1007297 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

里山暮らし、ときどきヨーロッパ・ロングステイ

PR

プロフィール


rimin(リミン)

フリーページ

コメント新着

秦野市民@ Re:あの日‥3.11(03/12) 訃報を聞いて、ショックです。あまりのシ…
morikana5625genkimorimori @ Re:介護保険★手づくりの幸せレシピ パート2(03/07) 医師の常識は世間の非常識。医師の非常識…
花(*^^*)@ Re:あの日‥3.11(03/12) リミンさんの事 大変驚いております  …
ソク妻@ ご愁傷さまです。 ご無沙汰しておりました。来楽暮さんから…
【まっち】@ Re:あの日‥3.11(03/12) ★お知らせ 中川(勝山) 璃々 今年、3月14…

カテゴリ

バックナンバー

2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月

キーワードサーチ

▼キーワード検索

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >

風の会

2008年04月24日
XML
カテゴリ:風の会
青い風車.jpg

「風の会」のバッチです。
何度も何度も試作を重ねた、完成品。
コンサート会場でも大好評でした!

『風を感じるバッチが欲しい~』
そんな夢を形にすることが出来ました。

秦野の町を歩いていたら、ふと見つけた小さなお店。
「手作りの温もりを天然素材で」がテーマのショップです。

「こんなものあったらいいなぁ」を作ります!のチラシに
惹かれて、もしやと思い、思わずお願いしてみたんです。

『フエルト素材で風を感じるものを~』
『それでは帽子か風ぐるまはどうでしょう?』
サンプル写真がメールで届きました。

『風ぐるまがいいわ♪そうね青い風ぐるまを!』
『柄の部分は危なくないように紙か布で‥
 そして色は赤か茶色で‥』
『真ん中は白い小さな貝ボタンがいいなぁ』

次々と繰出すリミンのわがままな希望を、
根気強くサンプル製作を何度も繰り返し、
イメージどおりの形にして下さったのはコチラ↓
「candy2」の富岡きょうこさんです。
青い風車製作.jpg
★「candy2」秦野市本町3-2-5 TEL:0463-83-7651
ありがとう☆candy2さん、おかげで大好評を博しました♪

続いてのお話は「風のコンサート」にボーカルで出演した
秦野出身・柏木佑介君から嬉しいお便りが届いています。
コンサート柏木君.jpg
『本当に忘れられない一日になり、
 新しい音楽の可能性や、人の温かさを知ることが出来て、
 風の会の人達にとても感謝しています。
 幸せの風はどんどん大きくなっていきますように。
 僕もその風の一員として進んでいきます!』


ありがとう柏木君!風は秦野を吹き抜けました♪
そして、やがて私達のところに戻って来るでしょう!
またお会いしましょうね☆

★「登山口に南米の音朝日新聞4月13日号(日曜日朝刊)
asahi.com.jpg

お知らせ
廃校になった木造校舎を利用して、
長期滞在型のアーチスト・イン・レジデンスに!

以前にもご紹介しましたが、
山々と清流に囲まれた西会津。
そこに廃校となった新郷中学校があります。

ここに世界の国々から志のある芸術家を招き、
創作の場として、交流の場として、
生まれ変わったのが、NPO法人「西会津国際芸術村」です。

ここの理事長の安藤寿美子さん、先日の
風の会でお話した方もいらっしゃると思います。
安藤さんから、皆さまにお知らせです!

今年も恒例の「国際交流展」が開催されます。
今回はポルトガルのアーティストがゲストです。
お近くの皆さま、足を運んでみてはいかがでしょう!
ここにも素敵な風が吹いていますよ♪

みんなの夢が輪になって、まわれ!青い風ぐるま!
青い風車2.jpg

追伸
数日前、秦野市観光協会に後援のお礼に伺った際、
秦野市長さんにお会いする機会があったのですが、
なんと市長さんもスペイン大好き☆の方でした!

それもウチと同じように、
『スペイン関連の本は、すぐ買っちゃう!』と
おっしゃって、愛読書まで同じで驚きました。

リミンの本は新宿の紀伊国屋で見つけて即購入、
帰りのロマンスカーの中で読んで、その後
観光協会の事務局長にあげたんだよ。とのこと、
やっぱりスペイン好きは丹沢に集まる?!のかも‥。






最終更新日  2008年06月25日 10時52分14秒
コメント(16) | コメントを書く
2008年04月14日
カテゴリ:風の会
コンサート2.jpg
風のコンサート、いよいよ始まりの当日です!
ミュージシャンの皆さんは午前9時から茶室に集合。
音合わせとリハーサルに余念がありません。

心地よい緊張感が張り詰めたこの「直前の空気」
素敵だな~☆

そんな空気の中で、私たちも受付を作ったり、
ポスターを貼ったり、車で来る方を駐車場に誘導したり。
IMG_5367a.jpg

その合間にもお客様が続々と集まっていらして、
期待と高揚感に満ちた一日の始まりです!

