060407 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

マナビノトナリ〜ハチノジ日報2〜

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


hachicca

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

ダイニングキッチン… ひより510さん

白縞しじら浴衣にブ… oumatyanさん

Smile Circus hiromileさん
新人DEワーキングマ… まりなっちょさん
ことばを奏でるシン… 育み人コーチ・ちろちゃんさん

コメント新着

hachicca@ Re[1]:子を思う心は闇?(11/07) イワナさん ありがとうございます! 自分…
イワナ@ Re:子を思う心は闇?(11/07) プーニャンなご長男を想像して、 ひとりPC…
ハチツカ@ Re[1]:息子の話をまるごと聞く(12/18) ライチ@こぶたラボさん メッセージあり…
ライチ@こぶたラボ@ Re:息子の話をまるごと聞く(12/18) まさに! これ、告白しますが私は20歳の…
hachicca@ Re:ブライト・リスニングは関係性!(12/11) ライチ@こぶたラボさん 今までどこか、…

フリーページ

ニューストピックス

2009年06月10日
XML
カテゴリ:学校での日々

マドレボニータの会員向け講座、

「樋栄ひかる先生のアクティブコミニュケーション」

に参加してきました。2回目の参加です。

前回同様、まずはしりとり、連想ゲームで

「相手の言葉をちゃんと受けとめる」

ということを体感してから、

今回は「スピット&ファイア」というワークに

取り組みました。

これは、話し手が話す内容に対して、

聞き手が「もっと詳しく!」、「それ違う!」と

突っ込みをいれていくというもの。

話し手は、突っ込みに応じてどんどん話を変化させていきます。

自分が当初予想もしてなかった方向に話が転がっていきます。

奇想天外な話の展開に、笑いっぱなしの楽しいワークでした。 

 

 

考えてみれば、「それ違う」って、

日常生活で使うにはかなり緊張度の高い言葉です。

でもこのワークでの「違う」っていうのは単なるダメだしではないのです。

「それ違う!」と言われることで、自分の考え方の枠が取り払われ、

自由な発想が浮かんでくる…ひとりで考えているときよりも、

どんどん話が広がっていくのです。

 

 

それにしても、「違う!」って言うのはほんとに難しい。

聞き手の側に、

「こうあってほしい」というだいたいのビジョンと、

それを超える発言が出てきたときにちゃんと受け入れる度量と

(自分の考えがベストって思っちゃいがちですから)、

何よりも、話し手に対する信頼感がないと、

ちゃんと「違う」って言えないです。

「あなたなら、もっとできるでしょ?見せて見せて!」

っていう気持ち。

教師がそうやって接することができたら、

生徒は勝手にどんどん伸びていくような気がします。

(部活の指導で際立ってる先生って、やっぱそのへんがすごくうまいと思います。)

 

…ううう、やってみたい!

わたしに教室をくださ~い!!

…ということで、そろそろ勉強に戻ります。







最終更新日  2009年06月12日 23時43分48秒
コメント(2) | コメントを書く
[学校での日々] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.