000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

単身赴任妻と主夫の夫の日々

PR

X

Profile


リン☆だあく

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Category

Recent Posts

Headline News

Comments

リン☆だあく@ Re[1]:こんな日々を芳しいものに変換するアイテム(01/17) じゃここうこさん それを聞くと、きゃーっ…
じゃここうこ@ Re:こんな日々を芳しいものに変換するアイテム(01/17) 私も雪かきして疲れた時はコーヒーと甘い…
リン☆だあく@ Re[1]:雪かき、これがわたしの三種の神器。(01/14) じゃここうこさん お疲れさま〜。 わたし…
2020.07.28
XML
カテゴリ:思う事

ワンオペ育児をしていた時には、すぐに駆けつけてくれるような頼れる人が周りにいなかった。
そんな事を知ってか、子どもも小さい時には、直ぐに高熱を出したりする。
しかも夜中からが多かった気がする。
しんとした夜中に、解熱用の座薬をいれたりして、冷えピタをおデコに貼ってあげて、汗を拭いてた。

妻は夜勤の仕事をしてた

その時ぐらいの時期は、妻は夜勤のある仕事をしていました。
だからその時は、子どもが熱を出したことをメールで知らせて、アドバイスをもらってた。
でも、初めての子だったから心細かったなぁ。
わたしの母は早くに亡くなっていたから、その時は親一人子一人の時間がながれていました。
あういう時って、どうしてあんなに時間が経つのが遅いんだろう。

開院になって小児科に行った

小児科が開くまで、なんとかしのいで受診。
これはもうすでに慣れていた。
子どもの身長体重は事前に手帳に書いていたし、夜中の様子もちゃんと見てたから、小児科の問診にはすらすら答えられる自分がいた。
小児科に行くとホッとする。
やっぱり頼れる誰かがいるだけで全然気持ちの持ち方が変わってくる。
あとは、妻が夜勤明けてもどってくるまで、子どもを見守るだけ。
妻も夜勤明けだから、わたしは仕事を休んで、看病を続けることにした。

まとめ

今日の記事は、わたしがワンオペ育児をしてた頃の風景を切り取ってみました。
一人で育児をするのは、寂しいとかそういうのを通り越して、かなり心細いんですよね。
しかも、初めての子だと経験がないから慌てたりしてね。
ただの熱なのに夫婦して救急車呼ぶ?なんて真剣に話した事もありました。
わたしは夫婦どちらも育児ができるのが理想だと思っています。
じゃないと、片方が潰れちゃいますしね。

お知らせ

「人生の生き方の週刊マガジン」を発行しました。
毎日更新のこの記事よりも、より細かく人生の生き方のコツを書いています。
毎週に日曜日に更新しています。
気になる方はこちらをどうぞ。

週刊リン☆だあくマガジン【生き方のヒントたち】










Last updated  2020.07.28 04:39:13
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.