1007500 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

里山暮らし、ときどきヨーロッパ・ロングステイ

PR

プロフィール


rimin(リミン)

フリーページ

コメント新着

秦野市民@ Re:あの日‥3.11(03/12) 訃報を聞いて、ショックです。あまりのシ…
morikana5625genkimorimori @ Re:介護保険★手づくりの幸せレシピ パート2(03/07) 医師の常識は世間の非常識。医師の非常識…
花(*^^*)@ Re:あの日‥3.11(03/12) リミンさんの事 大変驚いております  …
ソク妻@ ご愁傷さまです。 ご無沙汰しておりました。来楽暮さんから…
【まっち】@ Re:あの日‥3.11(03/12) ★お知らせ 中川(勝山) 璃々 今年、3月14…

カテゴリ

バックナンバー

2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全282件 (282件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 29 >

リミンブログの12の考察

2016年10月12日
XML


1番目の星にいた自分の体面を保つことに汲々とする王様

2番目の星にいた賞賛の言葉しか耳に入らない自惚れ屋

3番目の星にいた酒を飲む事を恥じ、それを忘れるために酒を飲む呑み助

4番目の星にいた夜空の星の所有権を主張し、その数の勘定に日々を費やす実業家

5番目の星にいた1分に1回自転するため、1分ごとにガス灯の点火や消火を行なっている点燈夫

6番目の星にいた自分の机を離れたこともないという地理学者

そして6番目の星にいた地理学者の勧めを受けて、王子さまは7番目の星、地球へと向かう。
地球の砂漠に降り立った王子は、まずヘビに出会う。


王子「ぼく、何という星に落ちてきたのかな」
ヘビ「地球だよ。アフリカだよ」 
王子「人間たち、どこにいるの? 砂漠って少しさびしいね」
ヘビ「人間たちのところにいったって、やっぱりさびしいさ」

子供の頃に読み、学生時代にも読み、社会人になってからも読み、
何回も読んでるはずなのに‥砂漠が美しいのはどこかに井戸を隠しているからだいう言葉に絶句する。
この場合、井戸とは言っても現実の井戸でもなければ水でもない。疑いもなく精神的な水だった。
「目では何にも見えないよ。心で探さないとね」と、作者は王子に言わせている。
隠れた井戸を探そうとする人間たちを想いながら、私は夜中に号泣する‥。

作者のサン・テグジュペリは、フランス軍のパイロットだった。
空から見た地球・砂漠や人間の暮らしはどんな風に見えたのだろう。
彼は1944年、サルデーニャ島のアルゲーロからコルシカ島に移動し、グルノーブル地方偵察の目的で離陸したまま行方不明になっている。
そして、2003年、マルセイユ湾にて搭乗機の製造番号を確認された。
詳細はいまだに分かっていない。

余談ですが、この本は日本の美智子妃殿下の愛読書としても広く知られています。

かつて、美智子妃殿下に、この物語の中で一番お好きな人は誰ですか?と伺ってみたところ、

『それは5番目の星にいた点燈夫です。彼だけがみんなのために働いています』と

お答えになられたそうです。

ちなみに、伺ったのは、「星の王子さま」でおなじみの翻訳者・内藤濯さんです。

60年代末のパリやプラハの学生たちは、キューバ革命のチェ・ゲバラの肖像を旗印として闘った。ゲバラとカストロが掲げた「富と資源の分配」「貧困や人種差別の根絶」勇気凛々とした二人のリーダーの言葉は世界中に反響して「ドン・キ・ホーテ」と「星の王子さま」が住む世界に思い焦がれる私たち若者を夢中にさせた。(NHK新・映像の世紀より) 






最終更新日  2016年10月13日 14時32分51秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年07月18日
手拭い.jpg
「写真は神田・藪でお配りした手拭い。粋ですね〜」

ちょっと面白い話を新聞で見つけたので、軽くご紹介。
『とがった言葉でなくても』
今回の参議院選挙前、ツイッター画面には護憲派の熱い言葉が並んだ。
安倍政権にこれ以上、議席を与えると大変なことになる、だから投票にいこう、と。
微力でも声をあげなければというせっぱ詰まった気配がどの言葉にも宿っていた。
しかし結果はご存じの通り。

