1007169 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

里山暮らし、ときどきヨーロッパ・ロングステイ

PR

プロフィール


rimin(リミン)

フリーページ

コメント新着

秦野市民@ Re:あの日‥3.11(03/12) 訃報を聞いて、ショックです。あまりのシ…
morikana5625genkimorimori @ Re:介護保険★手づくりの幸せレシピ パート2(03/07) 医師の常識は世間の非常識。医師の非常識…
花(*^^*)@ Re:あの日‥3.11(03/12) リミンさんの事 大変驚いております  …
ソク妻@ ご愁傷さまです。 ご無沙汰しておりました。来楽暮さんから…
【まっち】@ Re:あの日‥3.11(03/12) ★お知らせ 中川(勝山) 璃々 今年、3月14…

カテゴリ

バックナンバー

2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全181件 (181件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 19 >

どんなもんだい鶴巻温泉

2012年06月13日
XML
あじさいの季節1.jpg
「ウチの裏山‘弘法山’」

お久しぶりでしょ?「ウチの裏山・弘法山」
木漏れ日の木立も素敵だけれど、雨に霞む木々や
雨に濡れたアジサイも、しっとりした風情があって大好きです。

あじさいの季節2.jpg
「雨に霞む弘法山(権現山)の展望台」

梅雨の季節は、洗濯物が乾かなくて鬱陶しい日々が続くけれど、
アジサイの季節がまた来るんだなーと、楽しみもあります。
雨の合い間をみて、ウチの裏山・弘法山までドライブします。

入院していたとき、一番、懐かしかったのがウチの裏山です。
実は、私がお世話なったリハビリ病院は、山の中にありまし
たが、それでも、私の弘法山が恋しかったです‥。

あじさいの季節3.jpg
田植が終わって梅雨の季節に‥

田植えの季節は、恵みの雨が降る。
山から滲みだす一滴の水が、いつしか小さな流れとなって
森を潤し里山へ。
大地の恵みは私達においしい幸せを届けてくれる。
雨の日は、感謝のときでもあります。手書きハート

あじさいの季節4.jpg
緑水庵の炭焼窯と額アジサイ

日本が戦後60年の間に捨ててしまったもの、
急激に私達の暮らしから消えてしまった
自然や人情も含めた大切なモノの数々‥

秦野の緑水庵と、蓑毛自然観察の森へ行くと
思い出すものがたくさんあります。
ぜひ、秦野にいらして下さいね。ハート






最終更新日  2012年06月13日 12時02分45秒
コメント(1) | コメントを書く
2012年05月30日
1緑の季節.jpg
ようこそ丹沢「黒門前」懐かしい店

登山のシーズンの幕開けを告げる
山開き式(4月22日)からそろそろ一ヶ月。
丹沢の風は心地よく、緑の季節の到来です。

ふるさと1a_1.jpg
ようこそ丹沢・山歩き

登山といえば、中高年の皆さんが多いと思っていましたが、
今年は大勢の若い人たちの姿が目につきます。
不思議に思って、いちど、若い方にインタビューしたいです。

2ふるさと.jpg
ふるさと公園にある水車

かつては日本人の誰もが知っていたにちがいない
緑なす山にきれいな水の川、野原に咲く小さな花、
涼しい風が吹きわたりウトウト安堵する懐かしい場所。

3ふるさと.jpg
田植えをする人

ここ何十年かで、急激に私達の暮らしから消えてしまった
自然や人情も含めた大切なモノの数々‥
これからも、夫と二人で探していこうと思います。






最終更新日  2012年05月30日 14時53分23秒
コメント(2) | コメントを書く
2012年05月03日
こいのぼり.jpg
秦野市・水無川沿いの大きなこいのぼり

今年のGWは、雨続きで、
なかなか五月晴れといかないものですね。
鯉のぼりも雨に濡れて可哀そうなぐらい‥

ウチには鯉のぼりはありませんが、
端午の節句に鶴巻温泉「弘法の里湯」で入る菖蒲湯は、
ちょっと楽しみなものでした。

青々した菖蒲の匂いに、みんなで、
若葉の季節が来たことを喜び合う温泉のひとときです。

「冬至の柚子湯」と同じように「端午の菖蒲湯」もまた
季節感を大事にして、視覚&香りを楽しむ日本の
アロマテラピーなんですね。

それに、もうひとつの楽しみは、、
端午の節句に付き物の「柏餅&新茶」を味わうこと。

柏餅と一緒に八十八夜に摘んだ一番で作った煎茶を淹れて、
我が家のお茶は、もちろん、秦野「わさびや茶園」のお茶です。

かしわもち_1.jpg

そういえば、仕事の関係で京都に住んでいたことがありますが、
京都は‘柏餅’より‘粽’が一般でした。

私は、柏餅を買うことが多いのですが、
粽も大好きで、近所に粽を売っている店が
あまり無いのが少し残念!

