000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

単身赴任妻と主夫の夫の日々

PR

X

Profile


リン☆だあく

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Category

Recent Posts

Headline News

Comments

リン☆だあく@ Re[1]:こんな日々を芳しいものに変換するアイテム(01/17) じゃここうこさん それを聞くと、きゃーっ…
じゃここうこ@ Re:こんな日々を芳しいものに変換するアイテム(01/17) 私も雪かきして疲れた時はコーヒーと甘い…
リン☆だあく@ Re[1]:雪かき、これがわたしの三種の神器。(01/14) じゃここうこさん お疲れさま〜。 わたし…
2021.03.06
XML
カテゴリ:思う事

いつも変に力が入っていると、自分の心の柔軟さが失われてしまって、物ごとが上手く行かないことがあります。

時には、力を抜いて身体も心も緩めることが大切です。

よく言われることですが、いいアイデアというのは、ふと力が抜けたときに出やすいっていうのもありますしね。

✅身体の力を抜く

まずは、身体の力を抜いて見ましょう。

緊張をしたり、ストレスがかかったりすると、身体に余計な力が入ったりします。

本当の非常時にはその力が入っている状態が必要なんでしょう。

けれど、現代では、ただカチコチになって身体に負担がかかってしまうだけになってしまいます。

力は自然に入ってしまいますが、力を抜くのは意識しないと、いつまでも入ったままになってしまいがちです。

まずは、呼吸をゆっくりと深呼吸をしてみましょう。

そうすると身体の力がどんどん抜けてきます。

✅心の力を抜く

身体の力が抜けたならば、それにともなって心の力も抜けてくるものです。

けれど、考え方が同じだとまた同じ所で力が入ってしまったりします。

わたしの持論ですが、人生は楽しまなければ損だと思っているので、力が入りすぎて、面白く無い事ばかりを選択してしまったら損ですよね。

人生を楽しむためには、もっと緩く柔軟になるために、時には気を抜く事もとても大事です。

いつもバタバタしているよりも、意識して何もしないぼーっとする時間を持っている方が心的にも豊かな感じがします。

✅まとめ

わたしたちは、いつも一生懸命になりがちです。

いつも一生懸命だとどうしても体力も使いますし、気力も消耗してしまいます。

それらを癒やすためにも、時々は力を抜いたり、気を抜いたりする時間をわざととってみましょう。

そうやって、緩急があったほうが人生は楽しめるとわたしは考えています。

✅お知らせ

「人生の生き方の週刊マガジン」を発行しました。
毎日更新のこの記事よりも、より細かく人生の生き方のコツを書いています。
毎週日曜日に更新しています。
気になる方はこちらをどうぞ。
週刊リン☆だあくマガジン【生き方のヒントたち】






Last updated  2021.03.06 07:01:25
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.