今回の選挙を戦う中、ツイッターで多くの人が引用した歌詞がある。
モーニング娘の2001年のヒット曲「ザ☆ピ~ス!」の中で
「選挙の日ってウチじゃなぜか投票行って外食するんだ」という一節。

サビでもないのに、今も生きている言葉だといえる。十年以上前の歌なのに、この一節が大勢の口をついて出たのは、そういう口調で選挙というものを取り扱いたいという気持ちが誰しもあったということだ。

投票日を「選挙の日」と呼ぶ感覚や「外食」と結びつけてカジュアルな営みに
真面目さのスパイスを利かせているところがまずは印象的だ。
重く考えず『レジャーのついでくらいの気楽さで投票しようよ!』がすごくカッコいい。
ウチの家族が仲が良い(外食する)ことと、
社会にコミットしている(投票する)ことの両立が描かれ、
主人公はそれに対し「いい」「悪い」ではなくて「不思議」と感じている。
棒の先をとがらせるのではない、吸盤で吸い付く矢のような楽しさで我々の心に何かを残した。
そうだ、とがった言葉でなくても、まだできる言葉の工夫はある☆

「朝日新聞・夕刊(末端時評)より抜粋&編集しました」

で、ここからが本題。
そういえば、私が若いころから、ずっーと、選挙の日は一族郎党?打ち揃い、
投票が済んだら近所のお蕎麦屋さんで「ざるそば」なの。
ざるそばだけじゃ、ご馳走感がないせいか、なぜか、みんなで「天ざる」を頼んで、もちろん、お酒が飲める人は お銚子付きで。飲めない人は蕎麦湯を楽しみにして。だし巻玉子や板わさがある店もあったりして。
だから投票は、ちょっと早めの夕方にして、大人たちは出口調査の話やらで盛り上がる。

池波正太郎が愛した蕎麦屋の風情‥ 
『初冬の、鴨なんばんが出始めるころの、平日の午後の浅草に行き、ちょっと客足が途絶えた時間の並木の「藪」の入れ込みにすわって、ゆっくりと酒を飲む気分はたまらなくよい』とあって、
憧れの蕎麦屋の風情とは、ちょっと違うが、母が生きていた頃の「選挙の日」は、あれはあれで楽しかった。

そして、池波正太郎をまねして、蕎麦屋の帰りは必ずお饅頭を買って家に戻った。
神田「竹むらの揚げまんじゅう」とはいかなかったが、私が引っ越し先でまずやることは、旨い蕎麦屋とお土産にしたいと思う和菓子を探すことになっていた‥。

今月ラストの日曜日、東京都の知事選があるようだ。
私は神奈川県民だから、投票&お蕎麦屋さんの愉しみはないけれど、
都民の皆さんは、投票&何か美味しいモノの企画が楽しめるんだ~、いいな~手書きハート






最終更新日  2016年07月19日 01時33分38秒
コメント(1) | コメントを書く
2016年03月10日
3.11.jpg
奇跡の一本松‥‥リベラが歌うジュピター〜未来への光〜 浅田真央と子供たち 
♪命のかぎり 希望を胸に 未来への光を 輝かせよう 輝かせよう♪


また、日常が突然断ち切られた「あの日」がやって来る。 
五年前、突然、脳出血で倒れた私は病院で手術をしたばかりだった。

ベットの中で余震におびえながらも、これからの「社会の豊かさ」は人々が幸福になるための条件を持っているかどうかという、新しいモノサシが必要になるだろうとも思った。
みんなで全力疾走するうちに、効率性を最優先して、限りある資源やエネルギーを消費し続けてきたツケを支払わなくてはならない‥       
回りをみても罪悪感のようなものがあちこちで生まれ始めていた。
もちろん、たとえ望んだとしても私たちは、後戻りは出来ない。
それでも、いい空気と水、豊かな生態系が周りにあれば、家族そろってご飯を食べるという本当の人間らしい暮らしは出来ると思う。
私たちの未来は、人間も含めた自然との調和の中にしかありえないと思うから。
命は自分のものだけではなくて、過去と未来をつなぐもの。
「ああ、生まれて来てよかった」という想いを未来を繋ぐ子供たちに残してあげたい。
というものの、いまの私には、ささやかな募金と記憶にとどめて、せめて忘れないようにしようとすることぐらいしか出来ないのだけれども‥
浅田真央選手は、私に「諦めない」という希望の光を与えてくれる。