ちなみに、粽(ちまき)を食べる習慣は、関西から北陸に多く、
これは北前船が通るコースと重なるそうです。

こいのぼり2.jpg
秦野市・親子で水無川を散歩

5月5日「こどもの日」も近いことだし、
柏餅でゆっくりお茶して、鯉のぼりのある公園でも
散歩に出掛けましょうか。






最終更新日  2012年05月03日 14時37分33秒
コメント(3) | コメントを書く
2012年03月29日
団地の散歩.jpg
散歩道からは「大山」が見えます。

どんどん昼間の時間が長くなり、
木の芽もいっせいに吹いてくる。

この季節、キリスト教の復活祭、イースターのように
「自然をたたえ、生物を慈しむ日」でもあるそうです。

やっぱり春は散歩に出掛けたい。
命の喜びを謳歌したい。

まだ歩行器を使わないと歩けないリミンですが、
おウチから飛び出して、私達が暮らす団地下の道まで
やってきました。

ちょうど梅の花が満開でした。
もうすぐ桜も咲くでしょう。

我が家のダイヤモンド.jpg
我が家の窓から見たダイヤモンド富士

春と秋のお彼岸の中日には、太陽が真西に沈むそうだ。
日没の方角は西方極楽浄土の門へ一直線と聞いて、
思わずウチから見えるダイヤモンド富士を拝んじゃった。

団地の散歩道.jpg

私達の暮らす町は☆欲しいモノはみんなある!
田んぼが広がり、四季折々の花が咲く‥
窓から見えるダイヤモンド富士。

「春だねぇー」
ウチの彼とのんびり言い合う散歩道。






最終更新日  2012年03月29日 15時10分34秒
コメント(3) | コメントを書く
2010年07月19日
古墳のある団地.jpg

リミンの本にも書いたので、知ってる人もいると思うけど
私の暮らす団地には、およそ1500年前の古墳があるんです。
(ウチから歩いて3分、すぐそこの古墳と呼んでいます)

6世紀の前方後円墳で横穴式石室からは須恵器、勾玉
鉄鏃(ヤジリ)や耳輪の他に、スゴイお宝が発見されたとあって
ちょっとした町のニュースになってます。

二子塚古墳.jpg

今日、その第二次発掘調査の現地見学会がありました。
で、例のお宝も公開されるとあって、古墳大好きなウチの彼、
さっそくカメラ担いで猛暑の中、行ってまいりました~

古墳会場看板.jpg

リミンはクーラーがきいたお部屋でお留守番。
先日、古墳展示館の館長さんに会ったときの、
『スゴイものが出たんですよ~』と言っていた
誇らしげな顔が目に浮かんだが‥

猛暑の中、外出はヤメにして、
ぼーっと冷たいお茶を飲みながら手を振った。

お宝って何かな~?
『いってらっしゃ~い。お宝の写真よろしくね』

古墳発掘会場.jpg

二子塚古墳‥神奈川県の遺跡台帳に秦野市No,78として登録されています。
この古墳、盛土はほとんど見られず丘陵先端を利用して
自然のままに築造したと推定されるそうです。
だから団地も小高い丘の上にあるわけですね。

古墳発掘.jpg

噂のお宝とは「銀装大刀」(ギンソウタチ)
全形がそろった形での出土は、
なんと神奈川県で初めての発見だそうです!

古墳発掘2.jpg

銀装大刀の発見はリミンブログ「ウチの下の川」でお馴染み、
「金目川」流域の首長であることを証するところから、
神奈川県域の歴史像に再検討を迫ることになるそうで、
やっぱりスゴイお宝の発見!ということになりますね。

古墳発掘3.jpg

●そうそう、古墳といえば‥やっぱりコレね!
アフリカの風in HADANO
秦野の古墳でコンサート
秦野の古墳でピクニック
古墳公園でクッキング(人類が火を使う?!)

