に証明は不要で、客との信頼関係で成り立つ。イタリアのカフェで数年前に始まり、ほかの国々にも広がったというもの。


バール21.jpg
(ピノッキオと遊ぶ村コッローディのバールです。撮影:中川璃々)
イタリアはカフェじゃなくバールっていうんだけど、もちろんコーヒーも飲めるし
軽食もあってお酒も飲める。アイス、お菓子や子供の玩具まで売っている。
場所によってはバスの切符もここで買える。要するに昔のよろずやさんみたいなものね。
そういえばイタリアのバールにはこんな制度があるって聞いたことあるよな〜と、新聞を見て思いだした。私は参加したことがないけど、どんな辺鄙な村に行っても必ず小さなバールがあって、時として村の人達が当番制で営業していたっけ。
車イスのおじさんも楽しそうな笑顔でカードゲームを店先でやっていたし、助け合い精神が根付いていると感じたものだった。


バール11.jpg
ウンブリア州・アメリアのバール (撮影:勝山稔)
この「恩送りコーヒー」が世界で静かなブームとなっている。
気軽に参加できる善意のリレーは少しずつ形を変えながら、日本でも広がっているようだ。たとえば、世田谷区・珈琲店の「恩送りカード」に書き込むのは、
コーヒーを12杯飲んでスタンプをためた客だ。
1杯のコーヒーを贈りたい人の特徴をカードに書いて壁に張る。条件に合う人が代金を払わずに1杯ごちそうになり、同じカードにひと言、感想をつづる。
同じ1杯でも、そばやうどんを贈る店も現れた。
北海道の飲食店、600円の天うどんを食べれば残りの400円は見知らぬ人の掛けうどん代になる。
「だれかにゴチする飯」から「ゴチメシ」と名付けた。恩を受け取るのは主に地元の中高生だ。「これは誰かの善意なんだよ」店主はそう伝えている。 (朝日新聞)

ふーむ、日本でやると、なぜかこうなっちゃうのよね〜
コーヒーを12杯も飲まないとダメだし、店主の説教?らしきものを聞かないとダメだし‥しょんぼり
善意のリレーと謳うからには、もう少しサラっと粋にやって欲しいのよね〜
気軽に参加できて誰かの役に立つ、何か良い方法がないかしら?






最終更新日  2016年02月29日 01時26分27秒
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.