コンサート4.jpg

当日の情報誌タウンニュースでも周知してもらえたし、
先日の図書館でもリミンは、しっかりお知らせしたし~!
さあ、開幕ベルはもうすぐです♪

今日の「風のコンサート」のために、
集まってくれた地元秦野の仲間たち。
本日出演のミュージシャンの皆さんです。
コンサート3.jpg

さすが地元の皆さんたち、花束を持って駆けつけてくれる
お友達が大勢います。
ミュージシャン_1.jpg
<出演ミュージシャンの皆さん。写真は↑臼杵さんからお借りしました>

コンサート5.jpg

「風の会」のテーマである、
「楽しい時間を一緒に作ろう!」
「幸せの風を届けたい!」に共感し、
賛同して下さった大勢の皆さま、ありがとう☆

コンサート6.jpg
そして、来場して下さった、延べ二百人以上の皆さま、
本当にありがとうございました☆

コンサート7.jpg
最後はみんなで「朧月夜」など懐かしい歌を合唱♪

集合写真.jpg

幸せの風が輪になって‥秦野は素敵な街だった!

コンサート終了後の山小屋の夜です。
コンサート後.jpg

幹事のぜんさんの料理が次々と運ばれて、
大歓声が上がります。

ワインでほろ酔いウチの彼が持参のハーモニカを、
オカリナ・デュオの二人も飛び出して、
踊りだしたくなりそうな雰囲気です♪

と、キッチンで、ひとり黙々と、
明日の仕込みに余念がない、シェフぜんさんの
姿がありました。
美味しいお話は次回に続きますのでお楽しみに!

残念ながら星は出ていませんでしたが‥
みんなの弾んだ笑い声が、
しっとりとした丹沢の夜の中に流れていきました‥。






最終更新日  2008年04月16日 00時41分55秒
コメント(21) | コメントを書く
2008年02月22日
カテゴリ:風の会
コンサートチラシ_1.jpg
<茶室コンサートのチラシ♪>

ひょんなことから県立秦野戸川公園のAさんと出会い、
思いがけなく、大きく広がった「風の会」茶室コンサート!
只今、着々と準備が進んでいます♪

風の会としては、茶室の畳のお部屋を貸切利用ですが、
緋毛氈の広い廊下や、玄関ホールのテーブル席、茶室の庭は、
その日、公園を訪れた皆さんにも開放する予定です☆

「風の吊り橋」を、風に乗って音楽が吹き抜けて、
大勢の皆さんに私たちの風をお届けできるんです♪

一冊の本が運んでくれた不思議な出会いが輪になって‥
「風の会」から幸せの風を!
そんな私たちの夢が、また一歩前進するんですね☆
風の会も、今回で4度目になりました!

コンサート打ち合わせ.jpg
というわけで、
先日、秦野のレストランひだまりに、コンサートの打ち合わせで
集まりました。

オープニングナンバーやエンディングを決めたり、
コンサート全体の構成はどうする?から始まって、
はたまた、トークでつないで方がいいんじゃない?
出演者はドレスコードをどうしようか? などなど
話は尽きず、あっという間に時間が経ってしまいました。

コンサート(メンバー)新.jpg
オカリナぐるーぷ【ほっと歩夢歩夢】(ほむほむ)の皆さん
今回、お世話になる臼杵美津子さん他、久保田裕子さん、
小山幸子さん、星野和子さんの4人の皆さんです☆

いつしか、楽譜合わせや、音合わせも始まって、
音楽が溢れ出し、店内は楽しげな昂揚感に包まれました♪

来月の初めには、公民館の音楽室を借り、
アルパの杉山公子さん、大竹宏枝さん、それに
ギター伴奏の田代幹夫さんも加わって本格的に
音合わせとリハーサルを~♪

コンサート(ひだまり).jpg
<ひだまり代表の長谷智子さん>
このひだまりさん、自然食材にこだわる可愛いレストラン、
英会話教室やミニコンサートなどにも利用できる
まるで秦野の文化基地のようなお店です☆

♪夢の懸け橋風の会2008
主催「風の会」
後援「県立秦野戸川公園」 「秦野市観光協会」
風のコンサートラスト.jpg
日時 12日(土)、13日(日) 
場所 県立秦野戸川公園「風の吊り橋」 ※「丹沢.info」