最終更新日  2016年03月12日 10時53分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年02月28日
バール31.jpg
ウンブリア州・アメリアのバール (撮影:勝山稔)
新聞を読んでいたら、ちょっと心温まる記事を見つけた。
●イタリア発祥、見知らぬ人に善意の一杯‥カフェで客が1杯のコーヒーを買う時、お金のない誰かのためにもう1杯分の料金を払うささやかな善意のリレー制度。
店は、お金に余裕のない人から申し出があった場合、この資金を使ってコーヒーを無料で提供する。
申し出に証明は不要で、客との信頼関係で成り立つ。イタリアのカフェで数年前に始まり、ほかの国々にも広がったというもの。


バール21.jpg
(ピノッキオと遊ぶ村コッローディのバールです。撮影:中川璃々)
イタリアはカフェじゃなくバールっていうんだけど、もちろんコーヒーも飲めるし
軽食もあってお酒も飲める。アイス、お菓子や子供の玩具まで売っている。
場所によってはバスの切符もここで買える。要するに昔のよろずやさんみたいなものね。
そういえばイタリアのバールにはこんな制度があるって聞いたことあるよな〜と、新聞を見て思いだした。私は参加したことがないけど、どんな辺鄙な村に行っても必ず小さなバールがあって、時として村の人達が当番制で営業していたっけ。
車イスのおじさんも楽しそうな笑顔でカードゲームを店先でやっていたし、助け合い精神が根付いていると感じたものだった。


バール11.jpg
ウンブリア州・アメリアのバール (撮影:勝山稔)
この「恩送りコーヒー」が世界で静かなブームとなっている。
気軽に参加できる善意のリレーは少しずつ形を変えながら、日本でも広がっているようだ。たとえば、世田谷区・珈琲店の「恩送りカード」に書き込むのは、
コーヒーを12杯飲んでスタンプをためた客だ。
1杯のコーヒーを贈りたい人の特徴をカードに書いて壁に張る。条件に合う人が代金を払わずに1杯ごちそうになり、同じカードにひと言、感想をつづる。
同じ1杯でも、そばやうどんを贈る店も現れた。
北海道の飲食店、600円の天うどんを食べれば残りの400円は見知らぬ人の掛けうどん代になる。
「だれかにゴチする飯」から「ゴチメシ」と名付けた。恩を受け取るのは主に地元の中高生だ。「これは誰かの善意なんだよ」店主はそう伝えている。 (朝日新聞)

ふーむ、日本でやると、なぜかこうなっちゃうのよね〜
コーヒーを12杯も飲まないとダメだし、店主の説教?らしきものを聞かないとダメだし‥しょんぼり
善意のリレーと謳うからには、もう少しサラっと粋にやって欲しいのよね〜
気軽に参加できて誰かの役に立つ、何か良い方法がないかしら?






最終更新日  2016年02月29日 01時26分27秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年01月01日
朝焼け富士1.jpg
我が家の窓から見た朝焼け富士山 
本年もどうぞ宜しくお願い致します
2016年 元旦

美味しいお雑煮と花びら餅を食べて、
お正月が平和に過ぎていく。感謝手書きハート
皆様にとっても実りある一年でありますように‥。






最終更新日  2016年01月01日 20時40分47秒
コメント(2) | コメントを書く
2015年11月16日
今年の夏は『葦牙』という雑誌に「砂漠のブルース」というエッセイを書いたのですが、、
“同時多発テロ以来、他国に対するアメリカの強引な軍事攻撃と内政介入は反米意識とテロを世界中に撒き散らすことになってしまった。
憎しみの連鎖が止まらない。
世界中が混迷を極めている今、本当に音楽で革命が起こすことが出来るのか?