アフリカのMusicFoodのご紹介。
我が街「秦野」で本邦初演の幕が開く!
「Slow-Food HADANO」がお届けします。

人類発祥の地アフリカから届く風を
ぜひ、あなたも五感で味わってくださいね♪

作戦会議1.jpg

ハチハチ作戦、開催間近で作戦会議も熱が入ってきました。
多くのお客様に楽しんでもらうために実行スタッフの
真剣なミーティングが続いています。

作戦会議2.jpg

・東京ボランティア市民活動センター
・イベントポスター
・図書館公式サイト
・秦野市広報
・Yahoo地域情報 秦野市立図書館
・Yahoo地域情報 秦野市立古墳公園







最終更新日  2010年07月26日 13時07分11秒
コメント(7) | コメントを書く
2010年05月04日
さくらヒラヒラ.jpg
雪が降っているようにも見えるけど、
舞い落ちているのは桜の花びら。

桜は満開よりも、舞い散るときの方が美しさを感じます。
はかないからこそ愛おしい‥

「花筏」「花の雨」「花曇り」「花嵐」など
あたまに「花」が付くと、川にこぼれ落ちた桜の花も、
曇り空でも、雨が降っても、吹きすさぶ嵐ですら
なんだかとても風情あふれる好ましい情景のような気がしてきます。

「日本のことば」は美しくて季節感がありますね。

さくらヒラヒラ1.jpg

でも「花色」という色は、桜や桃色じゃなくて、
実は青い色なんです。
手書き友禅などの下絵に使う「青花」は露草とも呼ばれます。

水滴を落とせば、すぐに消えてしまう
移ろいやすく、はかなげな青い色‥「花色」
やはり日本人の心を捉える「美」でしょうね。

さくらヒラヒラ4.jpg

そんなことを思いながら、
晩春の里山をそぞろ歩く。
例年のごとく何処にも行かないGW派のリミン宅でございます。

こいのぼり.jpg

で、端午の節句ですもの、
里山の風景の中にある鯉のぼりを求めて
あちこち周ってみましたが、イメージ通りのものが
なかなか見つからない。

こいのぼり1.jpg

昨今、鯉のぼりを立てるお宅も少なくなったのかな。
人手もかかるし、鯉が高く泳げるような広いお庭も必要だし、
何より、それを喜ぶ子供も減ってしまったのでしょうか?

こいのぼり2.jpg

今の季節、大きな川のイベント会場に行けば、
壮大な数の鯉のぼりが見られるとは思うのですが‥

こいのぼり3.jpg

私が望んでいるのは、いろんな物語を連想できる、
里山の普通の暮らしの中にある鯉のぼり。

そんなリミンのわがまま撮影ポイントを探すべく
ウチの彼がロケ班となって奮闘した苦心の数枚は
こんなところでしょうか?!また来年の宿題に~


耳より情報
昨年、好評を博した石窯ピッッア祭り♪
今年も開催いたします。
●湘南いどばたかいぎ/5月号掲載
ピッツァいどばた.jpg
昨年の様子
pizza1.jpg
・5月9日(日) 10:00 ~15:00頃(小雨決行)
・場所:ブルーベリーガーデン「旭」大井町山田643 http://dogu.boy.jp/
・参加費:会員\2000 ビジター\2500(ピザ、飲み物、ジェラート、音楽フィ込)
  幼稚園児(無料)、小・中学生\500、 高校生以上は大人料金

薪割りから、ピッツァ作り、石窯焼体験などのお手伝い、
大人も子供も一緒に遊びましょうね♪
その他、楽しい催しがたくさんありますよ~☆

●秦野の里山や植物の
  心に響く素敵なお話
雑草という名前の草はありません。
全ての植物には名前と役割があるのです‥
語り手は秦野‘山の神様’小泉信治さん(86歳)です。

●チグリ・ハーブさんのミニコンサート♪
 「ブルーベリー畑で風の翼に乗って‥」
 歌(チグリハーブ)、ピアノ(ネイロ)

●メンバーの皆さんがスローフードマーケットを出店します☆
  (無添加ワイン、地場野菜のサラダ、秦野アイス工房、
   ルルドのパン&焼菓子、手作りママの木のおもちゃ等)

主催: スローフード秦野〈公式サイト〉
後援: 秦野市観光協会






最終更新日  2010年05月28日 19時17分21秒
コメント(6) | コメントを書く
2009年03月24日
竹伐り1.jpg
里山も春の香りに満ちてきました。
ほろ苦い山菜は、山が届けてくれる春の恵みです。