●この日は、コンサート打ち合わせの帰り道、
立ち寄ったのが、こちらの花の駅 さん。
「ひだまり」さんでの、パワー溢れる素敵な時間!
その余韻に後押しされるように「花の駅」さんに!
花の駅(ショップ).jpg
秦野のお花屋さん「花の駅」
リミンたちが抜け道に使っている裏通りには、
花の温室が、たくさんあるのです。

車で、この道を通るたび、
『ここで、お花を作って、小売もしているみたいだなぁ』と、
いつも気にはなっていたんです。

先日、偶然にも、リミンブログに、
『あまりにも地元の方だったので、びっくりしました(笑)
 何かのご縁があれば、うちの店にも遊びに来てください!』と
コメントを頂き、あーっ!あそこの花屋さんだー!と私も驚きました。
花の駅(温室).jpg
<花の駅さんの温室>
この辺りは、たくさんの温室が点在して、
写真はカーネーションの部屋です。

花の駅(三代目さん).jpg
<花の駅三代目・北村さん>
【花の駅】三代目、秦野っ子の北村さんです。
秦野と緑を愛するナイス・ガイ!彼のブログはコチラです。

花の駅(まねき猫).jpg
<ショップのアイドル兼まねき猫のネギちゃん>
駐車場で車から降りたとたん、
『ミャア』と足元にやってきてくれたネコちゃん。
『あらあら お出迎え?』
ショップのアイドル兼まねき猫の「ネギちゃん」です♪♪

花の駅(窓辺に一輪).jpg
<帰りにもらったカーネーション>
帰り際、『これ、ウチで作ったカーネーションです』と、
手渡して下さったカーネーションの小さな花束!
春の足音が聞こえそうで、キッチンの窓辺に飾りました♪

ハーブのお皿_1.jpg
<春の足音・ハーブのお皿>さんからのプレゼント♪
ハーブの香りが溢れる大皿です!
ありがとう!花さ~ん!
リミンの台所は、もうすっかり春ですよ~☆






最終更新日  2008年02月26日 01時09分13秒
コメント(22) | コメントを書く
2008年02月04日
カテゴリ:風の会
風のコンサート.jpg

昨日、「風の会」幹事のぜんさんが、
雪の中を四駆を駆って、秦野に来てくれました。
愛妻コリナ夫人と愛息子エディ君も一緒です♪

【風の会2008】の打ち合わせと、
会場の下見に出掛ける約束してました。

秦野は、ほとんど雪が無いとはいうものの、
あいにくの天候で、富士山も見えないし、
ウチの裏山も、湘南アルプスも雪化粧の冬景色‥

ヒュルリ~とメゲそうになったけど、ま、今回は仕事?だし‥
緑の中で遊ぶのは、次回ゆっくりと~♪という訳で、
気合を入れなおして、一路、風の吊り橋に向かいました!

今回の「風の会」は、なんと一泊旅行バージョンなのよ!
もちろん日帰り参加もOKです☆
それでは、スケジュールの発表で~す!

日時 12日(土)、13日(日) 
場所 県立秦野戸川公園「風の吊り橋」 ※丹沢.info
風のコンサート茶室.jpg

第一日目 「風の吊り橋」下の茶室に12:00集合
 午後1:00~ 茶室にて「風のコンサート」 
 秦野「夢ポケット」臼杵美津子(ウスキミツコ)さんプロデュースの
 フォルクローレを、抹茶とお菓子付で楽しんでくださいね。

※オカリナ・グループほっと歩夢歩夢】(ほむほむ)
『ほっとなオカリナの優しい音色と、
 私たちのほっとな心が届けられたらいいな‥』

臼杵さん・久保田さん・星野さん・小山さん4人の皆さんと、
ギター伴奏の田代幹夫さんです。

秦野を愛する あつーいハートと、
 オカリナの温かな優しい音色を届けたい
♪』
との
メッセージが「ほっと歩夢歩夢」の皆さんから届いております☆

・コンサート終了後は、花盛りのパーク内を散策したり、
 思い思いに写真を撮ったり~
 「子ども広場」には遊具も揃って、
 お子様連れでも遊べますよ。
秦野戸川公園
・午後3:00~ コチラ↓の手打ち蕎麦「さか間」さん二階於 
 蕎麦懐石で懇親会。
風のコンサート(蕎麦懐石).jpg
夕方まで、楽しく飲んだり、食べたり、お喋りしたり。
四月の上旬、きっと 桜舞い散る 春の夕暮れの頃でしょう。
風のコンサート夕暮れ.jpg
夜のパーク↑も、なかなか風情がありますよ。
第二日目13日(日)は、
 パーク内の施設でバーベキュー・パーティを催します。