◎ドキュメンタリー映画『トゥーマスト〜ギターとカラシニコフの狭間で〜』
(2010年、スイス、監督:ドミニク・マルゴー)
『反米色の強いカダフィの構想と理論に共鳴して、傭兵として訓練を受けに行った一人のトゥアレグ族の若者がいた。彼がこのキャンプで手にしたものはカラシニコフ (自動小銃)と西洋文化や音楽であり、革命理論や戦術を学ぶと同時に一本のギターを手にすることになる』

これを書きながらふと思った。
同時多発テロが起こるとすれば‥
アメリカ(ニューヨーク)の次はフランス(パリ)かもしれない。

※『葦牙』第41号(2015.7) 特集◆戦後七〇年をふり返る(同時代社)¥1,944

小粋で生き生きしている街・パリ
paris1.jpg
私たちが滞在したのはルーヴル美術館の真裏にある小さなホテルでした。
部屋の掃除や洗濯、タクシー運転手さん、ゴミの清掃車、街の掃除など下働きの人はほとんど黒人で、パリの白人社会を支えているのはアフリカ、中東、一部アジアから来ている人(あるいはその二世)の人達でした。

paris211.jpg
それでもエトランゼにとってパリは素敵な街。永遠の憧れの都。ゴミ箱や公衆電話ひとつとっても何故か絵になる。行って見てフランス映画が素敵な訳が分かるような気がしたものです。(写真はアランドロンではなくウチの彼で失礼)
paris31.jpg
クリスマスが近い時期だったのでシャンゼリゼ通りのイルミネーションがシックでしたのに‥
テレビの映像を見るたびに言葉もありません。
一日も早くパリの皆さんの心の灯が燈りますように‥‥‥黙祷‥‥‥

『ふらんすへ行きたしと思へども
ふらんすはあまりに遠し
せめては新しき背廣をきて
きままなる旅にいでてみん。』萩原朔太郎
今ではジェット機でひとっ飛びのパリですが、
朔太郎が詠ったようにパリに対する慕情は変わりません‥。

 paris.jpg






最終更新日  2015年11月17日 10時39分33秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年11月10日
浅田真央さん、グランプリ中国杯優勝おめでとうございます星

イタリアの解説で『浅田真央はジャンプだけではない、いってみればホールパッケージ』だ、と言っていました。
そして『エッジエラーを取られる人、見逃される人も決まっている。厳しくやるなら公正にやらないと。もし、この基準を使うなら、他の選手にも使わないと。当然、フリップとルッツ両方のケースをね。』とも。
そして、そのイタリア動画は翻訳があったのに、
公正うんぬん部分の翻訳は削除されていました。びっくり
なぜかしら?
見逃される人の筆頭に日本のH.Rの名前があったせいかなぁ?と思いながら‥
本当に不気味です。怒ってる
それにしても、日本のテレビもこれぐらい本当の事をきちんと言える解説者を呼んで欲しいとつくづく思う。

真央さんは、自分が納得する演技で「フィギュアの総合芸術」を魅せて下さい 手書きハート
mao31.jpg
※ホール・パッケージ=表現力・ジャンプ・ステップ・スピンなど全てのスケーティング・スキルにおいて素晴らしいという賞賛の言葉だそうです。






最終更新日  2015年11月11日 14時00分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年08月05日
ラスカ11.jpg

かれこれ一カ月くらい前の話なのですが、バンドネオン奏者・小松亮太さんのコンサートでしみじみタンゴはいいな~と思いました。
連日、暑くて、ご無沙汰しています。
小田原市民会館で開催された【ラスカ小田原開業10周年ガラ・コンサート】の話です。
小松亮太さんが『今日は、これぞタンゴだ!と盛り沢山の内容でお届けします』と言ったほど、アルゼンチンタンゴありコンチネンタルタンゴあり、そしてオリジナル曲の紹介もありでサービス満点。
『タンゴを好きな人は、なぜかフィギュアスケートも好きなんですよね』by小松亮太、と言っていましたよ。
『ラスト・タンゴ・イン・パリ』で幕を開けて、『アディオス・ノニーノ』『黒い瞳』『ポル・ウナ・カベーサ』などなど‥
コンチネンタル・ タンゴの『碧空』『ジェラシー』もありましたが、途中、小松亮太さんからこんなクイズ?が。
『皆さんご存知のジェラシーという曲を作曲した人は何処の国の人でしょう?』という質問です。
会場から正解は出なかったのですが‥
『宿題にしておきますから家に帰って調べて下さい』とのことでした。
私は宿題を片付けましたが、興味がある人は調べて下さいませ。
ヒントは北欧の人でした。
シニアのお客さまが多かったので、日本人が作ったタンゴ、服部良一作曲『夜のプラットホーム』懐かしく聴いた人も。
そして、クライマックスはやはりアストル・ピアソラで大盛り上がり、ラストは『ラ・クンパルシータ』で締めて、タンゴ三昧の幸せなひとときでした。
そうそう、今はタンゴの主役楽器として定着しているバンドネオンは、実はドイツの楽器だったのですね〜
ラスカ21.jpg
おまけの話
映画『セント・オブ・ウーマン』
アルパチーノとガブリエル・アンウォーが踊るタンゴのシーンは名場面だった。
アルパチーノ扮する(盲目の元軍人)老人と、たまたま相席になった優しい美女が踊ったアルゼンチンタンゴ「ポル・ウナ・カベーサ」かっこよくてタンゴ好きなら必見です。