竹伐り2.jpg
先日、竹伐りのボランティアのお話をしましたが、
こちらの裏の竹林から不要な竹を伐り出し、
竹炭を焼く「炭焼会」の皆さんの1日です。

竹伐り3.jpg
45度近い急な山道を登って切り出す竹を下で受取り、
枝を伐採して一本の竹にする。
一歩間違うと危ないため、お互い声を掛け合い、
息のあった連携プレイが必要なところです。

竹伐り5.jpg
適当な長さに切り揃え‥
竹伐り4.jpg
何本かに割って‥
内側の節を削り取る根気のいる作業が続きます。
竹伐り6.jpg
不要な枝を燃やすために運んだり、縄を用意したり、
炭を焼くまでに準備することって沢山あるんですね~

秦野市長の古谷さんも陣中見舞いにいらして、
竹伐り昼食.jpg
みんなで食べる昼の弁当は一味違う!
ウチは鮭のお握りと茹で玉子を持っていきましたが、
出された熱いお茶と母ちゃんの漬物が美味しかった~

竹伐り7.jpg

左が竹細工名人の菅沼さん、
竹かご編や竹炭はもちろん山の師匠です。
竹伐り8.jpg

ウチの彼もすっかり弟子のひとりです‥?
竹伐り9.jpg

束が一つづつ増えていきます。
みんなで力を合わせた心の束に見えてきます。
竹伐り9B.jpg
このまま数週間乾かして、
一昼夜にわたり炭窯を燃やすのです。

ハートに火を付け生まれてくるのは、
みんなの努力の結晶である底光りする漆黒。
その炭焼きレポートは次回にまた。

さて、一日の仕事が終わり、山の中のお蕎麦屋さんへ。
石庄庵で焚火を囲んでの打ち上げ会です。
「お疲れさま~」の声が飛び交う日暮れ時、
もうすぐ桜の花びらが舞う季節です。
竹伐りラスト.jpg

●古民家の囲炉裏ばたで食べる
 「秦野の母ちゃんの味」のお知らせ

竹林の裏山がある270年前の古民家は
秦野のMさんのお宅です。
「里山、こんにゃく物語」でご紹介した、
日本のスローフード・無添加コンニャクを手作りしている
二人のお母さんたち。

あの囲炉裏ばたの「母さんの食卓」にご一緒しませんか。
・場所 秦野の古民家Mさんのお宅。
・日時 4月12日(日)午前11時~
(コンニャク作りの見学と秦野のお母ちゃんが作る昼ご飯付)
帰りはコンニャクのお土産と、春の秦野散策を~♪

参加ご希望の方がいらっしゃいましたらリミンの
私書箱までご連絡くださいませ。

ここのところ、なかなか更新もできなくて
ごめんなさい。
皆さま、またお会いしましょうね☆






最終更新日  2009年03月25日 18時20分06秒
コメント(16) | コメントを書く
2008年12月26日
良いお年を.jpg
<ウチの下の金目川>

やっと年賀状を書き終えて少しホッとしているところです。
毎日バタバタ駆け回って、更新も皆様のお部屋への訪問も
ほとんど出来なかった一年でした。

それでもいつも変わらずに、
温かいエールを送って下さったお友達の皆さま
本当にありがとうございます!

ご住所がわかっている方には年賀状を書きました。
感謝の気持ちと、日頃のご無沙汰のお詫びをこめて‥

良いお年を1.jpg
<私が愛する里山の風景>

今年もまた、
秦野に住んでて良かった!と、
あらためて実感する一年でした。

共感する仲間たちと一緒に、
里山のスローフードな幸せをかみしめる‥
感謝の日々の一年でした。

来年もがんばって歩きます。
欲しいモノはみんなある!
そんな「秦野の素敵」を発信します。
これからも、どうぞ宜しくお願い致します。

良いお年を2b.jpg
茅葺き・切妻造りの珍しい山門が残っている「命徳寺

17世紀初期の頃に造られたと推定される市内最古の山門です。
秦野市指定重要文化財になっています。

・本年最後のおまけの話、
茅葺の山門近くにある名店をご紹介!
良いお年を<br />
3.jpg

秦野で一番おいしいと噂の落花生屋さん豆峰
昔ながらの伝統の味を守って‥隠れた名店、
ここのお店のファンはとても多いのです。
秦野に遊びにいらしたらご案内しますね♪

それでは皆さま、
どうぞ良いお年をお迎え下さいね。

虹のかなたに夢がある☆
それぞれの希望をつなぐアーチのように‥
来年は、
良いお年を
<イタリア田舎暮らしで滞在したアパートの窓からWの虹を見ました。ちょっと嬉しかった‥>