ご宿泊可能な方は、
こちらの山岳センター↓和室を確保してありますので、
お申し込みの際は、明記してくださいね。
風のコンサート宿泊.jpg
懇親会後、宿泊組は各自、お部屋で寛いだり、シャワーを使ったり。
夜は、寝る前のひととき ワインの夕べで集いましょうネ。
キッチンがあるので、軽いおつまみなど、
ここはひとつ善十郎亭のぜんさんにご登場いただきましょう~☆

そうそう、翌朝の朝食は、焼きたてクロワッサンに美味しい蜂蜜、
温かいコーヒーを、これまた ぜんさんがご用意するそうですよ♪
翌13日(日)午前 10:00チェックアウト
  〃     11:00~パーク内でバーベキュー・パーティ

♪夢の懸け橋風の会2008
主催「風の会」
後援「県立秦野戸川公園」 「秦野市観光協会」
風のコンサートラスト.jpg

ご参加の費用
A.蕎麦懐石(飲物付)とミニ・コンサート(抹茶と和菓子付)会費4,000円
B.宿泊料3,000円 ワインの夕べと朝食代 会費2,000円
C.バーベキュー・パーティ
  (用意する食材や飲み物によって金額が違ってきます) 
  参加人数がある程度決まった時点で協議の上決定ね。

・ご参加の皆様は、幹事のぜんさんか、
 またはリミンの私書箱まで。

・ A、B、C全部でも、お好きなものピックアップでもOKです。
皆さまのご参加を、心よりお待ちしています~☆

・あの~、それから受付などお手伝いをお願いできる方、
 ご一報いただけると非常に助かりますので、
 そちらも ぜひ宜しく~☆

というわけで、
私たちの合言葉、今年の春は、「風の吊り橋で会いましょう♪」






最終更新日  2008年03月09日 01時21分26秒
コメント(20) | コメントを書く
2007年07月13日
カテゴリ:風の会
緑水庵A.jpg


そろそろ、あれから一週間になろうとしてるのに、
怒涛のようなフラメンコが耳の奥から離れない‥
心ざわめいて、うっとうしい梅雨空も気にならないほど。

『いいなぁ、やっぱりスペイン!』

皆さまからも、
『興奮ぎみで家路につきました』
『参加してよかった~!』
『近々、もう一度行ってきます』など、
嬉しいメッセージをたくさん頂戴し、
喜んで頂けたことが、リミンは本当に嬉しいです☆

それに、先日のフラメンコ、
今まで日本で見たものの中で一番良かった!

私たち、スペインにハマってからというもの、
日本にいても、ことあるごとにフラメンコに出かけていて、
クリスティーナ・オヨスの来日公演などは2回も行ったほど。

でも、残念ながら、観客と舞台が渾然一体となり、
やがて怒涛の嵐に~という熱気までは無かったような気がする。

大きな劇場だと客席と舞台が離れているし、
ワインも飲まず素面で盛り上がれって言われてもね~
そうそう、素面といえば七夕の夜はすごかったわよ!

空いたボトルは、カタルーニャ地方の「カヴァ」3本、
リオハの赤4本、ヘレスの「ティオ・ペ・ペ」2本、
それでも足りず、最後はビールやグラスワインの追加で~

そのせいかしら?
先日のアルハムブラの夜は、スペインに負けないくらい熱かった!

ギターの「住田政男」さん と、カンテ(唄)の「小里彩」さん、
このお二人の白熱の競演はスゴかった! ちょっと鳥肌モノ!

感動のあまり涙を流している方もいらして、(どなたかは内緒ネ)
フラメンコの持つ魔力と、単に明るいだけじゃないスペインの
複雑な魅力を、あらためて考えてしまった夜でした。

ご参加の「いいじま ゆたか」さんから届いた写真!
フラメンコ(いいじま).jpg
怒涛の嵐のあの夜の熱気が伝わってくるようでしょ♪

というわけで、ここのところ
頭がフラメンコなので、
少しは興奮を醒まそうと‥

今日の買い物途中に、立ち寄ったのが、
我が家から車で15分。
秦野にある自然観察の森「緑水庵
今年も白い百合の花が、ふくいくと香ります。
緑水庵B.jpg

静かな時間が流れる中で、
お弁当を食べている男の人が一人。

今日は、いつものように話しかけるのはヤメにして、
ソーッと裏手に回ると‥
どこかで見た光景でしょ?
緑水庵C.jpg

そうです、「里山暮らし、ときどきスペイン」の中でご紹介した
みぞれ混じりの寒い日に「竹炭焼き」体験をしたところ。

今日は夏もすぐそこ、ときどき小雨、
窯の横に、ガクアジサイが、
ひっそりと人待ち顔に‥。

皆さま、どうぞ良い連休を☆
..................................................................................
幸せの風をご一緒に☆ 
里山暮らし、ときどきスペイン】太陽出版 1,260円(税込)
本の表紙.jpg
         楽天ブックスの買物カゴはコチラです♪