で、フィギュアスケートでタンゴを踊るといえば、
もちろんこの人、日本が誇る高橋大輔! 
今年の二月、スイスで開催されたアイスショーの動画をお借りしました。
動画を見ると、さすがヨーロッパ、アイスショーはオペラやバレエと同じように大人が愉しむものなんですね。
(高橋大輔『ブエノスアイレスの春』Art on Ice , チューリッヒ、スイス 2015年2月)
※もともとアルゼンチンで生まれたタンゴは踊るための伴奏であり分かりやすい楽曲。
パリに音楽留学していたピアソラは、そこにバロックやジャズのエッセンスを取りいれて独自の音楽を生み出した。
しかし、それまでのタンゴから逸脱していたため「踊れないタンゴ」として評判が良くなかった。そのため、ピアソラの音楽は、当初、ニューヨークなどあまりタンゴと関係ない街で評価されたという。
誰でもパイオニアになるというのは大変なコトなんですね。
今、日本のフィギュアスケートのパイオニア・高橋大輔さんが留学しているのもニューヨークというから、楽しみですね〜。


そして、先週、開催された浅田真央アイスショー『THE ICE 2015』で、最近ぐっと女っぷりが上がった浅田真央が踊った「ポル・ウナ・カベーサ」も、フィギュアスケートにおけるタンゴの絶品だったらしいですよ!手書きハート
真央さん、今度は大輔さんとタンゴ・コラボはいかがでしょうか。観たいな〜
まおタンゴ.jpg

例えばこんな風に‥ハート日本人ではちょっとハードル高いかしら?(笑)ウィンク
ウィンク






最終更新日  2015年08月08日 20時09分24秒
コメント(1) | コメントを書く
2015年06月04日
先日、朝日新聞で、ちょっと気になる記事を見つけました。
『アルゼンチンで67年の歴史を持つ日本語新聞が存続の危機に直面している』というものです。
アルゼンチンと言えば、このリミンブログで何度もご紹介したことがある
「タンゴな夫婦」‥タンゴつながりで結婚して、今はブエノスアイレスで暮らしているご夫婦ですが、何と、ご主人は日本の大手新聞社にいらした方なんですよ。
で、タンゴ、ブエノスアイレス、新聞社、三つのワードが私の中で重なって
思わず切り抜いてしまった記事をご紹介します。

【南米アルゼンチンで67年の歴史を持つ日本語新聞が、存続の危機に直面している。
日本語が読める日系人口の減少に加え、記事を執筆してきた日系1世の記者が相次いで他界し、窮状に拍車が掛かった。
首都ブエノスアイレス、町の路地の一角に、同国唯一の日本語新聞「らぷらた報知」の社屋がひっそりと立つ。
命名は首都横を流れるラプラタ川に由来する。
日本語人口が減るにつれ、経営は悪化。60年から事務で働く1世の花城勝さん(77)は
「1世が1人亡くなると購読が1部減る」と嘆く。
掲載するのは、日系社会の出来事や訃報、イベント案内など。
70年代には週3回、3千部を発行していたが、今は週2回で約800部。
20人ほどいた社員は数人に減り、毎日出社するのは花城さんだけになった。
地元日系団体によると、同国の日系人は約5万4千人。1世は1割未満だ。
昨年11月、日本語で記事を書いてきた80代のベテラン記者2人が、相次いで他界。いま同紙を支えるのは、約2年前から仕事を手伝ってきた郷田まみさん(35)だ。「長い歴史の新聞をなくしたくない。できる限り力になりたい」
 日系2世の比嘉アントニオ社長(80)は「部数減は時代の流れ。廃刊してもおかしくない状況だ」。
それでも、スペイン語のページを設けるなど存続の道を探る。
「新聞がないと困ると言う人が今もいる。小さな新聞でも、果たす役割は大きいんです」(ブエノスアイレス=田村剛)朝日新聞】 


