372603 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

poco a poco~くららんびより

Miss You



毎日毎日が、過ぎてゆく

毎日同じおはようと
毎日同じ行ってきますと
毎日同じただいまと
毎日同じお休みと

けれど
こんなにあたたかい言葉と
こんなに安らかな気持ちを

毎日、どうもありがとう


**************************************


風が 強い
髪が 乱れて
苦しくて 苦しくて
手を 伸ばした
そこにあるもの 
確かなものに
ただ
私は しがみついていたかった

雷が とどろく
私を 揺さぶる
この先に 何があるのか
かまわない
どうでもいい
何もなくても



**************************************


どこかで2人は出会うかもしれない
すれ違うかもしれない
でもきっと気付かない
そのまま離れていくのだろう

もう今のあなたを私は知らない
その手のぬくもりさえ

あなたのところに続く道を
いつか探し当てる事が出来るだろうか
私は歩き続ける
この道が
どこへつながるのかも、わからないまま



**************************************


くだらないこと、ひとつひとつが
とても幸せだった。
まるで子供みたいに、でも
なぜかときめいた。

でも、もう子供じゃないから
素直に伝えられなかった。


**************************************


心の中にかたい結び目がある
なかなかほどけない

息が苦しくてたまらない
楽になりたい

ひとつひとつを認めたい
私自身が

顔を上げて、歩き出すために



**************************************


会いたい気持ちの空のした
目を閉じて、腕をさしのべた
息も出来ないくらい
こんな苦しいのは、はじめて

会いたい
会えない

会いたい
会えない



**************************************

悲しみの雨に打たれてキスをした
冷たい唇 それでも私はすがっていた
ひとりで歩いていけるなんて
どうしてわかるの
ここから一歩も歩き出せない
雨に打たれて、立ち尽くしているのに

だれか私を抱きしめて
その腕の中で私を支えて
凍えた唇を上向かせて
独りじゃないと信じさせて


**************************************


言わなくていいこと、言ってしまった夜
あやまりたかった でも
どうしても電話、かけられなかった



© Rakuten Group, Inc.