★紹介サイトの一部です。
「イギリス短期留学」
「Mizusawayaお買い得ショッピング "温泉"」
「キリンビール売れ筋ランキング」
「産業の売れ筋ランキング」
「里山の出版」







最終更新日  2007年07月16日 12時41分30秒
コメント(24) | コメントを書く
2007年07月10日
カテゴリ:風の会
第3回風の会[1].jpg
写真提供は「千葉潤六」さん

アルハンブラ宮殿があるグラナダの街。
グラナダというのは「ざくろ」のことなんですって!

柘榴(ザクロ)は外側は無骨な果物だけど‥
中身は水々しい真っ赤な宝石のような粒が詰まってる☆

2007年7月7日
東京アルハンブラ(赤い砦)に集まった、
二十人の赤い宝石のような人たちが、
フラメンコな時間に酔いしれました♪

カンテ(唄)とギターとバイレ(踊)の織りなす、
喜び、悲しみ、怒り、慟哭‥
「魂の叫び」に、それぞれが心打たれた時間です。

「オレー!」のかけ声、パルマ(手拍子)の迫力!
舞台も客席も渾然一体の熱い風!
スペインの風を堪能できたと思います。

フラメンコは12拍子。
二回繰り返すことによって一日を指すコンパスと呼ぶリズム。

永遠に続く時間の「今」この瞬間を切り取るという、
もとはといえばイスラムの哲学が原点になっていると言われます。

もしかしたら、一生会うことは無かったかもしれない私たち。
それなのに、今、この瞬間、赤い砦で出会うことになり、
同じ風に心揺さぶられて‥

『それは、とてもフラメンコなコトだな~』

まさしく東京フラメンコの真髄ココにあり!
怒涛のような音楽の中で、リミンは心の中で思ってた。


二十名が七夕フラメンコで燃えた【風の会】
次回は、ぜひアナタのご参加をお待ちしています☆

●今日のメイン写真はカメラマンの千葉さんから、
 ご参加の皆様にプレゼントされることになっておりますので、
 お楽しみにお待ちくださいね!

【風の会】湘南バージョンの企画も出ています!
湘南からは、どんな風が吹くのでしょう?
こちらも、どうぞお楽しみに~☆
..................................................................................
幸せの風をご一緒に☆ 
里山暮らし、ときどきスペイン】太陽出版 1,260円(税込)
本の表紙.jpg
         楽天ブックスの買物カゴはコチラです♪






最終更新日  2008年07月09日 09時01分32秒
コメント(24) | コメントを書く
2007年07月06日
カテゴリ:風の会
風の会前夜.jpg
写真はウチの裏山「弘法山」の日暮れ時

【風の会】七夕フラメンコ☆
いよいよ明日になりました!
ご参加の皆さま、私もドキドキ、ワクワクしています!
かぜ゛
【風の会】七夕フラメンコ☆
アルハムブラ.jpg
・日時 7月7日(土)夕方6時~
場所 フラメンコ・レストラン「アルハムブラ」 西日暮里5-23-6 「地図」
会費 6,000円

ご連絡は、リミンか幹事の「ぜん」さんまで。

ご参加確定数は、20名様(女性12名、男性8名)
この他、都合がついたら、飛び入り参加で~の方も 
数名いらっしゃるし。

う~む、いつものことながら、
美女軍団?パワーが七夕の夜を席捲しそうです。

ブロガーの方は7~8名様、
その他、画家、カメラマン、会社経営の方、
仕事も歳もそれぞれ違う、住んでいる所もみんな違う‥

もしかしたら、
きっと一生会うことは無かったかもしれない20人が、
七夕の夜に出会います☆

わォ!素敵!アルハンブラ(赤い砦)に集合ね!