タンゴの靴1.jpg
「タンゴな夫婦」のご自宅に飾ってあった3センチ位のタンゴ靴のミニチュア
一応、ステップ風に置いたつもりです

幸せそうに踊る二人1.jpg
幸せそうに踊る高橋大輔さんと浅田真央さん‥ずっーと観ていたい手書きハート
今は、大輔さんはアメリカに留学、真央さんは選手に復帰、ですが
離れている時間が愛を育てる?そんな作品がまた観たいな〜☆

そんなこんなで、バンドネオンが聴きたくなり
久しぶりに、バンドネオン奏者・小松 亮太のコンサートに行くことにしました。
そういえば、病気で倒れて以来、コンサートなどに行くのは4年ぶりです!楽しみ〜


ラスカチャリティコンサートNo.126
【ラスカ小田原開業10周年ガラ・コンサート】 
ラスカ小田原は、開業10周年を記念してチャリティコンサートを開催します。
小松亮太「キングオブタンゴ」 
第1部 宝塚歌劇団で男役スターとして活躍していた彩吹 真央
第2部 バンドネオン奏者・小松 亮太のスペシャルプログラムでお贈りいたします。
10週年を華やかに彩る、記念コンサートをお楽しみください。
・7月11日(土)開場15:30 /開演16:00
・会場:小田原市民会館大ホール
・入場料:1,000円(全席指定)

※チケットぴあでの発売はございません。
※1回のご購入は、お一人様4枚までとさせていただきます。
※未就学児の入場はご遠慮ください。
※お電話でのチケット予約・発売は、承っておりません。
※このコンサートの入場料は、すべて小田原市に寄付させていただきます。
 (コンサートの入場料1,000円(全席指定)は全て小田原市に寄付なんですって‥粋だね〜)






最終更新日  2015年06月05日 11時54分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年04月14日
キリンビバレッジ+グリコポッキー.jpg

今の時代、大きな贅沢は難しい、ですが‥
従来のお菓子+α程度の価格であれば、日常の中のちょっとした贅沢、今日一日頑張った自分へのご褒美として、美味しいお菓子でゆっくりお茶でもしようかという気になりますね。

そういう世相を反映してか、ポッキーや贅沢パイなど、定番よりもワンランク上の素材(抹茶、カカオ、発酵バターなど)を使う、甘味控えめ、高級・上質イメージを謳う商品が、今、大人気みたいです。
売り場でも、お菓子は子供のモノというイメージを払拭して、いまや大人のお菓子が陳列台にズラリと並ぶ時代なんですね。

そこに物語性があればもっといいという訳なのでしょうか、
キリン午後の紅茶+グリコポッキーがコラボしました。
企業の壁を越えて、王子様とお姫様が手を繋いでいます。
パッケージの色もいいし、紅茶とポッキー両方口に入れるとアップルパイの味になるアイデアがセンスある!

残念なのは、せっかくのコラボ商品なのに、
私の街では、並べて売っているところが無かったことです。
だから友達に教えてあげても、どこにもないか、あっちの店には○○、こっちの店には○○と両方買えなかった人が続出でした。
メーカーさん、コーナーを作って並べたらもっと話題になって売れたのに‥。

女はいくつになってもお姫様、
いつか王子様が迎えに来る物語が好きなもんなのよね〜手書きハート

上の写真の中に高橋大輔さんのシャルウィ?エクセレントが見えるでしょ?
ウチでは『大ちゃんクッキー』と呼んでいて、
コラボ商品の王子様は大輔さん、お姫様は浅田真央さんと思いながら飾っています。








最終更新日  2015年04月14日 21時35分34秒
コメント(0) | コメントを書く

全282件 (282件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 29 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.