最終更新日  2008年12月29日 16時36分26秒
コメント(15) | コメントを書く
2008年08月20日
たんぼa.jpg
ここ数年、今頃の季節には、秦野の火祭り、
瓜生野百八松明(ウリウノヒャクハッタイ)をお届けしてきましたが‥

今年はちょっと趣向を変えて、
ウチの下の田んぼの畦道で催す、
小さな火祭りをご紹介したいと思います。

でも、祭りというほど賑々しいものじゃない。
地元の農家の方々と町内会が一緒に行う、
季節の「火」の行事といったところです。

たんぼ火まつりトップ.jpg

下大槻(シモオオツキ)百八炬火(ヒャクハッタイ)と申します。
古くから水田耕作の盛んであったこの地では、
虫害を免れるために行った「虫追い」の行事です。

たんぼ火まつり.jpg

場所は、ウチの団地下、
お馴染みバード・ウォッチングの散歩道、秦野市下大槻です。
田んぼ畦道の両側に並んだ百八つの藁の山。

たんぼb.jpg

次々と火が点けられて‥
こども神輿、おんな神輿、おとこ神輿が練り歩きます。
お囃子担当は下大槻子供会。

たんぼ火まつり2.jpg
たんぼ火まつり3.jpg

観客‥といってもご近所さん。
家族や親戚や友達です。

ひっそりした田んぼの中、
どこかで虫が鳴いてます。

たんぼ火まつり4.jpg
暗い夜道を、ちょうちんの、
ぼんやりした灯りの行列が点々と続いて‥

最後は人型藁に火をつけて、
百八つの厄払い。
無病息災、五穀豊穣を祈ります。

いつも不思議に思うのですが、
火祭りあとの帰り道、
夜風に心なし秋の気配を感じてしまう。

賑やかなのに、物悲しい、
ほとばしる、熱さの中の冷涼さ、
背中合わせの夏の夜。

こんな素朴な行事、とても好きです‥。






最終更新日  2008年08月20日 09時05分50秒
コメント(14) | コメントを書く
2008年07月25日
裏山のユリ1.jpg
ウチの裏山「弘法山」は、只今、百合の真っ盛り!
先日お伝えした「幻想あじさい」に続いて本日は、
「ミステリアスな百合の花」をお届けいたします。

森の中に誘うように、斜面に群生する百合の花。
山全体が甘い香りに包まれています。
裏山のユリ2.jpg

『あ、あそこにも‥』
神秘の森に誘われるように奥へ奥へと進んでしまう、
ヘンゼルとグレーテルのような心境かな‥

裏山のユリ3.jpg
と、山道で出会ったのは魔法使いではありません。
犬の散歩に来ていたご近所の奥さま。
『ユリは今日が見ごろですね~』と花情報の交換を♪

私、百合が大好きなの!
だって、璃々→リリ→lily なんだもん☆
親はそんなイメージで名付けたらしいけど‥(名前負けです)

裏山のユリ.jpg

裏山の百合たちは、お花屋さんの切花とは一味ちがう!
カサブランカ、うばゆりが自生する千本のド迫力です。
それに、神奈川県の県花は「やまゆり」と聞きチョット嬉しいわ♪

●突然ですが【スローフード秦野支部速報】 
slow f00d.jpg
面接が終わり、なんとか仮設立まで進みました。
この後、会員名簿の作成、設立総会を経て、
イタリア本部に「ジャパン・秦野支部」として登録され、
やっと正式設立になる運びです。

秦野支部のHP(公式サイト)も現在作成中なので
完成しましたら、近日中にご案内いたします。

設立総会&祝賀パーティ 2008年11月予定
秦野&イタリア・コラボレーションフェア 2009年5月開催予定

・追伸
春の市立図書館トーク・ライブに続いて、
またまた講演のお話を頂きました。
今度は秦野市主催「はだの女性カレッジ」の講師です。

「キラリと輝く主婦(主夫)になる!講座」の第一回を担当
とのお話で、お引き受けしました。

リミンは「スローフードな暮らしの幸せ」をテーマに、
秦野支部ができました~♪と皆さんにお声かけをしてきます。

「女性カレッジ」というものの、
主夫を目指す男性も、目指さない男性も勿論OK!
詳細は続報で~♪
という訳で、またお会いしましょうね☆






最終更新日  2008年08月02日 22時17分06秒
コメント(27) | コメントを書く

全181件 (181件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 19 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.