なんか、ドラマチックだと思いませんか?!
今回、キーワードは「東京フラメンコ」

アンダルシア・グラナダの街にあるアルハンブラ宮殿。
むせび泣くようなギターの音色「アルハンブラの想い出」が
夕陽に染まる砦から、聞こえてくるような気がします。

どうぞ、素敵なアルハンブラの思い出になりますように‥
フラメンコな皆様との、フラメンコな出会いが楽しみです♪

今回、余儀なく途中キャンセルをされた皆さま、
遠方で、残念ながら都合が付かなかった皆さま、
ご丁寧なメールを頂戴し、ありがとうございました。

私も、とても残念ですが、次回のチャンスには、
ぜひ、ぜひ、お待ちしています!

思えば秦野に引っ越して、自然の恵みに感動する毎日が、
やがて一冊の本になりました。

本日撮影!原書店さん!
書店平積み.jpg
なんと、嬉しい!今でも平積みで!
「湘南いどばたかいぎ」を切り抜いてPОPまで作ってくれてる!
ありがとうございます!秦野のピーターメイルでがんばります☆

この本とブログで、大勢の皆さまと出会うことが出来ました。
共感し合える仲間の輪が、バーチャル世界から飛び出して、
いつしか「風の会」というリアル世界にまで発展するなんて!

まったくもって、信じられない!という思いです。

ブログという個人メディアで情報発信の皆さまは、
それぞれにジャーナリスティックな目を持っていると、
リミンは思っているのです。

だから皆さまと仲間になれて、本当に嬉しいです☆
これからも、ご一緒しましょう、誰かのために出来ること、
「幸せの風」を運びましょうね!

風は地球を吹き抜けて、
やがて大きな風になり、私たちの元に帰ってくるんだもの♪

まずは、七夕の夜、
フラメンコ・ギターの音色が流れる
「赤い砦」で乾杯しましょう♪

それでは、また明日。
アスタ・マニャーナ!

追伸
7月9日の月曜日は、エッセイスト・クラブの会員総会と、
今年のクラブ賞が決定のパーティがあるのね。
私は、行こうか、行くまいか‥と迷っていたら、

ウチの彼が、
『君は、ジャーナリストのハシクレのつもりなんでしょ?
 そういう場所にも顔を出しておきなさい』と、まるで、
「鬼の編集長」みたいな顔をしてハッパをかけるので‥

東京は、日本プレスセンタービルの中にある、
「日本記者クラブ」の会場まで行ってきます。

と、またも連日のように出歩くことになり、
ここのところ、更新も訪問も滞りがちです。
皆さま、ごめんなさい。お許し下さいね‥。
..................................................................................
幸せの風をご一緒に☆ 
里山暮らし、ときどきスペイン】太陽出版 1,260円(税込)
本の表紙.jpg
         楽天ブックスの買物カゴはコチラです♪

★紹介サイトの一部です。
「イギリス短期留学」
「Mizusawayaお買い得ショッピング "温泉"」
「キリンビール売れ筋ランキング」
「産業の売れ筋ランキング」
「里山の出版」







最終更新日  2007年07月10日 15時38分56秒
コメント(25) | コメントを書く
2007年06月15日
カテゴリ:風の会
写真は映画「GITANO」観たかしら? でご紹介した、
グラナダの「サクロモンテの丘」洞窟住居が密集しています。
ここに住んでいるのは、俗にヒターノ(ジプシー)と呼ばれる
ロマ族の人々。

レコンキスタが終了した1492年、イサベル女王は、
ロマ人が果たした軍馬の調達や敵情偵察の功績を賞し、
グラナダ「サクロモンテの丘」の居住を認め、永代免税の特権を
与えたそうです。

入口は布を一枚下げただけの狭い穴のように見えるけど、
中はわりと広くて、白壁の部屋にグラナダ焼の飾り皿。

下の通りに面したところはドアもあり、夜になると、
家族で経営するフラメンコBARに早変わりするところも。

お父ちゃんや息子が歌って、ギターを弾く、
お母ちゃんと娘たちは足踏み鳴らし舞い踊る。
アンダルシアから生まれたフラメンコの原点です。

「音楽を抜きには、彼らを語ることはできない」と
いわれるほど、ジプシー音楽は、リストの「ハンガリー狂想曲」
サラサーテの「ツィゴイネルワイゼン」などヨーロッパ音楽に
大きな影響を与えていますよね。

ところで(ジプシー)という呼び方は差別的だから止めよう!
という声がヨーロッパで広がっているようだけれど、
私たちにはピンときません。

日本では馴染みが無いということもあるし、
それに、馬車を連ねて、大自然の中を自由に旅する精神には、
シューマンの「流浪の民」(原題ジプシーの生活)のネーミングに
みるような、むしろ憧れやロマンすら感じます。

