049700 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

単身赴任妻と主夫の夫の日々

PR

プロフィール


リン☆だあく

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

ニューストピックス

コメント新着

リン☆だあく@ Re[1]:こんな日々を芳しいものに変換するアイテム(01/17) じゃここうこさん それを聞くと、きゃーっ…
じゃここうこ@ Re:こんな日々を芳しいものに変換するアイテム(01/17) 私も雪かきして疲れた時はコーヒーと甘い…
リン☆だあく@ Re[1]:雪かき、これがわたしの三種の神器。(01/14) じゃここうこさん お疲れさま〜。 わたし…
2020.02.22
XML
カテゴリ:思う事

わたしもそうだったのですが、モラハラやパワハラなどを受けている最中は、自分が悪いから怒られるんだと本気で思っていました。

けれど、どこかそんな関係に違和感も感じたりもしていました。

自分が悪いと思い一生懸命に直そうとしていた

実際にモラハラを受けている最中では、自分が悪いと思ってしまう物です。

たとえ、相手が朝の6時に家に訪問してきても、それは起きていない私が悪い、ちゃんと出迎えなかった私が悪いと思ってしまっていました。

今考えると、朝の6時から訪問してくる方が非常識だし、そんな早朝ならば、寝ていても不思議ではないと分かるのですが、当時は、全部自分が悪いと思っていました。

そういう風に持って行かれるのがモラルハラスメントの怖い所です。

不要な罪悪感が自分を苦しめる

モラハラやパワハラでは、徹底的に精神的に追い詰められます。

ハラスメントをしている方は、おまえ達が悪いと直接や暗に考えを持って行かせられます。

そして、自分の中に不要な罪悪感が高まってしまっていました。

わたしはこの罪悪感こそ、絶対に不要な物で、それを感じている時点での違和感を大事にすべきだと思います。

まとめ

今まで受けてきたモラハラやパワハラを言語化しようと今回書いてみたのですが、どうも上手く表現が出来ません。

もしかするとまだ心のどこかに影響が残っているのかもしれません。

それほどに、モラハラやパワハラとは罪な事なんだなぁって思います。

そして、受けている人は、自分が悪いと思いがちでしょうが、そんなことは全然無くって、苦しんでいる自分をきちんと自覚し、そのきっかけとして、誰かに何かを言われたときの違和感を大事にして欲しいなぁって思います。​​

​​






最終更新日  2020.02.22 04:06:22
コメント(0) | コメントを書く
[思う事] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.