今でも、ヨーロッパの田舎道のあちこちで、
キャンピングカーのような車を連ね、野原にテントを張り、
旅の生活をしているロマの人々を時どき見かけます。

どういう人たちなんだろう?
なぜか気にかかる存在なんです。

※ロマ人‥学説によると、この人たちは、
もともと中北部インドが原故郷で、
11世紀ごろから移動をはじめ、およそ300年かかって
バルカン半島に入ったと推定されているそうです。


定住者からみると、どこからともなくやって来て、
忽然と、またいずこへと去っていくロマ族は、
得体のしれない根無し草のような存在。

違う文化を持つ、理解できないよそ者は、
日常から排除したい存在なのでしょうか。

最近、ロマの人々は、馬の扱いが名人芸だったと聞き、

そういえば、彼らが多く暮らしている
ヘレス・デ・ラ・フロンテーラには「アンダルシア王立馬術学校」があり、
あの街はフラメンコ発祥の地だったっけ‥
と懐かしくなりました。
※「里山暮らし、ときどきスペイン」
  第二章「フラメンコな人々」で書いています。


それに「マタドールたちの美学 」でご紹介した闘牛士、
彼らの大半もロマの人々。

ど根性一つを財産に、究極の貧乏暮らしから這い上がろうと‥
闘牛場に出るときは、

「今夜帰ったら家を買ってあげるよ。 
 さもなくば喪服をね‥」

愛する人に、こう言い残し、一攫千金に命を賭ける男たちです。

●第3回目の「風の会」は、フラメンコを観るお店です。
フラメンコの底に流れる「ロマの人々」の心の叫び、
情熱だけではない、慟哭や哀しみがあるはず‥
フラメンコの心を、どうぞご一緒に!
アルハムブラ.jpg
・日時 7月7日(土)夕方6時~
場所 フラメンコ・レストラン「アルハムブラ」 西日暮里5-23-6
      ホワイトハウスビル1F(JRまたは東京メトロ 西日暮里駅徒歩1分)
会費 6,000円

MPT1AC[1].jpg
お問い合わせは、リミンか幹事の「ぜん」さんまで。
..................................................................................
幸せ時間をご一緒に☆ 
里山暮らし、ときどきスペイン】太陽出版 1,260円(税込)
本の表紙.jpg
         楽天ブックスの買物カゴはコチラです♪

★ご紹介サイトのご案内
平成17年「☆総合売上ランキング」
人気ランキングでショッピング「里山」
気になる「スペイン情報」(気になるアレを検索するサイト)
「鶴巻温泉情報サイト」
「スペイン・楽天ランキング 」第8位
「秦野スタイル」
「最新情報発信サイト・ワードトピックス」







最終更新日  2007年06月18日 10時39分28秒
コメント(20) | コメントを書く
2006年12月11日
カテゴリ:風の会
画像は「水彩画人・俊介」さん☆「スペインの広場
嬉しいお知らせが、また一つ!

お約束していた大阪から名古屋近辺の旅の話をしようと
思っていたのですが、またまた「風がまあるい輪になった」
嬉しいお知らせが飛び込んできたので、急遽、速報で
お届けします!

「里山暮らし、ときどきスペイン」の扉絵を
書いて下さっている「水彩画人・俊介さん」
「個展と似顔絵教室」が開催されます☆
本扉絵.jpg


場所は天龍村のログハウス
「バード防人さん」「ギャラリー喫茶バードpapa」です。

バードさんは、全国の公共設備の耐震改造工事を
行っていたところ、ある日、出逢った天龍村の村長に乞われて、
村振興の為に天龍に住み着き、以来ボランティアで活躍中です。
         ・「天龍村振興ホームページ」

この「バードさん」の熱意に惚れた「画人俊介さん」が、
一ヶ月間天龍村に滞在しながら、個展と絵画指導を
行うそうです。
個展の期間は12月21日より来年1月20日まで。

・12月22日午後と、23日は似顔絵プレゼントの日です。
・来訪された方々に似顔絵を描いてプレゼントします。
・希望者には「友達の輪が広がる似顔絵の描き方」と
「風景画とハガキ絵の描き方」を指導します。

10月末の「まっちさん」「山小屋集合!」
そこに集った「皆さんの出会い!」がキッカケで‥

「里山暮らしの師匠」こと、
元信州大学教授の高橋先生に「全防災支援ネット」
顧問になって貰いました、という「お知らせ」をしたと思ったら、
またまた、こんなに素敵なお知らせをお届け出来て、
リミンは本当に嬉しいです。

幸せの風は、どんどん広がり、
やがて、まあるい輪になって‥♪
そんな気持でいっぱいです。

★画人さんの個展期間中、
天龍村振興はがき絵コンテスト」も同時開催!
・優秀作品展 2007年1月22日より2月21日まで。

尚、集まった応募作品は、村の貴重な財産として、
作品展終了後も村役場で掲示されるそうなので、
また素敵な物語が生まれそうな予感がします♪

クリスマスとお正月は、天龍村に旅をして、
山小屋で「満天の星空の物語
ご一緒に紡いでみるのは如何でしょうか。

※天龍村は、JR飯田駅から1時間(平岡駅下車) 
 新宿からJR飯田駅まで高速バスで4時間。
 3,500円で1時間おきに運行。意外と近いですね!

「ギャラリー喫茶バードpapa」には
 「里山暮らし、ときどきスペイン」の本も
 並んでいます♪
 行ったら、これも見て下さいね~☆

※「スペインの風の会」幸せの風が広がって
 広場に集う私たちの会が、来年、取材と
 タウンニュースで紹介される話が進行中です!
 秦野近辺の会員の皆さま、お楽しみに!
 
....................................................................................
風がまあるい輪になって♪
里山暮らし、ときどきスペイン】太陽出版 1,260円(税込)
本の表紙.jpg
         楽天ブックスの買物カゴはコチラです♪
             (こちらは、送料無料です!)






最終更新日  2007年06月08日 12時37分39秒
コメント(15) | コメントを書く
2006年12月08日
カテゴリ:風の会
今回ブログ友だちの「【まっち】」さん」
大阪からのご参加でしたが、なんと12時間かけて
愛犬ゴン太と共に犬小屋積んでの大移動!

てんやわんやのリミン宅?でしたが‥
なんとか「風の会Xマスパーティ」も無事終了!
皆さま、そして幹事の「ぜんさん」お疲れさまでした。

本当は一番早く到着していなければならないリミンが
一番遅刻してしまってごめんなさい‥。
反省点は多々あるものの素敵な時間をありがとう☆

今回、スペイン【風の会】会長に就任頂いている
八重樫さんご夫妻が体調不良のためご欠席でしたが、
私たちにエールのお手紙を下さいました。

※会長からの手紙(一部抜粋)
『スペイン【風の会】Xマス・ワインの夕べ
 おめでとうございます。
 本日は皆さまとお目にかかり、
 これからの声援を送りたいところでした。

 が、残念ながら只今医師に禁酒を申し渡されているため、
 ワインの夕べは欠席ですが、

 それ以外は元気ですので、今後皆さまのお役に立つことが
 あれば喜んで協力いたしたいと思っております。
 楽しいパーティでありますように心からお祈りしております
             2006年12月2日  八重樫義雄』

八重樫さんは、かつて一時代を風靡した雑誌、
「週刊平凡パンチ」の編集長をなさっていた方。
リタイア後の10年をスペインで暮らした大先輩です。
お心尽くしのお手紙をありがとうございました!

また途中、名古屋から、会議で出張のため参加できなかった
「バード防人」さん電話で「みなさーん、楽しんでますかー!」と、
声のご出演♪
バードさんご多忙中ありがとう!
またみんなで、天龍村で会いましょう☆

それからパーティのアトラクションは、
今回、マジック・ショーでした!
IMG_4864.jpg


若手マジシャン「ブロッコリー」さん
風の会マジックショー_1.jpg
みんな真ん前で目を凝らしたのですが‥
やっぱりマジシャンの術にハマって「えーっ、なんでー?」

別れの時間が近づいて、記念撮影をしましたが、
CA2F89UV_1.jpg
写真に入っていなかった方ゴメンね!

今度の会は、誰かに唄ってもらおうかしら、
あの方に踊ってもらおうかしら、などなど
夢は次々に膨らんでいます。
ぜひ、またお会いしましょうね♪

※今日の画像は、
 三岸節子画「アルカディアの赤い屋根」(スペインにて)
 一宮市三岸節子記念美術館で買った絵ハガキです。

 うちの彼の仕事の打ち合わせで大阪に行った帰り道、
 名古屋周辺に立ち寄ったのですが、この話はまた明日。

思いがけず、前から行きたかった美術館に
三岸節子美術館.jpg
案内してもらえた嬉しい話がありました☆
....................................................................................
風がまあるい輪になって♪
里山暮らし、ときどきスペイン】太陽出版 1,260円(税込)
各章の扉絵は、スペインの風「水彩画人・俊介」さん。
本扉絵.jpg
         楽天ブックスの買物カゴはコチラです♪
             (こちらは、送料無料です!)






最終更新日  2006年12月11日 21時01分22秒
コメント(18) | コメントを書く

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.